オイル・オン・キャンヴァス(紙ジャケット仕様)オイル・オン・キャンヴァス(紙ジャケット仕様)
(2008/07/02)
ジャパン

商品詳細を見る


今年のオーラスを飾るのは、ようやく購入出来たジャパンのラストアルバムであり、初のライブ盤でもある「OIL ON CANVAS」。勿論、紙ジャケ盤の方を購入。

実は、今月初旬に発売されたEMIの¥1500廉価盤の中にこの作品も含まれてたんだけど、ジャケがモノクロで輸入盤と同じモノ使われてて余り好みじゃなく、こっちの紙ジャケ盤の方が如何にも”絵画”っぽいので、少し値が張ってもこっちにしてしまった。何気にこのジャケの独特の雰囲気が好きなので...

何はともあれ、久々のジャパン。
昨日届いた購入CDの中にこれまた久々に買ったデヴィッド・シルヴィアンがあったので、ちょうど良い機会だと思ってこのアルバムも一緒に...と買ったのだけど、紙ジャケ盤は基本限定盤だから無くなるのも早く、残ってるから後で良いや...なんて思ってると何時の間にか無くなってる場合があるので、ホントに余裕のある時には手は出しておかないと(店頭もネットでもあれだけ残ってたロリー・ギャラガーの紙ジャケ盤が、今では殆ど見掛けないし.../涙)。

このアルバムは彼等の最後のツアーでのロンドン・ハマースミス・オデオンでのライブを収録したモノで、当初はアナログ盤2枚組だったのだけど、CDでは当然1枚。
その名残りを感じさせる、アルバムの冒頭とエンディングとその中間に収められた3曲のインスト曲。いずれもSEっぽい役割なので特筆する事はないけど、ライブ盤にこういう試みを入れる意図がよく分からないが、如何にも彼等らしい何処となく幻想的な雰囲気を感じさせる。

それに、このアルバムが発売された当時から言われてたらしいけど、かなりスタジオで手直しされてるらしいので、こうした意味も込めて余りライブを聴いている感じにはならない。楽曲の終わりに歓声が入っていたり、スタジオ盤と比べると音の広がりを感じさせたり全体的にラフだったりと、その程度なモノかと。また、このライブには(というか最後のツアーで)日本の土屋昌巳がギタリストとして全面参加。前メンバーのロブ・ディーンと比べるとサポートの割りに意外と目立ってるけど、彼等の世界観には合っていると思う。

このアルバムはバンド解散後に発売されて、全英チャート彼等のそれまでの最高位(全英チャート5位)を更新する事になってしまう訳だけど、皮肉にもバンドが解散した後に認められた事からも言える様に、彼等の登場する時代はホントに早かったと思う。あと数年遅れていれば、バンドの取り巻く環境は全く違ったモノになってと思うとホントに残念だ。

バンドは後にRAIN TREE CROWという別名で一時的な再結成を果たすけど、この時期の音楽性にはならず、デヴィッドのソロ作品の延長線上にある音で非常にがっかりした。やはり、あの4人が集まればこの音を期待するのは当然で、他のファンの人達も同感だと思うけど、再結成のジャパン名義を拒んだのは他ならぬデヴィッドだったという。
もうこの時点で、この再結成には余り意味の無かったモノだったと思うし、その後は全く接点すらなくなってしまった事を考えると、デヴィッド自身はとっくの昔にバンドには興味無かったんだろうなあ。

彼等が消えた後、このテの音を出してるバンドは皆無という事から、ホントに個性的なバンドだったんだなあと改めて思う。そして30年近く経った今でも、十分新鮮に聴けるという点でも驚くべき事かと。


「SONS OF PIONEERS」↓
http://www.youtube.com/watch?v=DPPfhUphj-c&feature=related

「METHODS OF DANCE」↓
http://www.youtube.com/watch?v=kAoQL8tfHvQ


「CANTONESE BOY」↓
http://www.youtube.com/watch?v=FXrNZPoFYe8&feature=related
スポンサーサイト

