Future WorldFuture World
(1990/04/16)
Pretty Maids

商品詳細を見る


行ってきましたよ、昨年に引き続き今年も日本来てくれたプリティ・メイズ来日公演。
前回は約11年振りの来日公演、しかも平日1日限りという事もあってライブはコアなファン達が集合して大いに盛り上がったのだけど、今回は今年発表された新作「MOTHERLAND」のツアーの一環という事で(それと、前回で手応えを感じて味を占めたのか/?笑)バンドとしても前回の大盛況から、新たにバンドの真価を問われる来日公演かと。

私自身、前回のライブが初メイズで非常に楽しかったから今回も問答無用で行く事にしたのだけど、その後に再々度復活した(笑)サンダーの来日公演が同じ時期に発表されるとは思ってもおらず、金銭的にもちとキビしいなあ...と思いつつも、やはりライブが観たいバンドは無理してでも行かねば!!って事で両方観る事にした。

だけどメイズの東京公演は22日金曜日のみ、サンダーは22・23日と2日公演で、運良く両方チケットが確保出来た訳だけど(クロスさん、THANX!)日程や金銭的に両方観たくても1つに絞る事を止むを得ない人達がいるのは明白で、両方共ソールドにはならなかったみたいだ(大体、両方共8割程度くらいの入り)。
今年のヴァッケン・オープン・エアでも両バンドは出演してるんだから、いっその事カップリングで行なうとか(!)ちょっと打開策が欲しかったなあ。まあ、呼び屋が違うから無理なんだろうけど。

ともかく、詳細は雑談版にも書いたんでそちら参照してもらうとして、今回のお題は彼等の2ndアルバム「FUTURE WORLD」をチョイス。
ジャケを見てもらって分かる通り(笑)この頃の彼等は大手EPICソニーと契約していてもまだまだB級っぽさが抜けてなく、裏ジャケのメンバー写真見てもダサいメタルバンドの典型的なスタイルで(爆)垢抜けるには全然程遠い感じだった(ハマさんが細い!!)。

しかし、音の方は2作目にして早くも曲のクオリティは総じて高く、楽曲で勝負出来るバンドという認識が確立されつつあったと思う。正等派HMの根本的な部分はそのままに、キーボードで装飾されてポップな部分も感じられ、デンマークという土地柄のお陰か、北欧メタルの煌びやかな部分、ジャーマンメタルの疾走感な部分という”美味しいトコ取り”のスタイルは、既にこの時点でほぼ完成されていたと思う。
今でもライブの定番曲となっているのもこのアルバムから「FUTURE WORLD」「RODEO」「YELLOW RAIN」「LOVE GAMES」「NEEDLES IN THE DARK」とかなり多い。他にも私的には「EYE OF THE STORM」なんかもかなり好きだ。
続く次作では、キーボードが更に強まってよりポップ色が強くなるのだけど、このアルバムでは寸止めで済んでいるので代表作として挙げられるのもよく分かる。よりHM色が強いのが好みだと1stアルバムという事なるのだけど。

しかし、ホントに良いバンドだわ~。この当時のスタイルとは音もルックスも(笑)変わってしまったけど、楽曲良さだけは変わっていないと思う。良い曲持ってるバンドはライブが強いのも実に納得で、昨夜のライブでも「アレも聴きたい、コレも聴きたい」という感じで、あっと言う間の1時間半だったし。ホント、末永く活動していって欲しいと願うばかりだ。


「FUTURE WORLD」PV↓(もはや”誰?”レベル/笑)
http://www.youtube.com/watch?v=Ka6OFwp25YI

「RODEO」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=fW3lJxmIIK8

スポンサーサイト

フィアー・オブ・ア・ブランク・プラネットフィアー・オブ・ア・ブランク・プラネット
(2007/04/25)
ポーキュパイン・ツリー

商品詳細を見る


いよいよプリティ・メイズ&サンダーの2連チャンライブが近付いて来ましたよ。
正直、このお陰で今月のウチの財政面はかなり危険な状況なんだけど(苦笑)そんな事は言っていられない、近年観たいライブが徐々に減ってきてるのに、ココへ来てライブが楽しいバンドが2つも観られるなんて贅沢過ぎるだろ、と。
メイズは昨年のライブが最高に楽しかったし、サンダーはもう日本じゃ観られないと思ってたんで(クラブチッタGJ!しかし、マリリオンにもオファー掛けてたってのには驚いた。本人達が来日に乗り気じゃないらしいんでポシャリそうだけど/涙)この機を逃す訳にはいかない。お金じゃあないんだ、人生楽しめる時に(それなりに)楽しんでおかねばダメでしょう。今年一番のハッピーシーズン到来に、徐々に浮かれてきておりますです。

さて、そんな中でも最近ライブが観たいなあ~と思ってるのが、先日新譜をレビューしたスティーヴン・ウィルソン。先日HMVからブルーレイが届いて早速観てみたんだけど、ライブが内省的なキング・クリムゾンみたいな雰囲気でかなり引き込まれてしまった。演奏の上手さは勿論の事、音の綺麗さも相成って独特の雰囲気が心地良さそう。日本来ないんですか?

