Long Cold WinterLong Cold Winter
(1990/10/25)
Cinderella

商品詳細を見る


季節柄、全くタイトルが合っていないアルバムを急に聴きたくなったので、久しぶりに聴いたらやっぱ心に染みる良いアルバムですな。

ボン・ジョヴィに見出されてデビュー...という美味しい話題と、そのデヴューアルバムから既に”AC/DC+エアロスミス”という、如何にも分かりやすい音像で当時のHM/HRシーンでブレイクを果たした訳だけど、当時は何故かこのバンドは避けてたんよなあ。
単にバンド名のイメージや、よくある一発屋の雰囲気も兼ね備えてたので(笑)「どーせ直ぐに消えてしまうだろう」とタカを括ってたくらいで...。

ところが、この2ndアルバムでとんでもない事をやってくれた...何とブルーズ路線である。
MTVで初めて「GYPSY ROAD」のビデオクリップを観た時はまだ斜に構えてたのだけど、続く「DON'T KNOW WHAT YOU GOT (TILL IT'S GONE)」のビデオクリップには本気で震えた。荒野でレスポール片手に、革のロングコートとカウボーイハット姿のトム・ミーファーが渋すぎ。
「何てカッコイイんだ!!」
そこでようやく、このアルバムを買いに走った訳だけど、アルバム全曲聴き終わった時、それまでのシンデレラの実力を疑ってた自分がホントに情けなかった(笑)。ごめん、トム・キーファー。アンタ最高だよ!!

いきなりドブロで始まるオープニングの「BAD SEAMSTRESS BLUES」から惹き付けられ、間髪入れずに始まる「FALLIN' APART AT THE SEAMS」の爆発力が何度聴いても最高。
タイトル曲では本格的な激シブのブルーズソング演ってるし、「THE LAST MILE」「COMING HOME」のアーシーな雰囲気も大好きだ(この曲もビデオクリップが最高!)。前作の路線を引き継ぐ「SECOND WIND」「IF YOU DON'T LIKE IT」のHRも良い。

間違いなく、シンデレラの最高傑作。最近はライブ盤とベスト盤ばっか出してる始末だけど、いい加減新作が聴きたいんだよなあ。トムの声帯が昔と比べて出ないのは、喉を酷使した為の手術と年齢の為だから仕方ないし、だったら今の声域に合わせた激シブのブルーズアルバム作ってくれれば文句ないんだけど...
スポンサーサイト

Bat Out of Hell II: Back into HellBat Out of Hell II: Back into Hell
(1993/09/14)
Meat Loaf

商品詳細を見る


いきなり私事ですが、先月から一人で大騒ぎしているパラダイス・ロストの新作、HMVで予約していたのだけど、待てど暮らせど全然入荷の予定にメドが立たない。
しかも、サイト上では発売前から煽っておいて、いざ発売されたら肝心のCDが全然入らず、いきなり「入手困難」の文字が...この罪は大きいぞ!###
そんなこんなで来月末には国内盤が発売され、ボーナストラックも3曲収録されるとの事らしいので、そっちに切り替える為にキャンセルした。
ずっと楽しみにしてたのに、また待たされるとは...(涙)悔しいから、シングルだけ某音さんのブログに紹介されてたのをチェック。前作とはまた違った、怒りに満ちたサウンド(と、言って良いのか?)で、ちょっとメタリカを思い出した。ゴシックっぽさも相変わらずだし、コレなら期待出来そうだ。

で、今日のお題。
先日、umeさんのHPでちょこっと触れられていたけど、確かにレンタルしてきたCDを聴くのは「借りてきた安心感」で満足しがちで、なかなかチェックしなかったりするモノだけど、単に時間が足りなかったりするのも理由の一つだと思う。
今日は天気も悪い事だし、部屋の掃除をしながらなかなかチェック出来なかったモノを流して聴いていたのだけど、このアルバムもumeさん大推薦だけあって所々で耳を奪われる楽曲が多かった。それだけ優れているアルバムだという証拠だろう。

名前は聴いた事あって、しかも本国では売り上げ枚数がハンパじゃないのに、何故か日本では知名度が低いミュージシャンだけど、単にレコード会社が売り方を知らないだけじゃないのだろうか?
ジャンル的にはやはりHR系の部類なのだろうけど、それにしては音やメロディが綺麗過ぎる。だけどギターは結構ハードだし、ジャケも如何にもなので(しかし、何でこのジャケなんだろうか?/笑)HRのフィールドで売り易いのかな?
でも、このクオリティは一般の音楽リスナーにも十分受け入れられる要素は多いので、何かのドラマの挿入歌でも十分通用すると思う(でも、唯一のネックは曲の長さだろうな/笑)。音楽的にも類似点が多いクイーンが受け入れられるのだから、何処かで使ってくれないかな?

