遂にマリリオンのライブを体験出来て、ホントに感無量であります(感涙)。待ったのがホントに長かった...

結局両日観に行ったんですが、ライブ前に某巨大掲示板では新作全曲+αになるだろう...という予想があったけど、いざ蓋を開けてみると初日は新作からは半分くらいで残りは旧作からの楽曲、2日目は新作から4曲の組曲のみで残りは旧作からの楽曲という構成になった。新作も勿論素晴らしい出来なんだけど、せっかく23年振りの来日公演なんだからそれまでの楽曲も聴きたいなと思ってたので、この選曲には概ね満足。何故”概ね”なのかというと、他にも聴きたい楽曲が山ほどあるんで(笑)。そう考えると今回2日間行ってホントに大正解だったと。

元々彼等はマリリオン・ウィークエンドという3日間の週末ライブにてセットリストを大幅に変えてプレイするイベントを開催してるので、次回の来日公演の際には是非ともプレイしていただきたいなと。だってフィッシュ期の初期3枚は当然としても、Mr.hことスティーヴ・ホガースが加入したアルバムでもプレイしてない楽曲が今回あったので、セットリストを変えるというアナウンスを事前に行なえばコアなファンは全部観たいでしょ。チケット代も決して安くなかったけど(\12000)正直彼等のライブが観られた事実を考えるとキツいけど行って良かったと思える内容だったし。
是非、また日本公演を実現して欲しいモノです。来てくれたバンドは勿論、呼んでくれたクラブチッタにも感謝です。サンダーみたいにファンの言葉を直接繋げるイベントなんかやってくれると嬉しいけどなあ(リクエストとか)。

そんな彼等のライブを観たばかりで興奮冷めやらぬ中、ずっと彼等の曲を帰宅してから掛けっぱなしなんですが、今回はこのアルバムをチョイス。通産13作目、2004年発表の「MARBLES」。

以前も書いた話だけど、このアルバムの2作前の「MARILLION.COM」からバンドは以前所属していたEMIとちょっとした契約を結んだみたいで、アルバムを作る資金は自分達で調達するから、その代わりに出来たアルバムのプロモーションをお願いするという話だったらしいけど、実際に効果があったのかは定かじゃない。で、そのアルバムを作る資金をどうするか?というと、ネットでクラウドファウンディングというファンからアルバムを先行予約してもらって、その代わり色々な特典を付けてファンに還元するというスタイルで、このアルバムもその手法が用いられた。
当時はファンクラブの先行予約でこのアルバムの完全版とされる2枚組が購入出来て、しかもそのアルバムのサンクスリストに自分の名前が載るという、ファンからしたら嬉しい事この上ない話だった(当時umeサンが名前載った、って言ってましたね)。

私は一般流通された1枚組を当初は購入したのだけど、umeサンから是非この2枚組をオフィシャルHPから買うべきとお薦めされたなあ。でも、私のクレジットカードはJCBでオフィシャルHPから使えなかったし、当時はクレジットカードの個人情報の流出問題があった時期なので恐くて購入出来なかった。
そしたらumeサンが2枚組にしか収録されてない曲を聴かせてくれたのだけど、中でも大作の「OCEAN CLOUD」が物凄く素晴らしい出来なので、やはり1枚組だと物足りなさを感じてしまったモノだ。

それから数年経ち、いつの間にか2枚組verの方も一般流通されてアマゾンで簡単に手に入る様になったので改めて購入出来たのはホントに良かった。そのお陰でいつの間にかレビューから外れてしまったんだろうなあ...前作「ANORAKNOPHOBIA」のジャケがらしくないのと、意外と地味な作風という事もあって余り手に取る事はなかったので、このアルバムにもそんなに大きな期待はしてなかった。

しかし、当初の1枚組を聴いた時に冒頭の「THE INVISIBLE MAN」はともかく、3曲目に配置された「YOU'RE GONE」のキャッチーさには軽い驚きがあった。何か久しぶりに凄く聴き易い楽曲だぞ...と思ってたら案の定シングルカットされて、しかも全英チャート7位というバンドにとって17年振りの快挙を成し遂げた。また「DON'T HURT YOURSELF」も聴き易く(これも後にシングルカットされた)一般的なキャッチーさとバンドのやりたい事が上手く両立されている印象を受けた。なので、1枚組の方は上手くまとめたな...というのが印象に残る。

