ホテル・ペイパーホテル・ペイパー
(2003/06/25)
ミシェル・ブランチシェリル・クロウ

商品詳細を見る


今日は、ちょっと気分の赴くままに隣の県までドライブ。何も考えないで、気分次第で好きな音楽を聴きながらドライブ...良い気分転換になりますな。
で、今日はスティングに始まり、TOTOやプリンス、バッドランズの「DUSK」(偶然見つけちゃいましたよ、umeさん!/笑)など雑多な感じで聴いていたのだけど、ドライブの締めで聴いたのがこのアルバムだった。

随分久しぶりに聴いたけど、やっぱこのアルバムは良い!と再確認。1stも好きだったけど、この2ndで更なる飛躍を遂げたと思う。
デビュー当時は、18歳という年齢の若さで作詞・作曲も手掛けるシンガーソングライターという部分にスポットが当たって、しかもデビューアルバムでこれほどまでの完成度を誇る事もあってかなり驚かされたけど、このアルバムでは前作には無かった”切実さ”な部分が色濃く打ち出されてるトコに好感が持てた。
その代表的な楽曲では「FIND YOUR WAY BACK」「ONE OF THESE DAYS」「DESPERATELY」「’TIL I GET OVER YOU」などが当て嵌まると思う。

またシングルにもなった「ARE YOU HAPPY NOW?」のキャッチーさ、このテのタイプの先輩格にもあたるシェリル・クロウとのコラボ「LOVE ME LIKE THAT」、感覚が解き放たれていく様な「BREATHE」、シンプルな「WHERE ARE YOU NOW?」なんかも大好きだ。

このアルバム以降、結婚したり、昔の仲間と別名義でカントリーアルバム作っちゃたりと全然新作の話が聞こえてこないんだけど、いい加減そろそろ作ってくださいよ、ずっと待ってるんだから。
スポンサーサイト