久々に旧譜中心に聴いてるウチに、これまた最近ご無沙汰だったラッシュに行き着きました。
という訳で、今日はラッシュの通産6作目に当たる「A FAREWELL TO KINGS」をチョイス。リリースは1978年。

このアルバムは昨年末にデラックスエディション盤が発売になって今年でリリース40周年という事らしい。私はデラエディ盤はまだ購入してないのだけど、正直ラッシュのデラエディ盤はイマイチ魅力に乏しいというか水増し感が強くて、リマスターと当時のライブと他ミュージシャンのカヴァー曲が収録されてまた再度購入...となるとちょっと考えてしまう。以前も「2112」のデラエディ盤がリリースされたけど余り触手が伸びないんですよね。
まあ大好きなアルバムなら購入するんだけど、以前も語った通りラッシュが好きな時期は80年代に入ってからのモノなんで、幾ら名盤と言われている「2112」でさえもピンと来ない。このアルバムも勿論悪くはない...というか、70年代のアルバムでは好きな部類になるんだけど、デラエディ盤も買うか?と言われるとう~んとなってしまうのだ。

そんな訳でこのアルバム、ジャケットが廃墟の中に佇む操り人形の王様で、その王様の表情がニヤけてる事から何やら意味深なモノを感じるんだけど、彼等の事だから風刺的なモノなんだろうなあ。デラエディ盤の新しいジャケットは差し替えられてるけど、オリジナルの方がやっぱしっくりくるよなあ。

楽曲は全6曲。まだバンドが大作を作ってた頃なので曲数は少なくても内容はかなり濃い。冒頭のタイトル曲で約6分、続く「XANADU」はこのアルバム最長の11分。ラストの「CYGNUS X-1」は約10分半と集中して聴く事になるので、このアルバムを聴く時はなかなか途中で止める事が出来ない。とはいえ、私が車内で聴くCD-Rにはタイトル曲と「XANADU」は入れてるけど(さすがに「CYGNUS X-1」は入れられないな)。PV集にも入ってた「CLOSER TO THE HEART」は美しい小曲といった趣きで、この曲がこのアルバムの中では一番聴き易いかと。

久しぶりに聴いたら、やっぱこの頃のバンドはプログレの括りに入っていても全く違和感の内スタイルだったと思う。「2112」の延長線上でもあるし、彼等の代名詞でもあるテクニカルで複雑な曲展開をプレイするハードロックはこのアルバムでも十分発揮してるし。
「CYGNUS X-1」は想像力が膨らみ過ぎて、結果曲の最後に「TO BE CONTINUED」と入れる事によって次作「HEMISPHERES」に持ち越されたのは有名な話。それでも10分超えの大作だから作った時は相当悩ませたんじゃないかと。まあ曲を聴く限りでは上手くまとまってるとは思うけど。

間違いなくドリーム・シアターなどの後続バンドに影響を与えたスタイルだけど、ドリーム・シアターみたいにテクニカルに走り過ぎて肝心の楽曲の方に付いていけなくなる訳ではないので、この部分がラッシュが他のバンドと違う部分なんだと思う(勿論ドリーム・シアターの曲構成の方が好きな人がいてもおかしくはないけど)。...しかし、この頃のゲディの声はホントに高いよなあ...


「A FAREWELL TO KINGS」


「XANADU」
スポンサーサイト




偶然、ディスクユニオンの中古サイトにて現時点でのスタジオ最新作「CLOCKWORK ANGELS」のツアーの模様を収めた未開封BDが¥2600くらいで売られていたのを発見して嬉々しながらポチってみた。
予約をしたのに500セット完売のお陰でBD6枚組の集大成「R40」を購入出来なかったから、この映像はBDで観られないのか?と落胆してたのだけど、後にワーズレコードから単品でBDリリースされたので(当初は「R40」でしかBDは出ないと言われてたのに...)いずれ手に入れようと思いつつも、いつもの金欠のお陰で延び延びとなってたのだけど、こうして無事手に入れる事が出来て満足。

