BubblegunBubblegun
(1999/02/09)
The Merrymakers

商品詳細を見る


この時期になると聴きたくなるアルバムでもある、メリーメーカーズ。私の友人からのお薦めを受けたのはかなり前になるけど、軽い気持ちで聴いたらコレが私のツボ直撃の音楽性で、一度聴いただけでお気に入りのアルバムとなってしまった。

このメリーメーカーズ、出身は北欧スウェーデンからで宣伝文句が「北極圏のジェリーフィッシュ」(大笑)。しかもプロデューサーが元ジェリーフィッシュのアンディ・スターマー。そりゃ、ツボ直撃な訳ですよ!

1stアルバムの方は、あからさまに元ネタが分かる楽曲が多いのでちょっとクオリティが...と思わせるけど、既にこの時点で方向性がはっきりしていたので、2ndに本家が加わった事により格段にスケールアップした良い例だと思う。

でも、あからさまに本家テイストが入ってるのは、曲作りにも参加した「APRIL'S FOOL」「SAD」のみで、他の曲は余り本家に近いとは思わない。表現的にはスマートなポップソング...ってな感じだろうか?北欧ならではの、何処か爽やかな雰囲気が漂っていて、もしかしたら装飾過多の本家よりもこっちの方が好きな人も多いかも?

残念ながらこのアルバムの後、ポール・マッカートニーのトリビュート盤に参加した後(曲は「NO MORE LONELY NIGHT」)奇しくも本家と同じく2ndで消えてしまった模様。解散した...とも何とも聞いてないんで、もしもまだ存在してるのなら早いトコアルバム作ってくれよ...と願いたいなあ。

因みに、ジャケット写真は東京の地下鉄で撮影されたモノ(赤坂あたり?)。ちょっとサイバーな雰囲気で結構カッコイイ。しかし、何で外国人の人が日本を撮るとこんなにカッコ良くなるのだろうか?
スポンサーサイト