The Power StationThe Power Station
(2005/04/26)
The Power Station

商品詳細を見る


先日、久々にレンタル屋でDVDを借りて、某音さんのHPでも触れられていて、私自身も以前から気になっていた映画「アメリカン・サイコ」を観た。
感想コメントは映画版ブログに近々書くとして、この劇中で主人公が80’Sの音楽マニアらしく(設定が80年代だからか?)ヒューイ・ルイスやジェネシス、ホイットニー・ヒューストンなどを語るシーンが出てくるのだけど、そこに「俺は今、ロバート・パーマーが聴きたいのに」という台詞が出て、「あ、そーいや暫く聴いてないな」と思い、パワー・ステーションを引っ張り出してみました(笑)。

私がロバート・パーマーを知る切っ掛けになったのはこのユニットのお陰で、当時人気絶頂だったデュラン・デュランのジョン・テイラーとアンディ・テイラーが発起人となり、ドラムにシックのトニー・トンプソンを加えたのがパワー・ステーション。
デュラン・デュランに関しては、洋楽聴き始めた頃もあって結構聴いていた時期だったけど、この2人が何で他にユニット組んでいるんだ?と不思議に思ったモノだけど、出来上がったアルバムを聴いて「これじゃ、サイモン・ル・ボンには歌えないわ」...と素直に納得(笑)。
デュラン・デュランよりもソリッドで、シックのブラックフィーリング溢れる感覚に、ロバート・パーマーの渋さが光る...という、かなり洗練された音で直ぐにへヴィローテーションと化した。

最近まで知らなかったのだけど、このアルバムは8曲という少ない楽曲だったのに、映画「コマンドー」のサントラに提供した曲やらリミックスを集めて1枚のアルバムに詰めてリマスター化し、また当時のビデオクリップを収めたDVDも付けて再発されていたので、早速買ってみた。
リマスターでよりソリッドな音像になったし、DVDも「COMMUNICATION」のビデオクリップを観てなかったので満足(ビデオクリップ自体は大した事ないけど/苦笑)。

思えばロバート・パーマーも、トニー・トンプソンも、プロデューサーのバーナード・エドワーズ(シック)も故人になってしまい時の流れを感じさせれるけど、当時の音楽シーンの中でも異質な輝きを放っていた本作は、今でも十分説得力はあると思う。
スポンサーサイト