The 12The 12
(2011/01/10)
Howard Jones

商品詳細を見る


先日のフーターズのシングルと一緒に注文したハワード・ジョーンズのミニアルバムが後から届いた。
ふとした事で、このミニアルバムが輸入盤で再発された事を知った時は、ホントに狂喜した。何故ならホントに欲しかったCDだったから(「HUMAN'S LIB」のレビューにも書いたし)。
密林サイトにて中古盤が異様に高騰してたので(確か¥6000前後だった気が)絶対に手が出ないモノだったのに、こうして今年に入っていきなりCD化されて、しかも¥1000くらいで買えるとは夢にも思わなかったな。

私が洋楽を本気で聴き始めた頃、少ない小遣いを貯めて初めて買ったLPレコード(って随分懐かしい響きだ/笑)は、このハワード・ジョーンズのデビューアルバム「HUMAN'S LIB」(邦題:かくれんぼ)だったのだけど、もうホントに毎日聴き倒したくらい大好きで、そのアルバムに収録された楽曲の12インチバージョン(これまた懐かしい響きだ/笑)を集めて、プラス新曲2曲を足したのがこのミニアルバムの概要。

当時、勿論アナログ盤を買ってこれまた盤が擦り切れるくらい聴きまくったけど(未だにアナログ盤持ってる。ジャケがハワード本人が正面向いてるやつ)レコードからCDに移行する際にこのミニアルバムが国内盤でCD化されていたのかどーかは、正直よく覚えてない(輸入盤ではあったみたいだけど...で、その高値が付いていた、と)。某巨大掲示板ではWEA盤持ってる人がいるみたいだから、一応CD化されたのかな?
それはともかく、こうして手に入れる事が出来て満足だ!

内容は6曲入りと少ないけど、当時の流行りだった12インチバージョンなんで5分~7分くらいに伸ばしてあるから、アルバムに入っていた楽曲よりもかなり遊びが見えて、しかも曲間が繋がってるので飽きずに聴ける。
当時の新曲だった「LIKE TO GET TO KNOW YOU WELL」(邦題:君を知りたくて)も、ちょっと寂しげなメロディが印象的でデビューアルバムに入っててもおかしくない出来。もう1曲「ALWAYS ASKING QUESTIONS」はも良い曲だけど、今聴くとやっぱ80年代の音って感じ。
近年CMでも使われた「NEW SONG」なんかも、オリジナルよりもこっちの方が良い感じ...というか、他の楽曲にかんしてもそーだけど、12インチバージョンにするとただ間延びした感じになるモノが多いのに、逆に魅力的になったのはホントに稀なタイプだったと思う。後にラッシュも手掛けたルパート・ハインの手腕が発揮された格好となったか?

ただ、今思うとハワードの創作面でのキャリアはここまでだった気が...当時は盲目だったから3rdまではまともに聴いていたけど、2ndアルバムからは明らかに質感が違う感じになってしまったのは残念だった。
デビューアルバムは殆ど一人でこなしていて、ライブもパントマイムのジェドと2人きりだったのに、売れてしまったお陰でジェドと袂を割ってしまい、身内で固めたラインナップ(確かハワードの実弟もいた様な)になった事で音の雰囲気も変わってしまった、と。

今も細々と活動してるみたいだけど、見た目もジャケで見られる様なオシャレな感じではなくただのおっさんになってしまったみたいだし、音の方もキーボードやシーケンサーをバリバリ使うスタイルではなく、もっとオーガニックになってしまった様だ。

「LIKE TO GET TO KNOW YOU WELL」(PVなのでシングルver)↓
http://www.youtube.com/watch?v=XD3qA54Fn_Q

「TOTAL CONDITIONING」↓
http://www.youtube.com/watch?v=zhuZjhoCbiQ
スポンサーサイト

5x55x5
(2010/09/14)
Hooters

商品詳細を見る


先日の某音さんのサイト見ててフーターズの新作が出てたのを全く知らず、慌てて注文した。
2008年にライブ盤を出して以来、何も音沙汰がなかったので(というよりも、活動状況が全く入って来ないから何してるのかさっぱり分からない...)いきなりこういうモノが出てるとは。

「FIVE BY FIVE」というタイトル通り、5曲入りのシングルみたいなので厳密には新作と言っても今後出るであろう新作の予告編みたいなモノなんだろうけど、昔からのファンとしてはたとえシングルであってもバンドが未だに継続してる事を知らせてくれるので、実に嬉しい。5曲で約¥1200と安いし。

