FC2ブログ



ちょっと臨時収入があったので調子こいて新作ばっか買ってて、更に欲しいモノが増えてる始末。最近の更新はほぼ新作ばっかというのも近年無かったから凄く珍しい事かと。ここ数年は新作が出たからといって意気揚々と購入する機会が減ったのでこういう状況は嬉しい事ではあるのだけど、ちょっと異常な購買率なんで少し控えなきゃ...と言いつつも、この後トゥールとレヴォリューション・セイントの新作が来るので説得力が全くナッシングですね(苦笑)。

さて今日のお題はちょっと前に購入していたんだけど、怒涛の新作ラッシュのお陰でちょっと埋もれてしまったスウェーデン出身のセヴンス・ワンダーの通算5作目にあたる「TIARA」を今回はチョイス。リリースは昨年2018年。

このバンドは全く知らなかったんだけど、例によってYOU TUBEのお薦め欄に出てきたのを機にちょっと聴いてみようか...とクリックしたのがマズかった(笑)。ドリーム・シアターみたいなテクニカルなプログレッシヴ・メタルバンドであるけど、アルバム全体を聴いてみるとドリムシよりももっと歌中心に来てる印象で、そこに北欧ならではの透明感を感じさせるので物凄く聴き易い印象を受けた。さすがに音の洗練さはドリムシには敵わないけど、このテのバンド群の中ではかなりいい線行ってるんではないでしょうか?

ボーカルがやたら上手いなあ~と思って調べると、キャメロットのトミー・カレヴィックという人物。私はキャメロットというバンド名は知ってたけど音は聴いた事がないのでどんな音楽性なのか知るべくもないんだけど、普通にこのアルバムでは歌声がマッチしていると思う。高音も無理なく出せているみたいな感じだし、バラードでしっとり聴かせる術も心得ているので聴いててストレスを全く感じさせないのは実に素晴らしい。

綺麗なメロディを中心に聴かせるコンセプトアルバムなので、人によってはドリムシよりも好みなのかもしれないけど、時折メタルっぽさを感じさせない展開もあるのでこの辺が評価も分かれるトコなのかも。全体的に高水準な楽曲なんだけど抜きん出た楽曲がないので、あとは2~3曲くらいキラーチューンがあれば今後大いに化ける可能性もあるだけにちょいと勿体ない感じかな。私的には後半にコレはちょっといらないんじゃないか?と思う楽曲があったので、これさえ無ければ高評価付けたかったかなあ。

という訳で、私の好みにはあと一歩!という感じなので、次作でどう変化するのかがちょっと楽しみ。ただ、このアルバムを出すのに前作から8年掛かってるとの事なので、完全にプロジェクトと化してるのが気になるけど、まあ気長に待ち続けますよ。


「TIARA'S SONG」


「VICTORIOUS」
スポンサーサイト