今日はウチにあるちょっとした珍品をチョイスしてみた。
そもそも今の時代にCDシングルを聴くという行為自体おかしなモンで(笑)懐かしさの余り引っ張り出して聴いてみた。クイーンのCDシングルBOXセットだ。発売は1991年。

そもそも何で買ったのか覚えてないのだけど(笑)発売されたのがフレディ・マーキュリーが亡くなった後の追悼盤として売られたので、当時クイーンのCDを一気に大人買いし(確か¥25000くらい掛かった様な気が)このBOXセットにも未発表曲4曲が収録されてるという事で手を出したんだと思う。それが今ではリマスターに未発表曲くっ付いた輸入盤が¥15000くらいで手に入れられるんだからちょっと虚しい...
当時は地元の個人のCD屋で購入してたのだけど、ここには何故かクイーンの12インチverを収めたCDと当時はまだ一般には売られてなかったライブ・アット・レインボーのVHSテープ、Tシャツがくっ付いた輸入盤BOXセットが売られてたので、珍しいなあ~という事でそれも後に購入してる(確か¥10000くらいだったかな?)。今もウチにあるけど、箱はボロボロでとにかく汚い(笑)。レアアイテムも形無しですな。しかし、今思うとクイーンビジネスにどれほど注ぎ込んでるんだか...

それはともかく、昔のCDシングルは普通の12cmCD盤よりも小さい8cmCDなので昔のCDコンポではそのままでは聴けず、そのCDシングルの周りに枠の様なアダプターを取り付けて(昔のシャンプーハットの様なモノ)無理矢理12cmにして聴いてた頃が懐かしい。しかもそのアダプターの固定がしっかりしてないと、回転の時にシャシャシャっと音が鳴って音楽が全然聴こえないというアナログ感満載だった代物だったよなあ(苦笑)。今のCDプレイヤーにはちゃんと8cm用の溝があるからそんな事はないけど。

このCDシングルBOX、今までバンドがシングルカットしたモノを10枚に絞り、ジャケットも当時のそのままのモノをデザインしてCDシングルとして収めてあるのだけど、収録曲は以下の通り。

SEVEN SEAS A RHYE
SEE WHAT A FOOL I'VE BEEN
FUNNY HOW LOVE IS

KILLER QUEEN
FLICK OF THE WRIST
BRIGHTON ROCK

BOHEMIAN RHAPSODY
I'M IN LOVE WITH MY CAR
YOU'RE MY BEST FRIEND

SOMEBODY TO LOVE
WHITE MAN
TIE YOUR MOTHER DOWN

GOOD OLD FASHIONED LOVER BOY
DEATH ON TWO LEGS
TENEMENT FUNSTER
WHITE QUEEN (AS IT BEGAN)

WE ARE THE CHAMPIONS
WE WILL ROCK YOU
FAT BOTTOMED GIRLS

CRAZY LITTELE THING CALLED LOVE
SPREAD YOUR WINGS
FLASH THEME

ANOTHER ONE BITE THE DUST
DRAGON ATTACK
LAS PALABRAS DE AMOUR

UNDER PRESSURE
SOUL BROTHER
BODY LANGUAGE

RADIO GA GA
I GO CRAZY
HAMMER TO FALL

I WANT TO BREAK FREE
MACHINES (OR BACK TO HUMANS)
IT'S A HARD LIFE

A KIND OF MAGIC
A DOZEN RED ROSES FOR MY DARLING
ONE VISION

とまあ、こんな感じなのだけど、曲目を見る限り殆どベスト的な内容だったりする(笑)。勿論当時のシングルカット時に習って収録されているモノもあるけど、「ONE VISION」や「IT'S HARD LIFE」、「HAMMER TO FALL」は当時別にシングルカットされてたし、そもそもレコードEPはA面B面1曲のみがセオリーだったから、3曲入りはこのCDシングル盤独自の企画だったのだろう。

