サイコティック・サパーサイコティック・サパー
(1998/02/21)
テスラ

商品詳細を見る


今週はクリスマスウィークっすね。
毎年...いやここ十数年思ってる事だけど、もうクリスマスにワム!だの山下達郎は止めにしてくれませんかね?アレ聴いて喜んでる人って一体どんな層なんだろう?
洋楽聴く人は絶対ワム!は無いだろうし、山下達郎のファンだってあの曲は絶対に外せない!って思ってる人は少数派だと思うんだけど...稲垣潤一は最近聴かなくなったし、ワム!のカヴァーやった織田裕二はその年だけで終わったのは救いだったなあ(それに乗せられたブッチ・ウォーカーって.../苦笑)。
昨年も書いたと思うけど、クリスマスだからといって聴く音楽を限定するつもりは毛頭ないので、いつもの如く好きな時に好きなモノを聴こうかと。今年はサバスのブラックボックスも手に入れたのでサバス三昧も良いだろうし(爆)25日にはNHK-FMにて”今日は一日:HR/HM三昧”も放送されるみたいだし、聴く音楽に困る事はなさそうだ。

さて、先日の某音さんのブログにて、テスラのセルフカヴァー集アコースティックアレンジのCDを購入されたとの事でレビューが載ってたけど、最近彼等のアルバム聴いてなかったので、久々に3rdアルバムの「PSYCHOTIC SUPPER」を通しで聴いてみた。

未だに私的に彼等の最高傑作は2ndの「THE GREAT RADIO CONTROVERSY」で揺ぎ無いのだけど、リアルタイムでこの3rdアルバムを待ち侘びたのは言うまでもない。
で、最初聴いた時の印象は正に「力作」。前作はジワジワと楽曲の良さを感じられる作風だったのに対し、このアルバムでは勢い重視というか、ノリで一気に聴かせる様な印象を受けた。
ジェフ・キースの歌唱力はより説得力が増して、演奏陣もグルーヴを軸に見事な演奏を聴かせてくれている。

このアルバムでの私的なハイライトは「SONG & EMOTION」や「WHAT YOU GIVE」などのバラード。前作でも「LOVE SONG」が一般チャートでも大ヒットしたお陰か、バラードにはやたら力が入ってる様に感じた。また「SONG & EMOTION」は、当時レーベルメイトだったデフ・レパードの故スティーヴ・クラークに捧げられた事もあって感傷的になる事必至。”切ない”という言葉はしっくりくる。

大体、このアルバムからは前述のバラード以外に「EDISON'S MEDICINE」「CALL IT WHAT YOU WANT」「STIR IT UP」あたりを自分のオリジナルベストCD-Rとして車内で聴いているのだけど、今回久々に通しで聴いてみて「TIME」や「FREEDOM SLAVES」あたりも随分カッコイイ楽曲だという事に改めて気付かされた。やっぱ、歳を重ねてから聴くと印象が変わる曲があるから、たまにはひっぱり出して聴かないとイカンなあ。

日本盤にはボーナストラックでカヴァー3曲収録されているけど、これはCD別に分けて欲しかったなあ。当時はこの3曲のお陰で、かなり長く感じていたので...ボーナストラックが入るのは嬉しいけど、アルバムの流れを消してしまっている様な気がして、コレだけはちょっと今でも頂けないと。


「EDISON'S MEDICINE」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=-2zwBRa0YhA&feature=related

「WHAT YOU GIVE」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=9vwHuCC6nP8

「CALL IT WHAT YOU WANT」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=gAq5dbz45gM
スポンサーサイト

メカニカル・レゾナンス(紙ジャケット仕様)メカニカル・レゾナンス(紙ジャケット仕様)
(2010/04/01)
テスラ

商品詳細を見る


久しぶりに今日は雨が降ったので、暑さもやっと一段落したのがホント救いだった。帰宅する時もどんより曇ってたので、毎日通ってる見慣れた道もここ暫く見なかった光景がちょっと新鮮だったりして...
そんな気分で、久々にBGMにテスラを聴いた。やっぱ「GREATRADIO CONTRAVACY」の楽曲は最高だとか思いながらも、久々にこのデビューアルバムの楽曲もやっぱ良いなあ...という事で、レビューしてなかったこのアルバム「MECANICAL RESONANCE」をチョイス。

私がこのバンドを知ったのは、夜中放送していた「ピュアロック」でのKNACチャートにて「GREAT RADIO CONTRAVACY」からの楽曲が軒並みチャートインしていたのを見て、アルバム聴いたら完全にハマった...という感じなのだけど、実はその前にも存在だけは知っていた。
マイケル富岡がVJを担当していた「MTV」にて、1987年度に登場したニューカマー紹介というビデオで当時破竹の勢いだったガンズ・アンド・ローゼズと一緒に彼等の「LITTLE SUZI」が紹介されていたのだ...がっ、ちょっとダサいPVだったので余り興味も何も起きなかった。

しかし、2ndが名盤という事もあって勿論1stも見逃す訳もなく、直ぐさまCD買いに行きましたよ。
で、聴いてみたトコ、2ndの完成度には敵わないけどデビューアルバムでこれだけ堅実で安心して聴けるモノも珍しいなあと第一印象。
当時のHM/HR系の流行りだったLAメタルみたいに派手なスタイルではないし、スラッシュ系の様な衝撃的な音でもなかった訳で、どちらかというとレイドバックした泥臭さを感じさせるスタイルは逆に個性を引き立てる事になったと思う。

