シェイキン・ザ・グラウンドシェイキン・ザ・グラウンド
(2011/09/28)
オーレ・ブールド

商品詳細を見る


しっかし、よく降りましたなあ~、雪。
先週も凄くて土日で3回も雪掻きしちゃったけど、今回は土曜日は出勤日だったので、1時間くらい前に家出れば何とか着くかな?と思い、ドアを開けようとしたら開かない(笑)。ウチはアパートの1階で、2階の通路部分が玄関前になってるから殆ど雪が積もる事はないんだけど、この日は風が物凄く強くて吹き込んで積もってしまったのだ。その時点で20cmくらい積もってたかな?
この時点で、もう会社行くの無理だな...と思ってたので、朝6時から雪掻き開始。1時間くらい玄関前から階段脇までやったけど、駐車場まで辿り着かず(爆)。とにかく雪が止まない限りは無理だろうと判断し、今日になって2回に分けてウチの前の道路まできっちりやってきましたよ。お陰で背中と右腕が痛い(苦笑)。

で、今はちょっとのんびりしてお菓子バリバリ食いながら音楽を楽しんでると。こういうリラックスしたい時にはやはりAOR系でのんびりと...って気分なので、今日のチョイスはちょっと前に購入したノルウェー出身のオーレ・ブールドのデビューアルバム「SHAKIN' THE GROUND」。発表は2009年。

以前2ndアルバムの「KEEP MOVIN」をレビューしてるけど、私はその2ndアルバムのリリース時にタワーレコードの試聴コーナーでこの人を知って、アルバムがかなり良かったんで1stも欲しくなって後にやっと購入したのだけど、このアルバムをリリースした当時はAOR系リスナーから大絶賛を受けて一時期プレミアが付いたという作品らしい。私はその後に再リリースされたCDを購入。

ノルウェー出身という事でちょっと意外な感じかも知れないけど、このアルバムで聴ける音は明らかにメジャー感を意識した70~80年代のAOR系、それにプラスしてファンクを取り入れたスタイルを踏襲していて、デビューアルバムとしてはかなり完成度の高い音楽性を実践している。これは確かに大絶賛も受けるわ。
2ndアルバムと比べると、こっちの方がボトムの効いたリズムがかなりファンクっぽい印象を受けて、ジャミロクアイやスティーヴィー・ワンダーあたりをちょっと思い出した。

どーやら、日本盤と本国盤とでは収録順が違うみたいで、日本盤はAOR系のリスナーを対象した収録順になっているので、レコード会社がどんなスタイルで売り出したいのかがよく分かる。本国盤はホーンがバリバリに効いてる「BACKYARD PARTY」がアルバム冒頭に来てるらしいけど、確かにこれじゃリスナーにイメージが固定される感じがするので、日本盤の様な曲順が合っていると思う。1~3の流れは実にスムーズだし。
私的には、AORの王道を行く様な「ONE MORE TRY」、ヘヴィなファンクスタイルの「UNDER CONTROL」、フリーソウルっぽい「THIS BLOOD」、ジャミロクアイみたいな「CITY LIGHTS」がお気に入り。

昨年、ベスト盤(オリジナル2枚しか出してないのにベスト盤とはこれ如何に?)をリリースした一環として、ようやく初来日公演を実現させたらしいけど、ライブだとどんな感じになるんだろうか?歌の上手さはこのアルバムでも十分見せ付けてるし、以前はデスメタルバンド(!)でギターも弾いてたらしいからギターの腕も確かだろうから、かなり堅実なプレイが見られるライブなんだろうなあ。
ともあれ、3rdアルバムが早く聴きたいんでリリース待ってますよ!


「ONE MORE TRY」↓


「CITY LIGHTS」↓
スポンサーサイト

ナッシング・ライク・ザ・サン(紙ジャケット仕様)ナッシング・ライク・ザ・サン(紙ジャケット仕様)
(2010/04/01)
スティング

商品詳細を見る


さて、ここ最近はずっとゲームにハマりっぱなしで音楽も余り聴いてなかったし、何よりこっちのブログを結構疎かにしてたので、そろそろ本腰を入れて書いてみますか(と、自分に気合入れてみたりする/笑)。

で、今日のチョイスは久々にスティング。最近の彼の活動はよく知らないけど、調べたら昨年新作出してるんですねえ。ホントに興味が余りなくなってしまったので、聴くのはやっぱ昔の作品ばかりになってしまう。
そんな彼の作品で一番の傑作と言えば、この作品でしょう。1987年リリースの2ndアルバム「...NOTHING LIKE THE SUN」。

当時、私は高校生でポリス時代から彼の大ファンでもあって、このアルバムも非常に楽しみにしてた。洋楽雑誌の殆どで表紙を飾り、前作「THE DREAM OF THE BLUE TURTLES」でポリス時代の呪縛を自ら解き放ち、新しい音楽性を持って挑んだ新作という事もあって、期待度はホントに高かった。
当時はアナログからCDに移行する時期だったので、発売前に高校の友人から「CD買う?それともLP?」と問われ、私は「ジャケットが良かったらLPを買う」と言った記憶があって、発売日前日の学校帰りにレコード屋に寄ってLPを買って帰ったのを覚えている。