で、4曲の未発表曲は、まず「SEE WHAT A FOOL I'VE BEEN」は彼等のしては珍しい3コードのブルーズ曲。まあ、普通に考えればオリジナルアルバムに入る余地はない音楽性な訳で(苦笑)それでも初期のライブではアンコールでよくプレイされたらしい。フレディがファルセットでブルーズを歌うというちょっと珍な趣きの楽曲。因みにブライアン作。

「SOUL BROTHER」は、タイトル通り「HOT SPACE」期の楽曲で、ゴスペルっぽい雰囲気もあるソウル系の音なんだけどフレディが歌うと余りソウルっぽく感じないのが妙に面白い。しかしよくファルセットでここまで歌えるよなあ...と感心。この時期にしては珍しくクレジットはクイーンとなっている。

「I GO CRAZY」は「THE WORK」期の楽曲で、ブライアン作のハードロック路線。正直言って「THE WORKS」は個人的には余り好きじゃないんだけど、この曲がもしアルバムに入ってたら印象が変わってたんじゃないか?と思わせる感じ。「HAMMER TO FALL」が入ってるから、逆にオミットされてしまったのかな?

「A DOZEN RED ROSES FOR MY DARLING」は、「愛する人への薔薇の花束」という邦題が付いてるのだけどこれは「A KIND OF MAGIC」のB面だった頃の名残?そもそも映画「ハイランダー」の楽曲だったのかどうかは定かじゃないけど、ロジャー作の80年代当時の雰囲気を感じさせるダンサブルなインストルメンタル。何故かこの曲だけはリマスター盤には収録されてない。

でも、久しぶりに聴いてやっぱクイーンは音楽性の幅広いバンドだったなと改めて思った。初期の方はそれほどでもなかったけど、中期以降は自分達のやりたい音楽を片っ端からプレイしていった印象だったし、その意識が「HOT SPACE」まで行き着いた感覚なんだろうとも思う。
自分の中では「聴くモノに困ったらクイーンを聴く」という習慣は今でも変わってないけど、歳を取った今と20代の頃に聴いてた感覚は幾分変わってきた様に思えたな。今は昔ほどバンドに対する概念に捉われてないという感じなので、そのうち「HOT SPACE」も再評価出来るんじゃないか?と(笑)。やっぱ異質だったからなあ、あのアルバムは。


「SEE WHAT A FOOL I'VE BEEN」


「SOUL BROTHER」


「I GO CRAZY」
スポンサーサイト

クイーンIIクイーンII
(2001/11/21)
クイーン

商品詳細を見る


しかし、マジで暑いっすね~。ホント、溶けちゃいそうな感じで毎日2ℓくらい水分取っても殆どトイレに行かないのはちょっと異常かと。その分、汗で流れてるからだけど、今日みたいに休日でもやはり毎日のクセで水分多めに摂取してしまうし。まあ脱水症状に陥るよりは全然良いけど、やっぱ感覚的に何処かおかしいんでしょうなあ。

ともかく、CDを買いに行こうにも猛暑で嫌、しかも新作は近所のCD屋に殆ど置いてないし、欲しい旧譜なんて壊滅的状況...どないせいっちゅねん!しかも今週末から怒涛の9連休が始まるので、特に何する訳でもないけど金銭的に余裕を持たせておきたいのでそんなに使えないし。
しかし、重い腰を上げて隣町のブックオフまで遠征してチェックしに行き、先日レビューしたタルクの1stアルバムが半額で置いてあったので、とりあえず確保して帰宅。

でも今日は旧譜を聴き漁ってるので、レビューはクイーン(笑)。しかもファンの中でも人気の高い「QUEEN Ⅱ」をチョイス。
私は彼等のファンである事は過去のレビューを遡って見ても分かると思うし、アルバムも「FLASH GORDON」とライブ盤数枚残して全部押さえてあるけど、実はそんなにこのアルバムは大好きという訳ではない。

勿論、彼等の歴史と共に若干音楽性を変えながらも最終的には”彼等のアルバム”としか言い様が無いスタイルは「INNUENDO」まで貫き通した訳だけど、この2ndアルバムで既に個性を確立していたのは只者ではない証拠かと。

