最近のリマスターCD商法は実に手を変え品を変えといった感じで、単に過去作をリマスターするだけではなく、アルバム発売当時にお蔵入りされた未発表曲やリミックスなどを追加収録したり、当時のライブの模様やPVを収めたDVDが付属したりと、再度同じCDを購入してもらえる様にレコード会社も努力しているといった感じだ。
そのミュージシャンのファンは勿論の事、そのアルバムが大好きなモノであるならやっぱ良い音で聴きたいのは当然の事だと思うし、未発表曲や映像なんか付いていれば購入を検討するだろう。

しかし、肝心のリマスターがイマイチな出来だったりするのもそれなりにあって、聴いてがっかり...というのも中にはあったりする。これで直ぐに思い出すのはメガデスの過去作で、あのシリーズはアルバムによってはマスターテープの破損・劣化があったみたいで、デイヴ・ムステインは一部録り直しをしたお陰で音質が過去のCDと比べると全然違うモノになっていた。仕方がないにせよ、あれはホント残念だったなあ。

今回のガービッジの1stアルバム「G」もマスターテープは特に問題はなかったみたいだけど、レーベルが各国によってバラバラだったお陰で色んなトコから探し出さなきゃいけなかったみたいで、アートワークに関してはオリジナルが見付からなかったからまた新たに作り直さなきゃいけなかったとインタビューで答えてたの読んだ事があった。メンバーのブッチ・ヴィグ自身がプロデュース畑から出てきた事を思えば、こういう事の管理はしっかりされてるモノだと思ってたけど意外にも大雑把なんだなと驚いたけど、このアルバムのリマスター盤が出るというニュースを聴いた時は大好きなアルバムだったので、こうして無事に20年経った2015年に新たに発売されたのは良かった。金欠でなかなか購入する事が出来なかったけど(苦笑)。

音質自体は、当時のモノと比べて各パートの音が以前のモノよりも細かく分離されていて、更に音がクリアになった印象を受けたけど、私の耳ではヘッドホンで聴いて分かる程度のモノで、音圧自体は上がってるからメリハリが少し付いて若干ヘヴィな印象なので個人的には好みの音だ。
それに、このバンドは当時から未発表曲が多いので有名だったので、今では入手困難のCDシングルにしか入ってないモノが一つにまとめて聴けるのも魅力的だった。確かにアルバムからオミットされた曲といった感じなんだけど、このアルバムが好きな人にとっては世界観は全く変わってないモノばかりなので個人的には満足。「SUBHUMAN」は当時のCDのボーナストラックだったから聴いていたけど、「DRIVING LESSON」や「GIRL DON'T COME」、「BUTTERFLY COLLECTOR」が良い感じ。

ニルヴァーナの「NEVERMIND」のプロデューサーが新バンド結成...というニュースでいきなり音楽シーンに出てきた時はまだ全然このバンドについて知らなかったのだけど、リアルタイムで知ってたらギャップに戸惑ってただろうなという音だと思う。「NEVERMIND」とは全然違う音だし、しかもボーカルが女性という事もあって印象はグランジのそれとは別モノだから。しかし退廃的という印象はどちらにも共通する事であり、グランジの様なパンクっぽい荒々しい演奏ではなく、ニューウェーヴっぽい気だるい雰囲気を全面に押し出して敢えて音をラフにしている感覚はホントにカッコイイと思う。

シャーリー・マンソンの存在も非常に面白く、メンバー3人がMTVで彼女の前バンドであるエンジェルフィッシュのPVを観て気に入ってコンタクトを取ったという話でも分かる様に、既にバンド結成前からある程度の青写真は出来上がってたんだろうなあ。やはり彼女の存在なくしてこの成功はなかったんじゃないかと思う。

今聴いても全然古臭さを感じない世界観は私にとってはかなり好きな音。勿論、気分によっては聴かない時もあるけど、それでも聴きたい時には無性に聴きたくなる中毒性が堪らない。しかし、ブッチがまた新バンド結成したってニュースを最近読んだけど、こっちの方は今一体どーなってんの??


