FC2ブログ




前回の人間椅子とは打って変わって、今回はYMOを取り上げてみようかと。
何故今更YMOなのか?...って、自分でもよく分からないんだけど(苦笑)急に初期の楽曲「SOLID STATE SURVIVOR」が聴きたくなってしまい、大昔に聴いてたカセットテープはもう存在してないし、CDも1枚も持ってないんで、とりあえずベスト盤を押さえようかと思い、2003年に発表された「UC YMO」というアルバムのブルースペックCD仕様(2009年発売)をアマゾンで少し安くなってたんでポチってしまいました。

今年は結成40周年記念(1978年だから、実際には41周年なんだけど)という事で色々企画盤が発売されるみたいで、偶然にも聴きたくなったのは奇遇というか何というか。
彼等の登場は本当に衝撃的で、最初に聴いたのはウチの姉が「TECHNOPOLIS」のシングル盤を買ってきて、それを聴いた時私はまだ小学生で、それまで音楽なんてザ・ベストテンで聴ける歌謡曲がメインだったのに、いきなりピコピコ鳴ってる電子音がエラくカッコ良かったのをよく覚えている。しかもジャケットが”マネキンとテーブル囲んでる3人の日本人”というのも何かモダンで別世界の人達という印象が強かった。またB面の「SOLID STATE SURVIVOR」が凄くカッコ良い曲で、ウチの姉が暫く毎日聴いてたのも納得だったな...この辺を急に思い出して聴きたくなったのかも。

中学生の時、YMOは結構クラスメイトにも人気があって、教室の脇の廊下にオルガンが置いてあったのでそれで延々「RYDEEN」弾いて教授を気取ってた同級生がいたくらい(笑)。また当時の中学校では女子が創作ダンスをクラス毎に発表する場があって、それで「RYDEEN」や「TECHNOPOLIS」を使ってるトコが多かった事も人気の高さを伺える程だった。あとスネークマンショーの影響もかなり強く、あのコントを笑いのネタとしてよく話してたよな~と思い出した。

このアルバムは、教授こと坂本龍一さんが選曲・監修・解説・リマスタリングを施した2枚組アルバムで、これ以前にも細野晴臣さんや高橋幸宏さんが監修・選曲したベスト盤を発表してる事から、メンバー達のYMOに対してそれぞれの意識の違いをアルバム毎に見出すのも面白いんじゃないかと思う。

今、こうして改めて聴いてみると当時のシンセサイザーの音が古臭かったりするものの、楽曲自体は全然色褪せていないのはさすがだなと思った。勿論、当時散々聴いた人達には”懐メロ”となってもおかしくないのだけど、楽曲の良さが余り懐メロ的要素を感じさせないのかな?と。
あと、初期の楽曲のインパクトが強かったお陰で後期の印象が自分の中ではちょっと希薄に感じてたのだけど、改めて聴いてみるとバンドアンサンブルが強くなってテクノっぽさがそれほど感じなかったのも意外だったな。
ジャパンなんかはメンバーと交流あったので彼等の音楽にもYMOの影響は十分感じられるんだけど、YMO自体がロキシー・ミュージックの影響が強かったんだな...と今更ながらに思った。まあ当時はロキシー・ミュージックは聴いた事なかったし、ブライアン・イーノにライブ盤のミキシングを頼んでる事からその辺の意識もあったんでしょうね。

私的にはやっぱ初期の楽曲に思い入れが強いけど、後期の楽曲もかなり良い楽曲が多かったんだなと聴いてて思った次第。後期のアルバムはまともに聴いた事ないんでこれを機に数枚聴いてみようかな。「BGM」なんて多分好みなんじゃないかと思うし。...ああ、またお金が飛んでいく...(苦笑)


「TECHNOPOLIS」


「ISHIN DENSHIN」 (YOU'RE GOT TO HELP YOURSELF)
スポンサーサイト