シングルカットはエンディングに収められている「SEVEN SEAS OF RHYE」のみ。でも、このアルバムからシングルカット出来る楽曲は、一番キャッチーなこの曲以外は無理だと思う。
勿論、他の楽曲がダメだと言う訳ではなく、アルバム全体で一つの作品となってる構成...当時のアナログでいうA面1~5曲目がブライアン・メイ主導で作られたホワイトサイド、B面1~6曲目がフレディ・マーキュリー主導で作られたブラック・サイドとなってるので、シングルカットなんてホントは必要なかったのでは?

キャッチーな楽曲を持つ彼等が聴けるのは次作からだけど、HRバンドとしての作品の完成度はかなり高く、彼等お得意の多重録音やドラマチックに凝った曲構成は徐々にこのアルバムから目立ち始めている。聴き所は全部と言いたいトコだけど、私的にホワイトサイドなら「FATHER TO SON」「WHITE QUEEN(AS IT BEGAN)」、ブラックサイドなら「OGRE BATTLE」「NEVERMORE」「THE MARCH OF THE BLACK QUEEN」あたり。

当時はクイーンに対する世間の風当たりは強く、本国イギリスではデビューアルバムは酷評されていたのでこのアルバムも相変わらず本国では酷評されたらしいけど、このアルバムで日本での人気は確立されたと言われており、バンドも日本での反応に大満足で後に親日家として(特にフレディ)有名にもなったと。
またアクセル・ローズもこの作品が大のお気に入りで有名。彼の発言でCD買った人も多いのでは?

しかし、暫くぶりに聴いたらやっぱ良いなあ~。私が持ってるCDは94年に発売されたモノなのだけど、最近のSACDあたりの音だと劇的に音が違うのかな?クイーンだったら2~3枚は良い音で聴きたいアルバムがあるし...またジャケの合成っぽさがちょっとチャチいので(バックの黒と一体になってないのでちょっとダサい)その為だけに買っても良いかも?


「WHITE QUEEN(AS IT BEGAN)」↓
http://www.youtube.com/watch?v=n7_2Vg2PZ2Y

「OGRE BATTLE」↓
http://www.youtube.com/watch?v=f-SMOsXCc0c

「THE MARCH OF THE BLACK QUEEN」↓
http://www.youtube.com/watch?v=wEBi6nHCYx8

ザ・ゲームザ・ゲーム
(2005/05/25)
クイーン

商品詳細を見る


今年はきちんと11月24日にフレディ・マーキュリー追悼の意味合いを込めて、久々にクイーンを聴きまくりましたよ(昨夜は”アニメンティーヌ”入れちゃったんで、順序が逆になっちゃったけど)。
クイーンのアルバムは「FLASH GORDON」以外は全て持ってるので(但し、ポール・ロジャースとやったヤツは持ってないっす。アレはクイーンではないですから)”じゃあ何を聴こうか?”と思う時は、ホントに迷う。無難なベスト盤もまず外さないけど、気分によっては初期でも中期でも後期でも何でも聴けるので、そんな時に手を出すのは大体好きなアルバムで決まってしまう。

しかし、思ったよりも余り聴かないアルバムというのも存在する。実はこの「THE GAME」がそう。発売年が1980年なんで、バンドの中期にあたる作品。

まずこのアルバムの冒頭が「PLAY THE GAME」というのに驚かされた。私はベスト盤からクイーンを入ったので、それこそ派手な「BOHEMIAN RHAPSODY」や「KILLER QUEEN」なんかが冒頭に来るのは分かるのだけど、よりによってバラードをアルバムの冒頭に持ってくる大胆さに驚かされた。こういう事が出来るのもバンドの懐の深さだと思う。