で、後に聴いた2枚組の配置は前述のシングル2曲はディスク2の方に置かれて、ディスク1の方には1枚組に収録されなかった「GENIE」「THE ONLY UNFORGIVABLE THING」「OCEAN CLOUD」を配置したお陰で大分印象が変わった感じ。やはり、それまで聴き込まなかった楽曲が入ってるから、ちょっと新作を聴いてる気分になるし。
お気に入りは「DON'T HURT YOURSELF」「YOU'RE GONE」「FANTASTIC PLACE」「OCEAN CLOUD」「NEVERLAND」あたりかな。

ライブでも「YOU'RE GONE」「FANTASTIC PLACE」「NEVERLAND」がプレイされた事から楽曲の充実度も凄く高いと思うし、「OCEAN CLOUD」「NEVERLAND」みたいな大作を擁しながらも決して敷居は高くなく、むしろすんなり耳に入ってるのが心地良い。やっぱ2枚組が完全版という意見には素直に納得ですな。

しかし、今まで観たライブの中でもホントに感動出来る素晴らしいライブだったな。是非再来日を希望するバンドとなりましたね。ホントに幸せな週末でした。暫くマリリオンロスとなって彼等の楽曲ばっか聴く事になりそうだ(笑)。


「DON'T HURT YOURSELF」


「OCEAN CLOUD」
スポンサーサイト




いよいよあと2ヵ月後に待望のマリリオンの来日公演が観られると思うとワクテカが止まらない~(笑)。
私が観たくても来日してくれないミュージシャン3組のウチの1つであった彼等が(残る2つはプリンスとラッシュだったのだけど、ラッシュはツアー撤退、殿下は亡くなられたので結局観る事が叶わなかった...)23年振りに来日公演を行なうとなっちゃファンとしては絶対に行かない訳にはいかないと...ええ、2日間行きますよ!

気が付けば彼等の存在を知ってから随分な月日が経っているけど、未だに彼等の音楽は大好きで飽きる事は全くない。長いキャリアの中での作品群は気分によっては聴くのを躊躇うモノもあるけど、気分を落ち着かせたい時や浸りたい時には彼等の音楽は正に打ってつけなのだ。
昨夜は急に会社から有給取って良いよという言葉を頂いたので、就寝前に彼等の最新作「F.E.A.R.」を聴いてたら余りの素晴らしさに目が冴えてしまうという浸り過ぎ現象(?)が起きてしまう程だった。

そんな彼等の89年から95年までのEMI在籍期間に発表されたシングルの音源をひとまとめにした4枚組CD「THE SINGLES VOL 2 '89-95'」を今回はチョイス。発表は2013年。
たまたまHMVからのメールでセールのお知らせが来てたので暇潰しにチェックしてたら、このCDが¥1000で売られていたので迷わず捕獲したのだ。

89年と言えば前ボーカルのフィッシュが脱退し、現ボーカルであるスティーヴ・ホガースが加入して「SEASONS END」を発表した年で、95年は「AFRAID OF SUNLIGHT」を発表した年...その間にアルバム4枚発表してるので、その時期の楽曲がこの4枚組に殆どの割合を占めている。
私はマリリオンの1stから8thまでのCDはリマスターされた2枚組を所持してるので、その2枚目に収録された未発表曲やデモ音源と被るのでは?と思ってたのだけど、実際に被ってるのは半分くらいで残りは当時のシングルverやライブ音源などが収録されていたので、それなら¥1000でも十分お得な内容だと。

で、そのポイントとなったライブ音源の中でも一際私の心を捕らえたのは「WARM WET CIRCLE」と「THAT TIME OF THE NIGHT」、「SUGER MICE」などの4thアルバム「CLUTCHING AT STRAWS」から楽曲のライブ音源と、「SEASONS END」時の同アルバムからのライブ音源。特に「CLUTCHING AT STRAWS」の楽曲をMr.h(ホガースの事です)が歌ってるのは凄く興味深かった。
ライブDVDなどでちょこちょこ演奏されていたのは知ってるのだけど、Mr.hが加入した頃のライブは聴いた事がなかったし、また前任者のアクの強いボーカルスタイルをどの様に歌いこなしてるのか凄く興味があった。また4thアルバムがお気に入りという事もあるんだけど。

