ジャケットも内容も非常におどろおどろしくてよろしい(笑)ヘヴン・アンド・ヘルのデビューアルバム「THE DEVIL YOU KNOW」。発表は2009年。
デビュー・アルバムと言ってもこれはあくまでもバンド名義上の意味で、実際にはご存知のとおりロニー・ジェイムズ・ディオ、トニー・アイオミ、ギーザー・バトラー、ヴィニー・アピスの4人である第二期ブラック・サバスで、当時「オリジナルメンバーでないとブラック・サバスの名義は使えない」とかオジー側の主張で...って情報を聞いたけど、アイオミさんの自伝の中では実際にサバスの名前を使いたくなかったのはアイオミさん本人だったらしく「オジーとのクラシックラインナップでライブ演ってるのに、片やロニーと一緒にサバスを名乗るのは混乱するだけだから」という理由らしい。
まあ、実際にこれでサバス名乗ったらシャロンが黙ってないんだろうけど(苦笑)それにこのアルバムの前にリリースされてる「LIVE FROM RADIO MUSIC CITY HALL」で既にヘヴン・アンド・ヘルと名乗ってるトコから、オジーとロニーとは別モノという捉え方がはっきり分かる。おまけにこのライヴ盤ではオジー期の曲は入ってないのも徹底してる。ロニー自身としても無理してオジー期の曲に拘らなくて済むし、これは良かったんじゃないかと。

さて、そのライブ盤の後にリリースされた久々のオリジナルアルバムだけど、当然サバス期の「HEAVEN AND HELL」や「MOB RULE」、もしくは「DEHUMANIZER」そのどれとも違う作風を持ってきた。勿論このメンツからなる音は当然ヘヴィなんだけど、そのヘヴィさが過去作とは段違いの重さなのだ。ロニーがディオで数年ヘヴィさを重点的に意識してアルバム作ってきたスタイルを、そのまま本家で更に昇華させた感じと言ったら良いのだろうか。その分、過去作にあった様式美は大分削られた感じだけど、このメンツで行き着いた先がこの音なら文句はあるまい。

シンプルながらも重く、ドゥーム的なノリから「MASTER OF REALITY」を想像するだろうけど、あのアルバムよりも当然進化しており更に奥深くなったという印象を受けた。ロニーの歌唱は相変わらず力強いモノではあるものの何処か哀愁を感じさせるモノが多くなり、翌年帰らぬ人となってしまった事を思うと色々と勘繰ってしまうトコがある。
アイオミのギターリフも相変わらず冴えまくって、リフメイカーとして未だに才能が枯れてない事を示している。40年近くも活動してきてホントに底無しなんだろうか?と思わせるのはさすがの一言。
お気に入りは「ATOM AND EVIL」「BIBLE BLACK」「DOUBLE THE PAIN」「EATING THE CANNIBALS」「BRAKING INTO HEAVEN」あたりかな。

結果的にはロニーの遺作となったこのアルバムを作れてバンドとしても良かったのではなかろうか?仮にロニーの遺作がディオだったらここまでの完成度は期待出来なかっただろうし。HM/HR界の偉大なシンガーの有終の美を飾れたモノとしては文句無い素晴らしい作品だと思う。


「ATOM AND EVIL」


「BIBLE BLACK」
スポンサーサイト