先日のチャカ・カーンのアルバム聴いてた時に、当時よく聴いてたモノを色々と聴きたくなったので久々にホール&オーツの「BIG BAM BOOM」をチョイスした。リリースは1984年。

実は後から知った事だけど、このアルバムって彼等にとっては通産16作目にあたる作品で(ライブ・ベスト盤入れて)それでも当時の人気は凄まじいモノがあった。リリースすればシングル・アルバムの両チャートには必ず名前がある感じだったし、音楽性も初期の素朴なモノから時代の流れを上手く取り入れて変化させていく事に長けていたお陰で長年続けてこられたのだろうと。残念ながらこの作品を機に彼等のピークは徐々に落ちていってしまったけど。

ヴィヴィッドなジャケットにも表れてる通り、彼等が持つキャッチーなポップ感覚に彼等にしては珍しいダンスビートを上手く融合させたお陰で、当時はまだ洋楽をそれほど知らなかった私でも洋楽の入口には十分魅力的だった。
躍動感溢れる短いインスト「DANCE ON YOUR KNEES」から間髪入れず1stシングルの「OUT OF TOUCH」へスムーズに移行するのが凄くカッコイイ。また「OUT OF TOUCH」も如何にも彼等ならではの楽曲で、当然の如く全米No.1を獲得している。続く「METHOD OF MODERN LOVE」も2ndシングルで全米5位、シンプルなバラードの3rdシングル「SOME THINGS ARE BETTER LEFT UNSAID」(邦題:言わずにおいで)は全米18位、ジョン・オーツがボーカルを取る4thシングル「POSSESSION OBSSESSION」は全米30位とシングルチャートでも猛威を振るい、アルバムも全米5位まで上がりダブルプラチナムを獲得してる事から、彼等の全盛期の集大成的な意味合いも感じられる。

楽曲に強みがある人達なので、それが時代の音と融合すればそれなりに売れるのは間違いないのだけど、今思うとかなり時代に寄り添った音楽性だったと感じた。ただ、彼等が上手かったのはやり過ぎていないという事。クイーンの「HOT SPACE」みたいにそれまでのイメージを崩してまでのめり込む訳でもないし、元々彼等は古いR&B系にも理解があったのでこういうダンサブルなスタイルにも十分適応出来たのかと。

余りに売れ過ぎたお陰か、次作「OOH YEAH!」に続くまで彼等にしては珍しく4年のブランク(途中ライブ盤やダリル・ホールのソロ作が入った影響で)が入り、また「OOH YEAH!」もこのアルバムとスタイルが近い事も影響してか、その間の音楽シーンの変化に付いていけなくなった結果、活動自体にも影響を示す事になってしまったのはホントに残念だった。「OOH YEAH!」も良い作品なだけに。

未だに現役ながらも活動はかなり消極的になってるのが気になるけど、これだけ長い間活動してると2人の距離感もこの位の方が上手くいくのかも。ダリルはネット配信の「DARYL'S HOUSE」で相変わらずプレイしてるし、ジョンの方もソロを細々とやってる感じだけど、彼等が次に作品を出す日は来るのだろうか?気長に待ちたいとは思ってるけど...


「OUT OF TOUCH」


「POSSESSION OBSSESSION」
スポンサーサイト

OOH YEAH!OOH YEAH!
(2009/06/10)
ダリル・ホール&ジョン・オーツ

商品詳細を見る


今週は殆ど夏風邪でダウン気味...
連休明けの月曜からいきなりダルくて、今週は夜勤週間だったので火曜には病院へ行って薬を貰ってきたのだけど、やっと今日あたりはまだ本調子ではないにせよ大分良くなった感じ。やっぱ歳のせいなのか!?
ともかく、仕事は休んでいないので仕事に差し支えない様に体力温存してほぼ寝たきり状態だったので、今週はホントにアッと言う間に終わってしまうな...

ってな訳で、明日は赤坂のソニーミュージックへ。何故かというと、以前80’Sのイントロクイズのサイトを見つけた時に(http://www.80skj.jp/)イベントの観覧募集に応募しておいたのだけど、見事当選してしまったので地元の同世代の友人と参加する為。
このイントロクイズがなかなか面白くて、最初は半分くらいしか答えられなかったのだけど、2度目で8割くらい出来たかな。見事”キング・オブ・80’S”の称号を頂いたけど、上には上がいて(笑)私の点数を5000点以上上回る猛者が多く、100位内には入れなかった。マジで凄すぎだっての。
ただ、サイトがソニーなのでソニー関連のミュージシャンしか出てこないのが惜しいかな。まあ、仕方ない事だけど。

で、久々に80’S関連。先日、自身のキャリアを統括した4枚組ボックスCDを発売すると発表した、ホール&オーツの「OOH YEAH!」。
このアルバムは、前作が大ヒットしてシングルも全米NO.1も獲得した後の注目された作品だったのだけど、最初に聴いた時はかなり微妙だった。ネタが尽きた...というよりは、前作にあったデカくて派手な音はキープされているけど、楽曲がもっと聴かせる雰囲気にスライドしてしまった為に、ちょっと地味目な感じになってしまった事だと思う。

