今回は5連休だった今年のお盆休み。
墓参りは勿論出かけたけど、今年は体力がバテバテで全然回復しないので、残りはウチでゆっくりのんびり過ごしましたよ。
もう若くないから...というのは仕方ない事だけど、それ以上にこの夏の暑さは異常だし、少しでも体力回復して明日からの仕事に差し支えない様にしないと、またバテてしまうしね。
でも、昨夜は友人のtaroサン&めそ子サン夫婦と共に5時間思う存分語ってきたんで、久々に楽しかったなあ。やっぱ、音楽だけではなく色んな話題を共有出来る友人がいるのはホントに有難い事です。

さて、暫くこのブログを更新出来なかった理由というのは、このDVDを観てたからなんですねえ。アイルランドのギタリスト、孤高のロッカー:ロリー・ギャラガーの「LIVE IN GERMANY FROM ROCKPALAST」を今回はチョイス。発売は2008年。

このDVDが発売された時はネットのリリース欄で知ったのだけど、その時に話題になったのがロリーが晩年まで愛用していたボロボロのストラトキャスターのフィギュアが付いて、500セットオンリーの限定版で発売されたのだけど、当時はお金無くて買えなくて、まあどーせ単品でDVDリリースされるんだろうから、ちまちま集めれば良いか...と思ってたのだけど、先月中古サイトで¥6800の破格値で売られてたのを見て、またもやお金の無い時期だったんだけど(苦笑)これ逃したらもうこの金額では出ないだろうなあ...という事で、無理して何とかゲットしましたよ。
DVDが70~90年代別になって3枚組、しかもフィギュア付いての値段なんで、中古とはいえやっぱお買い得でしたよ。

さて、ロリーのライブはYOU TUBEでちょこちょこ観てたのだけど、こうして一つの作品として観るのは初めてで、やっぱ一貫して思ったのは、この人はホントにライブパフォーマンスこそが全てなんだなあ~と改めて思った次第。
勿論、オリジナルのスタジオ盤は数枚持ってるけど、このライブ観てるとスタジオ盤はあくまでもライブをする為のマテリアルみたいなモノで、真髄はライブにこそあるんじゃないかと。

彼の名前を広めた70年代のライブは、若さ故なのか勢いが荒々しくて破壊力満点のパフォーマンスを感じさせて、稀代のギタリストの名を欲しいままにしたのもよく分かる内容で、80年代のライブはブルーズからハードロック寄りのアプローチを感じさせて、3枚の中でも楽曲的には一番取っ付き易い感じ。そして晩年の90年代は、プレイに余裕が出来て貫禄のあるパフォーマンスを感じさせる。
正直90年代はオリジナルアルバムも地味だったし、ライブも落ち着きすぎていたらどーなんだろう...と思ってたのだけど、実はこの90年代のライブが一番好きだったりする(苦笑)。最後にジャック・ブルースが登場してロリーとジャムセッションをするシーンは、もはや両者がこの世にいない事を考えると実に貴重なシーンだと思う。

しかし、ホントにロリーの人柄がストレートに表れているライブパフォーマンスだと思う。ステージに登場する時は笑顔で走ってきて、プレイ中もずっと楽しそうに続けて、最後に観客にお礼を述べてステージから降りる...パフォーマーとしては当たり前の事なんだけど、ロリーには全く嫌味が感じられない。人格的にも素晴らしいという話は当事者達の証言でも分かるけど、それがダイレクトにステージに反映されているのは実に心地良い。

47歳という若さで亡くなってしまった彼だけど、決して流行には媚を売らず自分の好きな事をやり続けていられて、ミュージシャンとしてはホントに理想的な人生を送れたのではなかろうか。未だに彼を崇めるミュージシャンが後を絶たないのも凄く分かる話だなと。このライブDVDを観る事が出来て、本当に幸せな気分を味わえた事を感謝したい。


「TATOO'D LADY」


「GARBAGE MAN」


「BORN UNDER A BAD SIGN」(with JACK BRUCE)
スポンサーサイト

【日本語字幕付 日本版】ストーリー・オブ・ロリー・ギャラガー [DVD]【日本語字幕付 日本版】ストーリー・オブ・ロリー・ギャラガー [DVD]
(2010/11/17)
ロリー・ギャラガー