Mr.hが加入した頃のマリリオンはフィッシュの脱退を惜しむ声が多かったらしく、Mr.hに対しては個性がないという事で賛否があったし(少なくともBURRN!では)音楽性もそれまでのジェネシスに近いスタイルからの脱却を図った事も影響して風当たりは強かったけど、私は「SEASONS END」が初めて聴いたアルバムだったので、むしろこういうバンドなんだという事で違和感は全くなかったし、むしろフィッシュ時代の方が余りピンと来ないという変な人なんで(笑)そういう人にはこのCDは十分に楽しめると思う。

名盤「BRAVE」のver違いなども収録されているし”マリリオンとはどんなバンド?”という問いには、彼等の全てではないけど初心者に聴かせるには分かり易いCDじゃないかと。気に入った曲があれば、その曲が収録されているアルバムを聴いてもらえば良い訳だし、最近のアルバムとは違い比較的分かり易い楽曲が多いのもポイント高いと思う。

来日公演ではどの曲が演奏されるのか全く検討つかないけど、出来ればこの時代の楽曲も数曲プレイしてほしいなあ。思い入れのあるアルバムでもあるし。さすがに「BRAVE」再現なんてやれないだろうけど、最新作も相変わらず素晴らしいので、この23年間の鬱憤を晴らす様な素晴らしいライブを彼等には期待したい。


「EASTER」


「THE GREAT ESCAPE」




久々に英国っぽい音が聴きたいな...と思って引っ張り出してきたのがマリリオン。このブログでも最多の登場を誇るミュージシャンだけど(タイトルがラッシュなのに、一番書いてるのがマリリオンって.../苦笑)ただでさえ活動期間が長いから当然リリースしている枚数もハンパなく、オフィシャルサイトで売られているモノも含まれると相当な枚数に上るので、幾らファンでも全部コンプするのはマニアくらいなモノだろう。

私はMr.Hことスティーヴ・ホガースのVoが好きなので今のマリリオンの変化も十分楽しんで聴いてるのだけど、前任者のフィッシュの時代はあからさまにジェネシスを模倣としたスタイルだったのでどうしてもジェネシスの影がちらついてしまうので、それほどのめり込む事はなかった。やっと3rdアルバムからバンド独自の色が出てきて、これから...という時にフィッシュが脱退してしまった訳だから拘りもそれほどないのだけど、じゃあ最初からホガースが歌っていたら良かったのか?と言われるとそうじゃないと思う。やっぱフィッシュの独特の個性のお陰でバンドが名を上げた訳だし、彼のバンドに対する貢献度は非常に高かったと思う。

そんな彼が脱退する直前の87年のドイツで行なわれたライブが、当時はホームビデオとして発表されていたモノのCD盤である「LIVE FROM LORELEY」が何故か2009年にリリースされた。
私はこの音源が出てるのすら暫く知らなかったのだけど、PV集に入ってた「WARM WET CIRCLES」が確かこの時の映像だったので、ちょっと聴いてみたいと思ってたのもあって購入してみた。ディスクユニオンで確か¥1000くらいで売ってたのも購入動機の一つだ(笑)。

アマゾンのレビューで音質がチープという評価だったのでそれほど期待してなかったけど、それほど悪いとは思わなかったな。まあブートレベルじゃなかっただけでもマシでしょう(苦笑)。フィッシュの大袈裟なボーカルスタイルはここでも炸裂しており、初期のバンドのファンはこういうトコも魅力だったんだろうなと。
選曲に関しては、ビデオよりも収録曲が増えて当時の集大成的なライブの意味合いが感じられた。フィッシュ脱退後に発表されたライブ盤「THIEVING MAGPIE」が有名だけど、あのアルバムは3rdアルバムの全曲収録があるのでこのアルバムとはまた印象がちょっと変わってくると思う。何よりフィッシュ在籍時で一番好きな4thアルバムからの収録曲が多いのが良い。