で、肝心の内容といえば、コレが実に若々しい音で驚いた。冒頭の「PISSING IN THE RHINE」は、それこそデビューアルバムの中に含まれていても全くおかしくないほど、あの当時の音に近い。演奏の勢いも、あの当時よりも更に上のテンションの気がする。
2曲目の「SILVER LINING」も、のどかでアメリカの青春ドラマに使われてそうなキャッチーな雰囲気で心地良いし、3曲目の「ONE OF US」は枯れた哀愁を感じさせる実に感動的なバラード。このアルバムで一番好きだな。
4曲目は、遂に出してきたシンディ・ローパーに提供した「TIME AFTER TIME」のセルフリメイク。私的には、アレンジを変えてアップテンポにしたこのVerよりは、やはりしっとり歌い上げるシンディの方が好きだなあ。雰囲気がこれまたデビューアルバムの「SOUTH FRRY ROAD」に似ているかな。ラストの「REALLY FINE WINE」は、明るくカントリーっぽい楽しい雰囲気が伝わってくる感じで、エンディングを締めるにぴったり。

と、トータル20分に満たないので、ホントにアッという間に終わってしまう。ファン心理としてはもっと聴きたいのが本音だけど、それは新作のお楽しみに取っておくとして、改めて良いバンドだなあと再認識した。
ベテランになると音楽性を若干変えてきて、歳相当の音楽をプレイしていたりするものだけど、彼等は良い意味で全く変わっていない。むしろ若々しさすら感じるこの感情は一体何なんだろう?元々、若い頃から「GRAVEYARD WALTS」や「500 MILES」みたいな渋い楽曲もこなしてきたので、それだけ音楽の懐が深いんだろうなあ。

たった5曲でこれだけの存在感を示した本作、彼等の旧譜と併せて新作のつなぎとして十分に楽しめそうだ。


「ONE OF US」UNPULGGED曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=jz4aQTncoBA&feature=related

「SILVER LINING」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=6LRvkx7tk5Y&feature=related

フリー・オール・エンジェルス~全ての天使を解き放て!~フリー・オール・エンジェルス~全ての天使を解き放て!~
(2001/04/18)
アッシュ

商品詳細を見る


ゲイリー・ムーアが亡くなって以来、ずっと彼の作品ばかり聴いてたのでなかなかレビューの方が進まなくなってしまって、ようやく他のミュージシャンをぼちぼち聴き始めたので、そろそろ何か書こう...と思い、たまたま前に車内で聴くCD-Rを聴き直してたらアッシュが出てきたので、このアルバムをチョイス。もうリリースして10年経ちますか...バンド通産3作目「FREE ALL ANGELS」。

ちょっと話がズレますが、忙しい×2と言いつつも、以前から何か新たな趣味が欲しい...と思い、最近彼女とも別れたし、今の仕事も先行き怪しいし、お金も無いし(笑)って事で、時間を活用出来る何か...と考え、思い切ってギターを購入。安いアンプも購入して約¥3万強。勿論、分割ですよ。
バンドを組みたいとかそーいう気は全く無く、単に自分の趣味としてのモノで、それ以前にそもそも興味が続くのか?って感じだから、末永くちまちまやっていければ良いかな?と思ってるんですよね。

で、単にコードだけを延々弾いても面白い訳でもないので、ネットでタブ譜を検索して簡単なモノをちょこちょこお遊びで弾いてるのですが、そこで彼等の「BURN BABY BURN」のイントロを練習してる、と(長い前振り)。

しかし、久々に聴くとやっぱ良いですなあ。私は彼等のアルバムは次作の「MELTDOWN」から入ったので、このアルバムを最初に聴いた時は、音の作りが物足りないなあ...と感じたモノだけど、単に「MELTDOWN」の音がヘヴィなだけだったので、彼等の本質はこっちの方が本来の姿なんだろうな、と(彼等も後に反省したのか、音をまた元に戻したし)。

バンドの最高傑作に挙げられる本作だけど、確かに楽曲の質は素晴らしいと思う。キャッチーなメロディがこのバンドの特徴だと思ってるので、正に期待を裏切らない。お気に入りは「WALKING BAREFOOT」「SHINING LIGHT」「BURN BABY BURN」「CHERRY BOMB」「SOMETIMES」あたりかな。
当時はまだ若いバンドだったのに、意外と他のミュージシャンからカヴァーされる事も多いみたいで、元ユーリズミックスのアニー・レノックスが「SHINING LIGHT」を、私がアメリカン・ハイファイのライブを観に行った時にアンコールで「BURN BABY BURN」を演ってたのが印象的だったな。

まあ、今でも勿論活動はしてるけど、どーもシャーロット・ハザレイが抜けてしまって以降、聴く気になれなくなってしまった。新作も評判は良いけど、もはや別バンドみたいな感じだし。もう、この頃みたいな雰囲気には戻れないのかな?

