暗闇の天使 (紙ジャケット仕様)暗闇の天使 (紙ジャケット仕様)
(2004/07/22)
バウハウス

商品詳細を見る


今までこのブログを書いてきて、改めてアルバムを聴き直す事は幾度もやってきた事だけど、第一印象が悪い作品とはなかなか向き合わないのはCDを毎月買ってる人なら分かってくれると思う。買ってきたCDがその時の旬に成り得るモノだし、一度聴いてみて「これはちょっと」なんて思うと次はなかなか手に取り辛いし。

正にバウハウスがそうだった。以前2枚組ベスト盤のレビューを書いた時にも「余り心に引っ掛かるモノがない」と書いたけど、図書館で借りたモノで現物を持ってないお陰か、それから殆ど聴いていなかった。
だけど、昨年オリジナルアルバム4枚+シングルス1枚を含めた5枚組ボックスが低価格で発売されたのを切っ掛けに「もう一度トライしてみるか」と好奇心が湧き上がって(笑)購入してみた。

そのBOXセットが発売されたにも関わらず、何故かアマゾンではマケプレ価格が¥4000越えで一向に入荷する気配がない。まあHMVでも良いか...とも考えていたのだけど、HMVではなかなかポイントセールやってくれないし買うタイミングが全くなかったので、痺れを切らしてアマゾンで単品注文し(マケプレ価格じゃなくアマゾン価格で)来月上旬入荷の予定だったのだけど、何故か入荷が早まったお陰で今日ウチに到着。

ちょっと話が逸れるけど、別なネットサイトで注文してあったのが同時期に届く雰囲気だったので、郵便局に用事もあったからついでに「届いてますか?」と確認したら、郵便局のオヤジが確認もせずに「まだ最終便帰ってきてないんで」と客の質問を却下しやがった(怒)。お前の仕事だろうがっ###
しかも、今日届けにきた局員が、目も合わせずに一方的ベラベラ喋ってさっさとドア閉めてるし。コミュ障ならこんな仕事は向いてねーだろ?これならメール便で玄関に置いてもらえば全然良いって。

何はともあれ、両方共無事に届いたんで早速聴く事が出来るので、やっぱコレは1stから順に...って事で「IN THE FLAT FIELD」(邦題:暗黒の天使)をチョイス。発表は1980年。しかし何なんですかね、このジャケ。全く意味が分からないっす(苦笑)。

こうしてアルバム1枚通して聴くと、なかなか良い感じじゃないですか!?以前ベスト盤聴いた時とかなり印象が違う。ジャケの雰囲気も相成っているのかも知れないけど、音を大きめにして暗い部屋で聴いてると「なるほど」と唸ってしまう音楽性。このバンドに付き纏うゴスの薫りが強烈に漂ってる。

苦手なハズのピーター・マーフィーの歌声も、(自分の許容範囲で)若干キビしい面があるにせよ(苦笑)それほど気にはならない感じで、何より演奏をじっくり聴いてみるとダブやパンク、ニューウェイヴやレゲエなどの影響を独自の世界観で構築しており、その後の後続バンドの礎を築いた事がはっきり分かる。初期のBOΦWYは明らかに影響受けてたんだなあ、と思った。

なるほど、これは自分の認識を改めなきゃイカンですねえ。今の時代にこういうスタイルを持ったバンドが皆無という事実は、このバンドが当時全てやり尽くしてしまったからなのか、それとも今の時代には噛み合わない事なのかは定かじゃないけど、聴かずにスルーするには勿体無いという事だけはよく分かった。まだまだ勉強が足りませんなあ~。


