アウトレイジアウトレイジ
(2009/11/25)
OUTRAGE

商品詳細を見る


ホントはフレディ・マーキューリーの命日という事で、クイーンのアルバムのレビューを書くつもりだったのだけど、このアルバムを聞いて思いっきりテンション上がってしまったのでこっちに変更。日本が誇る最強のHMバンド、アウトレイジの橋本直樹復帰作。
橋本さんが復帰した経緯や、その他の諸々の事情はよく分からないので何とも言えないけど、ネットでの噂に聞いていた「新作の出来が素晴らしい」という情報は、今日聴いてみてよーく理解出来た。

その前に、たまたまYOU TUBEで観た「RISE」のVCがエラくカッコ良かった事、それに今年のラウドパークでかなり好評だったというパフォーマンスの話題を含めて、最近のバンドから遠ざかっていた私を引き戻すには十分過ぎる理由だったので久々にCD買ってみたのだけど、まさかこんなに素晴らしい出来だったとは正直思っていなかった。

元々アウトレイジは「THE FINAL DAY」以降、アルバム毎に見せる方向性が微妙に違う事もあって「LIFE UNTIL DEAF」以降徐々に興味は失ってしまった。橋本さんが脱退した後もバンドは3人編成で活動続けていたらしいけど、この辺はあまり詳しくなく、当時の楽曲も視聴などで聴くと余り魅力的には聴こえなかったな。

しかし、橋本さん復帰という事情を抜きにしても今回のアルバムは純粋なHMとして傑作だと思う。プロデューサーのフレドリック・ノルドストロームの力量もあるのだろうけど、楽曲が良くなければ素晴らしいアルバムになるハズもなく、間違いなくバンドの力量を見せ付けた結果かと。

インナースリーヴでも書かれていたけど、12年振りにボーカルを取る橋本さんのブランクは全く感じさせず、むしろ上手くなっているのには驚いた。発音のニュアンスも全く違和感なく、アルバム作る前にライブをこなしていた事も影響しているのだろうけど、ここまで歌いきるとは全く想像していなかったな。

「RISE」は勿論、「YOU CARE? I DON'T CARE」「UNTIL YOU ARE DEAD」「FISTS FULL OF SAND」「LANDSHARK」「TERRORIZER」あたりに通ずる、デカい音の塊をぶつけられているの様な激烈スラッシュは聴いていてホントにスカッとする。こういう如何にもHM聴いてます...的なアルバムをこの時代に作り上げたバンドにはホントに感謝したい。

文句無く、海外でも十分通用するレベルかと。気の早い話だけど、次作もまたこのプロデューサーと作ってもらいたいなあ。

「RISE」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=8i_bbuhV1e4

MY SPACE ↓
http://jp.myspace.com/outrageousjapanese
スポンサーサイト

グレイテスト(3ヶ月期間限定)グレイテスト(3ヶ月期間限定)
(2009/03/11)
デュラン・デュラン

商品詳細を見る


しかし、サバスの後にデュラン・デュランって...(大汗)
ともかく、ちょっと懐かしくなってベスト盤を聴いていたら、かなりノスタルジックな感覚を呼び起こされたので。

私が彼等を知ったのは、洋楽の世界に足を踏み入れた直後。時期的には「UNION OF THE SNAKE」がヒットしていた時で、PVがマッドマックスみたいな雰囲気でなかなかカッコ良く、しかもメンバーが美形揃いという事もあって、男の私からしても普通にカッコ良く見えるバンドだった。

中学生の時に、その「UNION OF THE SNAKE」のシングルを買って、友人に「最近買ったレコードって何?」と聞かれて、翌日に当時買ってたシングル盤のジャケを何枚か学校に持ってて、あーじゃないこーじゃないとうだうだ語るのが非常に楽しかったな。
その時に、クラスの女の子に「(デュラン・デュランのシングルの)ジャケットを譲ってくれ」と言われたけど、今考えるとふざけた話だよなあ...(笑)ジャケ無かったら何のシングルか分からないじゃん。

ちょっと話が逸れるけど、当時は他人にレコードを貸すのが非常に嫌だった。理由は簡単、中のインナースリーヴが無くなってたり、盤に傷が付けられる恐れがあったから。実際、何度か被害にあったけど、そういうヤツに限ってなかなかレコード返さなかったりするのがまた困りモノで...