MilliontownMilliontown
(2010/05/25)
Frost

商品詳細を見る


やっと昨日で仕事納めとなって、休日に入ったのは良いけど、何だかまたアッという間の様な気が...ま、毎年の事なんですけどね。

で、注文していたCDも続々入ってきて、どれから聴いて良いのか迷うトコなんだけど、とりあえず今一番聴きたかったフロスト*をチョイス。

数日前、HMVで輸入盤¥800セールのページをチェックしていた時、一枚欲しいのがあったんで注文しようと考えたトコ、HMVはアマゾンみたいに送料無料ではなく¥2500以上買わないと無料にならないので数合わせで何か探してた時に、翌日の輸入盤¥1490セールをチェックしていたらこのアルバムが在庫ありになっていたので、迷わず即捕獲。以前は入手困難になっていたのだけど、今年に入ってレーベルの配給元が変わったみたいで再発されたらしい。

で、このフロスト*(最後の*も入る)。一体何者かというと、現イット・バイツのフロントマンであるジョン・ミッチェルがギタリストとして参加しているので以前から興味があったのだ(この当時はまだKINO?)。
しかし、ただ興味があるだけでよく分からないバンドのアルバムを買うハズもなく、たまたまYOU TUBEでチェックした「BLACK LIGHT MACHINE」のカッコ良さに痺れてしまい、その時からCD探してたのだけど密林でバカみたいな値段が付いていて、しかも廃盤っぽい感じだったので半ば諦めてもいたのが、この再発。ホント、嬉しい限りっす!!

他のメンバーは、TVやCMなどの音楽を作ってるジェム・ゴドフレイという人がリーダーみたいで、リズム隊がマリリオンなどと一緒にシーンに出てきたポンプ・ロックのIQのメンバー。
他のレビューなどを見るとかなり高評価で、音は現代的でもプログレシッヴロックの括りで紹介されてるみたい。私的には現在のイット・バイツとドリーム・シアターの中間の音...といった感じに聴こえる。かと言ってイット・バイツほどメロウではなく、ドリーム・シアターみたいに独りよがりのイメージはない。
また若干ポーキュパイン・トゥリーの雰囲気も感じられるかな。

とにかく楽曲が良い!コレに尽きる。全6曲と少ないけど、さすがプログレの括りで紹介されるだけあって最長で27分弱の楽曲がある。だけど、ツボを押さえた構成が見事で、全く飽きさせないのはさすが。ホントにプロ集団の音といった感じがする。

こういうバンドが埋もれてるんだから、ホントに面白い。リーダーの人が多忙を極めてる為に一時活動停止してたみたいだけど、2ndアルバムも出しているし、今年は何とアメリカのプログレフェスに出演してライブ盤まで発表してたりする。

とりあえず2ndアルバムは購入決定ですな!まずは聴いてみてくだされ。このテの音が好きな人は堪らないと思います。私も暫くハマりそうです。


「BLACK LIGHT MACHINE」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=FPlqVwjDfUw&feature=related

「HYPERVENTILATE」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=5M6VGfwD32M

Thunder & LightningThunder & Lightning
(1999/01/05)
Thin Lizzy

商品詳細を見る


何だか色々と忙しかったお陰で、今頃になってやっと年末なんだと実感してきた(笑)。
音楽も聴いてたけど、最近はこれといった新譜も無かったので、以前購入したCDの聴き込みモードにハマっていたけど、さっき何気にHMVでリリース情報をチェックしてたら、先日のブラック・サバスのデラックス・エディション盤に続いて今度はシン・リジィの「JOHNNY THE FOX」「JAILBREAK」「LIVE AND DANGEROUS」の3枚が発売されるらしい。
中でも「LIVE AND DANGEROUS」はDVDが付属するらしいので、コレはマストしないとイカンですな。

でも、私的にはデラックス・エディション盤は大いに結構なんだけど、まずは「NIGHT LIFE」のリマスター盤が欲しいなあ。
リジィのアルバムって、人によって評価が分かれるモノが多いので(確か、某音さんは「RENEGADE」がお気に入りだったと思うし)全部のアルバムがデラックス・エディション盤には出来ないと思うので、まずは全アルバムをリマスター化してもらってから、数作のみデラックス・エディション盤に移行した方が良いんじゃないかと思った。まあ、後に全部デラックス・エディション盤にするなら文句ないけど(笑)。

また他にもこのアルバムもリマスター化を待ってる1枚だったりするが、今日のお題であるリジィ最後の作品となった「THUNDER AND LIGHTNING」。今から27年前の作品!?
まあ、聴かれた方は分かると思うけど、このアルバムはリジィの作品中でも結構異質な作品であって、既に解散が決まっていた中で作られた作品であるにも関わらず、それを承知で新ギタリストとして加入したジョン・サイクスの鋭いギターが聴ける、立派なHM/HRアルバムかと。

