FC2ブログ




10年振りの新作...ってそんなに待たされた感がなかったオジー・オズボーンの通算11作目にあたる「ORDINARY MAN」がウチに届いたんで今回チョイスします。

オジーのオリジナルアルバムは「OZZMOSIS」以降は全く買っていなかった(4枚組の「PRINCE OF DARKNESS」は中古で購入したけど)。理由はこれといった事ではないんだけど、ザック・ワイルドの楽曲が一本調子に聴こえる事や、新たにガス・Gを加えても何か安っぽさが感じられて余り興味がそそられなかった(コレに関しては今現在の白蛇みたいな無理して若者にアピールしてるみたいなイメージが感じられたなあ)。

だけど今回はリリース前にガス・G不参加でザックも再加入してない、新たなギタリストはアンドリュー・ワットという事だけで凄く興味が湧いた。アンドリュー・ワットとの出会いはアルバムに収録されているポスト・マローンとのコラボ曲「TAKE WHAT YOU WANT」で一緒に仕事したのが切っ掛けらしいけど、私的にはグレン・ヒューズやジェイソン・ボーナムと組んだカルフォルニア・ブリードでのプレイがかなり印象的で、バンドは短命に終わったもののまだまだ若いミュージシャンだから何処かで出てくるとは思ってたけどまさかオジーと組むとは全く思ってなかったんで、これは非常に期待が高まった。

リリース前に数曲YOUTUBEで公開されてたけど、そこは聴きたいのを耐えてアルバムが届くのを待って(新鮮味が薄れるのを防ぐ為に)実際にアルバム全曲聴いて今回のアルバムはかなり気に入った。
正直言って、アンドリューのプレイはカルフォルニア・ブリードの頃とは全く違うノリだったのが意外だったけど、それでもツボを押さえた堅実なプレイはHMというよりはHR的なアプローチでかなり好感が持てたし、楽曲もかなりバラエティに富んでる内容で飽きさせない作りだったのも新鮮だった。

オジーがこのアルバムのリリース前のインタビューで「俺はまだ自分自身のサージェント・ペパーズ~を作ってない」と発言してたのが凄く引っ掛かってたんだけど、これまでリリースしたアルバムはそれなりにヒットを記録してたしオジー自身もHM/HR界では絶対的な地位を確立してるのに、今更こういう言葉が出るというのは自分の作ったアルバムに完全に満足してないんだろうなあと。ドキュメント映画で自分のMV観ても「気に入らない」「散歩でもした方がましだ」とかそんな言葉しか出ないのも、本当はHM/HRという枠組みから外れたオリジナルを作りたかったんじゃないかと思ったくらいで、それを今回ようやくほんの少しだけど実現出来たんじゃないかと思う。
なので、いつものHM的なアプローチを期待した人には正直期待外れなんじゃないかと。ネットの意見でもアンドリューにケチを付けてる人達もいるし、未だにザックに戻って来てほしいと願ってる人もいるみたいだけど、「OZZMOSIS」以降の音楽性にマンネリを感じてた私にとってこのアルバムはかなりの頻度で聴く事になりそうだ。

お気に入りは従来のオジーのイメージ通りでGNRのスラッシュのギターリフが最高な「STRAIGHT TO HELL」、「ALL MY LIFE」、「ORDINARY MAN」(エルトン・ジョン参加)、若かりしオジーとシャロンの姿を描いたMVが強烈な「UNDER THE GRAVEYARD」、「IT' A RAID」、「TAKE WHAT YOU WANT」。前述の「TAKE WHAT YOU WANT」は従来のオジーとは一線を画す音作りだし、正直アルバムの中でもかなり異質な雰囲気ではあるけど、こういう新機軸をサラリとやってのけたのを素直に評価したいし、エルトン・ジョンとのコラボも見事にハマってる。