最近の彼等の動向はよく知らないので、オリジナルメンバーなのかどーなのか分からないけど、やはり嵌った時期が彼等の全盛期だったので、90年代の楽曲は余りピンと来なかったりするだけど、このベストに収録されている数曲に至っては往年のノリに近いモノがあって、なかなか味わい深い。お陰で、このベスト盤はほぼ捨て曲無しと言っても良いだろう。

ラジオのリクエストに「THE WILD BOYS」をリクエストして、その時にDJに名前間違えて呼ばれて、翌日学校で友人にからかわれたり、そのラジオで「デュラン・デュランを宇都宮でライブさせよう」という企画があったりと、当時はかなり人気があったのも今は懐かしい思い出だったりする。

「THE REFLEX」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=oDnNF5cHCdo

「SAVE A PLAYER」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=6Uxc9eFcZyM&feature=channel

その当時の人気ぶりが窺える懐かしい映像↓
http://www.youtube.com/watch?v=ki3dBxFjeYk&feature=related

Headless CrossHeadless Cross
(1998/10/27)
Black Sabbath

商品詳細を見る


今週は仕事でかなりテンパってたので、今日からの3連休がかなり待ち遠しかった。いつもの様に朝早起きしても、ゆっくりのんびりCD聴いてたので、気分がかなりリラックス出来た。しかし、昼間に聴いてたのはHR/HM系ではなく、普通のポップ系ばかり。
で、夜になって何を聴こうか?...と考えてたら、このアルバムをふと思い出した。トニー・マーティンが加入して2枚目の作品「HEADLESS CROSS」。

HMVでCDチェックしてたら、やっとオジー期やロニー期じゃないサバスの旧譜が来年に紙ジャケで発売されるらしく(リマスターじゃないのが残念だけど...)これでやっと「SEVENTH STAR」や「ETANAL IDOL」の国内盤が手に入る...と思いきや、肝心のトニー期がラインナップに入ってないのが淋しい。リマスターなら、このアルバムと「TYR」は絶対に買い直すつもりなのに。

それはともかく、リアルタイムで初めて聴いたサバスなので思い入れも強く、タイトル曲の壮大なスケール感はオジー期には無いモノだし、声質がロニー・ジェイムズ・ディオに似ているトニー・マーティンのスタイルにこの音楽性はかなり出来過ぎた作品だと思う。「WHEN DEATH CALL」のドラマティックな展開も素晴らしい。「KILL IN THE SPRIT WORLD」のソロなんて、ホントにトニー・アイオミが弾いてるの?と疑いたくもなるくらい、様式美全開だし。

でも逆に言えば、スケールが大き過ぎてオジー期にあったドロドロとした展開が希薄で、やけに洗練されてる印象を受けるのでオリジナルサバスが好きな人は、これをサバスと呼ぶのにはかなり抵抗があるんだろうなあ...
あと忘れちゃいけないのは、やはりコージー・パウエルの存在。もし、この人が叩いてなかったらかなり印象が変わるんじゃないか?と思えるくらい、一音がソリッドで重たい。数あるコージーの仕事の中でもベストな部類だと思ってる。

しかし、久しぶりに聴いて何でこんなに完成度の高いアルバムが廃盤なんだ?世の中間違ってるって!こういう作品を後世に伝えていかなきゃイカんだろうに...ホントに何やってんだよ、レコード会社は??

