先週は連休ではなく、日曜のみ休日だったんで今週が長い事...。お陰様で疲労もピークに達した様で、今日はホントに何もやる気が起きなかった。
そんな無気力な1日に少しだけ”喝”を入れてくれたのが、今日のお題BOØWYである。

もう一つのブログの方にも書いたけど、先日DVDやらBDやらの激安店で数点購入した時に、昨年の年末に発売されたBOØWYのBD-BOXセットが早くも半額セールになってるではないか!?「何でこんなに安いんだ!?」と思い色々とネットで探ってみると、リスナーの大半がレコード会社の未発表映像の小出しやリリース方法に対して大きな拒否反応があってか、想像よりも売れてないみたいな感じだ。じゃなきゃ、こんなに早く値下げはないしね。

昨年がバンド結成30周年という事もあって過去作のリリースは勿論の事、映像作品の方も新たなリリース形態を取った訳だけど、節目節目で過去作ばっか出されてもコアなファンだってもう見向き出来ないでしょ。
しかも解散発表のライブ映像をパッケージにした「1224」のDVDリリース時(2001年)には「倉庫から偶然発見された」的な事が書かれてたんだけど、今回のBD化に伴い新たな未発表映像に関しても、前回と全く同じく「倉庫から発見された」との事(苦笑)。余りにも芸が無さ過ぎる。
だって、こんな不景気でCDが売れないという時代に、お金になるBOØWY関連のモノが節目節目に「倉庫から発見された」って、倉庫管理者は一体何やってるんだ?と。お金になるなら倉庫整理は直ぐにでもやるでしょ、普通?
コアなファンの書き込み見ても「無償で倉庫整理やってやるから、倉庫の場所教えろ」とか言ってる始末だし(爆)。
まあ、また35周年記念でまた新たなマテリアルが出てくると思うんで、次の言い訳はもっとまともなモノにしてくださいね(失笑)。

で、今回のこのブツ。今年の春に「1224」の音を再調整し5.1chサウンドに仕上げ劇場公開されたのを機に、音源の方もオフィシャルサイトにて3000枚限定で発売されたモノだ。ケースがフィルムケースみたいな缶パッケージで、汚いデザインがプリントされている。因みにブルースペックCD2だ。
3000枚限定と言っても、劇場公開された時にこのCD付きの鑑賞券が発売されているんで、ファンは既にそっちで手に入れてるだろうから流石にこっちまでは手を出さないのか、残少ながらも今でもオフィシャルサイトで売られていたので、とりあえず押さえておきました(画像が無いので、オフィシャルサイトでの詳細。http://shop.boowy30th.com/products/detail/BOOWY-001D)。

内容は映像版と全く同じ音なので特筆すべきトコはないのだけど、このCDの購入を決めたポイントはとにかく演奏に勢いがあるという事。当然メンバー達は解散を知ってる上でのライブなので、何処となく悲壮感を振り切ろうという雰囲気が音に表れている感じ。

しかし、ホントに良い曲書くバンドだったなと改めて実感した。メンバーは今回の30周年プロジェクトには殆ど関与していないだろうから(イベントでドラマーの高橋まことさんが出たくらい)またレコード会社の集金時期か...的にしか捉えられないだろうけど(失笑)久しぶりに彼等の音楽聴いてやっぱ良いモノは良い...という感想しか出て来なかったので、このCDと新たに発売された「GIGS NAKED」のCD、そしてBD-BOXもいつの間にか6割引きになってたんで勢いで買ってしまいましたよ(笑)。

給料貰ったばっかだけど、もう次の給料まで銀盤は買えません...(苦笑)。でも後悔は全く無い!!



