FC2ブログ




ちょっと前にジョー・サトリアーニのBOXセットを購入したお陰で、時間があれば彼の音楽を聴く様にしているけど(その間にも他ミュージシャンの新作リリースが続いてるので全部聴けてる訳ではないんだけど)基本インストアルバムなので、色々聴いてると何がどの曲でどのアルバムに入ってるのかがごちゃごちゃになってる(苦笑)。基本アルバム1枚を1日聴いてるけど、数日経つと「どのアルバムだっけ?」となって実に本末転倒な感じに...
でも、勿論気に入る曲もあるから「あの曲はあのアルバム」という風に覚えていれば問題なかろう...と思うけど、好きな楽曲を集めてCD-Rなんか作った日にゃまた訳が分からなくなるんだろうな、絶対に(笑)。
そんな事を思いながら、今年発表された通算17作目となるオリジナルアルバム「SHAPESHIFTING」を今回はチョイス。ジャケがカッコイイですなあ。

しかし17作も作っちゃってますか。まあジョー和尚も既に還暦過ぎて63歳という事で順調にキャリアを積んで、ミュージシャンとしては実に恵まれた活動を続けていると思うんですが、今回の新作を聴いて未だに現役感があって本人も常に進化しているという感覚を覚えましたね。初期の頃の様なテクニカルで速弾きではなく、楽曲を聴かせる為のプレイを心掛けているのが彼のプレイにもはっきり表れているんですよね。だからインストでも全然飽きない訳で。

いつもアルバム毎にバンドのメンバーを替えているけど、今回のメンバーはドラムにベテランのケニー・アロノフ(ジョン・メレンキャンプのバンドのメンバーで有名だけど、チキンフットでチャド・スミスがレッチリのツアーで不在の時に助っ人で来た事からの流れではないかと)と、ベースにジェーンズ・アディクションのクリス・チェイニーがメイン。毎回敏腕メンバーを揃えてくるけど、今回も相変わらず良い人選で納得。キーボードにマイク・ケネリーがいないのは残念だけど、意外なゲストに元ザ・レボリューションのリサ・コールマンが参加しているのは驚いた。プリンス関係からも引っ張ってくるのかよ?

今回のアルバムはジョー和尚が1980年当時に思い描いていたサウンドを現代に蘇らせようという試みで作られたらしい。機材とかも当時のモノまで引っ張り出したらしいけど、実際に聴いてみるとそこまでの懐古趣味ではなく十分今の時代にも通用する音世界となっている。タイトルには「NINETEEN EIGHTY」というモノがあるくらいだけど、ジョー和尚がコメントにも出した様にヴァン・ヘイレンっぽい雰囲気が感じられる。
この曲や「SPRITS,GHOSTS AND OUTLAWS」みたいな従来の彼のイメージに沿うモノもめっちゃカッコイイんだけど、私的にはちょっとニューウェイヴっぽい雰囲気の「ALL FOR LOVE」や「FALLING STAR」みたいに地味だけど妙に引き込まれる世界観に惹かれたな。彼のこういう部分が他のギタリストとは違う決定的なモノなのかも。

彼のインタビューをインターネットで検索して読んでみると「私は挑戦も失敗を恐れない」という言葉が出てきてなるほどなあ~と思った。アルバム毎に若干スタイルの違いはあるにせよ、気に入ったスタイルを貪欲に取り入れて自分の色に染め上げてしまうのは正に挑戦だと思うし、それで批判を浴びようが本人は失敗とは思わず前進と捉えてるらしい。このアルバムの最後にもカントリーっぽい雰囲気の楽曲で締めているし、その前はレゲエっぽい楽曲だったりする。イメージに捉われないで好き勝手に自分の赴くままにプレイする...実に芯のあるミュージシャンで非常にカッコイイじゃないですかあ~。


