ZZトップを書いた辺りから、久々に田舎の風景がよく似合う様な音ばっか聴いてる感じがする(笑)。それは私が田舎に住んでるという事もあるけど、それ以前にこのテの音を久しく聴いていなかった事も関係してると思う。最近はHR系ばかりを中心に聴いてるけど、メロハーに傾いたり、普通のポップ系やロック系もたまに聴くけど、どういう訳かご無沙汰になってしまうモノも結構あるのだ。まあマイブームに乗った音は頻繁に聴くので、久々に聴いてちょっと新鮮に感じてるから面白かったりするのだけど。

ってな訳で、このアルバムも久しぶりに聴いたなあ。ザック・ワイルド率いるプライド&グローリーのデビュー作。発表は1994年。
オジー・オズボーンが「NO MORE TEARS」をリリースする直前に引退宣言をしたお陰で、前作から加入したザック・ワイルドの今後が注目されてた時期に発表されたアルバムだけど、後に結成されるブラック・レーベル・ソサエティよりもこのプライド&グローリーの方が凄く大好きだったし、ザックのイメージにピッタリだったと今でも思ってる。

このアルバムの前に「ギター・ルール・ザ・ワールド」というギタリストのオムニバスアルバムにて、ザックの個人名義で「FARM FIDDLIN」という楽曲を提供してたのだけど、この曲が以前からサザンロック好きを公言してたザックらしい豪快な曲で凄く気に入ってたので、今後もこの路線を続けるのだろうと思ってたらこのアルバムで実際に示してくれたのは嬉しかったな。

カントリーっぽいイントロから気だるくダラダラとしたルーズな雰囲気を持つ「LOSIN' YOUR MIND」からファストでヘヴィな「HORSE CALLED WAR」の流れが非常にカッコイイ。独特のリフで押しまくる「SHINE ON」「HARVESTER OF PAIN」「TOEN THE LINE」、仄々としたバラードの「LOVIN' WOMAN」「SWEET JESUS」、サザンロック全開の「MACHINE GUN MAN」「CRY ME A RIVER」と、このテの音が大好きな人にとっては聴き所が多いのも魅力的だ。
日本盤ボートラには、ザックが大好きなブラック・サバスの「THE WIZARD」のカヴァーが収録されていて、ザックのボーカルも見事にハマってる。

残念ながら、このアルバムを最後にザックはBLSに専念してしまう為にP&Gは解散してしまった(活動停止?)のがホントに勿体無い。ザックの本領を発揮出来るのはこっちの路線だろうと思ってるので、未だにBLSにはちょっと納得いかなかったりする(まあ好きなアルバムもあるんだけど)。でも、ザックが歳取ってもやれる音楽性ではあるので、いつかまたこの路線を復活して欲しいと切に願ってたりする。


「LOOSIN' YOUR MIND」



「HORSE CALLED WAR」

スポンサーサイト