アルバムの前に先行シングルで発売されて、アメリカでNO.1を獲得した「CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE」(邦題:愛という名の欲望/←コレはホントにナイスな邦題だと思う!)や、これまたブラック・コンテンポラリー・チャートでトップを取った「ANOTHER ONE BITES THE DUST」も収録されてる事で分かる通り、それまでバンドにとってアメリカでの成功は縁の無いモノだったのが、ここにきてトップを取る快挙。すなわち、これまでのバンドのスタイルから徐々に変化していた時代、いわゆる過度期だった訳だ。音楽的にもそうだけど、バンドのヴィジュアル面でもフレディが長髪止めて口髭始めた頃だったりする。

しかし、従来のスタイルからそんなに離れていた訳でもなく、前述の「PLAY THE GAME」や「DRAGON ATTACK」、「COMMING SOON」や「SAVE ME」あたりで聴こえる重厚なコーラスも健在で、クイーンの楽曲という事がすぐに分かる。
またいつだったか、ガンズ&ローゼズの日本公演でこのアルバムの「SAIL AWAY SWEET SISTER」を演ったらしい(確かにアクセルが歌ってもおかしくない感じかも)。

こんだけ話題性も十分なのに、何故そんなに聴かないのか自分でも不思議なんだけど(苦笑)まあ彼等には他に聴くべきアルバムが幾らでもあるから...という事で。
ただ、アメリカで成功したお陰で次作ではとんでもない事をやらかしてしまう節操の無さも、如何にも彼等ならやりそうな事であった訳だけど。

私のお気に入りは「PLAY THE GAME」「CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE」「NEED YOUR LOVING TONIGHT」「SAVE ME」がベストかな。

因みに、このアルバムのプロデューサーは後にイット・バイツ(!)やバッド・ムーン・ライジング(!!)などを請け負うマックが担当。そう思うと、何だか物凄く不思議な感じがする...


「PLAY THE GAME」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=6_5O-nUiZ_0

「CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=zO6D_BAuYCI&feature=related

「SAVE ME」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=Iw3izcZd9zU

ザ・ミラクルザ・ミラクル
(2005/05/25)
クイーン

商品詳細を見る


今年の11月24日はちゃんとクイーンを聴いてフレディをトリビュートしましたよ。
私は、いつも何か聴くモノに困った時にはクイーンを聴く様にしている。答えは簡単、何度聴いても飽きないからだ。オリジナルアルバム全15作、どれをチョイスしても新たな発見があるのはホントに驚異的だと思う。
で、今回チョイスしたのは80年代最後のアルバム「THE MIRACLE」。

このアルバムは数あるアルバムの中でも比較的地味な部類に入るモノかと思われるけど、リリースされて今年で20年経った(!)のにも関わらず、今でも余り色褪せていないのは久々に聴いてちょっと驚いた。
実はこの時期はクイーンを聴いておらず、当時隆盛の極みだったHR/HM関係のアルバムばかり聴き漁っていたので、フレディ没後に聴いたのだけど相変わらず完成度が高くてさすがだな、と。

私にとって80年代のクイーンはアルバム単位で聴くよりも楽曲単位で聴く事が多かったのだけど、このアルバムだけは例外で、アルバム単位で聴くべきだと思っている。
畳み掛ける様に進んで行く「THE PARTY」~「KHASHOGGI'S SHIP」のポップ感、続くタイトル曲の綺麗なメロディから一転ヘヴィなHRスタイルの「I WANT IT ALL」、モダンでダンサブルな「THE INVISIBLE MAN」。この前半の構成はホントに完璧じゃないか、と。
後半にも「BREAKTHRU」やヘヴィなスタイルの「WAS IT ALL WORTH IT」などの良曲があってバランスの良さが光る。「RAIN MUST FALL」なんか、偶然にも後にフレディ・マーキュリー・トリビュートの時にボーカルを務める事になるジョージ・マイケルの歌い方にそっくりでビックリした。
「THE MIRACLE」のビデオクリップでは、オーディションで選ばれた子供ヴァージョンのクイーンが演奏するシーンがほぼ使われているのだけど、コレにはホントに脱帽。パフォーマンスが本家そっくりで何度見ても笑ってしまう。

