ペインキラー(紙ジャケット仕様)ペインキラー(紙ジャケット仕様)
(2005/07/06)
ジューダス・プリースト

商品詳細を見る


前回のメイデンの”何故、今まで書いていなかった”(書き漏れていた)レビューに続き、このバンドもまだ一度も登場していなかったのは「HM/HRがホントに好きなのか?」と、問われても仕方ない行為だろうなあ...(滝汗)

HM/HRを知らない人達から「メタルとは?」の問いには、間違いなくこのアルバムこそが答えだと薦める。それほどまでに首尾一貫HMに徹した音像。
発売当時はスラッシュ勢が猛威を奮っていた時期で、メタルゴッドがどんな新譜を作ってくるのか物凄く興味があって、実際初めて音を聴いた時には過去のアルバム以上のHMを提示してくれた時は感動的だったのを覚えている。
「TURBO」での大胆な音の変貌や「RAM IT DOWN」の(今思えば)存在感の希薄さ、更にPMRCの槍玉に挙げられた事柄など、それまでの鬱憤を全てこのアルバムで帳消しにしてくれたとすら思った。

まずスコット・トラヴィスのドラムの凄まじさに衝撃。テクニックも申し分なし、しかもへヴィでパワーもある。如何にもHMのドラマーという存在感がカッコ良く、ホントに良いドラマー入れたなあ...と納得。
他の4人もそれまで以上に力の入った熱演で、特にロブの歌唱は壮絶という言葉が当て嵌まるくらい凄まじいモノで、当時の年齢を考えるとホントに凄い事だな...と。
楽曲もとても重厚な作りで、「A TOUCH OF EVIL」のみがミドルテンポで進むくらいで、後は全て攻撃的なメタル。
特に「PAINKILLER」についてはもう説明不要でしょう。それまでの彼らには迷作の多かったビデオクリップも(笑)ここではそんな影すら見えない物凄くクールなクリップで、長い楽曲も気にさせないのは見事!
「METAL MELTDOWN」「NIGHT CRAWLER」「LATHER REBEL」「BETWEEN THE HAMMER & THE ANVIL」などは、今聴いても全く飽きさせないメタルで彼等の最高傑作だと思う。

賞賛の言葉しか書いてないけど、ホントに隙の無いアルバム。「SCREAMING FOR VENGEANCE」や「DEFENDERS OF THE FAITH」の路線を更に推し進めるとこの感覚になるのだろう。メタルの洗礼を受けた者は必ず避けては通れないアルバムである事は間違いないだろう。
しかし、こんな壮絶なアルバムを出した後にロブが脱退...って、当時はホントに納得いかなかったのを覚えている。あの時、脱退してなかったらこの路線を何枚か聴けたかと思うと残念で仕方がない。
スポンサーサイト

第七の予言第七の予言
(1998/10/28)
アイアン・メイデン

商品詳細を見る


このブログも既に1年経過し、改めて最初から見直して、まだまだ書いていないバンドやミュージシャンが多いのを再認識したのだけど、HM/HR好きの人間としてこのバンドをまだ書いていなかったのは意外にも意外だった...(苦笑)

今日は、umeさんのHPで紹介されたGPSのCDを探しに行ったのだけど何処にも置いてなくて、他にも2~3枚色々と候補があったのだけどこれまた全く置いて無くて(苦笑)じゃあ最近HM/HR系を買ってなかったので何か無いかな?と探してたらコレが目に入った。しかもメイデンのリマスター盤は一度も聴いた事なかったので、迷わず購入。

メイデンのアルバムの中で一番最初に聴いて、しかも未だに一番好きなアルバムがこのアルバム。発売当時はかなり賛否両論があった問題作だったけど、時代が変わると名盤扱いになった不思議なアルバムで、私はメイデン初体験がこのアルバムだったので、コレを基準にしてる部分がある為か最初から素晴らしいアルバムとして認識していたりする。