私的には2曲目から5曲目までの流れが秀逸。何度も聴いて、やっとレビュー出来るレベルに来たので、今度はこのシリーズの1か3も聴いてみたいな。

余談だけど、何処も似てる訳でもないのに、何故か俳優のジャック・ブラックとダブって見えてしまうのは何故だろうか?(単に体系??/笑)

プリンス サイン・オブ・ザ・タイムス [DVD]プリンス サイン・オブ・ザ・タイムス [DVD]
(2006/02/25)
プリンス

商品詳細を見る


先日、ミュージックエア・ネットワークを久しぶりにチェックしてたら、まだプリンス特集が放送していた(笑)。
ビデオクリップ集を買うまでの勇気はないので(笑)これ幸い...と思い、直ぐに録画してDVD-Rに焼いたのだけど、また普通に見入ってしまった。ホント、80年代の彼は凄い勢いだったな...と改めて思う。

あの特集でも、このDVDから「I COULD NEVER TAKE THE PLACE OF YOUR MAN」が入っていたけど、あのビデオクリップを観ても分かる通り、プリンスのライブにおいての実力の凄さを堪能出来る。
私は、このビデオクリップを「ベストヒットUSA」で初めて観たのだけど、それまでのプリンスの変な気持ち悪いイメージから一転「何て凄い人なんだ!」と、尊敬の眼差しで見る様になった。

その時には、既に2枚組アルバムとして発売されていた「SIGN OF THE TIMES」の映画が全米で公開されている...と情報があったので、輸入版でも何でもイイから絶対観たいぞ!とずっと思っていたのだけど、ビデオ自体売ってないし、出てないのか?とすら思いながら、暫しの時が流れた。

DVDが普及し始めてから、怪しいブラジル版DVDがやっとリリースされたのだけど、同時に出ていたアイアン・メイデンのブラジル版DVDが物凄い不評だったので、「正規版はリリースしないのか?」と、今度はちゃんとしたモノを望む様になった(笑)。
そしたら日本でも、マイナーな会社から一応正規版が発売されたので、遂に購入して私の十数年のもやもやがやっと解消されたのだった(しかし、1曲だけ画質が落ちてたり(U GOT THE LOOK)、曲目チャプターがないというのは一体どーいう事だ?)。

内容は、プリンスの絶頂期である時期なので、ホントに素晴らしいの一言。ステージ上でちょっとした寸劇を行いながらのショーだけど、それがアクセントになっていて決してライブの邪魔になってないのも良い。
またプリンスのギターワークもこのビデオで初めて観たのだけど、かなり上手くてさすが天才と呼ばれるだけの事はあるな、と。
残念ながら、アルバム全曲演奏という訳ではないのだけど(「THE BALLAD OF DOROTHY PARKER」や「STARFISH AND COFFEE」が無いのがイタイ!)多分、ライブの構成上で省かれたモノなのだ...と勝手に納得してみる(笑)。

私にとってのプリンスは、次作アルバム「LOVESEXY」で一つの完結を見たと思ってるので、この時期のライブ映像というのはホントに有難い代物だ。未だにプリンスに対して偏見を持ってる人にこそ、是非観て欲しいDVDである(勿論、アルバムも傑作に相応しい内容!)。

SO(紙ジャケット仕様)SO(紙ジャケット仕様)
(2007/11/28)
ピーター・ガブリエル

商品詳細を見る


最近、音楽をゆっくりと集中して聴く時間がめっきり少なくなってしまった気がするので、昔よくやっていた朝の仕事行く前までの時間、昔のビデオクリップをTVで勝手に流しっぱなしにしている。
何処が「ゆっくりと集中して」なのか筋違いもいいトコなのだけど(笑)何気に音楽を聴いてるので、気分的に何か違う気が。
しかも、昔のビデオクリップをDVD-Rに編集して落としたモノなので、気に入らない曲は一つも入っていない。コレもまたスムーズで気分が良いし。