「IN THE FLAT FIELD」ライブ↓



「DOUBLE DARE」ライブ↓





スポンサーサイト

イリミネイター(紙ジャケット&SHM-CD)イリミネイター(紙ジャケット&SHM-CD)
(2013/08/28)
ZZトップ

商品詳細を見る


最近は欲しいCDがあっても、なかなかポイントが多めに付くセールをやってくれないので(HMVの事です)買う時に躊躇する事が多くて、結局中古に走るか他よりも安値で買えるトコに行ってしまう。
それと円安のお陰で輸入盤が若干高めになって来てるんで、見る目はかなりシビアになってしまってるのも原因で、国内盤と余り変わりないならもうちょい後でいいや...って事になってしまうのだ。今年は更に消費税も上がるんで、購入はより慎重に...って事になるかも。まあ、それでも欲しいモノは買うんだけどね(苦笑)。

と言う訳で、このアルバムもずっと前から欲しかったにも関わらず、ちょっと高めの金額に設定されてたんでちょっと待っていたら、アマゾンの周期的に安くなる頃合を見計らって¥300くらい安く買う事が出来た。あ、因みにアルバム10枚BOXセットの事ですよ。このブログ初登場となるZZトップ、1983年発表の「ELIMINATOR」。

ZZトップは、ちょうど洋楽の洗礼を受けた頃にこのアルバムが大ヒットしている最中で、最初PV見た時(多分「LEGS」)は「何だ、この凄えーヒゲは?」(笑)。曲はそれなりにポップだけど、古臭い音だよなあ...と思ったくらいで、それほど関心はなかった。
それが後に日本の車メーカーのCMに登場した時には、彼等にはアメ車のイメージが物凄く強いんで「何で?」という感じだったし、それほど興味もなかったからそんなに興奮するモノではなかったなあ。

それが何故今更になって聴きたくなったのか?というと、やっぱこういう廉価版BOXセットのお陰で今まで通って来なかった事もあって、音楽性は好きな方向性なのに彼等の本質も知らずに語れないのはちょっとなあ~という事で買ってみた訳ですよ。

そんな訳で、大昔に地元の図書館で借りて聴いた以来のこのアルバム(笑)。リマスター効果なのか知らないけど、今でも十分通用する音だと思うし(若干80年代の雰囲気も残ってるけど)何よりやっぱ車で走りながら聴く音楽にはうってつけかと。
「GIMME ALL YOUR LOVIN」「SHARP DRESSED MAN」「LEGS」などのヒット曲は勿論の事、渋いブルーズ調のバラード「I NEED YOU TONIGHT」や、AC/DCあたりにも通ずる「I GOT THE SIX」など佳曲もあるので、ZZトップをこれから初めて聴くには最適なアルバムだと思う。

結成してからメンバーチェンジなしでアルバムを売り上げたバンドとしてギネスに認定されたり、アメリカのトラック野郎共がこぞってカセット買うのでレコードよりもカセットの売り上げが多いという珍現象が起きたりと(笑)何かと面白い魅力を持つバンドだけど、やはり彼等の強みは楽曲の良さにあるんだな...と改めて確認出来た。まだまだ自分も勉強不足だよな...と、ちょっと反省の念が(苦笑)。


「GIMME ALL YOUR LOVIN」PV↓



「SHARP DRESSED MAN」PV↓

Fan ClubFan Club
(2002/11/12)
ジェリーフィッシュ

商品詳細を見る


極寒の3連休最終日、正月関係の余波でお金が使えない状況なんで特にやる事もなく、ゲーム三昧だったり歯科医行ったり実家帰ったりして、何気に時間だけが過ぎてる感じだけど、正月に行かなかった毎年恒例の交通安全のお守りを買いに日光二荒山神社までドライブ。
天気が良いのは嬉しいけど、とにかく寒い!防寒していったのは大正解で、帰りは日も昇ってきたので徐々に暖かくなったけど、やはり午前中は寒さが身に染みる。有名な神橋の端から水が垂れてる場所が物凄い氷のオブジェと化してるのを見て、カメラ持ってくるべきだった...とちょっと後悔。
帰り際には、帰り道の通り沿いにある地元の動物園の客引き着ぐるみ(青いサル)が、申し訳なさそうに地味に手を振ってるのを見て爆笑(笑)。ふなっしーまでテンション上げろとは言わないけど、アレで本当に客入るのかね?