デビュー当時からのファンはこのキーボード導入をかなり問題視したらしいけど、ヴァン・ヘイレンなんかも4年前からキーボード入れてたし、ジューダス・プリーストも「TURBO」で大胆に使って度肝を抜いたくらいで、LAメタルが流行してた頃もあって時代の必然性だったのだろうか?普通に音の幅が広がったと思うし、ましてこのアルバムで聴かれるプログレっぽい展開の楽曲には見事ハマってると思うんだけどなあ。明らかに新機軸を打ち出した作品である事は間違いないけど。

「CAN I PLAY WITH MADNESS」のキャッチーさは、対アメリカ市場を狙ったモノだろうけど、どーしても英国っぽさが出ているのはバンドの体質なんだろうか(そこがまた嬉しかったりするけど/笑)。今でもライブでプレイされている「THE EVIL THAT MEN DO」や、明らかにプログレを意識した曲展開で約10分近い大作「SEVENTH SON OF A SEVENTH SON」、如何にもメイデンらしい疾走曲「THE CLAIRVOYANT」、ドラマティックな「MOONCHILD」なんかがお気に入りだけど、正直捨て曲が無いアルバムだと思う。プログレっぽい展開が多いにも関わらず、何故か聴き易いという変なアルバムでもあるし(笑)。
ジャケットのエディは遂に上半身のみとなり、何だか不気味な風貌に...心臓に人の跡が付いているのがよく分からないけど、コレが「SEVENTH SON」って事なのか?

しかし、リマスター盤は今回初めて聴いたけど、音の抜けがかなり良くなっているのには驚いた。ちょっとアルバム揃えたくなってきたな...

Into the FireInto the Fire
(1990/10/25)
Bryan Adams

商品詳細を見る


天気の良さにつられて、車内で久々にブライアン・アダムスのこのアルバムを聴いた。
先日の某音さんのブログで、このアルバムから「HEAT OF THE NIGHT」がチョイスされていて、思わず「おおっ!」と唸ってしまったくらいで、随分久しぶりに聴いて「やはり良いなあ」と感慨に耽って、アルバムを久々に聴きたかったのだ。

アルバム発表当時は、そりゃ前作を散々聴き通したくらいだから、発売前日にはレコード屋に行って速攻でアナログ盤を買ったくらいだった。
しかし、当時の評価はちょっと肩透かしを食らったモノで、前作にあった一気に聴かせるほどの楽曲の良さを余り感じられなかったのだ。
今になって思うと、それは「同じタイプのアルバムを作ってもしょうがない」的な考え方なのだろうけど、洋楽にハマリ始めた高校生にはそんな事理解出来る訳もなく、ちょっと戸惑いも感じたモノだ。
「HEAT OF THE NIGHT」の渋い路線は、それまでの爽やかな青春ロック路線から硬派なモノへの変化を示すモノだったし、2ndシングルだった「VICTIM OF LOVE」もこれまたアーバンな雰囲気を持つ渋いバラードで、「REBEL」の男臭さ漂う雰囲気には、同姓ながらも惚れちゃいそうな勢いだ(笑)。
前作に入ってもおかしくない「ONLY THE STRONG SURVIVE」や、ちょっと古いタイプの「ANOTHER DAY」あたりは余裕すら感じさせるし、ラストの「HOME AGAIN」の切なさはさすがの作りで感動的だ。

コリー・ハートの欄にも書いたけど、当時ブライアン・アダムス、コリー・ハート、ポール・ヤングの若手が同時期に出したアルバムタイトルが全て「FIRE」と入ってて、偶然にしては凄いな...と思ったモノだけど、結局この3枚のうち一番よく聴いたのがこのアルバムだった。
しかしこのアルバムを作った当時、ブライアンはまだ20代後半だったハズだけど、そんな歳でこんな渋いアルバム作ってたとは...今思うと凄い話だ。日本人じゃこんなアルバム、到底作れないだろうなあ。

スネークス&アローズスネークス&アローズ
(2007/05/02)
ラッシュ

商品詳細を見る


これもリリース当初から「レビューする」と言いつつ、今まで書いてなかったですね(反省)。
発売前から「今年の期待アルバム」の一つでもあった、ラッシュの「SNAKES & ARROWS」。

