FC2ブログ




前回のクリフ・マグネスと一緒にプラネット3のメンバーだったジェイ・グレイドンのソロ作「AIRPLAY FOR THE PLANET」のリマスター盤をやっと入手出来た。ジャケも変わってリイシュー/リマスター盤の販売は2年前だってけど、オリジナル盤の発表はプラネット3後の1993年にリリースされている。詳しい事は分からないけど、ソロ作としては初になるのかな?

オリジナル盤のジャケットは天使が横になってニヤついてる微笑んでるイラストのモノなんだけど、今回のリイシュー盤では夕日に映し出されたマイアミの風景みたいな椰子の木とビル街のシルエットで、こっち方が断然素晴らしいと思う。更に輸入盤のジャケも別モノで、こっちはプラネットにちなんで全面に赤い惑星が写ってるだけのシンプルなモノなんで面白味も何もない...

ここ数ヶ月、前述のクリフ・マグネスのソロ作やプラネット3のアルバムを聴いてて、やはりジェイ・グレイドンのソロ作も同系統の路線なんだろうか?と興味が湧いて手に入れたけど、実際に聴いてみたらAORの括りでは間違いないのだけど同時にフュージョン系に近い世界観もあって、予想していたのとは若干違っていたかな?悪いという意味ではなく意外だったという意味だけど。
そして楽曲は勿論の事、音が物凄く良いのにも驚いた。リマスター効果もあるんだろうけどipodで聴いても音の広がりが効果的で、正に理想的な音質。ヘッドフォンで聴いた方が心地良いかと。

このソロ作では楽曲によって違うシンガーを起用しているのだけど、耳を惹くのはやはりTOTOのジョセフ・ウィリアムスで「WALK THE WIRE」「HISTORY」「WHEN YOU LOOK IN MY EYES」の3曲で存在感を示している。どーせなら全曲で歌った方がアルバム全体が散漫にならないと思うけど、他のシンガー達も上手い人達で揃えてるいるからそれはそれで仕方ないのかも。

あと、この人達界隈ではお馴染みの(お約束ともいう)「AFTER THE LOVE HAS GONE」も収録されているのだけど、このテイクのシンガーは元シカゴのビル・チャンプリン。EW&F、エアプレイ、CWF、そしてこのテイクとシンガーが違う4曲聴いてる事になるけど、作曲者の一人でもあるこの人のテイクも素晴らしい。まあ歌が上手い人が歌えば名曲には間違いないんだけど、私的にはやっぱEW&Fのテイクが一番しっくりくるんですよね。
全体的に落ち着いた楽曲が多いのでアダルトでメロウな印象が強いアルバムになるけど、中でも「WALK THE WIRE」「HOLDIN' ON TO LOVE」「ROXANN」「WHEN YOU LOOK IN MY EYES」がお気に入りかな。リラックスしたい時に聴くと良い気分になりそうな雰囲気かと。

残念ながらスタジオワークの方が多い為かソロ作が少ないのがクリフ・マグネス同様に勿体ないと思うのだけど、良曲を集めて作ったアルバムというモノは何時何処で聴いても名盤である事には間違いない訳で、ホントに買って良かったと心底思える作品かと。さすがにプラネット3の再結成は望めないだろうけど、いつかまたソロでこういうAOR作品をリリースして欲しいモノです。


「WALK THE LINE」


「ROXANN」
スポンサーサイト