そのSWを同時期の購入しためそ子サンから、ポキュパの音源を聴かせて頂いたので、今日はそれをレビュー。2007年発表の「FEAR OF A BLANK PLANET」。

このバンドはumeサンや某音サンから前作「DEADWING」を薦められたのを切っ掛けに聴いてみたのだけど、「DEADWING」は暗めのプログレ+ドリーム・シアターみたいな感じで決してメジャーなノリの音楽ではないな、というのが最初の印象だった。ジャケの陰鬱さや当時YOU TUBEに幾つか挙がっていたPVが、売れ線狙いの音楽をやってるとは到底思えなかったし。

でも「DEADWING」はかなり聴きまくったアルバムで、その後「IN ABSENTIA」も購入して同じ様に聴きまくった。しかし、このアルバムは買おうと思いつつも手が回らなくなって後回しにしていたら、今回めそ子サンが回してくれたのでラッキーだったと(笑)。
ジャケの雰囲気は相変わらず。何でも、バンド初のコンセプトアルバムだそうで(調べたら”オタク”を題材にしているとの事)全体的に閉じた世界観が支配している。前作には「LAZARUS」の様なピアノの綺麗なほのぼのとした雰囲気の楽曲が入っていたのに対し、今作にはそのテのモノは一切なし。更に陰鬱度が増した音世界となっている。
でもこのアルバム、個人的には前作よりも好きかも。何処かレトロっぽいイメージのあった前作よりも、今作の幾分モダンになり緻密度が増した構成は”現在のバンド”という意識を明確にしてくれるのが良い。お気に入りは「FEAR OF A BLANK PLANET」、約18分の大作「ANESTHETIZE」、「WAY OUT OF HERE」あたり。

今はポキュパの方は閉業中でSWのソロ作がかなりの力作なんで満足してるけど、ホントにポキュパは再活動するんだろうか?何だか、キング・クリムゾンみたいに気まぐれで活動してほしくないんだけど(笑)ただでさえ活動歴の長いバンドだから、再活動する間にそれまで作品もちょこちょこ聴いてみたいかも。ただ、何から聴いて良いのかよく分からないんだけどね(苦笑)。


「FEAR OF A BLANK PLANET」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=YW3Y_YvP_jw


「WAY OUT OF HERE」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=95QS3c_Tei4

エンジェル・オブ・レトリビューションエンジェル・オブ・レトリビューション
(2005/02/23)
ジューダス・プリースト

商品詳細を見る


昨日は、久々にtaroサン&めそ子サン夫妻と共に食事&お茶。詳細は雑談版で書くとして、この3人音楽の話でずっと盛り上がっていられるので(実際は音楽以外の話もあって実に盛り沢山な内容だったけど)昨夜は喫茶店の閉店真際までずっと語っていた(笑)。

その話題の中で久々にメタルゴッドの話になったので、今日は久々に手に取って聴いてみた。2005年発表のロブ・ハルフォード復帰作となった「ANGEL OF RETRIBUTION」だ。

1990年発表の、全メタラー必聴の大名盤「PAINKILLER」から実に15年振りのロブ復帰となった訳だけど、それまでの間バンドはティム”リッパー”オーウェンズをシンガーに備えて2枚の作品発表してるし、ロブもファイト名義で2枚、TWO名義で1枚出しているけど、その間に双方共それぞれお互いの重要性は確認出来た事だと思う。
バンドの方はロブに負けず劣らずのボーカルを備えても違和感があったし、ロブ側は若手ミュージシャン達と現代風の音でプレイしている姿はかなり違和感があったと思う。それが幾ら当時やりたかった事だとしても、バンドを脱退してまで追求するモノではなかったと思うけど、その辺はバンドとの確執とか個人の思惑とかがあったんだろうなあ。
ファイトの来日公演で、アンコールにジューダス・プリースト7連発だかプレイした時の盛り上がり方がハンパじゃなかったと当時雑誌に書かれていたけど、ホントにそれが全てだったと思う。

ロブの復帰に関してはどの様な経緯があったのかよく分からないけど、とにかくメタルゴッドの帰還となればそれを見過ごす事は出来ぬ...って事でこのアルバムを非常に楽しみにしていて、発売日に速攻手に入れて冒頭の「JUDAS RISING」で思わずおおっ!と唸ってしまったくらいだ。

当時はロブの復帰って事だけで興奮して結構聴いていたけど、同時に若干違和感も感じていた。ロイZの存在。
昨夜taroサンも語っていたけど「ロイZの”ジューダス・プリーストの音はこうあるべきだ”的なアプローチが気に入らない」という意味は凄くよく分かるけど、私の場合はそれよりもロイZ独特の何処かこじんまりした音作りがイマイチ好きになれないのだ。ブルース・ディッキンソンのソロ作で幾分「あれ?」って思っていたけど、セバスチャン・バックの1stソロアルバムを聴いた時にそれを確信した。良くも悪くも彼のカラーが入り過ぎてる気がするのだ。

久々に聴いて「REVOLUTION」「DEMONIZER」「HELLRIDER」辺りは今聴いても最高なんだけど、当時からイマイチと感じてた「DEAL WITH THE DEVIL」や「WHEELS OF FIRE」はやっぱキツいな。「LOCHNESS」も素晴らしいんだけど、せっかくの復帰作で早くもバンドの行く末をを匂わす雰囲気を作っているのがちょっと鼻に突くかな。

とはいえ、復帰作としては十分な出来だとは思う。そりゃ80年代の名盤連発時期に比べると衰えは隠せないけど、それを補える威厳と存在感はさすがだと。
もうツアーは行なわないという声明を発表し、更にKK・ダウニングの脱退という問題も発生したけど、アルバムは作り続けると発表してるので、最後にもう一度HMのバイブルみたいなモノを期待したいトコだけど、さて如何に??