そしたら、ラッシュが最後のツアーと銘打った「R40 LIVE」のBD盤が輸入盤で安値で売られてるではないか。CD3枚組が国内盤でリリースされてたのは知ってたのだけど、何で映像の方は国内盤出ないんだ?と。またワーズレコードが高めの値段設定で売るんだろうなあ...と思いつつも、一向に発売される気配がない。
CD3枚組の国内盤が¥3980なので、もし国内盤BDが発売されるなら¥6000くらいで売られるんだろう...と思い、今回は輸入盤でBD1枚+CD3枚組で送料込み¥1824でポチった。
国内盤CDより半額以下でBD付をゲット出来るこの世の中の仕組み...一体何なんでしょうか?(苦笑)まあ、十分過ぎるほどの安値で大満足でしたが。

しかし40年の活動歴って相当なモンですよ。蠍団のリマスターが出た時もバンド50周年記念とか言ってて驚いたけど、もう何十年も活動してて本人達は飽きないのかな?と素人目に思ってしまうのだけど、2ndアルバムから不動のメンバーで90年代から2000年代に6年の活動停止期間があったとはいえ、それ以前はほぼ毎年の様にアルバムをリリースし続けた偉業はなかなか真似出来るモノではないかと。しかも、ラッシュみたいに複雑な曲構成を持つバンドがそれをやってのけるという事自体が信じられないし。

そんな事を思いながら、ラストツアーという意識を持ちながら映像を観てると、さすがに衰えを感じさせるのは仕方ない事かと。アマゾンのレビューでも劣化が目立つという批評が多いけど、ゲディ・リーみたいなハイトーンな声の持ち主はどーしても年齢には勝てない訳だし。特に初期の楽曲はかなり苦しそうな感じが見受けられる。
私自身はリアルタイムで経験してない初期の楽曲に思い入れはないので、HM/HR系リスナーに人気の「2112」なんかも90年代に久々にライブでプレイされた時でさえ声が厳しい感じだったから、逆に思ってたよりも声出てるなあと思ったくらいだ。

こうして収録された楽曲を見て、しかも冒頭のバンド初期から最新までの楽曲が走馬灯の様にフラッシュバックされていくのを目の当たりにして本当に感慨深い。私が好きなのは80年代入ってからの楽曲なんで、正直言って「何でこの楽曲が入ってない?」と思うトコもあるけど、さすがに全部が全部って訳にもいかないんだろうなあ。せめてアルバムから1曲づつ選曲してほしかったというのが本音。
しかし、決して悪くない選曲だと思う。驚いたのはやはり「LOSING IT」。この曲は絶対にライブで演らないんだろうなあ...と思ってたらやはり海外のファンも同じ気持ちだったらしく、バンドに演奏してほしい楽曲のリクエストでこの曲が1位を取ってたみたいで、エレクトリックヴァイオリンのパートはゲディ・リーのソロアルバムにも参加してたベン・ミンクが担当する事でこの度初お目見えになった。
嬉しかったのは「BETWEEN THE WHEELS」。この楽曲も随分久しぶりにライブで聴いた気がするけど、このアルバム「GRACE UNDER PRESSURE」自体がアルバム群の中でも異質の存在なので、こうして最後にプレイしてくれたのは嬉しい限り。
意外だったのが「THE MAIN MONKEY BUISINESS」。この曲はバンドにとってかなり難易度が高いらしく、ミスると大惨事になるくらいの楽曲らしい(聴いてる分にはよく分からなかったりするけど)。「JACOB'S RADDER」は「EXIT STAGE LEFT」以来のプレイだろうし、これも意外な選曲だったなあ。

「あくまでもツアーからの撤退であり、バンド活動の終焉ではない」と当時はこう説明していたけど、ゲディの声の問題やニール・パートが酷い腱鞘炎だとか色々問題もあるみたいなので、この作品のリリース以降目立った活動はまだ行なわれていない。
ずっと希望を持ってたラッシュの来日公演は夢と消えてしまったけど、せめて新作リリースだけは続けてほしい。「CLOCKWORK ANGELS」はホントに素晴らしい作品だったのでまだまだやれるハズだと信じてるし、バンドに対する期待もまだまだ持ち続けていたいと思っている。...でも、ライブはホントに観たかったなあ...