商品詳細を見る


久々にDVDのレビューです。
半年くらい前にTHUTAYAのネットショップにて¥980くらいで売ってたのを捕獲して、そのまま「時間が出来たら観るぞ」と意気込んでたクセしてDVD観たのが昨日という(大汗)事で、アイルランドが生んだ孤高のギタリスト、ロリー・ギャラガーの半生を追ったドキュメンタリー「GHOST BLUES THE STORY OF RORY GALLAGHER」を鑑賞。

以前にもロリーのアルバムのレビューで書いた通り、この人に関しては完全なる後追いで、同郷のゲイリー・ムーアやシン・リジィあたりの話には必ずと言っていい程名前が出てくるミュージシャンという事で、数年前の紙ジャケ化の際に数枚購入して彼の魅力に興味を持ったクチとしては、こういうドキュメンタリーが彼を手っ取り早く知る事が出来るので、今回映像で観られて非常に良かった。

実弟で彼のマネージャーだったドネル・ギャラガーが、彼を一番近くで見てきた人物なので、彼の言葉はホントに一つ一つが興味深かった。ロリーは実に妥協を許さない性格みたいだけど、人間的にはかなり地に足が着いた人だったらしい。ただ、彼と弟の間にも少し溝というか距離があったみたいで、弟にも理解出来ない言動が多かったみたいだ。
アルバム「フォトフィニッシュ」のリリース前、アルバム完成させてこれからレコード会社の人達を前にしての試聴会の直前、ロリーはテープを捨ててしまうと暴挙に出たという話。マネージャーであるドネルは「兄貴の足を折ってやりたい」と思ったそうだけど、ロリーとしては内容に全く納得してなかったという事で、誰が困ろうが自分に正直でいたいという思いが一番強かったと。

それと、ミック・テイラーが抜けたローリング・ストーンズの後任に誘われたという話も、当事者であるビル・ワイマンが語ってるのだけど、誰もが思う事だろうけど本当にロリーはストーンズに入らなくて良かったと思う。ゲスト参加ならともかく、メンバーとなると制約が多そうなストーンズに絶対息苦しさを感じるだろうし、またロリーの個性も潰されてたと思う。ただ、ミック・ジャガーの着眼点は良いと思うけど(絶対にキースの案じゃないのは明白かと/笑)。

また、あの塗装の剥げたストラトキャスターは、ロリーの特異体質による汗(アルカリ性が強いらしい)があの塗装を落としたという話だけど、それにまつわる話で元ザ・スミスのジョニー・マー(彼もロリーのファンだったとは知らなかった)が、どーしてもあのギターと同じ様にしたくて、バーナーでギターのボディを焼いたという話は笑えた(笑)。確か、ノエル・ギャラガーもあのギターみたいに塗装を落としたいとインタビューで語ってたと思う。

ロリーを慕うミュージシャンも結構多く、同郷のボブ・ゲルドフやU2のエッジは分かるけど、スラッシュがロリーとセッションした事があるという話は初耳だった。しかもGNRがまだ売れ初めの頃の話だったらしく、ロリーがスラッシュの噂を嗅ぎ付けセッションに誘ったというのも驚きだった。あの当時にスラッシュの音聴いて興味を持ったというのは、やはりギタリストとして感じるトコがあったんだろうなあ。

晩年についての話も語ってたけど、アルコールの問題もそうだけどステロイドやってたのは全く知らなかった。それで晩年は水が身体に溜まって太ってしまったというのも多分本人は原因知ってただろうし、それを周りに話さなかったというのもッ本人が他人から干渉されたくないという意志を感じた。何せ、弟にさえ語らなかったというのだから。

47歳という短い生涯でも、自分の好きな事を追及出来てミュージシャンとしては幸せな人生を送れたのではなかろうか。売れる事が目的ではなく、自分のやりたい事をやらなければ意味がないと言い切る姿勢は、彼のギタープレイ同様に誰にでも出来る事ではないと思う。後追いながらも、こういうミュージシャンを知る事が出来て本当に幸せだ。

「JACKKNIFE BEAT」



「OFF THE HANDLE」

フレッシュ・エヴィデンス(紙ジャケット仕様)フレッシュ・エヴィデンス(紙ジャケット仕様)
(2007/04/25)
ロリー・ギャラガー

商品詳細を見る


先日のバッド・カンパニーの紙ジャケ盤を購入した時に「手に入らなくなる前に購入せねば」と思ったけど、いつまでも在庫はあると思っていたこの人の紙ジャケ盤は何時の間にかアッという間に市場から消えてしまった。
中古屋でもちょくちょく探しているけど、あるのは大体80年代のアルバムばかりで、70年代のモノはまず見掛けない。コレは完全に読みが外れてしまった...
で、以前某音さんのコメントにて「次聴くなら是非このアルバムを」と薦められた、今回のお題「FRESH EVIDENCE」。コレと前作の「DIFENDER」は何故か今も紙ジャケ盤は売っていた。