「JUDAS RISING」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=BNGlrRrjlHw


「REVOLUTION」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=oPwp6BY85BU


「HELLRIDER」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=qkBXHYi_F_M

Universal [Blu-ray] [Import]Universal [Blu-ray] [Import]
(2013/09/17)
Anathema

商品詳細を見る


先週の水曜日あたりで週末が3連休だという事を知ったので、特に何も考えてなかったんだけどとりあえず何処かへ行こうかな?と思い、まずは銀行でお金を下ろして...とATM行って残高見たら「え、こんなに残高少ない?」と思いっ切り焦る(爆)。
しかもまだクレジットの支払いも済ませてない状態でコレでは、月末のプリティ・メイズ&サンダーの夢の2連戦なんて乗り切れないじゃん...今月は確実に赤字じゃあないか!?おお、残高なんぞ見たくない見たくない(苦笑)。
という訳で、連休はちょこっとドライブ行って、後はウチで掃除&GTAV三昧でしたとさ。

そんな心身共に凹んだ私の元に、連休最終日に密かに届いたHMVからの届け。そう、先日購入したスティーヴ・ウィルソンのブルーレイが配達予定日過ぎても入荷されなかったので、そのまま入荷待ちにしてもらい、もう一つ頼んでおいたアナシマのブルーレイは先に送ってもらったのだ。
そういう訳で、待ち侘びました~のアナシマのBD「UNIVERSAL」を今回はレビュー。

昨年度の年間ベストの中にも入れた彼等の「WEATHER SYSTEMS」は、今まで何度聴いたか分からないくらいリピートしてますが(i-tunesで再生回数が30越えてますが、購入前にYOU TUBEで何度も聴いてるし、通勤時の車内でも何度もリピートしてるから、間違いなくi-tunesの倍は行ってるでしょう)何気にYOU TUBEで検索掛けた時にこの映像が出て来て「何これ?」と。
そしたら映像作品みたいで、予告編の様な作りだったので慌ててHMVやアマゾンで検索掛けたら、やっぱブルーレイやCDで発売になるとの事で、即BDの方を予約した。CDの方はDVD付属だけどBDからのセレクト集みたいなので、やっぱライブ全部観たいと思ってBDにした。金額も¥2000以内で収まってるし。

で、早速観てみたら、会場がブルガリアにある古代ローマ劇場。よく歴史モノの映画に出てくる様な石で囲まれたホールに、バンドと地元のオーケストラを配したライブ。この雰囲気からして普通のライブと全く違うので期待感を煽ってくれる。また客層も様々で、若いお母さんに抱かれてる子供から初老のお婆ちゃんまで幅広い。

曲構成は最新作の「WEATHER SYSTEMS」と前作「WE'RE HERE BECAUSE WE'RE HERE」から前半~中盤にかけて、後半はそれ以前の楽曲となっているので、ここ最近の音から入った私にとっては分かりやすいのが嬉しい作り。
もう冒頭の「UNTOUCHABLE PART 1~2」の流れだけで既に涙腺が緩みそう。初めて演奏してる彼等を観たけど、男性ボーカルのヴィンセントと女性ボーカルのリーの声の伸びがホントに素晴らしく(ヴィンセントの方は、若かりし頃のU2のボノを思い出した)また脇を固めるメンバーも観客を煽りながらも堅実なプレイを心掛けてる様に見える。ライブなのでスタジオ版とは違う荒々しいプレイも勿論聴けるけど、それすら魅力的なのだから如何に彼等の世界観に引きずり込まれているのかがよく分かる。
そして本格的なオーケストラを従えてるので、彼等の音楽性を完璧に表現されているのがこのライブの特徴的な部分かと。正にこれ以上は求められない素晴らしいライブ。

約2時間越えの映像記録。何度も何度も心奪われて同時に癒された。いやホントに素晴らしいバンドだわ。
果たして次作はどんなモノ仕掛けてくるんだろうか?今から楽しみで仕方ないけど、最新作がピークだとは思いたくない、まだまだ引き出しは沢山持ってると思うのでコレを機にここ日本でも知名度を一気に広めてほしいと思う。是非、日本でもライブが観たいぞ!


「UNIVERSAL」(予告編)↓
http://www.youtube.com/watch?v=iGBg5rZb58s

「UNTOCHABLE PART 2」↓
http://www.youtube.com/watch?v=YRt0Ug5WweE