私はリジィは後追いだったので、白蛇の「1987」を聴いてジョンのギターに惚れたお陰で過去を辿ってこのアルバムを購入したので、リジィの歴史を最初から辿っていかなかったから、後に他のアルバム聴いて「全然別バンドみたい」という印象があったけど、リアルタイムで追ってたファンにとってはこのアルバムをどう評価しているのか凄く興味ある。

ジョンの弾きまくりギターも凄いけど、それに感化されたのか御大フィル・ライノットの楽曲の質の高さも見逃せない。そもそもリジィ解散の引き金となったのはメンバーのドラッグ問題のお陰でバンドが崩壊寸前だったので、一度解散させたかったみたいのだけど(後にフィルはグランド・スラムというバンドを結成したけど、バンドアンサンブルが(ギター2人とリズム隊という)リジィと全く同じなので、敢えてリジィを解散させたのは単に環境を変えたかったみたいだし)そんなボロボロの状態からこんな最後を飾るに相応しいアルバムを作ってくるのだから、フィルの才能は本物なんだろうなあ。
タイトル曲や「COLD SWEAT」みたいな有名曲以外でも、テンションが全く下がらないのがこのアルバムの凄いトコで、余り評価されない「THIS IS THE ONE」や「SOMEDAY SHE IS GOING TO HIT BACK」なんかも大好きだ。他にも「THE HOLY WAR」「THE SUN GOES DOWN」「BABY PLEASE DON'T GO」も最高。

久々に聴いたけど、やはり良いアルバムだなあと実感。バンドの歴史がここで閉じられたのは残念で仕方ないけど(再結成ライブとかあったけど、やはりフィルがいないのは全くの別バンドだから...)もうちょっとバンドの息が長かったなら、これ以上のモノが出来たのかも知れない...という幻想を持たせてくれるのもまた魅力だったのかも。


「THE HOLY WAR」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=k8EirMSeT7s

「THE SUN GOES DOWN」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=M5jDrqB83Ls

「SOMEDAY SHE IS GOING TO HIT BACK」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=w_ADJQUfUz0

メタル・ゴッド・エッセンシャル vol.1(初回生産限定盤)(DVD付)メタル・ゴッド・エッセンシャル vol.1(初回生産限定盤)(DVD付)
(2007/10/03)
ハルフォード

商品詳細を見る


久しぶりに中古CD屋で色々チェックしてきた。
今、欲しいCDが殆ど国内盤が廃盤なんで、中古で転がってないか...という目論見なのだけど、そう安々とは無いですわな。

しかし、今回みたいに超お買い得品に巡り合う事があるから止められない。
今回のお題、ハルフォードのそれまでの活動を網羅したベスト盤、その名も「METAL GOD ESSENTIALS Vol.1」(こんなタイトルがハマる人は、メタル界でもこの人くらいなモノだろう)。初回生産限定盤が\980でゲット出来た。
ハルフォードに関しては、デビューアルバムは購入したのだけど今手元に無いという事は、多分間違って売ってしまったかも(ま、気が付かない私も私だけど)。2ndアルバムは購入してなかったので、なかなかまともに接する事がなかった事もあって直ぐに飛びつきましたよ。

曲目を見ると、1st&2ndからのチョイスがメインで、他にはこのアルバムの為の新曲が2曲にファイトのデモが3曲収録されている。初回ボーナスCDでは新曲のリミックスが4曲収録。それにライブやオフステージ、PVなどが収録されたDVDが付いていて、正にてんこ盛りの内容。

聴いた感想は、リミックスによって音のバランスや細かさがより明確になった印象。私は正直、ロイ・Zのプロデュースはそんなに評価していないのだけど(ブルース・ディッキンソンやセバスチャン・バックのソロ作などで評価されているけど、正直似た様な楽曲がどのアルバムにもある事でマンネリに感じてるのかも)ロブに関しては、こういう音が十分ハマる人だからやはり相性が良いのだろうな。

ファイトの前身であるK5のデモ音源も、デモにしてはかなりしっかりした演奏で若干ラフかな?程度のモノ。ファイトは当時、敢えてこのスタイルをロブがやらなくても...と賛否が分かれたけど、その外見はともかく(笑)楽曲に関しては結構好きだったな。2ndはちょっと微妙だったけど。