最近はパーキンソン病を公表し自身の活動にもそろそろ限界が見えてきたのを自分自身が認めて、既に新たなアルバム作りに入ったという話が聞こえてきたけど、何だか生き急いでいる感じで凄く切ない。色々と問題ばかり起こしてきたオジーだけど、遂に自分自身と向き合って今の自分がやれる事に全力している姿は本気でカッコイイと思う。頑張ってほしいなあ。


「STRAIGHT TO HELL」


「UNDER THE GRAVEYARD」
スポンサーサイト



トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐトリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ
(2002/06/19)
オジー・オズボーン

商品詳細を見る


今日は3月19日。そう、知っての通りランディ・ローズの命日である。
このブログを初めて7年目になったけど、今の今までランディの事は一切書いてこなかった。大体、この日を過ぎると某音サンのブログで彼の事が話題になって、そこで気付いていたりするという。
勿論、非凡なギタリストである事は疑いのない事実ではあるけど、亡くなってから既に30年以上の月日が経ってしまった今、ファンの方には申し訳ないけどやはり風化してしまった部分は歪めないと思う。

因みに私は彼に対してそんなに詳しくは知らないし、リアルタイムで追ってこなかったので思い入れは殆ど無いのだけど、ブラック・サバスをクビになってソロで活動を始めたオジーの最も重要なバンドメンバーであった訳だし、オジーのソロ活動を成功に導いた張本人と言っても過言ではない人物だったので、当然実力は認めている。

そんなランディが25歳でこの世を去って、約5年の月日を破って発表された貴重なランディのプレイを収めたライブ盤「TRIBUTE」である。皮肉にもHM/HR系のミュージシャンが挙ってヒットチャートを賑わした時期だった。
映像も殆ど残ってないし、まして彼がプレイしているスタジオ盤は2枚のみ。そんな伝説のギタリストの実力を知らしめる格好となったライブ盤だけど、まず最初に聴いた時の印象は「結構分厚い音出してるなあ」という意外な印象だった。スタジオ盤聴いて結構繊細なプレイを聴かせるギタリストだと思ってたので、ライブならではの荒々しさも相成って「この人のプレイってラフなスタイルなのか?」と勘違いしたくらいだ。

ライブの時期が時期だけに初期ソロ作からの曲とサバスの曲が収録されてるけど、ランディの実力は十分発揮されてるとは言えない。まあ元々リリース目的で録音されたモノではないし、プレイのミスも結構多い。だけど、そういったモノを全てさらけ出して単にランディのプレイを聴かせるという意味合いでは、これ以上のモノはないと思う。
スタジオ盤よりもヘヴィで荒々しく変貌した楽曲のお陰で、オジーの初期2枚はこのアルバム聴いてからもう聴けなくなってしまったくらいだ。それくらい、このライブは物凄く熱い。サバスの楽曲もテンポの早い「IRON MAN」は違和感あるけど、「CHILDREN OF THE GRAVE」は本家とはまた別のカッコ良さがある。

また最後の最後に入ってる未発表曲の「DEE」が泣かせる。多分、ギターの練習をそのまま録音したモノだと思うけど、曲の途中でミスって演奏止めてまた最初からプレイする...の繰り返しで、ライブでこれだけの存在感を出しながらも、こういう人でもちゃんと練習もしてミスもするという彼の人柄が垣間見える貴重なテイクだと思う。

久しぶりに聴いたけど、ふと思ったのがやっぱジェイク・E・リーは不憫だったなと。ランディが悲劇的な死のお陰で神格化されて、彼に負けないくらいのプレイを要求されるプレッシャーは半端なかったと思うし、ジェイクが脱退した後にこのライブ盤リリースされて「やっぱランディは凄い!」と称えられて、ジェイクの存在意義を問われるハメになったのは可哀相だったと思う。
同情する訳じゃないけど、そういうアンダードッグ的な存在だからこそジェイクの個性は光ったと思うし、今でも彼のプレイは大好きだったりする訳で。

”もし”ランディがまだ生きていたなら、どんなギタリストになっていただろうか?オジーの話だと、バンドを脱退してクラシックギターを学ぶ為にカレッジに行きたいと語ってたみたいだけど、あのHM/HR隆盛期に彼がメインストリームから外れている姿が全く想像出来ない...あーいう時代だったからこそ、あの時にランディのプレイが聴けなかった事が本当に残念だったなあ。