真っ白なジャケットの真ん中に、モノクロのスティングが髪を書き上げる写真が非常にクールで、確か彼はまだ40代前だったと思うけど、その年齢をとっくに超えてしまった私にはこの渋さを醸しだす事は絶対に不可能だろう(って、前回と同じ事書いてるけど/爆)。

ともあれ、初めて全曲聴いた時の感想は「完全に前作を超えてしまった」と。前作と全く同じメンバーで作られたにも関わらず、楽曲の出来が前作以上によく練られており、2枚組であってもあっと言う間に聴き終えてしまうのには驚いた。
先行シングルだった「WE'LL BE TOGETHER」も12インチシングル買って、当時キリンビールのCMで砂漠の真ん中でベース1本でこの曲歌うスティングが非常にカッコ良かった。
またこの曲のPVも秀逸で、スティングが物静かな男と酒に酔った輩の2役をこなし、コミカルでありながらもシリアスに見せる雰囲気もまたカッコ良い。

当時の富士フィルムのCMで使われた「ENGLISHMAN IN NEW YORK」はそれほど好きではないけど、後から同じCMで使われた「THE LAZARUS HEART」は凄く大好きで、この発表された時期(確か9月だった様な記憶がある)の雰囲気にピッタリだった。暫くこの曲ばっかリピートしてたし、他にも「BE STILL MY BEATING HEART」「THEY DANCE ALONE」「FRAGILE」「SISTER MOON」ジミヘンのカヴァー「LITTLE WING」「THE SECRET MARRIAGE」がお気に入り。

今回、久しぶりに全曲聴いたけどやっぱり評価は変わらない。彼の最高傑作だと思う。
そーいや当時はU2も「THE JOSHUR TREE」発表したり、結構歴史的名盤が出てきた年代だったなあ。今現在のチャートと比べるべくもなく、ホントに音楽シーンに活気があった時期だったと。


「WE'LL BE TOGETHER」↓



「BE STILL MY BEATING HEART」↓



「FRAGILE」↓

フォーリング・イン・ビトゥイーンフォーリング・イン・ビトゥイーン
(2006/01/25)
TOTO

商品詳細を見る


前回書いた様に、アリス・イン・チェインズの来日公演のチケットを、チケットぴあの先行予約で注文したらあっさり取れたのは勿論の事、先週の大雪の影響でなかなかコンビニに取りに行けなかったんで今日取りに行ったのだけど、何とまさかの108番。
これは先行予約だったから良い番号が取れたという事なのか、それともチケットが全く売れてないからこの番号なんだろうか...ファンとしては非常に微妙な問題だったりする(苦笑)。この番号なら最前は無理でも前方に行けるのは間違いないんで、今回は一緒に観る人達もいないし、ゆっくりまったり自分のペースで観られる事になりそうだ。音楽も浸る音楽だしね(笑)。

しかし、アリチェンと同時期に来日公演があるミュージシャンが結構多い。今のご時勢、CDが全く売れないんでライブで稼ぐしかミュージシャンがこの先生き残る方法が無いとまで言われているけど、それにしてもここまで多いとリスナー側としては大変かと。特に音楽性が近いミュージシャンが同時期に来日公演行なわれると共食い状態になる事は必至だし、ただでさえ仕事だ何だ~と色々と忙しい身分でもある訳だし。それでも、ストーンズとエリック・クラプトンは安定した観客数が見込めるんだから、さすが大物スターといったところか。

このバンドも4月に来日公演が行なわれて、しかも追加公演まで発売してるんだから結構売れてるんだろうなあ...と思わせる、結成35周年を迎えたTOTO。
ずっと35年間活動してる訳ではないし、メンバーもデビュー当時と比べて大分変化してしまったけど、それでも安定した音楽性を持つバンドなのでそれだけずっと追い続けてるファンも多いんだろう。曲は余り知らなくても、バンド名だけは知ってるという洋楽リスナーは結構いると思うし。

このアルバムは2006年に発表された「FALLING IN BETWEEN」。昨年、いつも使う中古ネットショップで新品が¥1000に値下がりしてたので問答無用で押さえておいたモノだ(笑)。

紙ジャケが再販されて一気に揃えた時以来のTOTOだけど、正直言って特に期待しているモノはなかった。何故なら、彼等はそうそう音楽性を思いっ切り変えてくる事はないのを知っているからだ。ジェフ・ポーカロ不在あたりからスティーヴ・ルカサー主導になった感があって、全体的に音がヘヴィになった印象くらいしか変化はないし、後は単純に良い曲が聴ければ良いなあ~という、本来最もCDを買う理由しかなかった。