とはいえ、前半は私的にはかなり好きなノリで、シングルカットされた「EVERYTHING YOUR HEART DESIRES」や「MISSED OPPORTUNITY」はフリーソウルっぽい雰囲気だし、前作の流れを汲む「DOWNTOWN LIFE」や「ROCKABILITY」も良い。因みに「REAL LOVE」にはサザンの桑田さんも参加。当時、コカコーラのCMにもこの模様が流れてましたね(因みに今も、このテレカ持ってます/笑)。

残念ながらセールス的には失敗作になってしまったけど、この失敗を契機にこの後はモダン路線は後退しもっとナチュラルな雰囲気になっていくという事で、最も80年代を感じさせる作品だと思う。

「EVERYTHING YOUR HEART DESIRES」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=Z30Nwiju-1Y&feature=fvw

「MISSED OPPORTUNITY」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=5gRqYHFja1k

「DOWNTOWN LIFE」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=LsLGrrkDsLc&feature=fvw

Marigold SkyMarigold Sky
(1997/09/30)
Hall & Oates

商品詳細を見る


先日のアイズレー・ブラザーズの様なフリーソウル系の音が心地良い今の時期、何かこういうモノが他にウチのCDラックには無いだろうか...と色々探ってみたトコ、何故かこのアルバムを思い出した。ソウルはソウルでもブルー・アイド・ソウルってヤツですね。言わずと知れたホール&オーツです。

このアルバムは90年代初頭から暫く休止していた後、7年振りにリリースしたアルバムで、それまでの功績を考えると意外な事にマイナーレーベルから発売されたアルバム。それは単に契約終了だったのか、それともメジャーから切られたのか定かではないけど、当時はそんな事よりもあのホール&オーツが復活かよ!!と諸手で喜んだモノだったなあ。

ただ1つ不安だったのが、前作「CHANGE OF SEASON」が私の好みの路線じゃなかった事で、せっかく復活しても前作を踏襲したモノだったらちょっとがっかりだよなあ...と危惧していたのだけど、このアルバムのオープニング「ROMEO IS BLEEDING」のイントロのギターのチョーキングを聴いた瞬間、
「戻ってきた!!」
と泣きそうになったのを覚えている(笑)。

他にも如何にも彼等にしか書けない「MARIGOLD SKY」や穏やかな「THE SKY IS FALLING」、全盛期の彼等の音を踏襲している「WANT TO」や「HOLD ON TO YOURSELF」など、7年間待ち続けた意味のあるアルバムだった。
しかしそれだけではなく「THROW THE ROSES AWAY」や「I DON'T THINK SO」などのバラードに見られる、彼等の年齢相当の円熟味のある楽曲にはホントやられた。
それを「落ち着いた」とか「地味になった」とかで評価するのは簡単だけど、相変わらず質の高いメロディにはファンでなくとも舌を巻くハズ。
ただ、子供には分からないだろうなあ...とは思う。80年代初期からのビッグヒットを飛ばした頃の彼等の姿はもうそこにはなく、それから既に15年以上も経っている訳で、彼等のファンも歳を取っている訳だからコレはコレで良いと思うけどな。

マイナーレーベルから発売された為にプロモーションが行き届いておらず、せっかくの復活作も残念ながら不発に終わってしまった今作だけど、もはや彼等に関しては売れようが売れまいがそんな事は私にとってはどーでもいい事で、単に良い楽曲を提供してくれればもうそれだけで十分なんですよ。
それを考えると、このアルバムは十分及第点どころか名盤の域に達していると思う。

「MARIGOLD SKY」↓
http://jp.youtube.com/watch?v=BEKfcrf-Yv0&feature=related

Do It For LoveDo It For Love
(2003/02/05)
ダリル・ホール&ジョン・オーツ

商品詳細を見る


不思議とこのデュオの存在を、今の今までこのブログに書きそびれていた。不覚だ...私にとってこの2人は、自分の洋楽人生を語るに重要な存在なのだから。

80年代当時の情報源の一つであった「ベストヒットUSA」の常連だった彼等も、何とか今の時代まで生き残った。キャリアは70年代からだからホントに長い期間やってることになるけど、さすがに最近のチャートとかには顔は出さなくなったが、今の時代にも良い曲を提供し続けているのは嬉しい限り。
そんな彼等の、現時点でのオリジナルアルバム最新作がこれ。既に4年も経っていたのか...と今書いて気付いた(笑)。
アルバムリリース当時は、シングルの「MAN ON A MISSION」を「ニュースステーション」で生放送で演奏していたのを聴いて一聴惚れしたので即CD屋に走ったクチなのだが、前作も気に入ってたモノの、楽曲のバラツキが際立っていたので「今回もこんな感じなのかな?」と若干不安になったのも事実...
しかしアルバムを聴いてみると、多少の路線変更はあるものの、いつもと変わらないホール&オーツで安心したモノだった。むしろ全体のバランスはここ最近の作品の中でも良い方だし。

しかし、ホントにダリル・ホールは歌が上手い!もう50代なのに劣化してないのはさすが。ライブとかは(ミュージックエアの番宣でちらっと聴いただけど)さすがに高音とかはキビしい感じだけど、アルバムではそんなに気にならない。

楽曲は、年齢に合わせたちょっとアダルトっぽい雰囲気が目立つけど、これは普通に良い変化だと思う。前作が「自分達を客観的に見て作った作品」と語っていたけど、このアルバムは当時の等身大の自分達を反映した、久々の傑作だと思う。