「CRAZY TRAIN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=FVovq9TGBw0

「SUCIDE SOLUTION~GUITAR SOLO」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=nWOVKkzkgME

プリンス・オブ・ダークネスプリンス・オブ・ダークネス
(2005/04/13)
オジー・オズボーン

商品詳細を見る


昨夜、遂にオズフェストの第二弾参加ミュージシャンが発表されて、1日目がスリップノット/スラッシュ/デフトーンズとなり、2日目がブラック・サバス/トゥール/ストーン・サワーとの事。
私の予想ではマンソンとかロブ・ゾンビあたりかな?と思ってたのだけど、まさかのトゥール。これは激しく興味が沸きましたね~。トゥールは未だにまともに聴いておらず、数曲聴いた程度では「変な音楽」という認識しかなかったので(笑)コレはまともに聴く良い機会だと思う。友人からもう既にオズフェストの打診は受けて「2日目に行く!」と宣言してるので、非常に楽しみですなあ~。

という訳で、そのオズフェストの主催者、オジーの初の4枚組ボックスセットとなる「PRINCE OF DARKNESS」を今回レビュー。先日、たまたま中古サイトで激安の¥1500で売られていたので早速捕獲した(って、こんな事ばっかやってるからCD溜まってしまう訳で/苦笑)。発表は2005年だからもう既に7年経ちますか。

何で当時スルーしたのか分からないけど、多分買うモノが多かったのと、内容に余り興味をそそられなかったからだと思う。しかし、こうして聴いてみると、意外とレア音源満載でお得感のあるボックスセットだったんだなあ~と。
このボックスセット発売後に「このボックスセットでしか聴けない」と謳われてた4枚目のカヴァー曲集は、後に「UNDER COVER」というタイトルで単品発売されてファンから不評を買ってしまったという曰く付きなモノもある(苦笑)。

1枚目は勿論ランディ・ローズ期の音源集で最後の数曲は「BARK AT THE MOON」の頃も収録。さすがにマテリアルが少ないせいかオリジナルアルバムとライブ盤「TRIBUTE」からのテイクが使われてるので、そろぞれの音源持ってる人には余り有難味はないモノかと。でも、オジーの歴史を語る上で重要な時期なのでコレはコレで良いかと。

2枚目は「ULUTIMATE SIN」から「DOWN TO EARTH」までライブやらデモを集めたモノ。個人的には「NO REST FOR WICKED」が好きだから、そのレア音源に期待したけどオリジナルから2曲のみなので、ちと残念。
でも「NO MORE TEARS」のデモは面白い。曲としてはもう殆ど完成してるみたいだけど、やっぱアレンジが違うしギターソロも荒いままなんで違った雰囲気が楽しめて良い。ただ「ULTIMATE SIN」と「PERRY MASON」のライブはイマイチ。両方共好きな曲だけにがっかりだ。

3枚目はオジーがこれまで他のミュージシャンとコラボした楽曲を集めたモノ。サバスの楽曲からカヴァーだの色々だけど、インフェクシャス・グルーブスの「THERAPY」は当時アルバム持ってたんでよく聴いたなあ。あとモスクワ・ピース・フェスのCD盤に収録されたジミヘンの「PURPLE HAZE」のカヴァーも、ザックのギターが重くてカッコ良かった。
逆にダメなのが、サバスのカヴァー「IRON MAN」をセラピー?とコラボしたヤツと、同じくサバスのカヴァー「N.I.B.」をプライマスとコラボしたヤツ。両方共かなりの違和感がある。特にプライマスはレス・クレイプールのベースがファンキー過ぎて噛み合ってない。「IRON MAN」はテンポが早過ぎるし。
でも、一番の注目は映画「サタデイ・ナイト・フィーヴァー」の主題歌でもあったビージーズの「STAYIN' ALIVE」のカヴァー。オジーが結構まともに歌ってるのが笑える(笑)。
意外なのがウータン・クランとのコラボ。ラップやってたのかよ!?しかも、アイオミさんも参加してるし(笑)。