しかし、こうして1枚もので通して聴いてみると、今のジューダス・プリーストよりも充実度は高いと思う。ジューダスでは彼等にしか出来ない世界があるからそれはそれで良いのだけど、そのスタイルとはまた違ったメタルを追求したいというのが、そもそもロブの本心でソロ活動を始めた切っ掛けでもあった訳だから、充実度もそりゃ高い訳だ。

ジューダスは来年のワールドツアーを最後にライブ活動からは足を洗うという発言が先日あったけど、ハルフォードではこのアルバムのタイトルに「Vol.1」と付いてる事から、まだまだ続く事を期待していたいなあ。まあ、ロブには無理して喉を酷使して欲しくはないのも本音だけど。


「MADE IN HELL」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=q1mhRiE1E0I

「FOGOTTEN GENERATION」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=AFkNSywtVRY

ホワット・イフ・・・(期間限定スペシャル・プライス盤)ホワット・イフ・・・(期間限定スペシャル・プライス盤)
(2010/12/15)
MR.BIG

商品詳細を見る


やっと発表されましたね。
最後のアルバム「ACTUAL SIZE」が発売されたのが2001年だったから、約9年振りの新作。しかもポール・ギルバートに至っては約14年振りにMR.BIG名義での発表。これは長かったなあ...
そもそも、解散が発表された時に一番最初にアタマに過ぎったのは「で、何時から再結成?」
コレは誰しも思った事でしょう。だって、あれだけ日本でフェアウェルツアーやっておいてほぼソールドアウトのバンドがそう簡単に解散するとは思えなかったし、例えメンバー間の不和であっても次の活動が必ずしも成功するとは限らないし。
そうなると、お金が手っ取り早く稼げる=再結成となる訳で、これは必然的であとはタイミングだけ...みたいな感じだったんでしょう。

まあ、ポールがバンドに復帰するとは思ってなかったけど、こうして無事オリジナルメンバーが揃って新作を出してくれた事に拍手。そして新作を聴いた今、新たなページが開かれたなと思った。

それは勿論音楽性の事で、アルバム発表前に既にPVが公開されていた「UNDERTOW」を聴いて”何か今までとノリがちょっと違うな”と感じた事が、アルバム全曲聴いて確信した。
今までのノリだとポップ的要素がかなり高かったのに対して、今回のアルバムは全体的にHRのスタイルが貫かれた硬派な作品かと。これを良しとするか否とするかで評価が分かれると思う。

BURRN!のレビューで98点だったそうだけど、私はそこまでの完成度だとは思っていない。ネットでの評価もバンドの最高傑作的な事が多く書かれているけど、そうとも思わない。しかし、力の入った秀作である事は間違いない。復帰作としては合格点ではなかろうか。

一番耳を惹いたのは、ポールのギタリストとしてのポテンシャルの高さ。以前はソロの凄さとかテクニックに圧倒される事が多かったけど、今回は自然に楽曲に馴染んだギターを聴かせてくれている。タイプは全く違うけど、チープ・トリックのリック・ニールセンみたいな印象を受けたな。

解散前の色んなゴタゴタのお陰で、私の中ではかなり価値の下がったバンドだったけど、それを全て払拭する様な活動をこれから続けていって欲しいと思う。来年の来日公演もほぼドサ周りの様相だけど(笑)それでも客が入るんだからそれだけ需要もあるという事だし、もう自分達で価値を下げる様な真似はしないで欲しいな。


「UNDERTOW」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=mHGv5FCS2j8

The Eternal IdolThe Eternal Idol
(2010/11/02)
Black Sabbath

商品詳細を見る


ちょっと前にレビューした「SEVENTH STAR」と一緒に発売された「THE ETERNAL IDOL」。
デラックス・エディション盤で2枚組、しかもディスク2は両方共レア音源収録で国内盤1枚分の値段という事で、いずれにせよ国内盤の発売が期待が薄いからさっさと購入したのは良いけど、「SEVENTH STAR」ばかり聴いてたからなかなか聴けてなかったので、ようやくレビューと。

前作はグレン・ヒューズがVoだったけど、グレンがドラッグ中毒に陥りツアーもロクに出来ず脱退、代役のレイ・ギランが引き続きツアーを務めて直ぐにレコーディングに入ったのは良いけど、プロデューサーの一声でクビ。その時のデモ音源が今回のディスク2の大きな目玉でもあると。オリジナルのトニー・マーティンの歌とレイの歌が聴き比べが出来るという、何とも贅沢な仕様。