「WALKING BAREFOOT」ライブ(2001 TOKYO)↓
http://www.youtube.com/watch?v=e5Y-EjnYVGI

「BURN BABY BURN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=gW8mEMqiNhc

「SOMETIMES」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=CdisCk31Z_s

Ballads & BluesBallads & Blues
(1994/11/14)
Gary Moore

商品詳細を見る


正に衝撃的なニュースでした。
...まさか、こんなに早くこの世から去ってしまうなんて思ってもいなかった。盟友フィルやロリーの元に早く行きたかったのかな?一つの時代が終わってしまった気がして、物凄い虚脱感を感じる。

死因は特定出来てないみたいだけど、何でも休暇中のスペインのホテルで睡眠中に亡くなったという事は分かってるらしい。しかし、全然実感湧かないって!今年はミック・カーンといい、本当に最悪だ...

そんな事を思いながら、昼からリジィや彼のソロ作、ブルーズ路線など色々聴いているけど、こういうプレイヤーはもう2度と出て来ない気がする。彼の影響を受けたジョン・サイクスやジョン・ノーラムですら既に頭打ちになっているのに、御大は路線を変えたけど貪欲にプレイし続けていたのは正に根っからのミュージシャンだったと。

でも、こういう気分の時は彼の残したHRも良いけど、やはりバラードに定評のあった彼ならではのベスト盤「BALLADS & BLUES 1982-1994」が一番しっくりくる。
HR時代からブルーズ時代までのバラードを集めて、当時の新曲3曲収録したベスト盤なのだけど、不満なのが「STILL GOT THE BLUES」の後半のソロがカットされてるトコ。どー考えてもおかしいでしょ?
それと「THE LONER」が入ってない!何で??
あと「AFTER THE WAR」のボーナストラックだった「THE MESSIAH WILL COME AGAIN」のカヴァーが収録してほしかった。あんなに凄いプレイなのに!!!
もっと贅沢を言えば、コージー・パウエルのソロ作にゲスト参加した「SUNSET」も入れて欲しかったし、更に言えばGフォースの「I LOOK AT YOU」も...ってキリが無いくらい、彼の残したプレイは素晴らしいモノが多い。
でも全14曲もあるし、当時の新曲3曲が売りだった訳だからバランスの良い構成だったのは認めるけど。

その「ONE DAY」「WITH LOVE」「BLUES FOR NARADA」の出来はそれぞれに素晴らしく、私的にはインストの「BLUES FOR NARADA」が一番好きだったな。
ゲイリーのバラードにしては普通と称される「CRYING IN THE SHADOWS」が収録されてのも嬉しいし、ゲイリー・ムーアの取っ掛かりとしては実に最適な1枚ではなかろうか、と。

しかし、こう書いても全く実感がない。でも一言言わせてもらうと、貴方の事は絶対に忘れないぜ、ありがとう...


「BLUES FOR NARADA」曲のみ(この写真、凄く良い)↓
http://www.youtube.com/watch?v=qRFWmNgTqRE

「CRYING IN THE SHADOWS」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=i7duAoNQrCc

ザ・ガーデン・オブ・アンアースリー・デライツザ・ガーデン・オブ・アンアースリー・デライツ
(2005/10/26)
カテドラル

商品詳細を見る


こっちのCD屋、及び中古屋では殆ど見掛けなかったカテドラルの前作「THE GARDEN OF UNEARTHLY DELIGHTS」が、先日のディスクユニオン新宿メタル館で中古で発見したので、やっと捕獲に成功。
最新作がホントに出来が良かったので、変化が見え始めたという評価だったこのアルバムを前から聴いてみたかった。輸入盤でも良かったんだけど、このバンドの詳細って余り情報が入って来ないし知らなかったので、その点をインナースリーヴでチェックしたかった事もあり国内盤を購入。

まずジャケがいつもの人なんだけど(スイマセン、名前知らないモンで...)今回はちょっといつもと雰囲気が違うトコが良い(白をベースにしてるから?)。スッキリしてるんだけど、何処かおどろおどろしい感じが残るという。

