FC2ブログ




以前から聴いてみたいと思ってた、ローマ字で読むと”ダンガー・ダンガー”(読まないって)もとい、デンジャー・デンジャーの現時点での最新作「REVOLVE」をやっと入手する事が出来た。中古の国内盤でも¥2000くらいだったのでちょっと考えたけど、なかなか見付からなかったんで逃したら何時手に入るか分からなかったので今回捕獲しておいた。2009年発表って、結構年月経ってますねえ。

何故以前から聴いてみたいと思ってたかというと、今年の初めにボーカルのテッド・ポーリーが新バンド:トーキョー・モーター・フィストを聴いた時に凄く良いメロディアスハード系なアルバムだったので、それなら本家の方はどんな感じなのだろうか?という興味が湧いたから。調べてみると、初期のアルバムも売れただけあって良い出来みたいだし(某音サンやボネ太郎サンもお薦めしてましたしね)後期も大分落ち着いたとはいえ相変わらずメロディの質は良いみたいなレビューを目にしてたので、とりあえずの1枚でこのアルバムにしたと(初期のアルバムはジャケットが結構ダサいのが.../苦笑)。このジャケは普通にカッコイイと思うけど。

という訳で、このバンドの事は殆ど何も知らないんだけど(苦笑)デビュー当時の派手なイメージとは違う、意外ときっちりとした音作りが耳に残る印象を受けた。キャッチーなメロディの中に少しだけ哀愁を感じさせて、それが湿っぽくなく逆にカラッとした爽やかなイメージは如何にもアメリカのバンドらしいなと。
とにかく前半1曲目から5曲目までの流れが素晴らしい。いや後半もその流れをキープしていて良いんだけど、メリハリの付いた選曲が非常に上手いと思った。切なさを感じさせる「KILLIN' LOVE」から一転、キャッチーなサビが心地良い「HEARTS ON THE HIGHWAY」は正にメロディアスハードのお手本といった感じで凄く気に入った。

このアルバムがどの位売れたのか知らないけど、時代が時代ならかなり売れたんじゃないかと思う。今のシーンじゃ絶対に無理だろうけど、80年代のHR/HMブームなら間違いなく名盤に数えられそうなアルバムかと。やっぱ曲作りが上手いバンドは強いなあと改めて思った。
しかし、このバンドのメインライターはベースのブルーノ・ラヴェルとドラムのスティーヴ・ウェストが担当しているらしく、この2人を一緒に曲作りさせるには相当な苦労が伴うとか何とかで、残念ながらこのアルバム以降新作を作る気配がない。

でもまあ、過去作を殆ど聴いてないんで、まずは過去作を辿るのが先で良いかな?と。ブルーノ・ラヴェルにはザ・ディファイアンツなる新バンドもあるし、このアルバムもまた評価が高いんで聴くのが楽しみだ。


「HEARTS ON THE HIGHWAY」


「KILLIN' LOVE」
スポンサーサイト