この時に、クイーン史上初めてアルバムの作曲クレジットがクイーン名義になってるいるのだけど、これは印税がきちんと4等分される事を狙った事らしい。以前からジョン・ディーコンはこの事が不満だったらしいし。
だけど、どの曲を聴けば誰が主導権を持っているかは明確なのがこのバンドの面白いトコで「THE MIRACLE」はフレディ、「I WANT IT ALL」はブライアン...ってな感じで一”聴”瞭然(笑)。

しかし、この時点で次作がフレディ在命最後のアルバムになるとは全く思ってもいなかったな。「INNUENDO」が遺作という事でクローズされる事が多いので、どーしてもこのアルバムが希薄になってしまいがちだけど、だからこそ先入観を持たずに気楽に聴けるという意味で本作の価値があると思う。

「I WANT IT ALL」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=hFDcoX7s6rE&feature=fvw

「THE MIRACLE」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=2DaY8-Mui0I

「BREAKTHRU」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=CEjU9KVABao&feature=channel

Made in HeavenMade in Heaven
(1995/11/07)
Queen

商品詳細を見る


年末の大忙しでロクに更新出来なくて、しかも書きたい題材は結構あるのに書く時間がない...という、何とももどかしい気分...しかも今日は休日出勤のオマケ付きで、洗濯するヒマすらないのもツライ...因みに今、洗濯機回して書いてる最中(爆)。
と、いう訳で早速本題に。

このアルバムを聴くと、フレディ・マーキュリーが亡くなった時を思い出す。ちょうどその時も仕事が激務で、深夜に家に帰ってきて超遅い夕飯食いながらニュース見てたら、フレディの悲報を知って、その時私はクイーンには思い入れは無かったのでそんなに感慨深いモノもなく、ただ聞き流してたのだけど、ところがその後クイーンの功績を知って音楽を耳にする度、あの時の平常心は何なんだ?と自問したくなる思いに駆られるのだ。

だから、このアルバムのリリースの知った時はホントに嬉しかったのと、ホントにコレでクイーンは終わるんだな...という複雑な気分になったのを覚えている。

残されたフレディのVoパートに他の3人が音を入れていく手法だったらしいけど、コレが思いのほか自然に聴こえるのはさすが長年のキャリアの賜物なのだろう。例えば「I WAS BORN TO LOVE YOU」の最後に聴こえる笑い声と「MAGIC!」の節は明らかに「A KIND OF MAGIC」からの引用だけど、ホントにそう発してる様に聴こえるのだ。

前作「INNUENDO」が暗いトーンで覆われ、しかも歌詞は死を意識したものが多かったのに対し、このアルバムでは全体的に明るい雰囲気で希望や愛に満ちた歌詞が多いのが印象深い。
なので、バラードが多くてロック調の楽曲が少ないのがクイーンらしくない...という批評もあるけど、もはやこのアルバムにはそういったモノは求めていないし、フレディが在命中に残したテイクを聴きたいが為のモノと認識してるので、それがカタチになっただけでも嬉しいのだ。

前述の「I WAS BORN TO LOVE YOU」はキムタクのドラマに使われ(しかし、幾らクイーンが日本で人気あったからといって、ドラマの主題歌で大々的に取り上げられるとは思っても見なかったが)最近では「IT'S BEAUTIFUL DAY」がCMで使われたりしたけど、私は「HEAVEN FOR EVERYONE」や「A WINTER'S TALE」の幻想的な雰囲気の楽曲が好きだ。
特に「A WINTER'S TALE」は、最初聴いた時はホントに号泣しましたよ。コレは反則と言っても良いでしょう(笑)。「泣け!」と言わんばかりの曲構成にしたたかさも感じたりしますが...それでも今聴いても涙腺がちょっとヤバイし。

中途半端に「フレディの未発表テイクが残されてる」という情報や噂だけで引っ張られるよりも、このアルバムが世に出たお陰で私の好きなクイーンにケジメが付けられたのが何よりも良かったかな?