まず、リリースが決まった時はHMVのサイトで情報を知ったのだけど、その時に見たジャケットにまず驚かされた。何だか、今までの路線とは外れちゃったのでは?と。
でもまあ、ラッシュのジャケットはいつも何だか訳の分からないモノが多いから、今回もまたその定説通りのモノなんだろう...と思っていたけど、今回のはちゃんと意味のあるモノらしいですね(個人的には、インナーのジャケの方が好きだけど/笑)。

で、楽曲の方は、リリースされてから今までの間に聴いてみた結果、感想は同じで「結構地味な作品」だと思う。
最初に一通り聴いてみた時は、先行シングルの「FAR CRY」が前作を踏襲した作りだったので、そのイメージに捉われて聴いたせいか「前作路線だな」と思ったモノだけど、何度も聴く度に前作のイメージが消えていき、残ったモノは「ちょっと違うかな?」と。
デビュー以来、ずっと頑なに続けてきた「4作品同じ音楽性を追求して、ライブ盤を節目にまた新たな方向性を追求する」スタイルは、ここ数年の活動とライブ盤乱発のお陰でもはや存在しない感じだけど、今のラッシュの音楽性はこれだ...と突きつけているモノがこのアルバムなのだから、枠に捉われずに聴くのが普通なんだろうな。

へヴィな音像にミドルテンポのメロディアスな楽曲...というのが、最近のラッシュの音楽性と私は思っているのだけど、正直今回のアルバムは中だるみが多い気がする。つまり、一度聴いただけでは理解出来ないモノが多いのだ。そう考えると「HOLD YOUR FIRE」や「POWER WINDOWS」あたりとは対極に位置するモノだと思う。
とはいえ「GOOD NEWS FIRST」からのラスト3曲では「COUNTERPARTS」あたりに入っていてもおかしくない、へヴィだけどアップテンポのメロディアスな楽曲あたりは普通にカッコイイ。

しかし、この3人の演ってる事は相変わらず凄いなあ...と(笑)。もう良い歳こいた人達なのに、何だろうか、この進化を止めない音楽性は?決して懐メロなんかには甘んじないプライドが滲み出ている作品だと思う。

シンクロニシティーシンクロニシティー
(2008/08/02)
ポリス

商品詳細を見る


遂に再結成ポリスの来日が決定しました。
しかし、プレミア席\30000って...格闘技のリングサイドみたいな金額設定にはちょっとどころかかなり閉口。ましてや私を洋楽の世界に誘ったバンドなので、思いも複雑。スティングはともかく、スチュワート・コープランドやアンディ・サマーズは再結成する間の約20年間で有り金全部使っちゃったからこの金額設定とか?(笑)
それに、わざわざ音の汚い東京ドームなんかで演らないで、普通に武道館で良いじゃん?と。
せっかく首長くして待ちわびたのに、詳細見たら全然意気消失も良いトコで、追加で何処か違う会場で演ってくれたら少しでもこの気分が晴れるのにな。

そんなポリスの、通算5作目にして最高傑作との呼び声も高い「SYNCHORONICITY」。
まず、私はこのアルバムのジャケットがホントに好きだった。色に分けて3人が三様、変な写真ばっか写っているだけなのだけど、それがポリスの個性を表現しているみたいで面白かった。当時のスティングのインタビューで「三つ首のハイドラじゃないんだから、いつも3人一緒って訳じゃないんだ」という言葉を、このジャケットを見るといつも思い出してしまう。

当時はホントによく聴いた。今みたいに毎月アルバム何枚も買えないから、買ったアルバムを何度も何度も聴いて有難みを感じたモノだけど、このアルバムが正にそれだった。
またMTVの人気が高まっていた時で”ベストヒットUSA”や”MTV”で「見つめていたい」のビデオクリップを何度も観ては、モノクロの映像で淡々演奏するメンバーだけなのに何でこんなに惹き付けるのだろう?と不思議に思ったモノだった。

私は後半4曲の流れが今でも大好きで、特に「WRAPPED AROUND YOUR FINGER」の歌詞と楽曲が(今思うと)当時のメンバーの関係を比喩してるみたいでなかなか興味深い。3人共、バンドの支配欲が高まって衝突ばかり起こしてた時期だったので、こういう歌詞をメインライターのスティングが書いたのは、本気で「このバンドは俺のモノ」と思ってたんじゃないかな?