で、4枚目のカヴァー集。クラシックソング集になるのはオジーの年齢を考えれば分かるけど、冒頭がキング・クリムゾンの「21st CENTURY SCHIZOID MAN」は驚いた。しかもかなりハマってるし。クレイジー・アーサー・ブラウンの「FIRE」もカッコイイ。ただ、この曲聴くとオリジナルのPV思い出して、エガちゃん思い出してしまうのがツラい(爆)。
オジーが敬愛するビートルズ関係が3曲入ってるのはちょっとやり過ぎかな?だったら、別の曲演ってほしいんだけどなあ。でも、全体的には結構まとまってるので意外とすんなり聴けるのはさすがオジーかと。

個人的には一番面白かったのは3枚目のコラボ集かな。どんなバンドと絡んでも絶対にオジーの個性が勝ってしまうのが笑える(さすがにウータン・クランだけは別だけど/笑)。あとカヴァー集でも、オジーの個性を消さずにどんなタイプでも歌えてしまうのは天性のモノだと思った(上手い下手は別として)。

やはりこの人は只者ではないと改めて思った次第。多分、次のサバスの再結成アルバムがオジーのキャリアの最後になると思うけど、アイオミさんの一件もある事だし凄いモノが出来そうな予感がする。オズフェスト同様、新作が楽しみだ。


「PURPLE HAZE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=1j4FdlTepWA

「I AIN'T NO NICE GUY」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=7lHqG3sj1Fw

オジー降臨-God Bless Ozzy Osbourne 【日本語字幕・日本語解説書付】 [DVD]オジー降臨-God Bless Ozzy Osbourne 【日本語字幕・日本語解説書付】 [DVD]
(2012/05/23)
オジー・オズボーン、トニー・アイオミ 他

商品詳細を見る


昨年秋にも東京のみで公開されたオジーの伝記映画「オジー降臨」。映画館まで観に行くつもりだったのだけど、mixi友人達と日程調整がままならなかったので結局見逃してしまった...まあ、映画館が渋谷という事もあって却って行かなくて正解だったのかも知れないけど(笑)。

で、同時にブルーレイでも発売されたのだけど、ライブが収められてる訳ではないので普通に安いDVDの方にした。¥3000以内で買えたのは良かったなあ、東京までの電車賃よりも安いし(笑)。

さて、内容の方は、オジーの生誕から現在に至るまでの経歴を振り返るのは勿論、製作にオジーの息子のジャックが絡んでるだけあって、今まで余り語られる事のなかった父親としてのオジーを家族が語ってるのがかなり印象的だった。オジー自身も彼の父親をかなり赤裸々に語ってるし。

これまでの歴史で彼の型破りな経歴ばかりがクローズアップされて、実際のトコ私生活はどーなんだろう?と不思議に思うトコもあったけど、意外だったのは「オズボーンズ」収録あたりまで極度のアル中だったという事。昔のBURRN!でのインタビュー読んでると、最初の引退宣言あたりの時は結構まともな事喋ってるじゃんと感心してたのに、あの時期もまともじゃなかったんだ...とちょっとショック(苦笑)。

またブラック・サバス時代のエピソードを各メンバー達が証言してるのも興味深いし、ランディ・ローズの事もやはり感慨深い。残念なのがジェイク時代は完全にハブられている。オジー自身が全く記憶にないというのでは仕方ないけど、やはりジェイクの事も話して欲しかったなあ(その辺を考慮してかザックの話も殆どない)。

様々なミュージシャンがオジーの事を語ってるけど、オジーが大ファンでジャックがそんな父親の為に隠してオファーを出したら快諾したというポール・マッカートニーがサバスを語ってるシーンはやはり違和感が(笑)。自分達の事で精一杯だった頃にサバスの事なんか気に掛けてるとは到底思えないのだけど...