さて、その道中のBGMがここ数日間ずっと聴いてる久々のジェリーフィッシュ。切っ掛けは、何気にネットショップでCD探してた時に、彼等のライブ盤なるモノがいつの間にかひっそりと発売されてるではないか?しかも2枚も。
この2枚は近いウチに手に入れるつもりだけど、それを知った途端に最近全然聴いてなかったなあ~と思い、久々に聴いていると。しかも今日のチョイスは、出る出ると言いつつ2002年にやっと発表された4枚組のBOXセット「FAN CLUB」。

確か半年くらい前から発売されるというアナウンスがあってから、延期に次ぐ延期でやっと発売された経緯があって、その度にアマゾンのサイトを行ったり来たりしてたのを思い出す。しかも、どーいう訳だか発売元が全然知らないレーベルのブリッジというトコで、オリジナルアルバム2枚出した東芝EMIじゃないのか?と少々驚いた記憶もある。

まあ、何はともあれちゃんと発売されて、しかも初回限定生産という事もあって予約して買ったのだけど、予約特典がTシャツだったので期待してたら、何て事のない白地のTシャツに紫の文字で「ジェリーフィッシュ ファンクラブ」と入ってるだけの代物(爆)。今でも袋から出してない状態で持ってますよ(笑)。

で、内容の方はオリジナルアルバムが2枚しか出てないのにボックスセット?ってな具合だけど、そこは多用な音楽趣味を持つ彼等の事、デモやらライブやら未発表やらがゴロゴロ収録されており、中にはTV番組やマクドナルド(!)のジングル、日本のTV番組に出演した際の音源まで収録されて正に盛り沢山の内容となっている。

このバンドが好きな人達向けの作品である事には間違いないけど、このバンドの事を何も知らない人でも十分楽しめる内容なのは、彼等を語る上で重要な”ポップフィーリング”が片っ端から感じられる事ではなかろうか?
ビートルズ、ELO、クイーン、ビーチボーイズ、バッドフィンガーなどの美味しいトコ取りして、更に自分達のオリジナルを加えるという意味では、90年代当時のバンドでここまで徹底的に創作した人達は殆どいなかったのではなかろうか?
デモ集も数曲除いて1stと2ndアルバムの曲はほぼ網羅されているけど、デモにしてはやたら気合入りまくりで、ここから色々と装飾してアレンジを加えていく過程と考えるとかなり興味深い。中にはシンプルな味付けの方が良い感じのモノも多々あると思うし。
未発表曲も、確かにアルバムからオミットされた様な感じの曲もあるけど「LET THIS DREAM NEVER END」や「WATCIN' THE RAIN」の様に隠れた名曲も幾つか存在するのを見逃せない。ホントに多作だったんだな、と改めて実感。

私がこのバンドを知ったのが前述の日本のTV番組に出演した際の映像で(ダウンタウンのごっつええ感じ)ユニコーンの2人が彼等を紹介して、いきなりピンクレディの「SOS」を即興カヴァーして目が釘付けになった(笑)。知らないバンドがいきなり日本のアイドルの曲をカヴァー、しかも発音がめっちゃ上手いのにも驚いたし。
そんな人達がどんな曲演ってるんだろう?と興味を持って、2ndアルバム「SPILT MILK」を聴いたらもう抜け出せなくなってしまった...という感じだった。
この時に来日公演もあったのだけど、ホントにこれは今でも後悔している。地方なんで気軽に行ける環境ではないし、ましてやバンドをそんなに知ってる訳でもなくて、どーせまた来てくれるだろうと思ってたら呆気なく解散しちゃったし。

そんな訳で、私にとっては思い入れがとっても大きいバンドである事には間違いない。今でも再結成してくれれば...とすら思っているけど、多分こういう音楽は作れないんじゃないかな?と思う。主要メンバーのアンディ・スターマーですら「ジェリーフィッシュは装飾過多だった」と認めてるくらいだし。
ただ、彼等の作るメロディは変えようがないモノなので、シンプルな曲であっても魅力的なモノは幾らでも作れると思う。ましてやアルバム2枚のみで枯れたなんて言わせない(笑)。ロジャー・マニングはソロやプロジェクトで活動しているけど、アンディはバンド解散してから今に至るまで彼個人のオフィシャルサイト以外での発表は一つもないんで、いい加減何か発表して欲しいんだけど...


