ちょっと前に偶然このバンドの事を知って、中古CDを¥980で見つけたので捕獲したので早速チョイス。ザ・フォー・フォースメンのデビューアルバム「NOBODY SAID IT WAS EASY」。発表は1991年。結構前のバンドですね。

ジャケットが如何にもサザンロックっぽい雰囲気なのでこれは何かピンと来る感じが...と思い、YOU TUBEで数曲聴いてみたトコ、ブギーを主体としたハードロックスタイルで一発で気に入ってしまった。そう来るとやはりAC/DCの影がチラつくし、サザンロックっぽい雰囲気は当時売れてたブラック・クロウズのエッセンスも感じられるけど、そこまで土着的ではなくR&Rなノリがジョージア・サテライツっぽい感じかも。

ボーカルがかなりのハイトーンなのでAC/DCのブライアン・ジョンソンやシンデレラのトム・キーファー、デンジャラス・トイズのジェイソン・マクマスターを思い出した。ただ低音で歌ってる曲もあるので声域のレンジの広さが感じられるのが特徴。プロデューサーにはあのデフ・ジャム総帥:リック・ルービンが担当。なるほど、どうりでシンプルでソリッドな雰囲気が感じられる訳だ。

全く知らないバンドなのでちょっとネットで調べてみたら、オリジナルアルバムが2枚出てるみたいでこのアルバムは当時日本盤も発売されたらしい。当時は全く知らなかったし全然話題にもならなかったと記憶してるけど、リック・ルービンが関わってるからそれなりに注目されたのかも知れない。でも当時はこのテのHRは注目される事が殆ど無かったし、鴉団みたいに徹底的に拘ったモノでもなかったので埋もれてしまったんだろうな。

後にドラマーがドラッグの過剰摂取で亡くなって、ボーカルがバイク事故で亡くなったという話なのでバンドとしての活動期間が短かったのだろうけど、数年前に自主レーベルから21周年記念盤(何か中途半端だけど)をリリースしてるみたいで、他にもライブ盤まで売っている事から、そのライブが当時のモノなのか現在のバンドのモノなのかは定かじゃないんで、バンドがまだ存続してるのかは不明ですな。

晴れた日の田舎道を、何も考えないで大音量で聴いてドライブするには最高なBGMになりそう。通勤時が田舎道でホント良かった(夜勤だし、大音量も無理だけど/苦笑)。嬉しい拾い物ですな、これは。


「NOBODY SAID IT WAS EASY」


「TIRED WINGS」
スポンサーサイト