しかしこうして聴いてみると、今のマリリオンとは全く別モノとして十分感じられた。勿論Voが変われば印象も変わるモノだけど、彼等の場合はジェネシスクローンと呼ばれた音楽性をフィッシュ脱退と共にあっさり捨て去った事で変化を恐れないバンドとして活動してきた訳だけど、そのジェネシスに近い音楽性=フィッシュという図式が当時は完全に出来上がっていたんだなと思った。その変化を受け入れられなかったフィッシュと他のメンバーとの間に溝が出来て脱退する事になったのは必然だったんだなと。

何処か懐かしく、そして何処か虚無感すら覚えるライブ盤ではあるけど、バンドの一区切りを付けた意味合いで結構貴重な音源だと思う。音を聴いてるだけでもフィッシュのカリスマ性は十分感じられるので、フィッシュ時代を聴いた事が無い人にもお薦め出来る内容かと。


追伸:と、書いたばっかりなのに、いきなりマリリオンの来日公演が決定した模様!コレはホントに嬉し過ぎる!!(涙)
私が観たかったプリンスとラッシュはもう観られないけど、最後の一つはやっと望みが叶いましたよ。10/20・21クラブチッタ、絶対に行きます!!


「WARM WET CIRCLE」


「INCOMMUNICADO」




久しぶりのマリリオン新作です。
前作「SOUNDS THAT CAN'T BE MADE」が2012年発表だったから、約4年振りの新作となる訳だけど、何だか待たされた感が余りなかった気が。
彼等は私のフェイバリットバンドなんで、新作が出ずとも定期的に聴く習慣が付いてるのだけど、聴くアルバムもその時の気分によって結構変えている。「BRAVE」あたりは聴く時に集中して聴きたいので聴く頻度がそれほど多くないのだけど(でも、一時期は毎日の様に聴いてたんで、ジャケットの女性みたいに人相悪くなってたんだろうなあ.../苦笑)最近よく聴くのは「CLUTCHING AT STRAWS」「SEASONS END」「SOUNDS THAT CAN'T BE MADE」「MARBLES」が多くて、その他のアルバムも思い出した様に聴いている感じかな。

なので、彼等のキャリアの長さからアルバム数も相当な数になっていることから(今回で通産18作目)新作は勿論嬉しいけれど今までの作品で事足りてる事もあり、それほど待たされた感覚がないので、コレは嬉しい悩みとでも言うべきかちょっと複雑な心境かも(笑)。
前作は輸入盤がリリースされた後に国内盤のリリースが決定したのでタイミング悪いよなあ~と思ってたら、今回は同時発売とはいかなかったけど国内盤も1週遅れで発売されたので、迷わず国内盤を購入。何故ならマリリオンは歌詞も重要なので、どんな内容なのかちゃんと読んでみたいと思ってたんで。

ともあれ無事新作が届いた訳だけど、今回のアルバムはトータル17曲だけど組曲形式が3つあるので全6曲とカウント。コンセプトは、人が生きていく上で感じる恐怖を現代の社会や政治や経済などの情勢に当て嵌めて、彼等独自の切り口を描き出している。
彼等の母国であるイギリスは、EU離脱が決定している事からこういうテーマになったのかも知れないけど、社会や経済の問題は何処の国でも問題は山ほどある訳で、決して対岸の火事ではないと思う。

テーマが難しい問題だからといっても、彼等の楽曲には何ら変わりはなくいつものスタイルなのだけど、組曲形式なだけに前作ほどメリハリのある構成ではなくミドルテンポを貴重とした楽曲が続くので、より焦点が定まってる印象を受けた。
相変わらずスティーヴ・ホガースの歌声は深みを増してるし、スティーヴ・ロザリーの叙情性豊かなギターもここぞという所で炸裂しているのはお見事としか言い様がない。メロディの美しさも相成って、正にマリリオンを聴いてるという気分にさせてくれる。

今回はイギリス・アメリカ・ヨーロッパと大規模なツアーを展開するらしいので、それならここ日本にも是非...と気分になるのだけど、ホントいい加減来て欲しいんですよ。今回のアルバムは全英4位という久々の好成績となったらしいので、この勢いに乗ったタイミングで是非日本に来て欲しいと願うばかりだ。


