前回のフィオナを聴いて懐かしくなり、女性ボーカルものをちょこちょこ聴いてるウチにこのアルバムに辿り着きました。ヴィーナス&マーズの幻の1stアルバム「GRAND TRINE」。リリースは1994年ですね。

恐ろしいくらいマイナーなアルバムだけど、メロディアスハード系をこよなく愛する人達には結構有名な人達として認識されていると思う。私はこの人達の作る音楽が凄く気に入っており、10年くらい前にこのブログでも2ndアルバム「NEW MOON RISING」を取り上げてるくらい。
このCDは2ndアルバムを買った直後に西新宿のディスクヘヴンで買ったモノ。2ndアルバムが国内デビュー盤で、しかもレーベルがエイヴェックス系のベアナックルというマイナーなトコだったので、1stアルバムは絶対国内盤はないだろうな...と思って輸入盤で捕獲しておいたのだ。しかも購入して気付いたのが、このアルバムはインディーレーベルからのリリースで如何にもB級的なジャケットデザインがそれを感じさせる(フォトショップ加工でももうちょっとマシなモノが出来ただろうに...)。

2ndアルバムの欄にも書いたけど、ヴィーナス&マーズとはロビン・ランダルとダイアナ・デウィットという2人組の女性ユニット名。ロビンとその母親ジュディスがソングライターでFMやスターシップ、マーク・フリーのソロ作に楽曲を提供しており、ダイアナはあくまでシンガーという立場らしい。
2ndアルバムのライナーノーツで知った話だけど、このアルバムにはハウス・オブ・ローズのジェイムズ・クリスチャンも何気に関係しており(当時のジェイムズのバンドのマネジャーがロビンの母親のジュディスで、このアルバムにもジェイムズはバックボーカルで参加している)ミュージシャンズ・ミュージシャン的な存在なんだろうな。

音楽性は正にメロディアスハード/AOR路線を貫くスタイルで、2ndアルバムよりも若干メロウな印象があるかな。元々ソングライターで活躍する人達なので、楽曲の良さはデビューアルバムで既に立証されてた様なモノでインディレーベルとか全く感じさせない作風は見事の一言。時代が時代だったので、こういうアルバムが注目されなかったのは残念な事ではあるけど...

女性ボーカルが苦手な人には特に引っ掛からないだろうけど、メロハー/AOR好きな方達には是非聴いてもらいたいアルバムかと。ただ、もう激レア化してるアルバムなのでCDで見付けるには相当難しいと思うけど(アマゾンでは約¥20000、ヤフオクでは中古で約¥5000くらいで売られてる)アマゾンのダウンロードで1曲¥150で売られてる。
しかし、前回のフィオナのトコでも書いたけど、ホントにこういうスタイルの音楽が減ってしまったのは残念。時代の流れもあってこういうスタイルはもう売れないのかも知れないけど、こういう音楽が好きなリスナーだって未だにいるハズなのに何か勿体無い話だ。


「SOMEDAY YOU'LL COME RUNNING」


「BE STILL MY BEATING HEART」
スポンサーサイト

ニュー・ムーン・ライジングニュー・ムーン・ライジング
(1998/09/23)
ビーナス&マーズ

商品詳細を見る


一昨日のマーク・フリー、その前のFMとも浅はかならぬ関係を持つ(コレばっか/笑)ヴィーナス&マーズの2ndアルバム「NEW MOON RISING」をチョイス。

じゃあ何故、この2組のミュージシャンと関係があるのか?というと、双方のアルバムに収録されている楽曲の元曲がこのヴィーナス&マーズのメンバーの曲で、楽曲は「SOMEDAY YOU'LL COME RUNNING」(オリジナルは1stアルバムに収録)。
元々、このヴィーナス&マーズはロビン・ランダルとダイアナ・デウィットという2人組の女性ユニットで、「SOMEDAY~」はロビンと母親のジュディスの共作。
この2人が書いた楽曲は、数多くのミュージシャンに提供されていて、前述のマーク・フリーやFMは勿論、有名どころではスターシップの「KNEE DEEP IN THE HOOPLA」に収録されていた「TOMORROW DOESN'T MATTER TONIGHT」なんかがあって、他にもABBAのVoにも提供したり、ダイアナ妃のトリビュートコンサートにも楽曲提供したらしい。

基本的にはAOR寄りのメロディックロックになるのだけど、若干エッジの効いた部分もあるので何処かHEARTを思わせる部分もある(と言っても、アン・ウィルソンには及ばないけど)。
バラードやミドルテンポの楽曲では女性特有の甘い雰囲気で良いんだけど、ロック寄りの楽曲ではやはり力不足かな、と。
このアルバムにはマーク・フリーのアルバムにも収録されている「THE LAST TIME」「DYING FOR YOUR LOVE」がセルフカヴァーされているのだけど、こちらもマーク・フリーに負けず劣らずの出来。ただ「DYING~」に関しては、マーク・フリーVerにロビンがデュエットで参加してるので、軍配はこっちかな。

このアルバムを最後に音沙汰なくなってしまい、暫くしてからBURRN!で母親のジュディスが亡くなったと記事に出ていたので、事実上消滅なのかな?実に勿体無い話である...

PS:さすがに国内盤は廃盤らしく(もしかしたら、1st&2nd共に輸入盤でまだ出てるかも。私はディスクへブンで買いました)密林サイトでは中古品が出てました。