バンドとしては、どうも前作からトニー・アイオミの周辺には良い雰囲気がなくて苦労の連発だったみたいだけど、音に関しては様式美を感じさせるメタルで非常に私好み。このアルバムが初お披露目となったトニー・マーティンの歌唱もロニーに負けておらず、非常に好感が持てる。
PVにもなった「THE SHINING」なんかこのテの音が好きな人にとっては垂涎モノの素晴らしさ。従来のサバス路線を期待するなら「ETERNAL IDOL」、疾走感のあるHRなら「HARD LIFE TO LOVE」や「LOST FOEVER」という様に、前作に近い雰囲気の作風かと。

で、肝心のレイ・ギランVerはというと、歌メロに関してはトニー・マーティンはレイの歌唱そのままのスタイルで歌ってるから大した違いは感じられない。なので、声質でプロデューサーは判断したのではなかろうか?レイの声質はカラッとした伸びのある声に対して、トニーのそれは湿り気を帯びた英国的な雰囲気を感じさせる。まあ、どちらも素晴らしいパフォーマンスである事は間違いないけど、バンドのイメージとしてはトニーなんだろうなあ。
しかし、このままレイがサバスに残っていたならどーなってたんだろうか?バッドランズや初期のブルーマーダーにも参加してない事になるので、当時のHM/HR界にも多少影響はあったのでは?

...と、レビューしたトコに、今度は「DEHUMANIZER」のデラックス・エディション盤が発売されるとの事。それよりも「HEADLESS CROSS」や「TYR」が先なのでは?


「THE SHINING」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=nLtJo30OGeM&feature=fvsr

「THE SHINING」(Vo:RAY GILLEN)↓
http://www.youtube.com/watch?v=jXukwxwJ9ZE&feature=related

Mantra IIIMantra III
(2010/08/10)
Spiritual Beggars

商品詳細を見る


今年Voが変わってから初の新作を発表したスピリチュアル・ベガーズ。
以前「AD ASTRA」を中古で購入して以来、結構な頻度で聴いているお気に入りになったのだけど、そろそろ別のアルバムにも手を出そうか...と中古屋を歩いて、やっとの思いで「ON FIRE」の国内盤は見付けたのだけど(しかも\780)なかなかこのアルバムは見付からなかった。
仕方ないのでネットで探ったら、国内盤は既に廃盤なので輸入盤を購入したのだけど、密林での新品\719が格安だったのでそれを注文。しかし、ケースにヒビが入ってたけど。

「ON FIRE」は後にレビューするけど、JBのVoがスパイスのそれとは違うので、結構違和感がある感じがする。まあ「AD ASTRA」を聴きまくったお陰でもあるんだろうけど、楽曲のノリも若干違う雰囲気に感じられたなあ。

で、「MANTRA Ⅲ」。まずこのジャケが意味分からなくて良い感じ(笑)。サイケっぽい感じを狙ったのかな?
音の方は、冒頭がいきなりのボサノヴァで面食らったけど、コレは単に奇をてらった感じで、直ぐに次の曲に移行するのはちょっと芸が無いかなと思ったりして...まあ、面白いのは面白いけど。
次作が結構メタルっぽさを強調しているのに対して、こっちの方はリフ中心でグイグイ引っ張る感じなので全体的にブラック・サバスっぽい雰囲気がするかな。「EUPHORIA」のリフなんてサバスの「HEAVEN AND HELL」みたいな感じだし。
で、このアルバムから加入したオルガンがかなり良いアクセントになって、ますますレトロっぽさに磨きをかけているのが良い感じ。次作ではオルガンが大暴れしてるけど、このアルバムではまだ控えめっぽいのがちょっと惜しいかも。
スパイスのVoがアウトレイジの橋本直樹にちょっと似ているかなあ~と思ったりして、私的にはスパイスのVoの方がこのバンドに合ってる気がするかな。まあJBも良いVoだと思うけど。

ラウドパークに続いて単独公演も決まった事から結構人気があるんだろうけど、当時は全くノーマークだったんだよなあ...アーク・エネミーの~という肩書きが、逆に足枷になってるなとつくづく思った。ああいう音を出してるバンドの別バンドって言っても、音楽性が違うから余り説得力もないし。
私的にはアーク・エネミーよりもこっちの方が全然好きなんで、こっちを精力的にやってほしいけど無理なんかなあ~。


「EUPHORIA」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Q4MPDD5lR30

「MONSTER ASTRONAUTS」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=geiU7A4ZtPg

「LACK OF PROZAC」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=aeNCEiaZj3I&feature=related