その中に、このアルバムから「SLEDGEHAMMER」と「BIG TIME」のクリップを入れておいて、久々に観入ってしまった。
当時のビデオクリップの中で、これほどまでに時間と労力と凝った作りを施したビデオは他には無かったハズ。当時のMTVで何らかの賞を獲っていた様な気がしたし。

それまで私はピーター・ガブリエルという人の認識はジェネシスというバンドに在籍していた事と、アルバムジャケットが変な写真ばかり使ってるなぁ...的な事しか知らなかった。

それが「SLEDGEHAMMER」のヒットのお陰で知名度が一気に上がり、しかもこのアルバムでポリスのスチュアート・コープランドがゲストで叩いてるという事で、興味本位でアルバムを買ってみた。

感想は紛れも無い大傑作!大衆的なポップ路線は先の2曲や「THAT VOICE AGAIN」に集約されていて、しかもこれらの曲がこのアルバムの「動」を意味するなら、ケイト・ブッシュとデュエットしている「DON'T GIVE UP」や「MERCY STREET」あたりが「静」を感じさせてメリハリもはっきり分けられている。
人間の欲望をタイトルに表現した、オープニングの「RED RAIN」から、意味深なエンディングの「WE DO WHAT WE'RE TOLD」(確かこの曲は「マイアミバイス」でも劇中で使われた。イメージがぴったりで、凄く不気味だったのを覚えている)まで全く飽きさせない。ジャケットもシンプルで良いし、当時の音質ではダントツに良い。何から何まで完璧。
恐れ入りました!

先日、私の「眠る前に聴くナイトミュージック」ベスト10の中に「DON'T GIVE UP」をチョイスしたけど、このビデオクリップがYOU TUBEに落ちてたので、ここにUP(...しかし、泣きたくなるくらい良い曲ですね)

http://www.youtube.com/watch?v=yA8x1P8yhu4

ライヴ・イン・トーキョー [DVD]ライヴ・イン・トーキョー [DVD]
(2006/03/24)
イット・バイツ

商品詳細を見る


umeさんのHPのBBSにてイット・バイツのコメントが出ていたのを見て、思わず「シンクロニシティ?」と思ってしまった(笑)。
実は私も何気にネット上を彷徨っていたら、MY SPACEで新生イット・バイツのライブ盤の視聴があったので早速チェックしていたからである。

http://www.myspace.com/itbites

以前から、YOU TUBEでアップされたライブの模様は観ていたので何となく想像はしていたけど、私的な感想は「再結成の意味は?」という疑問しか残らなかった。
そりゃ、私が今まで聴いてきた音楽の中の5本の指に入るバンドなので、ファンとしては素直に再結成は嬉しいのだけど、やはりフランクがいないイット・バイツは正直辛い。
あの新加入の西郷さんも(笑)ギターのテクニックとかかなり良い感じだし、新曲「PLAYGROUND」も素直に良い曲だと思うけど、思い入れが大きい分、ハードルも高くなってしまうモノである。
なので、普通にバンド名を変えて活動してくれれば...と思うけど、既にライブ盤出ちゃったから改名は難しいだろうなあ(でも、普通にニューアルバムは買って、違うバンドと認識の上で評価したいかな...とは思ってるけど)。

で、そんな事を思いながら4年前に自主制作で発売された、最初で最後の来日公演を収めたDVD「LIVE IN TOKYO」を観てるのだけど、ホントに何でこの時にライブ行かなかったのか、ホントに一生分の後悔を感じる。

実はこのDVDが発売された時、イット・バイツ研究会なるHPにて購入したのだけど、ここの管理人さんとメールで少しやり取りしてイット・バイツに関する思いを語ったのだけど、やはりファン気質がモロに出て「グッズを売るだけの商業目的ではなく、単にファンの為を思いHPを立ち上げたり、メンバーと直にコンタクト取って(!)彼等の近況を伝えたかった」的な事を語っていたのを読んで、素直に嬉しかったなあ。ホントに管理人さんのお陰でこのDVDが発売された、と言っても過言ではないと思う(DVDインナーに写ってる日本人女性が多分、管理人さんでしょう)。

