FC2ブログ




前回の打首さんのCDばっか毎日聴いているんで、他のミュージシャンをチョイスするのもどうかな?と考えたけど、今日は休日で久々に海までドライブして色々聴き漁っていた中にこのアルバムも忍ばせておいたので今回はコレをチョイス。クリフ・マグネスの1stソロアルバム「SOLO」。発表は1994年。

以前2ndアルバムをチョイスした時も書いたけど、この人自身を全く知らない状態で楽曲聴いたお陰で純粋に音楽が気に入ってアルバム買ったので勿論このアルバムも欲しくなった訳だけど、今回買ったこのCDは2009年に発売されたリマスター盤だった。オリジナル盤よりも2曲多めに入ってお得な気分。確か日本盤もリリースされていて、輸入盤のこのジャケとは違うモノクロ写真の赤ちゃんの横顔だったのだけど、そもそも何でそんなジャケなのかよく分からないし...

音楽性はプラネット3同様メロディアスハード系やAORの範疇に入るモノで、プラネット3から知ってる人は勿論、私みたいに2ndアルバムから入って後追いで聴く人にとっても期待を全く裏切らない作風となっている。
ただ、2ndアルバムよりは当時のメロハーの音作りなので、音が若干軽めな感じでキーボードの音が80sっぽいノリも感じられるのが特徴かと。最初一通り聴いた時はメトロポリス(←バンド)を思い出したな。

2ndアルバムの「AIN'T NO WAY」がヴァン・ヘイレン+ナイトレンジャーっぽいと書いたけど、このアルバムでもバラードの「HOLD ME LEE ANNE」がジャーニーっぽい王道路線だったり、「KHALELA」はMr.ミスターっぽい雰囲気を感じられてその時に影響されたモノがストレートに反映されやすいのかな?と思った。まあ良い曲なんでパクりだとかいうつもりは全くないんだけど。

「FOOTPRINTS IN THE RAIN」「JENNY'S STILL IN LOVE」「WHAT'S A HEART TO DO」はプラネット3の流れを汲む楽曲で、実際に「JENNY'S STILL IN LOVE」はジェイ・グレイドンとグレン・バラードのクリフの共作だったりするので当然といえば当然か。「FLOWER GIRL」みたいにレゲエのリズムを強調した楽曲なんかこのテのメロハー作では珍しいし、ソロ作なのでちょっと冒険しているのも面白い。ボーナストラックの「DREAMS FADE AWAY」も良曲で、何でオリジナルではオミットされたのか不思議。

他のミュージシャンへのサポートの仕事のお陰で、このアルバムから2ndアルバムまでの間隔が空いてしまったのが今更ながらホントに勿体無いと思うけど、幾ら良い楽曲を集めたアルバムをリリースしても必ずしも売れる訳ではないから、こういう玄人受けするミュージシャンは活動がホントに難しいんだろうなあ。よくあるメロディアス・ハード系の名盤に名を連ねても良い出来だと思うんだけど、このアルバム自体はそのテの記事でも見掛けた事もないし(...まあ今まで本人自身を知らなかったくらいだし)正に隠れた名盤なんでしょうな。


「JENNY'S STILL IN LOVE」


「DREAMS FADE AWAY」
スポンサーサイト






正月明けてから結構忙しい日々が続いていて、休日は何かしら予定が入ってる始末...昨日・今日と連休だったけど健康診断の2次検診に引っ掛かってしまったのでその検査の為に2日間潰れてしまったし、次回の休日は車の修理で、その後は会社のメンツと合流...と色々詰め込みすぎ。ブログもちょっとまともに書けてないし。
お陰で音楽をまとも聴く時間がないけど、欲しいモノがちょこちょこ出てるんでタワレコ10倍ポイント時に予約しており、今日のお題であるクリフ・マグネスの新作「LUCKY DOG」が早速届いたんでチョイス。発表は昨年でした。

そもそもクリフ・マグネスって誰?って感じで、アマゾンでCDチェックしてる時にお薦め欄にこのジャケが出てたので調べてみたトコ、あのプラネット3のボーカルだった人との事。私はプラネット3に関しては勉強不足で、地味JAM尊サンのコメントにバンド名が書いてあったのを見て「ああ、あのリーバイスのCMの曲か!!」とそこで初めて知ったくらい(笑)。

しかもプラネット3のメンツがジェイ・グレイドンとグレン・バラードとこの人という、凄いメンツで構成されていたとは2度ビックリ。ジェイ・グレイドンはデヴィッド・フォスターとのエアプレイで有名だし、グレン・バラードはソングライターとして様々なミュージシャンに曲提供してるので名前はしょっちゅう見てる人という事で、このクリフ・マグネスだけがちょっと地味な存在になってるかな?まあ彼もアヴリル・ラヴィーンやスティーヴ・ペリーとの仕事でキャリアを築いてる人ではあるけど私は全くノーマークでした。

では、何故そのアルバムを購入しようかと思ったのか?というと、単純に視聴で聴いて素直に良い曲だな...と思ったからで、ちょうど今こういうスタイルの音楽が聴きたかったから良いタイミングだったと。
プラネット3がAOR的な作品に扱われているのでその流れにあるモノだと思ってたけど、実際にアルバムを聴いてみてAORというよりはメロディアスハードに近い作品だと感じた。「AIN'T NO WAY」のPVでのご本人の姿を見て、年齢を考えると正直いって弾けまくりだろっ!という感じだけど(御年61歳だそうだ)この年齢でも普通にロックしてるのはマジで最高!ボーカルも年齢を感じさせない素晴らしい声量の持ち主で、今まで彼の存在を知らなかったのがホント悔やまれる。

その「AIN'T NO WAY」、最初聴いた時はヴァン・ヘイレン+ナイトレンジャーみたいなスタイルでAORでも何でも無いじゃん!と思ったけど、「UNBROKEN」や「MAYBE」などのバラードを聴くとTOTOやシカゴみたいなAORスタイルが感じられて、しかも「LIKE YOU」や「ALL OVER MY MIND」などで聴けるコーラスワークなんかはキャッチーで透明感があるので聴いていて非常に心地良い。

そうそう、久々にこういう音が聴きたかったんですよ!新しい事を演ってる訳でもないし、ジャケットのダサさで非常に損してるとは思うけど(苦笑)昔ながらのメロディアスで聴き易いロックをお探しの方には是非手に取ってもらいたい作品ですね。プラネット3は勿論の事、プラネット3解散後にリリースされた1stソロアルバムもそのウチ聴いてみたいなあ。マジで恐れ入りました...暫くヘビロになりそう!


「AIN'T NO WAY」


「UNBROKEN」