FC2ブログ



久々に邦楽です。
このブログを見てくださってる方達にはご存じの通り、私は基本的に洋楽ばっか聴いてるんですが、自分の感性で”これは!”というモノがあったら邦楽でもハマってしまうので、正直言ってYOUTUBEに出てくる「あなたへのお薦め」欄はマジでヤバい(苦笑)。昨年ハマった打首獄門同好会もこのテに引っ掛かってしまったお陰でハマってしまい、CD何枚も買う羽目になり散財してしまったという事実があったのに。

で、今回チョイスしたキリンジも全くそのパターンで、別に全く気に掛けていなかったのにいきなり「エイリアンズ」という曲がお薦め欄に出てきて、そーいや名前は聞いた事あるけど曲は聴いた事ないぞ...という好奇心からクリックしたらめちゃくちゃ良い曲じゃんか!と、正に”ワンクリックの誘惑”にあっさり敗北(笑)。
で、色々調べてたらいつもお世話になってるジョーシンでこのCDが24%割引きになってたので、2枚組全31曲という事もありジャケットの良さも相成って入門編として購入してみた。そんな訳で、今回は2014年に発表されたキリンジの3枚目にあたるベスト盤「フリー・ソウル・キリンジ」をチョイス。

結成は1996年とキャリアはかなり長く兄弟2人でグループを結成、このベスト盤が出るまでにオリジナルアルバムは10枚作られていて、ちょうどこの時期に弟の方がグループを脱退したとの事。今も兄の方がグループを存続しているけど、バンド形式としては今年でピリオドを打つらしく、その後はプロジェクト形式になるらしい。
で、このアルバムはオリジナルアルバムからの選曲の他に、ソロ作やセルフカヴァー集、シングルのみリリースされた楽曲も収録されているので、実質それまで総括的な内容になっているのがポイントかと。
しかも、タイトルにフリー・ソウルとある様に、よくフリー・ソウル系のオムニバスCDを制作しているPヴァインレーベルでもお馴染みの橋本徹さんが選曲・監修されているので、ミュージシャン側の選曲とはまた一味違うノリなのが良い。

私は先述の「エイリアンズ」をYOUTUBEで聴いて、他の曲も数曲聴いただけでこのCDを買ったのでどんな楽曲をプレイする人達かイマイチよく分かってなかった訳だけど、全曲聴いて思ったのはよくここまでスティーリー・ダンみたいなAOR的な音世界を作り上げてるなあという事。インパクト重視な派手さはないんだけど、メロディの良さと歌詞の乗せ方が絶妙で、聴いてて心地良い雰囲気が素晴らしい。兄弟揃って作詞・作曲を手掛けているけど違和感は殆ど感じないのもアルバム全体の流れとしては良い感じ。

お気に入りは「エイリアンズ」「LOVE IS ON LINE」「まぶしがりや」「愛のCODA」「スウィートソウル」「雨は毛布のように」「燃え殻」(この曲は弟の方の”馬の骨”というプロジェクトからの楽曲)あたりが良いけど、もっと聴き込むと更に増えそうな感じ。アルバム全体でドライヴのお供にピッタリな雰囲気なので、今からドライヴが楽しみになりそうかと。

...と、こうしてお金が減っていく訳ですね(笑)。ったく、ホントYOUTUBEには恐れ入れますわ。今のトコ、このアルバムを聴きまくって更にハマりそうなら過去作を辿っていくと思うけど、その前にこれは相当聴き込む事になるだろうなあ。今更だけどそれくらい気に入ったし、決して今の新しい音楽だけを聴いて悦に入るよりは、まだ聴いた事ない音楽を耳にして掘り下げていく事も自分の感性を満たしてくれる事を教えてくれる。ホント、良いグループですなあ。


「エイリアンズ」


「雨は毛布のように」

スポンサーサイト