予告編


「JACOB'S LADDER」

ロール・ザ・ボーンズ(紙ジャケット SHM-CD)ロール・ザ・ボーンズ(紙ジャケット SHM-CD)
(2013/09/25)
ラッシュ

商品詳細を見る


しかし、発表されてから約10日くらいで予約分完売って意外と人気あるんじゃないの??...とふと思った。
何が?って、今回のお題であるラッシュの事ですよ。
海外では絶大な人気を誇って、数年前にはロックの殿堂入りまでした超大物バンドなのに、我が国では1984年に一度だけ来日公演を行なっただけで後は殆どスルーされてるという、恐ろしいほどのマイナーなバンドという認識。

ところが、そのラッシュの新たなマテリアル:バンド結成40周年を記念してリリースされる映像集「R40」が、国内盤で発売されるというアナウンスから約10日で、リリース元のワーズ・レコーズのオフィシャルサイト以外での予約受付が殆ど終わってしまっているのだ。
まあ、ブルーレイとDVDを各500セットのみしか作らないという事もあるんだろうけど、発売前に殆ど完売とは。とても人気のないバンドとは思えない盛況ぶりじゃないですか。
まあ、これまでの映像作品は殆どDVDで持ってるので(「TIME MACHINE 2011」のみBDで買ったけど)、最新の「CLOCKWORK ANGELS TOUR」と「R40 EXTRA BONUS」のみで約¥2万はキツいなあ...と渋々考えてたのだけど、この煽りで慌てて探しまくって、何とか楽天ポイントが10倍付く店で予約出来た。
金銭面ではちと大変だけど、まあ国内盤買って少しでもバンドが日本に興味持ってくれて、来年噂されてるツアーで待望の来日を果たしてくれる事を祈りますよ。勿論、その間「R40」を堪能して。

で、今日はそんな彼等の1991年作品である「ROLL THE BONES」をチョイス。
私は前作「PRESTO」で彼等を知ったクチだったので、前作を相当気に入ってたからこのアルバムには非常に期待していたのをよく覚えている。しかし、前作と同じプロデューサー:ルパート・ハインを使っているのにも関わらず、若干変わったスタイルが提示されたのには驚いた。言うまでも無く、タイトル曲である「ROLL THE BONES」の存在だ。

ラッシュとしては珍しいラップを取り入れた作風という事で当時は相当賛否が分かれたみたいだけど、その時はまだバンドをよく知らない時期だったので、私的には「へえ、ちょっと意外だけど面白いじゃん!」ってな感じですんなり受け入れられた。だけど、年季入ってるファンからすれば「ラップだと!?」ってな具合になるのは当然だろうなあ。
後にゲディ・リーは「一部にラップを取り入れたというだけで、それ以上でもそれ以下でもない」と語ってたけど、単に曲間のアクセント的な意味合いだったんだろうなあ。

まあ、物議を醸すのはこの曲くらいなモノで、あとは当時のラッシュの音楽性をそのまま踏襲したモノ。前作ほど軽いイメージが無くなり、徐々にヘヴィさを取り戻しつつある印象を受けたくらい。
そんな感じなので好きな曲も多く、ライブのレパートリーにもなってる「DREAMLINE」「BRAVADO」「ROLL THE BONES」は大好きだ。
また歌詞が最高な「GHOST OF A CHANCE」が、私的なハイライト曲。アレックス・ライフソンのギターソロは、ニール・パートをも唸らせてライナーで絶賛されているのがよく分かる。後になってゲディは、インタビューで当時解散の危機があったらしく、この曲のお陰で続ける希望が持てたとも語ってた。
ラッシュに解散の危機があったなんて、後のニールの不幸の時以外は全く無かったんじゃないかと思ってたんだけど、やはりこれだけ長く活動してると色々な事で問題も生じてくるんだろうなあ。

私は前作がラッシュの存在を初めて知って思い入れのある作品で、次作「COUNTERPARTS」がバンドの中でも3本の指に入る傑作という事もあって、その中間に位置する「過度期」的な意味合いに捉えているけど、決して見過ごす事は出来ない作品である事は間違いないかと。