「VOW」


「STUPID GIRL」
スポンサーサイト




いつもだったら発売日前日にウチに届くハズなのに、今回は何故か発売日に届いたガービッジの新作「STRANGE LITTLE BIRDS」。届いたCDを見てみるとジャケ下の小さいステッカーに金曜日発売商品とか書いてある。要はフラゲはダメですよって事なのか?ただでさえCDが売れない時代にこんな事する意味があるのだろうか??ちょっと意味分からないなあ...

ともかく、「2014年にリリースする」とか言ってたのにこれだけ延びたのは何の理由か知らないけど、前作から今作の間にはサマーソニックに出演したり、他のミュージシャンとのコラボ曲をアナログとダウンロードのみでリリースしたり、デビュー作である「G」のリマスター盤をリリースしたりとそれなりの活動はしてたにも関わらず、やはり4年間は長かったと思う。
前作が7年振りの新作だった訳だし、メンバーもかなりの高齢に差し掛かってる事もあって(デューク・エリクソンに至っては、今年65歳だそうだ!)再始動後はもっと活動に本腰を入れるかと思いきや、この期間の長さ...まあ、良いモノを作る為に時間掛けてるのかも知れないけど、この分だとあと数作でバンド終わっちゃいそうで嫌だな。

さて、期待してた新作の中身はというと、シャーリー・マンソン自身がリリース前のインタビューで語ってた「これまでの作品よりも今回は控えめ」「デビューアルバムに近い雰囲気を持つ」という言葉がやけに引っ掛かってたのだけど、聴いてみて何となく理解出来たと思う。
ただ、デビューアルバムに近い雰囲気というのは、音楽性というよりも精神性の事なんじゃないかな?レコード会社とか周囲からの何の縛りもない、バンドだけでアルバムの全てを作り上げるという自由度がこのアルバムの持つ意味なんだろうし。
音楽性からするとデビューアルバムと似てる雰囲気は全体的に暗いという事以外は余り感じないし、「VOW」や「ONLY HAPPY WHEN IT RAIN」「STUPID GIRL」「MILK」みたいなキャッチーな雰囲気を持った楽曲は、先行リリースされた「EMPTY」や「MAGNETIZED」「WE NEVER TELL」くらいしかないのが大きな違いだと思う。
あとやけに内省的な雰囲気を持つ楽曲が増えたなあと。これがシャーリーの言う「今回のアルバムは控えめ」という事なんだろうけど、「EMPTY」の後に「EVEN THOUGH OUR LOVE IS DOOMED」が発表されたけど、聴いてみたら余りの地味さに驚かされたし。この曲のお陰で今回のアルバムはいつもと違う?と感じさせられたけど、予感が的中しちゃったな。

今作は、これまでのファンも考えさせられるちょっとした問題作だと思う。ファンであってもバンドが提示したモノを無理に好きになる理由も無い訳で、私は今のトコ数回聴いて、こういうスタイルも嫌いじゃないけど全体的に内省的過ぎるかな...という評価になった。ただ、これから聴き続けて更にこのアルバムが好きになるかは、現時点では分からないのが本音かな。
また今回の歌詞読んでると、何だかバンドの終焉も近付いてる様な雰囲気を感じさせるんだけど、この予感は外れてほしい。バンドにはまだまだやれる事があるだろうし、まだまだ新曲を聴かせてほしいと願ってるからだ。
しかし、シャーリーのピンク髪は非常にカッコイイ!この前新作をリリースしたシンディ・ローパーもピンク髪だったけど、結構な年齢でもこういう派手な色が似合っちゃう人達も正直凄いと思う。


「EMPTY」

ノット・ユア・カインド・オブ・ピープルノット・ユア・カインド・オブ・ピープル
(2012/05/16)
ガービッジ

商品詳細を見る


やっとこの時が来ましたよ!今年最大の期待度が高かったガービッジ、7年振りの新作となる5thアルバム「NOT YOUR KIND OF PEOPLE」が今朝ウチに届きました。夜勤週で良かった~(笑)。