「THE NEW KINGS」

HMVでアリス・イン・チェインズの新作頼んでおいたのが遅れた理由は、このDVDを購入する為だったと。マリリオン、一世一代の大傑作「BRAVE」の完全再現ライブを収録した「BRAVE LIVE 2002」。アマゾンではまだ取り扱ってないみたいなので、今回は画像無しです。

以前ラケットレコード直売でDVDとCD別々に売られていたモノだけど、今回の再発はCDとDVDをセットにしたモノ。金額もHMVから¥500クーポン貰ってあって、しかも3枚購入で30%オフだったので意外と安く手に入った。まあ、あの「BRAVE」完全再現ライブとなりゃ実際のライブが観られなかった事もあり、高くても買いましたけどね。

で、今日仕事から帰宅し、ご不在連絡表を片手に電話で再配達頼もうと思ったら「只今、大変混み合ってます」とかで5分くらい全く繋がらず、本日再配達の終了3分前に繋がったのは良いけど今度は追跡番号が認識出来ないとかで一方的に切られてしまい、終了時刻に。
アタマに来たので、直接郵便局まで乗り込んでさっさと奪ってきましたよ。ちゃんと仕事しやがれ、日本●便###。

気を取り直して夕食後に早速鑑賞したけど、やはり完全再現だけあってかなりのド迫力。「BRAVE」が発売されたのが1994年で、勿論当時は完全再現ライブを行なっていたのだけど(BURRN!の記事で読んで、このアルバムに興味を持ったのだ。勿論、今でもその記事はスクラップしてありますぜ。)この時は映像記録は残って無いみたいで、2002年英国でのマリリオン・ウィークエンドで収録されたとの事。

メンバーの気合の入れ方も違うのか、物凄く厳粛で重苦しい雰囲気で冒頭の「BRIDGE」が始まって観客の歓声が挙がるも、Mr.Hことスティーヴ・ホガースの歌声が始まるとライブとは思えないほどの静けさが覆い尽くす雰囲気は、普通のライブとは違う事を観客も分かっているかの様だ。
「RUNAWAY」でのホガースは聖職者の様な服を着て花を千切りながら苦悩を歌う姿を見て、一気にその世界に引き込まれた。
組曲の「GOODBYE TO ALL THAT」でホガースが狂気に満ちたメイクを施し、その世界観を損なう事なく構築するシーンは見物。「HARD AS LOVE」のエンディングでは、黒姿の男達に取り押さえながら消えていく演出には驚いた。
後半の「BRAVE」から「MADE AGAIN」まではホントに圧巻。壮絶な「THE GREAT ESCAPE」でメンバーが一旦ステージから退き、クレジットを挟んで「MADE AGAIN」が始まる構成も良い。

あの「BRAVE」の完全再現ライブ映像が観られるだけでも感動なのに、メンバーの演奏力・表現力が十分に発揮されているので、物凄く得した気分になった。当時のライブを観られなかったのがホントに悔やみ切れない...
以前「MADE AGAIN」というライブ盤で「BRAVE」完全再現ライブの音源が記録されているけど、その時期よりもホガースの声はよく出ていると思った(まあ、録音状態の影響もあるだろうけど)。また、改めて「BRAVE」の凄さを再確認出来た。ホントに凄いアルバムだわ...

あ~、しっかしヤバいの観ちゃったなあ~って感じ(笑)。英国はもっとマリリオンを誇って良いと思うよ。日本にはこういうバンド、絶対にいないしなあ...暫くはまたマリリオン熱が再燃しそうだ。せっかくアリチェンの新作届いたというのに、これじゃ暫く聴けないじゃないか...(苦笑)。

それはそうとクラブチッタさん、いい加減彼等を日本に呼んでくれませんか?彼等のライブ観たい人って結構いると思うんだけどなあ...


「RUNAWAY」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=WEqvUSBwAEg

「THE GREAT ESCAPE」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=jtBwXLzawWw

「MADE AGAIN」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=TtRg6-8blsw