「ROLL THE BONES」



「GHOST OF A CHANCE」

クロックワーク・エンジェルズ・ツアークロックワーク・エンジェルズ・ツアー
(2013/11/20)
ラッシュ

商品詳細を見る


やっと待ちに待った9連休の始まりですよ!と言っても、もう2日経ったけど(苦笑)。
毎年の恒例行事と化したアウトレットへショッピングと、初詣と実家に帰る以外特にやる事もないので、今回の年末年始は掃除とゲーム、そして映画を沢山観る事にしようと心に決めた訳で、まず手始めに掃除を敢行。
昨日は風呂場を重点的に、そして今日はもう着ない洋服などを整理してたのだけど、色々仕分けしてた時にやはりロックTシャツがかなり多くなってしまったなあ~と実感。
最近はライブ会場で買う事は少なく(気に入るデザインのモノが売られてないので購買意欲が失せてしまうのだ)もっぱらネットで安いの見付けたら購入ってパターンなのでどんどん増えていくばかり。さすがにもう購入は控えないとちょっとマズいなあ。

まあそんな感じでダラダラと仕分けやってる最中、BGMだったのが先月購入したのに余り聴いてなかったラッシュの今回のツアーを収録した「CLOCKWORK ANGELS TOUR」。
3枚組という結構なボリュームで、しかもドラムソロがCD各1枚ずつに一つずつ入ってるという、一体どーしちゃったの?状態のライブ盤(笑)。

「CLOCKWORK ANGELS」は、アルバムでは久々に素晴らしいアルバムだったので来日公演も期待してたのだけど、相変わらず日本には醒めた反応しか起こしてくれなくてホントに残念だ。ラッシュが現役でいる限り来日公演の望みは絶対に捨てるつもりはないのだけど、彼等ももう還暦を過ぎてしまった訳で、これから活動ペースは下がってくるだろうから(現に来年はオフだそうだ)早いトコ吉報を待ちたいトコなんだけど...

それはともかく、ここ数年”アルバム出したらライブ盤も出す”というパターンは今回も崩してないので、こうしてライブの様子が聴けるだけでも嬉しいモノだ。しかし今回は、海外ではもう既に映像も売られているのに、国内版はまだリリースの予定が出て来ない。早く出してよ!

今回のツアーの大きな目玉は、バンド史上初の試みである8人編成のストリングスアレンジを加えた構成となっている。ストリングスアレンジは全曲全てという訳ではなく、新作から「BU2B」「BU2B2」を省いた全曲+数曲だけで、後はいつも通り3人での演奏となっている。

新作のテーマが”スチームパンク”をテーマにしているので近未来的な雰囲気を待つ楽曲で構成されていて、特に80年代のシンセサイザー期からの楽曲が多いのは、当時リアルタイムで聴いていた人には堪らない選曲かと。私的には「GRAND DESIGNS」や「MANHATTAN PROJECT」が嬉しかった。
ただストリングスアレンジは、最初は新鮮で面白いのだけど、何度も聴いてるウチにやはり3人のみの演奏の方が聴きたくなってしまう。特に新作は、前回のツアーで「CARAVAN」が披露されていたとはいえ、全曲演奏は今回最初で最後だろうから、ノーマルなライブverが聴きたかったのが本音だ。

演奏の方は相変わらずだけど、やはりゲディ・リーの歌はかなりバラつきが感じられる。まああの歳でこれだけ長い時間のライブだし、喉を酷使しているのは明らかだから理由も分かるのだけど、それならばハイトーンを駆使した楽曲は控えるとかの配慮は欲しかったなあ。特に「2112」はもうプレイしなくても良いんじゃないかと。
その分ニール・パートが頑張ってる印象で、前述の通りライブ盤にドラムソロ3つを組み込むというのは聞いた事がない。まあニールだからこそ許される事だけど、並のドラマーがこんな事やったら飽きられる事必至かと(笑)。

まあ何だかんだと書いたけど、やはり音だけでも楽しませる構成はお見事。早いトコ映像も観たいけど、それまでは音源だけで我慢しますかね。
そーいや、彼等のアルバムでは初の3人の顔出しが実現したというのも興味深い。何か心境の変化でもあったのだろうか?