何はともあれ、当時はこのアルバムを最後に解散するとは全く思ってなかったけど、今思うとそういう危険はずっと付き纏ってたんだなあ、と。そして、そういう時期にこんな凄いアルバムや物凄いライブを成してしまう3人も凄かったんだな。

トワイライト・オブ・ジ・イノセンツ(初回生産限定盤)トワイライト・オブ・ジ・イノセンツ(初回生産限定盤)
(2007/06/27)
ASH

商品詳細を見る


ICE三連発も終わり、やっと本筋へ戻ってきました(先週はホントにICEばっか聴いていたモノで.../笑)。

さて、このアルバムもレビューを書こうと思いつつ未だに書いてなかったですねー。前作「MELTDOWN」から約3年振りの新作となった「TWILIGHT OF THE INNOCENTS」。
前作に本気でハマったクチとしては、ホントに待ちわびた作品だったのだけど、結論から言うと期待に半分応えてくれて、半分裏切ってくれた感じ。

買った当初に何度も聴き直してものの、どーも前作からの流れがイマイチ感じられず、単に「前作とは違う作風なんだろう」と開き直れば良いのだろうけど、それを納得出来なかったりするのだ。
それは、新作を聴く以前から情報として知っていたシャーロット・ハザレイ嬢の脱退が大いに関係している。
在籍期間は約10年と長いワリには参加アルバムが少なかった為か「貢献度が少ない?」と思いきや、女性ならではのあのコーラスと2本のギターのアンサンブルもなかなかで、彼女の脱退はホントに惜しいと今でも思う。このアルバムのボーナスCDでのライブを聴くとそれが顕著で、「ああ、ここであのコーラスが...」とか、ギター1本だと薄っぺらい音でちとキビしいな...とか思う事しかり。
ま、シャーロットも2枚のソロ出して健在振りをアピールさいてるから当事者達にとってはコレで良いのかも知れないけど...それでも納得がいかない!

しかし楽曲に関してはいつものアッシュで、全体的にへヴィーな音像は後退し後半がちょっと地味な展開かな?と思うけど、全然及第点だと思う。やはり「MELTDOWN」が異質過ぎたのだろうか?「FREE ALL ANGELS」の次に来るアルバムが実はコレだったりするのかな?とすら感じた。

今回のアルバムを最後にCDの販売は止めて、ダウンロード形式の楽曲提供を行うらしいけど、正直コレは止めてもらいたい。ジャケットも一つの表現だと思っているし、何よりダウンロードはちょっと味気ないと感じてるもので。
i-tuneストアで何曲か買ったけど、それはアルバムまでは要らないモノだったり、なかなかCDで売ってなかったりするモノなので必然的に利用するだけであって、イマイチ積極的に買おうという気にはならないんだけどなあ...ただ、アッシュの次作に素直に興味持てるか?の方が問題なんだけど(苦笑)。

「MIDNIGHT SKYWAY」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)「MIDNIGHT SKYWAY」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)
(2007/12/19)
ICE

商品詳細を見る


...という訳で、ICE三連発です(苦笑)。
買った3作のうち2作を既に書いてしまったとしては、残る1枚も書くべきかと。
前回書いた、HMVからの輸入盤2枚は昨夜やっと届いて安心して聴けたので(笑)これもまた後日にレビューなんぞを...コレで安心してレビューが書ける!