内容に関してはもう言うことなんてないです!(笑)このテのロックが好きな人には必見・必聴のアイテムである事は間違いない。
この時のライブは、実は西新宿でブートビデオ買って持っていたのですが(多分、TVKあたりの特番放送のモノ?)それよりも曲数も多くて、しかも画質も綺麗ときちゃあ、生きてて良かったと(笑)。

FAMME FATALEFAMME FATALE
(1988/11/28)
ファム・ファタル

商品詳細を見る


果たして、このバンドを知ってる、または覚えてる人がいるだろうか...って事だけど、どーでしょう?(笑)

このアルバムが出た当時、TBSの早朝に放送していたMTVヘッドバンガーズ・ボールを毎日ビデオに録画してチェックしていたのだけど(今となっては夢みたいな話...)そこで気に入ったバンドのアルバムを購入していたのだけど、いきなりゲスト出演したこのバンドの楽曲が私のツボ直撃で、直ぐに輸入盤を買いに行った記憶がある。
ただ残念なのが、余りにも早くチェックした為にCDは入荷しておらず、レコードで買ってしまった事。後に遅れて国内盤CDも発売されたけど、当時は「レコード持ってるから良いや」で買わなかったのが間違いの元。レコードは未だに持っているけど、プレーヤーが無いから聴けないのだった...しかも、CDは廃盤だろうし。

しかーし先日、YOU TUBEで検索掛けたらありましたよ、ビデオクリップ!しかも2曲!!

http://www.youtube.com/watch?v=C63HkuBn3n4

http://www.youtube.com/watch?v=9zpaBpiVV0c&NR=1

そうそう、これこれ!!懐かしくて2回も観ちゃいましたよ(笑)。アクセプトやウォレントを彷彿とさせるフォーメーションが今の時代ちょっとイタいけど(爆)。

ティナ・ターナー似の、やたらとエロさを強調しているおねーさんがVoだけど(ロレイン・ルイス)ただエロいだけじゃなく、ハスキーで力強いVoがやたらとカッコイイ!この人の場合、変にポーズ付けるよりも歌ってるトコが一番カッコ良かったりするんだけどな。
またバックの演奏陣も、当時のLAメタルの雰囲気を感じさせて懐かしいんだけど、既にこの時期はLAメタルも終焉の時を迎えていたので、シーンに出てくるのがあと数年遅かった気が...

確かこのアルバム1枚でシーンから消えてしまった、よくありがちなパターンだけど、こういうB級臭さの残るバンドの中にもたまにギラリと光る何かがあったりするモノだから、マイナーなバンドのチェックもなかなか止められないんだよなあ。

ザ・ファイナル・デイザ・ファイナル・デイ
(2007/06/06)
アウトレイジ

商品詳細を見る


何だか突然、久しぶりに聴きたくなったので眠ってたCDを引っ張り出してみました。このブログ、3度目の日本人です。

初めて彼等を知ったのは勿論BURRN!からの情報で、当時大々的に取り上げられて絶賛されていたので「そこまでいうなら...」と買って聴いてみたトコ、それまで日本のHM/HR系はラウドネスやVOW WOWあたりしか聴いた事がなかった私にはかなり衝撃的なアルバムだった。
明らかに海外を意識した音作りで、ドイツで録音された影響なのか、全体的に欧州的な雰囲気が漂ってる気がするし(気のせい?)スラッシュメタルだからVoがハイトーンを駆使するタイプではなく吐き捨てタイプなので、それまでの日本のメタルバンドとは一線を画すのも新鮮で良かった。
あとギタリストの腕前も確かで、緩急付けたソロなんかもなかなか面白くてカッコイイし、リズム隊の2人も実にタイトなプレイでバンドとしても魅力的で、素直に次作や旧作を辿って聴いてみたいと思わせる力量を彼等は持っていたな。

もう1曲目の「MY FINAL DAY」から掴みは確実で、最後まで飽きさせないで聴かせてしまう力技は見事の一言。私的には「MY FINAL DAY」は勿論、「MADNESS」「WINGS」「FANGS」などの激烈スラッシュ系や「VEILED SKY」の”静と動”をはっきり分けた構成が大好きだ。