「SOS」TV↓
http://www.youtube.com/watch?v=M24mEMH1bPo

「TOO MUCH, TOO LITTLE, TOO LATE」↓
http://www.youtube.com/watch?v=vvPs2l0mWIs

「THE KING IS HALF UNDRESSED」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=UyDhsDUorGA

ショータイム,ストーリータイムショータイム,ストーリータイム
(2013/12/18)
ナイトウィッシュ

商品詳細を見る


長いな~と思った至福のナインデイズもあっと言う間に終了。
毎年思うんだけど、何で休み入る前は長いなあ~と思っていても、いざこの時が来るとあっさり終了してるんだろうか?ホントにこの感覚だけはよく分からん(苦笑)。

で、たっぷり時間はあったので、その時の為に...と取って置いたナイトウィッシュのライブDVD&CDを今回はチョイス。2CD+2DVDで¥8381+税。最近の流れからすると非常に高い買い物だけど、ドキュメンタリーが付いてるので字幕付きじゃないとキビしいんで、安いトコ探してジョーシンで25%オフの¥6600で捕獲出来た。

久々に彼等のCD買ったけど、以前から彼等のライブ映像が観たかったのと、新たに加入した元アフター・フォーエヴァーのフロール・ヤンセンを偶然YOU TUBEでチェックしたのを観てかなり気になったのが一番の動機だった。
初代Voだったターヤから前任者のアネット・オルゾンにチェンジした時、どーしてもアネットのVoにかなり違和感があったので彼等のアルバムはそれ以来全然チェックしてなかったのだけど、バンド自体ターヤとは別のタイプのシンガーを探してたという話だったので、ああ、それじゃ音楽性も変わっていくのかな...と思って、当時はそんなに興味もなかったのだ。

そしたらアネットは僅か2作で脱退し、こうしてフロールが加入する運びとなった訳だけど、個人的にはターヤよりも好きなシンガーだわ(外見ではない/笑)。アフター・フォーエヴァー自体がナイトウィッシュスタイルのバンドだったのでターヤばりのオペラティックな歌唱もそれなりにこなせるし、ターヤには無かったHM的なエッセンスが随所に垣間見えて、如何にもロックバンド的なアティチュードがバンドを大きく見せてる気がする(身長もかなりデカイみたいで、ギターのエンプがロニー・ジェイムズ・ディオばりの小ささに.../笑)。

またフロールと同時に加入したイリアン・パイプス奏者のトロイ・ドノクリー。そもそもイリアン・パイプスとは一体何ぞや...?と調べてみると、バグパイプの一種で口で吹くのでなくペダルみたいなモノで空気を送りこんで演奏するタイプのモノらしい。
だから演奏中は殆ど座りきりなのでステージングがちょっと違和感がある感じだけど、音的にはケルト風味が加わった感じで、今後は以前よりも更にケルト的な雰囲気が増してくるのではなかろうか。

選曲も実に良い感じで、大ヒットした「ONCE」から多く取り上げるのは勿論の事、新旧織り交ぜて飽きさせない構成は見事。個人的には「SHE IS MY SKIN」「EVER DREAM」「ROMANTICIDE」「BLESS THE CHILD」が入ってたのが凄く嬉しい。
個人的にはこのライブのハイライトは何と言っても「GHOST LOVE SCORE」。YOU TUBEでチェックした時に観たのが、この曲のブエノスアイレスでのライブだったのだけど、正にフロールの実力を発揮してる映像だった(おまけでこのライブ映像も収録されてたのも嬉しい!)。