「HEADLESS CROSS」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=90mZThOY_8k

「WHEN DEATH CALL」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=bhKQbjIzcnQ&feature=related

カーティジアン・ドリームスカーティジアン・ドリームス
(2009/10/21)
ハウス・オブ・ローズ

商品詳細を見る


今年度、いや現存するミュージシャンの新作でこれほど待ち望んでいた作品はホント久しぶり、前作・前々作と素晴らしい作品を作り続けていたハウス・オブ・ローズの通算7作目にあたる新作「CARTESIAN DREAM」。

半年くらい前から新作が出るという噂を聞いていて「やっと出たか...」という心境だけど、待ち望んでいた作品だけに期待度も当然高かった。
発売される2ヶ月くらい前からタイトル曲だけは海外のサイトで視聴して聴いていたのだけど、その時に感じたのは前作と若干雰囲気が変わったかな?という事だった。

そして、全曲聴き終わっての感想も正にその通りの結果となった。インナースリーヴでも書かれている通り、ジェイムズ・クリスチャン自身も認めている変化は外部のライターとの共同作業のお陰なのか、過去のアルバムと比べて格段にスケールが大きくなっている、といった感じがする。

だからといって取っ付きづらいと言う訳ではなく、今まで通りメロディアスな展開はそのまま。ジミ・ベルのギターのラウドさにも拍車が掛かり、バンド内の良い雰囲気がそのまま音に反映されている気がした。
このジミ・ベルというギタリスト、写真で見ると何処か冴えないおっさんなんだけど(苦笑)プレイに関しては前作・前々作でもご存知の通り、かなりの実力を持ったギタリストと言えるのではなかろうか。
ジェイムズのヴォーカルを決して損ねる事なく、ソロでは存在感をきっちりアピールするという、実にシンプルな事なんだけど、その姿勢がかなり好感が持てる。

個人的には捨て曲が殆ど無いのだけど、中でもお気に入りは「BORN TO BE YOUR BABY」「DESART RAIN」「SWEET SEPTEMBER」「BANGIN」「A SIMPLE PLAN」あたりかな。中でも「A SIMPLE PLAN」は今年聴いた中でもベストチューン候補かも。

しかし、何でこんなに良いアルバム作ってるのに地味な評価なのかホントに理解出来ないなあ。まあ、今では珍しいオールドスタイルなHRだからかも知れないけど、絶対にこのテのリスナーは存在する訳だし、後はストアイベントでも良いから来日させて、もっとプロモーションに精を出してくれれば認知度も高くなるんじゃないかなあ?

「DESART RAIN」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=UWxTULZUS44&feature=related

「SWEET SEPTEMBER」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=eoOJYrPucTY&feature=related

「A SIMPLE PLAN」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=X4hoY_OOzTw

Both Sides LiveBoth Sides Live
(2009/08/04)
The Hooters

商品詳細を見る


さて、先日購入したCDの中に入ってた2枚組第2弾、一昨年再結成アルバムを発表したフーターズのライブアルバム「BOTH SIDES LIVE」。
元々はオフィシャルサイトでのみの販売だったのが、一般流通になったのかアマゾンからのお知らせメールに入ってて、以前レビューした復活アルバム「TIME STAND STILL」の内容が素晴らしかったので、早速注文してみた。

2枚組といっても、1枚は「THE ELECTRIC FACTORY」と銘打った通常ライブ盤で、もう1枚は「THE SECRET SESSIONS(ACOUSTIC)」という名前の通り、スタジオでのアコースティックライブ盤。代表曲以外は若干選曲も違っており、正に一粒で二度美味しいといったトコか。しかもHMVのマルチバイで約¥1600という破格値!(アマゾンでも今なら¥1650!)

で、肝心の内容は、以前国内盤でも発売されたライブ盤が、ライブに定評のある彼等なのに何処となく熱く感じられないモノでがっかりした記憶があるのだけど(そのライブ盤は既に廃盤で、しかも2~3回しか聴かずに売ってしまった)このライブ盤はそういう記憶を掻き消すくらい、素晴らしいライブ盤だと思う。
「TIME STAND STILL」のレビューでも書いたけど、今の彼等にはデビュー当時の若々しい弾けっぷりは感じられず、その代わりに落ち着いた味わいのある雰囲気を得た事が、このライブにも十分感じられる。

「THE ELECTRIC FACTORY」に収録されている「SOUTH FERRY ROAD」や「AND WE DANCED」なんかは、私的に思い入れが強い曲なので胸が熱くなるし、「THE SECRET SESSIONS(ACOUSTIC)」で聴ける「KARLA WITH A K」や「25 HOURS A DAY」あたりも心が和む。再結成作からの「I'M ALIVE」や「TIME STAND STILL」も両方のVerで聴けるが、どっちでも違和感の無い感じで、いかに楽曲が優れているかがよく分かる。
私的には、ドン・ヘンリーの「THE BOYS OF SUMMER」を入れるなら、1stアルバムの「WHERE DO THE CHILDREN GO」や、3rdアルバムの「HEAVEN LAUGHS」や「500 MILES」あたりを入れて欲しかったな...