何処かで書かれていた事だけど、ジェフ・キースの歌唱は何処か苦労人を感じさせる...というのは正しく同意。彼よりも上手いボーカリストは幾らでもいるけど、彼にしか持っていない”味”があるのはバンドの強みかと。
またライブでの叩き上げが功を成した部分もあったみたいで、このアルバムのツアーでアメリカ国内を2周半回るという過酷なツアーも経験したみたいだし、お金が無い時には1個のハンバーガーを5人で分け合ったという”一杯のかけそば”も真っ青の体験もあったみたいだし。

逆境をバネにして耐え抜いている...という雰囲気が音からも感じられて、そういうモノがこのバンドの糧になってる気もしないでもない様な。そういった意味でも、同等な雰囲気を持つ2ndと一緒に意味のある1枚かと。


「MODERN DAY COWBOY」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=7SzTVnSMlF0&p=0CD5FCB27B7D4417&playnext=1&index=1

「CHANGES」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=TiEVHPk6yys&feature=related

「CUMIN' ATCHA LIVE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=90E61QrYT2I&feature=related

フォーエヴァー・モアフォーエヴァー・モア
(2009/01/21)
テスラ

商品詳細を見る


前回の白鮫の新作が先にレビューしてしまったけど、このアルバムはその前に購入しており、しかもブックオフのセール期間中で輸入盤が

またまた奇跡の¥105!!パート2

先日の「ラスト・アクション・ヒーロー」の再来となった訳で(笑)。

で、テスラ。昨年に某音さんのレビューを読んで早く聴きたいと思いながらも、結局国内盤は今年に入ってから発売されて、しかもボートラ1曲のみ(これが地味な「MAMA'S FOOL」ってトコも何考えてるんだか...)。ちょっとなあ...と思いつつも、そのままフェイドアウトしていたトコに、この降って湧いた幸運(笑)。

前作「INTO THE NOW」が2003年発売だったから、約5年のインターバル。これを不思議と長いと感じなかったのは、やはり前作が余りにも地味だったからかと。このアルバムも、国内盤がかなり遅れて発売されたと記憶しているけど、折角の再結成にケチが付いてしまったのにも関わらず、肝心の音も地味極まりないモノで非常に落胆したものだ。せめて初期3作のノリで行って欲しかったのに。

で、その5年の間にラウドパーク参加という意外な(?)来日公演もあってバンドの気運が高いのを感じ取ってはいたけど、その良い勢いがアルバムに反映されているとCD聴いていて思った。
冒頭を飾る「FOREVERMORE」がミドルで攻めるタイプの楽曲なのでちょっと不安になったけど、続く「I WANNA LIVE」が往年の(笑)テスラ節全開の楽曲で、3rdアルバムに収録されていてもおかしくない楽曲にニンマリ。

その後も、さすがに全盛期の勢いは無いけど楽曲的にはかなり充実していると感じた。確かに数曲は地味な楽曲もあるけど、ジェフ・キースの声は相変わらず不変で、それがテスラを聴いていると感じさせる要因の1つにもなっているのは確か。

残念ながらトミー・スキーオはまた脱退してしまったけど、新たに入ったデイヴ・ルードというギタリストもバンドにフィットしている感じだし(インナーの写真見る限り、結構なイケメン)ホントにバンドは現在良い状況なんだろうなあ。

ただ欲を言えば、白鮫の新作で聴けた枯れたHRをテスラでも是非!といったトコだろうか。以前バンドにあった田舎風味がこのアルバムでは余り聴けないので、次作ではその辺もお願いしたいトコだ。

最後に一言。CDの裏ジャケ、スレイヤーのあの写真にクリソツなんですけど...(爆)

「I WANNA LIVE」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=tmT-aQ6EOz0&feature=channel_page

「FALLIN' APART」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=GWn91zbxCSY&feature=channel

The Great Radio ControversyThe Great Radio Controversy
(1990/10/25)
Tesla

商品詳細を見る


先日の某音さんのコメントで思い出してチョイスしました(笑)、テスラの2ndアルバムにして私が最高傑作と信じて疑わない「THE GREAT RADIO CONTROVERSY」。

この時期のテスラはホントに脂が乗りきっていて、色んなトコで勢いを感じさせる事が多かった。
当時の「ピュアロック」ではKNACチャートの中に必ずこのアルバムの曲が入っていたし、MTVの「ヘッドバンガーズ・ボール」でも、このアルバムが発表されてから事ある毎にビデオクリップが流れていたし。

当時の話では、1stアルバムのツアーでアメリカ大陸を2週半した結果が付いて来た...と語っていたけど、幾らなんでもアメリカ2週半のツアーってどんなツアーだよ?と驚いたモノである。
前作も良いアルバムだったけど、やはり新人バンド独特の青臭さが残っていて(と言っても、2ndが出てから気付くモノだけど)楽曲の練りが足りない感じがして、何処か淡白な印象を受けたけど、この2ndではそれが見事に解消されて、スケール感が増した。

また決定的な楽曲も、前作では「MODERN DAY COWBOY」くらいしかなかったのだけど、このアルバムでは「HANG TOUGH」「LOVE SONG」「THE WAY IT IS」、シングルカットはされなかったけど「BE A MAN」「PARADISE」などの力強いナンバーが揃っていて、当時のアルバムとしては長いトータルランニングにも拘らず、全く飽きがこない作りだったのには得した気分だった。

私が思うのは、テスラの音楽には「逆境に負けない」雰囲気に満ち溢れている感じがして、自分が何か辛い時とか気分が凹んでいる時に聴く事が多い。昔、インタビューで「バンドが売れるまでにかなり極貧な生活をして、一個のハンバーガーを5人で分けた事もある」という「一杯のかけそば」も真っ青の話を知ってしまったからかも知れないけど。

最近の活動ペースは随分と落ち着いてしまった気もするけど、こういう時代に流されないバンドはいつの時代も残ると信じてるので、このアルバムを超えるくらいのモノを作ってくれたらなあ...と思ってる。