「HEADLONG FLIGHT~DRUM SORO」↓
http://www.youtube.com/watch?v=WnySPqze0j0

ヴェイパー・トレイルズ (紙ジャケット SHM-CD)ヴェイパー・トレイルズ (紙ジャケット SHM-CD)
(2013/09/25)
ラッシュ

商品詳細を見る


何だか急に寒くなりましたねえ~。
しかも先週末は台風来たりして(幸い逸れてくれて影響はほぼ無かったけど)めちゃくちゃな天候になってるし。お陰さまで昨日は冬物出すのに大慌てで、コタツ出したりカーペット出したりで、オマケに掃除も始めたモノだからこれでほぼ一日終了。しかも全然片付いてないし(爆)...まあ地道に少しずつ片付けていきますかね。

そんな中、給料もらったばっかなので、以前から狙ってたラッシュのリマスターを買おうとチェックしてたのだけど、当初は「PRESTO」と「ROLL THE BONES」の紙ジャケ盤買えば良いや~って思ってたのだけど(理由は、この時期のCD盤は音圧が低いのでボリューム上げないと聴きづらい為。「PRESTO」に至っては、当時の国内盤には対訳が載ってなかったので、今回の紙ジャケは入ってるので絶対に欲しいのだ)アマゾンでリマスターBOXの金額をチェックしたら何と¥3200。これじゃ国内盤1枚にちょっと足しただけで7枚のリマスター盤が手に入るならこっちも良いなあ...って事で早速ポチったのである。先日CDを買い控えなきゃ!と語ったばっかなのに...ホント、ダメダメですなあ。

で、そのBOXセットが昨日届いたので、早速気になってた「PRESTO」「ROLL THE BONES」から聴いてみたのだけど、リマスター効果は抜群で音圧も今の基準くらいまでに上がってて大満足。もう最初に「PRESTO」はレビューしちゃったから書けないけど、やっぱ良いアルバムだわ~と再認識。この時期にはホントぴったりなんだよなあ。

で、このBOXの目玉であろう、2002年発表の「VAPOR TRAILS」のリミックス版の登場。発表されて2~3年後から既にインタビューなどで語られていた様に「いつか、このアルバムのリミックス版を出したい」という意向がついに反映されたという訳だ。

このオリジナル盤が発表された時、約6年振りでラッシュがまた復活してくれた事に対して狂喜してたので、普通にアルバム聴いた時の感想は「彼等にしては音が荒いけど、このラフな雰囲気が新たなアプローチなのかな?」と思っていたのでさほど気にはしていなかった。冒頭の「ONE LITTLE VICTORY」からしてグイグイ引っ張っていく様なノリだったし、以前はもっと作り込みを意識していたのでこういうのもアリだと思っていた。
だから、このアルバムのリミックスをやりたいという話が出た時、彼等にしては珍しく過ちを正したいのか?と思ったけど、久々の活動再開で尚且つニール・パートの件もあった事だし、焦点が定まらなかった部分があったんだろうなあ。

で、このリミックス版。オリジナル版と比べて大分音が均一化されて、大分聴き易くなった印象。低音を効かせてギターを前面に出したオリジナル版よりももっとすっきりした感じで、同じアルバムでも聴き比べると大分印象が変わって聴こえるのが不思議な感覚を覚える。
どっちが良いかというモノでもないけど、私の好みだとリミックス版の音の方が整合感があって良いかな。だけどインパクト重視で聴くとオリジナル版といったトコかな?

曲自体は、何ら変わり無いいつもラッシュなんだけど、ニールの悲劇を乗り越えたお陰か何処となく少し哀愁を感じさせる雰囲気が感じられた。「GHOST RIDER」が特に顕著で、ニールがセラピーの一環としてバイクで旅をした時に書かれたモノらしいけど、歌詞を読むとちょっと切ない気分になる。
お気に入りは「CEILING UNLIMITED」「GHOST RIDER」「THE STARS LOOK DOWN」「VAPOR TRAIL」「SECRET TOUCH」「EARTHSHINE」あたりかな。

これまでコンスタントにアルバムを発表し続けた彼等が、予期せぬ事態で活動休止を経て活動再開した復活記念のアルバムだけど、無事に活動再開してくれてホントに彼等のファンで良かったと素直に思えるアルバムで嬉しくなったのをリリース当時に思った事を思い出した。未だに現在まで走り続けて魅了してくれてるのは至福以外の何物でもないよなあ...恐れ入ります。


「ONE LITTLE VICTORY」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=49VFP8yzQkY

「GHOST RIDER」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=8JNq3v6Xcgw

「VAPOR TRAIL」曲のみ(オリジナル版)↓
http://www.youtube.com/watch?v=wLNfkVsW1Ck