さて、前作から2年振りのアルバムで、最初に聴いた時は随分とあっさりしてるなあ...という印象だった。前作が濃縮100%ジュースだったら、このアルバムはクリスタルカイザー並み(笑)。
元々ICEの音楽は夜をイメージさせるモノが多いのだけど、このアルバムでは特にタイトル通り”真夜中”をイメージした雰囲気が漂う楽曲が多くて、私的にはサウンドのすっきり感からか晩秋~初冬の夜を感じた。
まずオープニングの「MIDNIGHT SKYWAY」からいきなり引き込まれる。インストから入るのは別に問題ないけど、こんなにカッコイイ曲を持ってくるあたりは流石というか...何故かユーミンの「シンデレラ・エクスプレス」のサビを想起した(ホントに理由は分からないんだけど/苦笑)。そのまま何処か遠くへ行ってしまいそうな雰囲気からだろうか?

シングルカットされた「CAN'T STOP THE MUSIC」、フリーソウル的な「BLUE VIBRATION」、明るい曲調の中に切なさが光る「WHISPER」、当時東芝のTVのCMソングにも起用されて(ボーカルの国岡さんもCM出演してた)「LIVIN' IN THE CITY」、ICEお得意の都会的なファンキーソング「FUNKY MUSIC SHO NUFFON」、ラテンっぽいノリでボーカルが色っぽい「COME TONIGHT」、ラストにしっとりと締める「SONGBIRD」などがお気に入り。

前作を最高傑作と書いたけど、このアルバムも前作とは楽曲の雰囲気が異なるけど完成度はかなり高い。さすが時間掛けて作っただけの事はあると思う。
残念ながら、次のアルバム「TRUTH」が私はどーしても好きになれず、そのお陰でICEから離れる切っ掛けになってしまったのだけど、最近の(私の中での)再評価のお陰で、その離れていた間に出たアルバムもチェックしてみたいと思わせてくれた。今月下旬に新作が出るみたいなので、まずはそれから狙ってみようかな?と。

「CAN'T STOP THE MUSIC」のクリップ↓(久々に観たけど、やっぱカッコイイ。クリップ集出さないのかな?)

http://jp.youtube.com/watch?v=9C6sqIcPq7Q

「SOUL DIMENSION」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)「SOUL DIMENSION」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)
(2007/12/19)
ICE

商品詳細を見る


先日HMVでの”輸入盤2枚で25%OFF”セールに3枚ほど頼んで1週間遅れで返事が来たのだけど、3枚のうち1枚は取り寄せ日数が掛かるらしく、キャンセルするかどーするか聞いてきたのでキャンセルし、残りの2枚が日曜に着く...ハズだったのだが、日曜ってもう過ぎてますよね?
じゃあ、今日なのかな?と思ってたけど届かず...発送済みメールは届いてるのに。
ホントはそのアルバムをレビューしようと思ってたのだけど、コレで完全に気が失せてしまったので、前回書いたICEの3枚買ったCDの続きなんぞを。

ひょんな事で知った前作をサルみたいにずっと聴き通していたので、前作から約半年後に新作が出た時は「早っ!」と呆気に取られたのを覚えているなあ。
しかもTHUTAYAで何気にこの情報を知り、既に告知ポスターまで貼ってあったを見て、すかさず店員に「CD発売されたらポスターください」と言って、渋る店員から無理矢理貰ってきたくらい当時はハマってました(ただこのポスターはCDジャケと同じなので、ちょっとエロいのが難点だったのだけど、とりあえず額に入れて飾ってました/今もまだ持ってたりする)。

肝心の内容は、私が聴いたICEのアルバムの中でも最も勢いがあって楽曲的にも十分魅力的な、正に最高傑作だと思う。
CDを聴く前に、土曜の夜中に放送されている「CDTV」でアルバム全曲紹介とシングル「LOVE MAKES ME RUN」のスタジオライブをチェックしたのだけど、コレが期待を大きく煽ったモノだった。
前作がオシャレで都会的な雰囲気だったのに対し、今回のはSOUL系を意識したのか作り込んだ音ではなくバンドのアンサンブルに比重を置いている印象を受けた。
また国岡さんのVoがやけに印象深く、前作までは元々声の線が細い為か雰囲気重視?との疑念があったのだけど、今作では上手いなあ...としきりに感心した。
ホント、全曲において捨て曲無し!と断言。中でも夜中に聴くと癒される「LIFE IS BLUES」や夕暮れ時のイメージが浮かぶ「SOUL OF JOY」、昔ながらのファンクチューンな「MONKEY COMMUNICATION」、シングルカットされた疾走感溢れる「LOVE MAKES ME RUN」などが好きだ。

それまで洋楽を散々聴いたのにも関わらず、また日本語で歌ってるにも関わらず、洋楽を意識している下手なバンドよりもよっぽど洋楽っぽく聴こえるのがホントに凄すぎる。こんな良いアルバムがアマゾンのユーズドで¥1とは何だか複雑な...いや、私にとっては定価以上の価値はありますぜ!