次作「SPIT」の時に、地元のライブハウスに彼等がやってくる...との情報を知り、早速ライブを観に行ったのだけど、こんな狭いライブハウスで彼等を見れたのはホントに幸運だった。
そのライブハウスは3Fにあって「床が抜けない様に注意しろよ」とMCで言ってたのには本気で心配したモノだ(笑)。客数は少なくとも、それほどまでに激しいライブだったのを覚えている。

彼等の最高傑作といえば後に出る「LIFE UNTIL DEAF」の方だけど、衝撃度で言えば間違いなくこのアルバムだったと思う。昨日リマスターで再発されたばかりなので、新たに買い直そうかなあ...

ドミノ・エフェクトドミノ・エフェクト
(2007/06/06)
ゴットハード

商品詳細を見る


最近はレトロな作品ばかりレビューしてたので、ホントに久々の新譜感想ですね(苦笑)。
某音さんとumeさん、お2人から既に前評判の高かった、バンド名を訳するとかなりエロい(笑)ゴットハードの新作「DOMINO EFFECT」。CD屋4件目にして、やっと手に入れました。

前評判も高い、しかも地元スイスでは国民的英雄(な彼等のバンド名って、やはり皆で連呼するのだろうか?/爆)なのに、何で我が国ではこんなに知名度が低いのか?レコード会社のプッシュが足りない??それにしても、CD屋に新譜がロクに置いていないというのはちょっと問題ではなかろうか?

ともかく、アルバム2周聴いての感想。やはり前評判の完成度の高さは本当だった、と。
BURRN!のレビュー通り「最高傑作」というワケではないけど、以前レビューした「HUMAN ZOO」よりもエッジさとへヴィさが増した感覚が、如何にも「HRを聴いてる」と感じるアルバムだと思う。

楽曲に関しては、曲順番に一捻り欲しかったな。正直「MASTER OF ILLUSION」も良いんだけど、私的にはもっとガツンと来る楽曲が掴みとして欲しかったかな?疾走感のある激しい「NOW」とかボーナス曲である「SUPERMAN」(何故にボーナス扱いなんだ?この曲が??)、タイトル曲でもある「DOMINO EFFECT」あたりで始まると印象がかなり変わると思うんだけどなあ...
演奏に関しては、もう言うことはないくらい安定していて、Voもいつも通りの素晴らしい歌唱を披露してくれてるので、全く文句はないし。

お気に入りは、殆ど魅力的なんだけど強いていえば「THE CALL」。この泣きの哀愁路線は良いですねー。またタイプの違うバラードの「TOMMOROW'S JUST BEGUN」も素晴らしい。この2曲だけでご飯三杯行けますぜ!

しかし、全体を聴いて改めて感じたのはホントに良い曲を書いてるという事。ここ日本では、もう長年活動しているのにも関わらず殆ど報われていないので、コレでブレイク果たしてもっと盛り上がってもらいたいなあ。

Beast from the EastBeast from the East
(1995/04/12)
Dokken

商品詳細を見る


近、新譜・旧譜の怒涛のCDリリースラッシュに伴い、音楽DVDの方を買う機会がない。欲しいモノは幾らでもあるのだけど、まずは音源から...という気分でなかなか手を出せないのだ。
そんな感じなので、音楽DVDの方は殆どチェックしていなかったのだけど、先日何気に覗いてみたら、久しぶりに懐かしいモノを発見。ドッケンのDVDである。
確か、ビデオで発売された時は買って何度も繰り返し観たなあ...と感慨に耽っていたら、今回のDVD化に伴い何曲か新たにビデオクリップが収録されていて、しかも当時よりも安い。こーいうのってホントにヤバイんだよなあ(笑)。

でも正直な話、クリップ集も良いんだけど、この時期のライブ映像が観たい!このライブ盤を聴いてその思いは更にもっと深くなったモノだ。
確か、一度目の解散する前にヴァン・ヘイレンがトリを勤めたモンスターズ・オブ・ロックにも出演してたハズだけど、この時のライブはドン・ドッケンとジョージ・リンチの確執がかなり表面化した時で、ドンがMCの最中にいきなりジョージがイントロ弾き出したり、ジョージはドンの方へ一度も視線を合わせなかったりと、かなり殺伐としたライブだったらしい。