で、断酒をして5年経ってオジー自身はもうドラッグやアルコールはやらないと公言したお陰で、それまで手にしなかった運転免許の習得や、自身のセラピーだと語る絵画など今まで絶対にやらなかった事を始めてるシーンを観て、オジーはもう狂気の男なんかじゃないのがはっきり分かる。ラストで控え室の一角で跪いて祈りを捧げてるシーンはその象徴かと。

80年代からオジーをリアルタイムで経験した私でも、彼の事はまだまだ知らない事が多いなあ~と改めて思った次第。オジーファンでなくとも、グイグイ引き込まれてしまう内容は必見ですぜ!


予告編

http://www.youtube.com/watch?v=6zZLtpgqz_s

オズモシスオズモシス
(2002/02/06)
オジー・オズボーン

商品詳細を見る


私がいつもチェックしてる音楽関連サイトの中で、「オジー、ザック・ワイルドと快を分かつ!?」と見出しが出ており何事か?と読んでみると、オジーがザックの作る楽曲がどんどんブラック・ラベル・ソサエティ化しているのが悩みのタネらしく、新たなギタリストを探している...との事で、そのザック本人は寝耳に水状態らしく困惑しているとの事。

確かにオジーのこれまでのキャリアは、ギタリストによってカラーが決まるというか、方向性自体をも左右する自体にもなるので、今現在のザックのスタイルがオジーに合うかどーかはかなり微妙だと思う。正直、ブラック・ラベル・ソサエティのヘヴィネスはともかく、歌メロに関しては全く面白味の無いモノだと思ってるし。これが「NO REST FOR WICKED」路線のヘヴィリフ満載だったら歓迎すべき事なのだけど。

そーいや、ザックはこのアルバムの時にレコーディングだけ済ませてそのまま脱退しちゃった経緯があるので、今回もまた元の鞘に収まりそうな感じがする。そのアルバム、もう14年前!?と今驚いた(笑)「OZZMOSIS」。

前作で感動的な引退を演出したと思いきや、プロレスラーの引退と同じ様に絶対信じてはいけない闇の掟(爆)をたった4年で実行してしまったオジーだけど、復帰するにあたって既にブラック・ラベル・ソサエティを始動していたザックにしてみれば「それはないだろう」状態であった事は間違いない訳で、レコーディングのみの参加になったのだろう(またこの時、ガンズ&ローゼズに誘われた事もあって両天秤に掛けたのも原因だったりする)。
リズム隊にいたっては、旧友のギーザー・バトラーとディーン・カストロノヴァという前作のマイク・アイネス&ランディ・カストロとは別のセクションを使ってるのもちょっと不思議。確かにディーンとの相性は良いと思うし、ギーザーは旧知の仲だから問題ないけど...

このアルバム、私的にはオジーの復活を祝うにはちょっと地味な印象を受けた感じがする。そりゃ話題性に欠かないオジーだから、キラーチューンが少ないと疑問に思うのも事実で、「PRERY MASON」や「I JUST WANT YOU」、「GHOST BEHIND MY EYES」と普通に良い曲ではあるけど、いきなりガツンと来る感覚ではなく、ジワジワと利いてくる感覚なので物足りなさを感じてしまうのだ。

意外なのは、スティーヴ・ヴァイが曲作りに参加した「MY LITTLE MAN」が良い出来であった事。1曲だけだからかも知れないけど、ヴァイの独特の世界にオジーが絡んできた様な雰囲気が新しい一面を見た気がする。
でも、マジでオジーはホントに新しいギタリストを迎えるのだろうか?ジェリー・カントレル(ALICE IN CHAINS)と曲作りなんて話もあったけど、ジェリーはバンドが復活するから絶対にないだろうし、だとしたら誰が?
以前噂のあったジョージ・リンチ?それとも最近シン・リジィから脱退したジョン・サイクス??(何だか後向きなのがどーも...)

「PERRY MASON」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=QadjuYOolCc&feature=related

「I JUST WANT YOU」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=zyup4uVJTlE&feature=related