一般的には代表作の「TATOO」やライブ盤を薦めるのが普通なのに、何故ラストアルバム??と思いながらも数回聴いてみたら、確かにこのアルバムは素晴らしかった。
「STAGE STRUCK」の様なHRっぽい破天荒な演奏はココでは聴けないけど、年季の篭ったロリーの楽曲が地味ながらもバラエティに富んでいて、じわじわと味わい深いモノとなっているのだ。一聴だけでは伝わらない魅力がこのアルバムには感じられる。

お気に入りは「MIDDLE NAME」「GHOST BLUES」「HEAVEN'S GATE」「WALKIN' WOUNDED」「SLUMING ANGEL」。ボートラの2曲も未発表曲にしておくには勿体無い出来。晩年でありながらも楽曲の充実度がハンパない事を立証している。

このアルバムから5年後にロリーはこの世を去ってしまった訳だけど、この時代のミュージシャンにしてはキャリアの割りには作品は11枚と意外と黙作だったなあ~と思った。まあライブアルバムやテイストがあったから少なく感じるのかもだけど。

若手時代には共にギターの弦の貸し借りをした仲というゲイリー・ムーアも今年逝ってしまったし、是非この2人のジャムというモノが観てみたかったのは私だけではあるまい。物凄く贅沢な気分になれたんだろうなあ。

「MIDDLE NAME」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=eTH2Ue2UzpU

「HEAVEN'S GATE」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=_-P2b6L8JKI&feature=related

「SLUMING ANGEL」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=VhhIid9iPhg

ステージ・ストラックステージ・ストラック
(2008/10/22)
ロリー・ギャラガー

商品詳細を見る


ちょいと前にスカパーの”ミュージックエア”でロリー・ギャラガーのライブが放送される...との情報をumeさん&某音さんから教えていただき、その時に初めて彼の音楽に触れたのだけど、こういう音楽の良さが本当に分かるのは一体いつ頃から何だろう?と、ふとそんな事を思ってしまった。
当然、どんな音楽でも聴いた年齢とかも関係なしに”ハマった時にハマる”のが普通なのだろうけど、例えば中学生が「ロリー・ギャラガーって良いよな!」とか何気に話してるとちょっと変な感じがするかも(笑)。

私はこの人の先入観として「ブルージー」「渋い」「古臭い」とのイメージを持っていて、興味はあってもなかなか手を出しにくいミュージシャンの一人だった。ちょっと聴いてみようか...と思っても、周りの友人・知人がアルバムどころか名前すら知らない人が殆どだったし、知名度もそんなに高い訳でもなかったのでレンタル屋にも置いてないし。

しかし、前述のお2人の話で俄然興味が沸いたのに加え、紙ジャケCDが再プレスされるとの情報があったのを切っ掛けに、まずはHMVのネット視聴で夜中の3時まであれこれ聴いてみて(爆)とりあえず、気になったスタジオ盤「DEFENDER」(←某音さんも一番最初に聴いたアルバムと言ってましたね!)と、「ロリーはやはりライブ!」という書き込みの多さに惹かれ、このアルバムをチョイスした。

文句なし!!の一言。曲を知ろうが知るまいがそんな事は関係なく、普通にノレる。しかも、ブルージーはブルージーなんだけど、どちらかというとこのアルバムに関してはHRのフィールドでも十分通用するのではないだろうか?それくらい熱いライブだ。「SHIN KICKER」「MOONCHILD」「FOLLOW ME」「BAD PENNY」なんか一発に気に入った!

映像を観て、楽曲を聴いて、ロリー・ギャラガーは孤高の存在なんだと知らしめられた気分だ。同郷のゲイリー・ムーアが一目置いていて、ミック・ジャガーやボブ・ディランが熱心にバンドに勧誘したり、トミー・ボーリンの後任ギタリストにも考えられていたという話らしいけど、それも十分に頷ける。
しかし、それらを全て断ってまで自分の音楽を貫いた彼には、ホントに憧れすら感じる。
リアルタイムは無理だったけど、これから未だ聴いてしない彼の数多くの作品に触れられる自分はホントに幸せ者かも!