全体的には「KING OF DESIRE」辺りを思い出させる作風で、あのアルバムの曲調をボビー・キンボールが歌ってるという感じに近いと思う。ギターは相変わらずヘヴィだし。
ただ、ゲストで3代目ボーカルのジョセフ・ウィリアムスが1曲メインボーカルで参加してるのだけど、何でこういう編成になったのかよく分からない。ボビーが歌ってもしっくりこなかったのか、それともこの曲はジョセフじゃなきゃダメだったのか、理由はどうあれちょっと意味不明かも。
しかし、その1曲「BOTTOM OF YOUR SOUL」が間違いなくこのアルバムのハイライトだと思う(笑)。ボビーには悪いけど、完全に喰われちゃった感じ。

他にも「SIMPLE LIFE」や「LET IT GO」「KING OF THE WORLD」など好きな曲も多いけど、やはり全体的に地味な印象を受ける。シカゴのジェイソン・シェフやジェスロ・タルのイアン・アンダーソンだのゲスト参加もあって、1曲ずつのインパクトはそれなりにあって華やかで完成度も高いんだけど、アルバム単位で聴くと何故か余り印象に残らないという不思議な感覚がある。
まあ、それだけバンドの演奏力が安定しているんだろうけど、いつものアルバムから余り抜け出せていない様な...

最新作はこのアルバム以降発売されていないけど、キッスのジーン・シモンズも言ってた様に長年活動してるバンドは新曲よりも過去の曲をリスナーは求めてるという事実を、バンド側も分かってるんだろうなあ。
新作出しても違法ダウンロードで落とされて儲けにならないし、バンドの意欲作といってリリースしてもファンが必ずしもそれを求めてるかどうかも分からないし、それならグレイテストヒッツなライブで良い...って事になっちゃうと。
でも、それじゃ新しいモノが絶対に出て来ないし、バンド側も成長しないというのはリスナー側の勝手な見解なんだろうか?


「BOTTOM OF YOUR SOUL」↓


「SIPLE LIFE」↓

UnpluggedUnplugged
(1996/07/30)
Alice in Chains

商品詳細を見る


ヤバイっすねえ、遂にアリチェン来ちゃいますよ~。
数年前、既に伝説と化したウドーフェス(笑)で日本に対してかなり失望したと言われ、もう2度と日本に来ないんじゃないか?とも言われていたあのアリチェンが(苦笑)クラブツアーだけど単独決定したみたいっすね。
90年代、現代のブラック・サバスと言わしめたあの重いリフが聴けるとなるとこれは観るしかないでしょう。来週のチケット発売でしっかり押さえておかねば!
ってな訳で、今回はそのアリチェンのアコースティックライブを収めた「UNPLUGGED」をチョイス。発表は1996年。

当時はこのアルバムをそんなにシリアスに受け止めてなくて、単にMTVアンプラグドでの収録ついでのリリースみたいにしか思ってなかったけど、この映像を観た時にレイン・ステイリーが余りに痩せこけて歌うのもままならない衰弱ぶりがかなり目に付いてしまい、バンドとしての活動も制限されてのがよく分かったモノだった。
バンドが活動してるのかどーかも、当時は色んな情報が氾濫していたお陰でよく分からなかったけど、結局のトコはレイン待ちだったと。その新たな復活の場となるハズだったMTVアンプラグドが、結果的にはレインの最後のパフォーマンスになってしまったので、今となっては重要な作品として捉われる事になったのは皮肉以外の何物でもないかと。

選曲の方は、冒頭から「NUTSHELL」で幕を上げる様にバンドのアコースティックの面を強調する選曲となっているけど、中には「WOULD?」とか「SLUDGE FACTORY」、「ANGRY CHAIR」みたいにオリジナルがヘヴィな音で捻じ伏せる様な楽曲も含まれていて、それをアコースティックでプレイするとどんな感じになるのか?という面白い一面も見せてくれている。

アコースティックを基調とした「SAP」「JAR OF FLIES」からの楽曲は(当たり前だけど)違和感のないスタイルで貫かれてるので普通のライブとして聴けるけど、「DIRT」あたりの楽曲は骨組みだけの構成なのでオリジナルしか聴いた事ない人達にはかなり新鮮な感覚で聴けるかと。それ以前に、彼等の楽曲の良さを改めて浮き彫りにした形となっているので、ファンならずともこのテのサウンドが好きな方達には受け入れられるアルバムではなかろうか。

彼等ならではの陰鬱な雰囲気はそのままに、いつもとは違うアプローチでプレイするスタイルはTVの企画モノとはいえ、面白く興味深い作品になった事は間違いない。

しかし、レインが亡くなってもう10年以上経ちますか...未だに彼等のアルバムをガンガン聴いてるけど、グランジとかオルタナとかのカテゴリー以前に、これだけ長い間楽しませてくれる彼等はやはり唯一無二の本物のバンドだと再確認した次第。ホントにライブが楽しみだ。

UNPLUGGED FULL SHOW↓