それが影響してか、このライブ盤には何か殺気みたいなモノを感じてしまう。私が好きなハノイ・ロックスのマーキーライブなんかは、楽しい華やかな雰囲気と同時にロックの狂気的なモノが相乗効果を生んでいる風に感じるけど、それとは対極に位置してるのかな?勢いとかスリリングな感覚を物凄く感じて、各メンバーが「あいつだけには負けない」的な競争心みたいなモノすら感じる。

そんな中、やはり光るのはジョージ・リンチのギターでしょう。「KISS OF DEATH」や「TOOTH AND NAIL」のソロはスタジオ盤よりも数倍激しいし、「MR.SCARY」では「オレこそが主役」的なノリでガンガン弾いて、ドンの存在を完全に消し去っている。余りの激しさに暗黒面にでも落ちたかの様だ(爆)。

それとは対照的に、ドン・ドッケンのヴォーカルはかなり荒いテイクばかりで、辛そうにシャウトしている所がかなりある。元々歌は上手いのだから、もっと良いテイクはあるだろうに...コレもジョージの邪悪なフォースの影響なのだろうか?(笑)でもまあ、ライブ盤だからこういうノリでも私的には許せるけど、ドンのファンは絶対に解せないんだろうな。

アルバムの最後に色んな意味で意味深な美しいバラード「WALK AWAY」が収録されているのだけど、そのタイトル通り、バンドは解散してシーンから去って行ってしまった。
トータル的には色々と問題あるけど、ジャケットもタイトルも内容も、全て当時のバンドの状態を封じ込めたリアルなライブ盤だと思う。
ただ、本当のライブでは1曲目が衝撃度が最も高い「KISS OF DEATH」だったのに、何で地味なミドルテンポの「UNCHAIN THE NIGHT」に変えたのか未だに解せない。そのままだったら物凄くカッコ良かったのに...

NEW JERSEYNEW JERSEY
(2004/10/21)
ボン・ジョヴィ

商品詳細を見る


ボン・ジョヴィの今月発売の新譜「LOST HIGHWAY」からのシングル「MAKE A MEMORY」のクリップを今さっき初めて観たのだけど、随分と落ち着いてしまったなあ...と。
静かに始まって段々盛り上がっていく構成は、何処となくU2の「WITH OR WITHOUT YOU」に似ている気がするけど、普通に考えれば「ボン・ジョヴィがU2化???」と、とんでもない話だと...まあ、アルバム全体を聴かなければ何ともいえないけど、私的にはデフ・レパードの「X」みたいな事にならない事を祈るのみなのだが...(「X」も普通に良いアルバムだと思うけど、全くロックしてないのが何よりショックだったな)

さて、そんなボン・ジョヴィの私が一番好きなアルバムといったら、間違いなくこのアルバムでしょう!余りにもベタな選択だけど、コレには多くの人が納得してくれると思う。それに何といってもリアルタイムでこのアルバムに出会えた事が嬉しかったな。私の青春時代(笑)を彩るアルバムといっても過言ではない。

前作があれだけ売れた後だったのでどう勝負してくるのか?が当時のポイントだったけど、基本的には前作を踏襲した音楽性で、プラス大地に根ざしたアーシーな音がホントにカッコイイ。発売日当日にCD屋で購入して、暫くヘビーローテーションだったもんなあ。

今、久しぶりに聴き直しているのだけど、シングルでヒットした曲はもう聴き過ぎて懐かしさすら覚えるのだけど、シングルになってない楽曲の方が新たな魅力を感じる。「WILD IS THE WIND」や「STICK TO YOUR GUNS」なんか、普通にシングルカットしても良かったんじゃないかな?あと「LIVING IN SIN」みたいな楽曲も、それまでのボン・ジョヴィにはなかった新たなスタイルで結構好きだったな。

路線を変えずに新たなスタイルを取り入れながらも、キャッチーで捨て曲が見当たらない...それほどまでに完成度の高いアルバムだと思う。

PS:しかし、このアルバムから20年近くも経ってしまったのか...何とも時の流れは速いモノで...