劇場公開版予告編

http://www.youtube.com/watch?v=Y-8vb_SO378


「LIAR GIRL」
http://www.youtube.com/watch?v=V_E0NUmNNeA
スポンサーサイト

夢紡ぎ夢紡ぎ
(2001/12/05)
スザンヌ・ヴェガ

商品詳細を見る


久々の更新となりますね~。最近は色々とやる事が多くて、また疲れ果てちゃってるんで(苦笑)なかなか書く事が出来なかったんですよ
理由の一つが、先週楽天のメールで知ったDVD/BDの激安セールに見事釣られてしまい(笑)マイアミ・バイスのDVDボックス2つに(1つ¥780はホントに激安。廉価になる前は一つ¥17800くらいだったのに)「ヘルボーイ2」のBDを購入したお陰で、観る時間を捻出しようと思いきや、仕事から帰宅して夕飯食って風呂入ったらもう仮眠モードで、起きたらもう23時!?ってな具合が毎日続いてるんで、これだと流石にブログまでは手が回りませんって。

でも音楽はずっと聴いてますよ、新旧問わずに。唯一の救いが最近は余り欲しいモノが見当たらないので、買い溜めたモノを片っ端から聴いてる感じかな。先日HMVに行った時「ロック・オブ・エイジズ」のBDが半額になってたんで思わずゲットしたのだけど、元々はサンタナの80年代の頃のボックスセットが欲しいな~と探しに行ったくらいで、一時期の鬼の新作ラッシュも一段落したみたいなので、ゆっくり色々と聴ける環境が出来てきたかな。

そんな訳で、今日は余りHM系の音よりも落ち着いたモノを...(しかし、何で日曜はこういう穏やかなモノを求めるんだろうか?)って事で、久々のスザンヌ・ヴェガをチョイス。通産3枚目のオリジナルアルバム「DAYS OF OPEN HAND」(邦題:夢紡ぎ)。発表は1995年。

大ヒットを記録してスザンヌの名前を一気に広めた大傑作の2ndアルバム「SOLITUDE STANDING」の後の作品として非常に注目して、また期待していたアルバムでもあった本作だけど、私的にはちょっと焦点のズレた作品として捉えているので余り手を伸ばさないモノとなってしまった。
根本的には前作と同じ路線を踏襲しているので決して聴き辛いモノではないのだけど、トータルコンセプトが希薄なのか、全体的にまとまりがなくなってしまった感覚を強く感じる。
また「INSTITUTION GREEN」(邦題:緑の建物)や「THOSE WHOLE GIRLS(RUN IN GRACE)」(邦題:しなやかな娘たち)でプログレ的というか、ちょっと難解な曲もあったりして、新しい事に意欲的なのは分かるけど悪い意味でアルバムの流れを断ち切っているのがマイナスになったと思う。

しかし、シングルカットされた「BOOK OF DREAMS」や「TIRED OF SLEEPING」(邦題:眠り疲れて)のメロディの良さは相変わらず、またこのアルバムで一番好きな「PILGRIMAGE」(邦題:遍歴)の幻想的な雰囲気は非常に堪らないので、スルー出来ない作品である事には違わない。

ただ、前作の成功によって引き起こった”生みの苦しみ”的な雰囲気も感じられて、この路線に限界を感じたのか理由は分からないけど、次回作では大胆な音の変化を試みたのはこの時点では全く知る由も無かったので、スザンヌ本人もここで自身の路線に一区切り入れたかったのかな?

最近はセルフカヴァー集を出したり、2ndアルバムの完全再現ライブなど過去の清算がやたらと顕著だけど、これは今後何か新しい事を始める前兆なんだろうか?スザンヌはアコースティックが基本ベースにあって、様々なスタイルを取り入れて自分のモノとして昇華させるスタイルを貫いてきたので、新しい事を始めるにあたってもそんなに驚きはしないのだけど(さすがにダンスミュージックはやらないと思うけど/笑)そろそろ完全な新作が聴きたいトコですよ。


「BOOK OF DREAMS」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=uAWGw8meEDE


「TIRED OF SLEEPING」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=8cxs9WPLTWY


「PILGRIMAGE」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=0vT7C7CfK-w

さて3連休、早くも2日目終了(苦笑)。もう先週の暑さと激務のお陰で早くも夏バテ状態だったんで、この3連休を楽しみにしてたんだけど、昨日はホントは何処か気晴らしに出掛けようと考えていたものの余りの体力の無さと(笑)天気の微妙な雰囲気に嫌気が差してウチで「ドラゴンズ・ドグマ」を1日プレイ。