で、肝心の音の方は、最新作が70年代のフォーク・トラッド系の音を感じさせたのに対し、このアルバムではラストの27分弱の超大作「THE GARDEN」と2分弱の小曲「FIELDS OF ZAGARA」がその辺を感じさせるだけで、全体的にはドゥームというよりは演奏の荒々しさもあって、幾分ハードコアやガレージ系の影響も伺えるHRを演っている。
リー・ドリアン自身も、一度は完成させた楽曲を一度破棄してもう一度再構築し直したという事から、従来の音にはしたくなかった意図があったみたいで、それは楽曲に十分現れている。しかし、楽曲の節々にいつものカテドラルの影が見えるトコはさすがといったトコ。単にサバスの焼き直しみたいな雰囲気からは、完全に脱却している。

個人的には、力技で聴き手を捻じ伏せる前半よりも、小曲を挟んでの後半部の流れの方が良い様に感じた。リー・ドリアンの歌の下手さは相変わらずだけど(まだ言うか/笑)新たな路線にチャレンジする姿勢は多いに評価したいと思う。

ラウドパークから約5年、単独公演では実に10年振りとなる来日公演が予定されているらしいけど、平日公演という事もあって参戦は無理だけど、一度はライブ観てみたいんだよなあ...特に新作からのあの雰囲気を壊さないで再現出来るんだろうか?非常に興味がある。


アルバム予告編↓
http://www.youtube.com/watch?v=zlKJvvjkV9s

「ORO THE MANSLAYER」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=OlNtGlCGgXU&feature=related

THE EP SESSIONS 2007-2008THE EP SESSIONS 2007-2008
(2009/05/25)
THUNDER

商品詳細を見る


...しっかし、まあホント忙しい...
先日「年明けに色々な事が起き意気消失」という理由の一つに仕事の事があって、経営不振の為に3月の決算までに累計黒字を目標に残業が増え、しかも賃金は低い...という悪循環のお陰で「やってられない」となった訳だけど、夜勤も明け方5時までなんで起きる時間が今くらいになってしまい、17時には家出なきゃいけないと。
ってな感じなんで、更新の方が3月まではなかなか上手く回らないと思うので、ここでご了承の程を。

って気分なんで、先日の東京CD漁りツアーになった訳だけど、ホントに心癒されるといった感じで(笑)時間とお金があればもっと周りたかったけど、あの少しの時間でも結構な収穫があった。
最近は殆どネットで買うのが主流になってしまったけど、中古盤屋はやはり周らなきゃ分からないなと。そんな1枚、サンダーのシングルを集めた「THE EP SESSIONS 2007-2008」を未開封品¥1300で購入。地元のタワレコだと倍近くの値段で売られていたので、これはお買い得(タワレコが基本高いという事もあるけど/苦笑)。

2007-2008という表記である通り、現時点でのラストアルバム(と敢えて言いたい/笑)「BANG!」発表前のシングル3枚「SIX OF ONE...」「...HALF A DOZEN OF THE OTHER」「THE JOY OF SIX」を集めて、ライブ2曲を外したのがこのアルバムの内容。
まあコンピ盤と言えばそれまでなんだけど、そこはサンダー、ただの寄せ集め集にはならず意外とまとまりのある良いアルバムかと。
「BANG!」が全体的に渋い音で占められていたのに対し、このアルバムでは逆にかつてのHRっぽい雰囲気が感じられているので、耳に馴染みやすいというか「やはりこうでなくては」と思わせられた。

「CHAIN REACTION」と「I BELIEVE」は「BANG!」の日本盤ボートラ、「WHAT A BEATIFUL DAY」「LAST MAN STANDING」「DIRTY DREAM」「LIKE A SATELLITE」はLIVEなので既発の楽曲もあるけど、他の楽曲は聴いた事なかったのでやはりファン必聴のアルバムかと。
私的には最もHR的な「SURVIVOR」「YESTERDAY'S NEWS」、哀愁を感じさせる「BETTE DAVIS MELTDOWN」、しみじみと心に染みる「ONLY YOU CAN MAKE ME CRY」がベストかな。

このCDを購入したディスクユニオン新宿メタル館では、何とオフィシャルサイトのみ販売の(あくまで現時点での←しつこい)ラストライブのDVDまで売ってて最後まで迷ったけど、お金無かったのとPALなのかNTSCなのかよく分からなかったので保留にしたけど(って店員に聞けば良い事だけど/苦笑)やはり買っておくべきかなあ...


「I BELIEVE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=r9gkpAto7w4

「DIRTY DREAM」2007年日本公演↓
http://www.youtube.com/watch?v=XY6JVKUJ4WE