しかし、こんなに良いシンガーだったとは思わなかった。何度鳥肌が立った事か...やっぱ無理してでも昨年のフィンランドフェスに行くべきだったなあ。今度は新作発表後になるだろうけど、非常に期待度が高まるバンドに変貌したのは嬉しい限りだ。


「DARK CHEST OF WONDERS」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=yAPYmGtnqZQ


「GHOST LOVE SCORE」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=JYjIlHWBAVo

恋するチャカ恋するチャカ
(1989/04/10)
チャカ・カーン

商品詳細を見る



今年も明けましたね。宜しくです~。

さて、こんなにゆっくりのんびり出来る正月休みはホント最高で、殆どTVゲームと映画三昧に勤しんでますよ。さすがに夜更かししてまではやらないので、結構健全な生活だし。
CDも年末に購入したモノが結構多くて、未だに手を付けてないモノが多いのでこういう時間で色々聴けるのがホントに有り難い。仕事疲れで音楽聴く気も起きないのが一番困ってしまうので、こういう癒しの時間は絶対に必要かと。

で、今年一発目のアルバムは何故かチャカ・カーン。しかも初ソロアルバム「CHAKA」(邦題:恋するチャカ)。発表は1978年。
以前ベスト盤のレビューにも書いた通り、数あるR&B系のミュージシャンの中でもチャカ・カーンは結構好きだ。リアルタイムで聴いたのは「I FEEL FOR YOU」からだけど、それ以前のアルバムにはなかなか手を出すチャンスがなくて、いつか聴いてみたいとは思っていても毎月HM/HR系だの何だの買ってれば、そりゃいつまでもチャンスなんてない訳で...
でも、チャカ・カーンも輸入盤の5枚組セットで発売された時には「絶対手に入れちゃる!」と思ってて、そしたら偶然覗いた中古CDのネット通販サイトにて¥1300で売られてたので即捕獲したと。アルバム1枚約¥217ですよ!

チャカ・カーンの何が好きかって、あの圧倒的な歌声に尽きる訳で、私の洋楽聴き始めた頃にはホイットニー・ヒューストンとか歌の上手いR&B系シンガーは結構揃っていたけど、その中でもチャカはダントツで好きだった。「I FEEL FOR YOU」なんて今聴くとあからさまなディスコソングだけど、やはりあの歌声あってこそ成り得る曲であって、並のシンガーならここまでのヒットにはならなかったのでは?と今でも思う。

この1stソロアルバムは今回初めて聴いた訳だけど、この時点で既にズバ抜けた歌唱力を披露しており、今の時代には少々古臭い、如何にも70年代的な楽曲が揃っているけど、こういう音楽が廃れつつある今だからこそ却って新鮮に聴こえる。
よくグレン・ヒューズの歌唱力をR&B系のミュージシャンと比較される事が多いけど、やはりグレンはチャカの影響も絶対にあるとこのアルバム聴いてて思った。
何と言ってもチャカの代名詞的な楽曲「I'M EVERY WOMAN」に尽きるけど、他にもちょっとAOR風味が掛かった「LOVE HAS FALLEN ON ME」や、絶品のバラード「ROLL ME THROUGH THE RUSHES」、都会的な雰囲気の「A WOMAN IN A MAN'S WORLD」な辺りが私のフェイヴァリット。

たまーにこういう毛色の違う音楽を聴くと、かなり新鮮な気分になれるのがホントに心地良い。R&B系のマニアになるつもりは全くないけど、気に入ったミュージシャンは出来る限り後追いでも聴いていきたいので、いずれはルーファスの方まで手を出す事になるのかな?まあ、その前にチャカのアルバムを聴きまくるのが先だけど。


「I'M EVERY WOMAN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=OTgKscVa7-A

「ROLL ME THROUGH THE RUSHES」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=D_b8bUiRuC4