で、今日こそは...と考えてもまた天気が微妙なんで、天候に左右されない屋内が良いと思い、隣町のイオンへ買い物。その道中、田舎道を突っ走ってたら、いきなりスズメが飛び出して”ボン”という音が。新車でいきなりコレかよ,,,と慌てて見てみると、下のフロントに当ったらしくキズや凹みは無かったけど、少しズレてやがってた。何でこうも我が愛車には不幸が降りかかるのだろうか?

その道中に聴いていたのが、先日東京へ行った際にHM歴の浅い友人saraサンから頂いた今年のオズフェストのブラック・サバスのブートCD(勿論、公式ではないので写真はありません)。

私に譲ってくれた理由は単純にサバスが好みに合わないという事なんだけど(苦笑)そもそもsaraサンとはオズフェスト一緒に観るつもりだったのだけど、実はサバスを知らなかったらしく(爆)私が「サバスはこれだけは聴いてくれ」的な音源を先に渡しておいたのだけど、それを聴いて余り好みじゃなかった...と。まあ彼女はマリリン・マンソンとかミニストリーみたいなちょっとインダストリアルが入ったヘヴィロックが好みなので、古典的なサバスは余りタイプではなかったんでしょうな。

で、その彼女が友人のイギリス人と一緒に西新宿のブート界隈へ出掛けた時に、そのブート屋の兄ちゃんと仲良くなったらしく、オマケでどれでも好きなの持ってってくれ!と言われたらしく、そこにこのCDがあったので貰ってきたのは良いけど、そのイギリス人はいらなかったとの事なので、私に回ってきたと。何という幸運。

で、早速聴いてみると、ちゃんといきなりオジーが登場する前の笑い声まで入ってるじゃないか!(笑)あの時の雰囲気が蘇ってきて「WAR PIGS」開始。しかし、オジーの声がちょっと風呂場のエコー状態(苦笑)。しかも、低音が余り効いてないので全体的に軽い...本編観てしまったモノとしては、この始まり方ではない!と断言出来る!(笑)
まあブートだからその辺は多めに見て、それでも意外と音質は良さげ。2曲目の「INTO THE VOID」では幾らか改善されたみたいで、音量上げて低音効かせれば普通に聴こえるレベルかと。

しかし、ライブで観てた時はもうテンション上がりまくりだったんで分からなかったけど、こうして音源で全曲聴いてみると意外と危なっかっしい部分もあったんだなあ~と(笑)。「UNDER THE SUN」のオジーの歌は結構ハラハラもので、アイオミさんは冒頭の「WAR PIGS」でちょっと演奏荒いかな?と思いきや、曲を追うごとに徐々に調子を上げてくる...ってな具合で、こういう手直し一切なしのライブ音源も聴いてて結構面白いかも?如何に手直ししたライブテイクを聴いているかがよく分かる気がした。

選曲に関してはそんなに文句はないけど、個人的に聴きたかったのは「SWEET LEAF」や「SABBTH BLOODY SABBTH」(イントロの冒頭のみだった)、あとライブでは多分演ってない(まあ、オジーが声出ないから無理だけど)「HOLE IN THE SKY」があれば良かったけど、まあ生で観られた事に意義があるんで。

新作からの「GOD IS DEAD?」もライブで聴くと非常にカッコイイけど、もう新作発売されてるから新作からどの位演奏されてるのかが気になるなあ。まあ、サバスの場合はあの曲もこの曲も~って多いから精々2~3曲くらいなんだろうけど、新作の出来が良かったからもうちょっと増やしても良いんじゃないかな。