昨年末から新作リリースの話題は伝わって来てたので、後は何時リリースされるか?ってトコだけだったけど、当初の予定から数ヶ月遅れたけど、こうして無事リリースされてホントに良かった。ファンとしては感無量という言葉が当て嵌まるくらい、このバンドの復活に疑問があった訳だから。

前作の4thアルバムリリース時から何か不穏な空気みたいなのがあって、メンバー間の摩擦が多くて製作に難航を極めた末のリリース...ってな事をやたらと強調してたし、それまでの過去作と比べると余り作り込みに拘ってない音処理を聴いた時点で「やる気ねーのか?」と思ったくらいなので、活動停止はショックだったけど何処か納得出来る部分もあったと思う。「WHY DO YOU LOVE ME」のPVもすれ違いを意識した構成だったし。

で、各自それぞれの活動に没頭してた訳だけど、おっさん3人(笑)は元々プロデューサーなので表舞台に出て来ないのは仕方ないにせよ、シャーリー・マンソンまでもが余り表立った活動をしてなかったのは意外だったな。
「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルス」で女性ターミネーター役(コレが妙にハマってた!)を演じたくらいで、後はソロ作を製作中という話は聞いてたけど、結局レコード会社から拒否られてお蔵入りしてしまったし...まあ、そのお陰でこうしてバンドが復活した訳だけど。

で、7年振りの新作はブランクを全く感じさせない見事な作品を作り上げたと思う。これが平均年齢50代半ばの作品かよっ!?
音の作り込みも納得出来るレベルだし、過去4作の集大成といった感じでファンなら絶対に期待を裏切ってないと断言出来る。コレが今年リリースされた作品でベストになりそうな予感(まだあと半年残ってるから断言出来ないけど)。 とりあえず暫定一位ってトコですね。

今年夏のサマソニに出演決定してるけど、フルライブの単独が観たいんだよねえ〜。クラブでいいから是非演ってくれ〜!シャーリー観たいぞ。


「BATTLE IN ME」スタジオライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=5YIwCBI61po

「BLOOD FOR POPPIES」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=4OdTBCgqRt4

「CONTROL」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=OkosPWXrRyA

Beautiful GarbageBeautiful Garbage
(2006/01/24)
Garbage

商品詳細を見る


もう5年も経ってしまったのか...と、ちょっと感慨深いけど、いよいよ今度こそシーンに戻ってきてくれそうなガービッジ。シングルが来年1月に発表予定で、イメージは1stや2ndの頃の雰囲気に近いというからホントに楽しみで仕方ない。
3曲の断片的な音を聴いたけど、非常に期待出来そうだ!

http://www.barks.jp/news/?id=1000074184

http://www.youtube.com/watch?v=eaDpMPAWlv8&feature=related

「BLEED LIKE ME」発売後にツアーに出たのは良いけど、メンバー間の摩擦が絶えなくて直ぐにキャンセルしてそのまま姿を消してしまったのは残念だった。日本公演もあったら絶対に行きたかったから尚更だったし。
元々、ニルヴァーナの「NEVERMIND」のプロデューサーとして有名なブッチ・ヴィグが結成したバンド...という認識があるけど、他のメンバー達もクリエイティブな面ではかなりうるさい人達らしいから衝突も激しいと思ってたので、実際もう解散しか残されてないか...と、半ば諦めてた。
で、シャーリー・マンソンはソロ作作るという情報のみで結局今まで発表されていないし、他のメンバー達の近況も全く聞こえなかったのも寂しかったなあ(ブッチだけはジミー・イート・ワールドのプロデュースなんかでちょこちょこ働いてたみたいだけど)。

で、私が最初に彼等の存在を知ったアルバムがこの3rd「BEAUTIFUL GARBAGE」。もう10年前ですか...