「NINETEEN EIGHTY」


「ALL FOR LOVE」
スポンサーサイト






こうも何処にも出掛けないのにお金が貯まらないのは一体何故?...って、こういうモノばっか買ってるからだろっ!ってな事で(笑)またもやらかしてしまいました。

そもそも、事の始まりはワーズレコードからの半額セールのお知らせメールで、色々探ってたら2~3枚欲しいモノがあってさて清算...となった時に何故か一点だけが半額値引きになってない。仕方ないからメールにて質問したトコ、その商品は半額セールには該当しないという事で(でも最初はちゃんとその対象品にはなってたので、途中で変えたのだろう)一度はその商品を抜いて清算しようと思ったけど、やっぱコレが欲しいなあ~という事でセール品を省いてこれ一点だけを購入したと。それが今回のお題であるギター和尚:ジョー・サトリアーニの15枚組BOXセット。
そりゃ¥1万超えの商品が半額なら相当なお買い得品になるなあ~と喜んでたんだけど、それでも値引きは無くとも1枚¥750くらいで買えてしまうのは良いなあ~と購入を決めた訳で、ワーズレコードから購入だと2015年発表の「SHOCKWAVE SUPERNOVA」の国内盤も付いてくるので更にお得。ここ最近の2作は既に輸入盤で手に入れてたので、これで彼のスタジオ盤はコンプ完了。

そんな訳で、今回は彼の3作目にあたる「FLYING IN A BLUE DREAM」をチョイス。発表は1989年でした。

そもそも何でこのアルバムなのか?というと、彼のアルバムを一番初めに買ったのがこのアルバムなんで思い入れが強いから。
前作の「SURFING WITH THE ALIEN」が大ヒットを記録して一躍有名になった訳だけど、私はその時期はそれほど詳しい訳ではなく、彼の弟子であるスティーヴ・ヴァイが事ある毎にサトリアーニの話を出していたので、その師匠が一体どんな音を出すのか興味があってこのアルバムを購入したと。

でも当時はそのヴァイの「PASSION AND WARFARE」を聴いた後に購入したので、このアルバムで聴ける音は完成度も高いしさすがヴァイの師匠だけあってプレイも素晴らしいんだけど、何処か優等生的な世界でそれほどのめり込めなかった。ヴァイの様な派手でエキセントリックな雰囲気は感じられず、もっと意表を突く音世界を期待してた私は何時の間にか聴かなくなってしまった。

で、こうして何十年振りに改めて聴いてみると全然良いではないか。単に当時はヴァイみたいな音世界を期待していただけで、それをサトリアーニに期待してただけの話だったと。ちょっとフュージョン風なノリのタイトル曲から始まって、色んなスタイルの音楽性を独自のフィルターを通して自分の色に染め上げるといった感覚で、アルバム1枚の中に色んなモノが詰まってる感じ。
ただ、一つだけ苦言があるのは、彼がボーカル務める楽曲が幾つかあるのだけど正直蛇足だと思う。ギタリストとしての才能は十分発揮されているのに、ボーカルが足を引っ張ってる印象を受けるのだ。後に彼はこの辺に気付いたのか、このアルバム以降は徐々に自身のボーカルの比率を少なくしてきたけど。

彼が音楽シーンに出てきた当時はテクニカルギタリストの最盛期で、彼やヴァイの他にもレーサーXで名を馳せてたポール・ギルバートを始め、ヴィニー・ムーアやジョーイ・タフォーラ、マイケル・リー・ファーキンスやマイケル・アンジェロ、そしてジェイソン・ベッカーやマーティー・フリードマンなど数多くのギタリストが存在してたけど、サトリアーニの凄いトコは最初っからギタリストであると同時に自身のコンポーザーとして能力に長けていた事だと思う。だからこそ今まで長い間活動を続けていられるんだろうなあ。

そんな彼ももう60歳を超えてしまい、それこそ”和尚”という言葉にも説得力が増している感じだけど、クールな存在である事は昔から何一つ変わっていない。チキンフットの方の活動は最近全く聞かなくなってしまったけど、新作を聴く限りまだまだ表現したい事が沢山ありそうだし、まだまだリスナーを楽しませてくれそうですな。


「FLYING IN A BLUE DREAM」


「BACK TO SHALLA-BAL」