日テレ”FAN”出演時の「LOVE MAKES ME RUN」↓
http://jp.youtube.com/watch?v=1p3En-cxfHc

「We’re In The Mood」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)「We’re In The Mood」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)
(2007/12/19)
ICE

商品詳細を見る


久々の邦楽。以前はCoccoを2枚レビューしただけなので、今回で2つ目ですね。

元々邦楽はそんなに聴かないし、聴いてハマった邦楽のミュージシャンは数えるだけなので偉そうな事は言えないけど、そんな私がハマった数少ないミュージシャンの一つが、ICE。

出会いはホント偶然で、ある日深夜番組を予約録画していて、何故か放送時間が変更になっていて違う番組が録画されていたのだけど、その番組にICEが出ていて「GET DOWN、GET DOWN 、GET DOWN」のビデオクリップが放送されたのを観たのがマズかった(笑)。

当時はメタル中毒者だった私でも「何これ?カッコイイじゃん!」と何度もビデオ観返して、直ぐにこのCDを手に入れたのだけど、コレがまたアダルトというかオシャレというか、日本にこんな音楽演ってる人達がいたのか...と、素直に驚いたモンだ(単に知らないだけなのかも知れないけど...)。直ぐにアルバム全部手に入れたのは言うまでもない。

ICEとは、宮内和之(G)と国岡真由美(Vo)の二人のユニット名。デビュー当時にセブンイレブンのCMにも使われたらしいけど、全く覚えていないなあ(笑)。
このアルバムは4枚目で、当時は珍しいブルーのCDケースに入っていて、名前の通り冷たくクールなイメージがまたよろし。
音楽的には、当時はコーネリアスあたりを指して使われた渋谷系のジャンルに括られていたけど、コーネリアスとは似ても似つかないし、オシャレな音には違いないけどもっと有機的なバンドで、様々なバックを務めてきたギターが時にはファンキー、時にはブルージーと楽曲に合わせて大活躍している。一貫してるのはグルーヴが凄い!って事。Voは、ちょっと線が細い感じだけど、何処かアンニュイ的な雰囲気がカッコよく、楽曲毎に良い味出している。

このアルバムでは結構甘い感じの楽曲が目立つけど、先述の「GET DOWN、GET DOWN 、GET DOWN」の攻撃的なギターや「DRIVE」での疾走感、歌詞は大した事ないけど(笑)ファンキーなグルーヴが気持ち良い「NATURALHIGH」、ちょっと切なさを感じさせる「OVER THE RAINBOW」、真夜中に聴くと雰囲気倍増なブルージーなインスト「’CAUSE WE KNOW YOUR DREAMS」などがお気に入り。

ライブも行きましたよ。野音だったけど、周りを見渡すと殆どカップル...一人で行った私は完全に場違いと化してしまいました(爆)。肝心のライブがめっちゃカッコ良かったのが救いでしたね。

一時、CDの置き場に困ってCD全部売ってしまい、カセットとMDに残しておいたのだけど、MDは破損、カセットはデッキが壊れてまともに聴けなくなってしまったので、どーしても久々に聴きたかったから、今日の仕事帰りにブックオフへ寄ってこのアルバムと4th、6thをまとめて購入。しめて\750也(爆)。良い仕事してるぜ、ブックオフ!(爆)
つまり1枚\250なので、興味持ったら是非レンタルでも中古でもチェックしてください。どのアルバムも完成度はかなり高めです!

「GET DOWN, GET DOWN, GET DOWN」のクリップ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=XcwlVkwTB3I