以前からバンドの名前だけは知ってて、確かイギリスの雑誌で(ケラング?)「ロック界でカッコ良いフロントマン」的なファン投票でワイハのジンジャーが2位に付けて1位がシャーリーだったのを見て「ジンジャーよりもカッコ良いフロントマン?」ってな感じで覚えてたのだ。
で、新作としてタワレコの試聴コーナーにあったので、早速聴いてみたらデジタル風味な風変わりなポップソングで気に入ってしまい、そのままレジへ持っていったと。

今だからこそ言えるけど、実は取っ掛かりはこのアルバムだけど今では一番聴かないアルバムになったしまった(笑)。他のアルバムと比べて一番メロディアスなのは確かなのだけど、甘いポップ風味が強過ぎてロック色が薄くなってしまったからだ。
でも、一筋縄ではいかないのがこのバンドの特徴で、さすがプロデュース出来るメンバーが3人もいる事から音の作り込みはハンパではないと。

シングルカットされた「SHUT YOUR MOUTH」「ANDROGYNY」「CHERRY LIPS(GO BABY GO!)」「BREAKING UP THE GIRL」の完成度は勿論、他にも「CAN'T CRY THESE TEARS」や「TIL THE DAY I DIE」、「PARADE」や「UNTOCHABLE」あたりも十分シングルカット出来たのではなかろうか?それだけ聴き易い楽曲が多いという事でもあるけど。

この”デジタル風味溢れるポップ過ぎる作風”を踏まえてか、次作では音の重さを強調しバンドアンサンブルを重視したスタイルに変更したのは偶然ではないと思う。

しかし、メンバーももう結構な年齢なんだから、もう活動休止なんて事は避けてもらいたいなあ。この5年間でも新作は十分に作れた訳だし。でも、戻ってきてくれて有難うと言いたい気分だ。


「SHUT YOUR MOUTH」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=ptr5CpFM2uI

「ANDROGYNY」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=hVs6Fekh0RY

「BREAKING UP THE GIRL」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=VmcMsRyOKlY

ブリード・ライク・ミーブリード・ライク・ミー
(2005/04/13)
ガービッジ

商品詳細を見る


これは復活の狼煙なのか?

何と急な話で、今月下旬に新曲を含むベスト盤が発売されるとの事。アルバム全部持ってる身としては新曲目当てでベストを買うのは躊躇いがあるのだけど、輸入盤ではリミックス集が付いた2枚組なので、そっちを狙うつもり。でも、とりあえずクリップ集もDVDで発売されるので、まずはそっちかな?

そのGARBAGEの今現在の新作がこの「BLEED LIKE ME」。既に2年前の作品。
このアルバムが発売されて短期間でツアーを切り上げ、無期限活動休止状態に入ってしまったバンドに対して、本心では「いつか復活してくれれば」と願ってはいたけど、実際には「もう無理かな?」と思う気持ちの方が強かった。
何故なら、このアルバムが難産の末に出来上がった作品であると同時に解散説も飛び交ってた時期で、それを克服したバンドに「もう大丈夫だろう」とタカを括った途端の活動休止...そりゃ、もうダメだろうって思いますって。

前作で見せたメロウなポップ路線や、このバンド特有の作り込んだ音像は成りを潜め、ハードな部分が強く反映された作品で全アルバム中、最もロック色が濃い。
私は中でもこの曲が一番好きだ↓

http://www.youtube.com/watch?v=AjHzXDe-csw&mode=related&search=

他にもFOO FIGHTERSのデイヴ・クロールがゲストで叩いてる「BAD BOYFRIEND」、ちょっと内政的な「HAPPY HOME」、今までの路線を踏襲している「METAL HEART」などがお気に入り。

噂の新曲も、既にYOU TUBEに上がっていたのでチェックしたのだけど、この曲だけに関しては随分と大人びたサウンドになっちゃった感じ。
でも、クリップを撮ったって事はまだバンドとしてやる気があるのだろう(と、願いたい/苦笑)。
早いトコ、完全な新作作って来日してライブやってくれ~!絶対観に行くから。