という訳で、思わぬプレゼントに非常に満足してしまった1枚となりました。saraサンには何かまたお礼考えなきゃな(笑)。


「本編:全曲」(頂いたCDの音とは違うモノです)↓
http://www.youtube.com/watch?v=KLnJHjtlCqM

HMVでアリス・イン・チェインズの新作頼んでおいたのが遅れた理由は、このDVDを購入する為だったと。マリリオン、一世一代の大傑作「BRAVE」の完全再現ライブを収録した「BRAVE LIVE 2002」。アマゾンではまだ取り扱ってないみたいなので、今回は画像無しです。

以前ラケットレコード直売でDVDとCD別々に売られていたモノだけど、今回の再発はCDとDVDをセットにしたモノ。金額もHMVから¥500クーポン貰ってあって、しかも3枚購入で30%オフだったので意外と安く手に入った。まあ、あの「BRAVE」完全再現ライブとなりゃ実際のライブが観られなかった事もあり、高くても買いましたけどね。

で、今日仕事から帰宅し、ご不在連絡表を片手に電話で再配達頼もうと思ったら「只今、大変混み合ってます」とかで5分くらい全く繋がらず、本日再配達の終了3分前に繋がったのは良いけど今度は追跡番号が認識出来ないとかで一方的に切られてしまい、終了時刻に。
アタマに来たので、直接郵便局まで乗り込んでさっさと奪ってきましたよ。ちゃんと仕事しやがれ、日本●便###。

気を取り直して夕食後に早速鑑賞したけど、やはり完全再現だけあってかなりのド迫力。「BRAVE」が発売されたのが1994年で、勿論当時は完全再現ライブを行なっていたのだけど(BURRN!の記事で読んで、このアルバムに興味を持ったのだ。勿論、今でもその記事はスクラップしてありますぜ。)この時は映像記録は残って無いみたいで、2002年英国でのマリリオン・ウィークエンドで収録されたとの事。

メンバーの気合の入れ方も違うのか、物凄く厳粛で重苦しい雰囲気で冒頭の「BRIDGE」が始まって観客の歓声が挙がるも、Mr.Hことスティーヴ・ホガースの歌声が始まるとライブとは思えないほどの静けさが覆い尽くす雰囲気は、普通のライブとは違う事を観客も分かっているかの様だ。
「RUNAWAY」でのホガースは聖職者の様な服を着て花を千切りながら苦悩を歌う姿を見て、一気にその世界に引き込まれた。
組曲の「GOODBYE TO ALL THAT」でホガースが狂気に満ちたメイクを施し、その世界観を損なう事なく構築するシーンは見物。「HARD AS LOVE」のエンディングでは、黒姿の男達に取り押さえながら消えていく演出には驚いた。
後半の「BRAVE」から「MADE AGAIN」まではホントに圧巻。壮絶な「THE GREAT ESCAPE」でメンバーが一旦ステージから退き、クレジットを挟んで「MADE AGAIN」が始まる構成も良い。

あの「BRAVE」の完全再現ライブ映像が観られるだけでも感動なのに、メンバーの演奏力・表現力が十分に発揮されているので、物凄く得した気分になった。当時のライブを観られなかったのがホントに悔やみ切れない...
以前「MADE AGAIN」というライブ盤で「BRAVE」完全再現ライブの音源が記録されているけど、その時期よりもホガースの声はよく出ていると思った(まあ、録音状態の影響もあるだろうけど)。また、改めて「BRAVE」の凄さを再確認出来た。ホントに凄いアルバムだわ...

あ~、しっかしヤバいの観ちゃったなあ~って感じ(笑)。英国はもっとマリリオンを誇って良いと思うよ。日本にはこういうバンド、絶対にいないしなあ...暫くはまたマリリオン熱が再燃しそうだ。せっかくアリチェンの新作届いたというのに、これじゃ暫く聴けないじゃないか...(苦笑)。

それはそうとクラブチッタさん、いい加減彼等を日本に呼んでくれませんか?彼等のライブ観たい人って結構いると思うんだけどなあ...


「RUNAWAY」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=WEqvUSBwAEg

「THE GREAT ESCAPE」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=jtBwXLzawWw

「MADE AGAIN」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=TtRg6-8blsw