しかし、自主制作のわりには音が綺麗なのはちょっと意外だった。出来れば来日してライブをやってもらいたいトコだけど、それが無理なら今度は映像作品でお願いしたいな。

「KARLA WITH A K」最新ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=FI_BdtpW-Fg&feature=related

MY SPACE(このアルバムから数曲聴けます)↓
http://www.myspace.com/thehooters

Sensory Lullabies: The Ultimate Tribute to JellyfishSensory Lullabies: The Ultimate Tribute to Jellyfish
(2007/09/18)
Various Artists

商品詳細を見る


先日頼んでおいたCDがHMVから先週届いたのだけど、2枚組が2つあって聴くのにちょっと時間を要してしまった。会社の通勤時などにバラバラ聞いていたので、聴き終わる頃には最初の方を忘れてしまった感じなので(汗)今日の休日を利用してゆっくりのんびりと聴いてみた。
頼んであったCDの中で一番興味のあった、2枚のオリジナルアルバムを残して消え去ってしまった愛するクラゲ達のトリビュートアルバム「SENSORY LULLABIES:THE ULTIMATE TRIBUTE TO JELLYFISH」。

以前のレビューでも私のクラゲに対する愛情は解ってもらえると思うけど、たった2枚の作品だけでトリビュートを作ってしまう感覚、そして発売されたのが一昨年というのが今現在でもバンドに対する興味が失われていないという事実がまず嬉しかったなあ。
今でも彼等のフォロワーと呼べるバンドは結構見受けられるし(私の大好きなイット・バイツも、新作で如何にもそれっぽいフレーズを使ったのには驚いた)ブラック・クロウズみたいに影響は受けてなくてもフェイヴァリットバンドに挙げられる事もちょこちょこ聞くし。大御所であるポール・マッカートニーやリンゴ・スターまでもが名前を挙げたのにはビックリしたけど。

で、このトリビュートアルバム、某巨大掲示板でその情報を知り、早速密林やHMVで検索掛けたら引っ掛かったので早速ポチって届いたCDを見たトコ、何と見事なまでに知ってるバンド/ミュージシャンが1つも無い!(笑)レーベルも全く知らないトコだし、最初は自主制作?とすら思ったほどだ。

しかし聴いてみたトコ、これが意外にもナイスなカヴァー曲連発で、その某巨大掲示板でも評価が高かったのが納得出来た。
バンド自体がとても作り込みがハンパないので、大体のモノは原曲に忠実に再現されてそこにちょっとアレンジを加えた程度だろう...という予想は見事に良い具合に覆された。一番驚いたのは”セサミ・ストリート”でも使えそうな「SEBRINA, PASTE AND PLATO」がドゥームverになってる(爆)。コレにはマジで一本取られた!
しかも、限定盤で発売された4枚組ボックスセットの中の未発表曲までカヴァーしてるのだけど、その余り馴染みの無い曲でも良く聴こえてしまうのだから、改めて再認識出来たくらいだ。

これを聴いたら、本家のアルバムも久しぶりに引っ張り出して聴いてる始末。...そろそろアンディとロジャー、仲直りしてアルバム作ってくれないかな?MY SPACEのフレンド欄にしっかり名前も入ってる事だし。

「NEW MISTAKE」(本家のPV)↓
http://www.youtube.com/watch?v=dkfdLIx_kTY&feature=related

「THE KING IS HALF UNDRESSED」(本家のPV)↓
http://www.youtube.com/watch?v=UyDhsDUorGA&feature=related

「JOINING A FAN CLUB」(本家のライブ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=xAOEB8HtezY&feature=related