メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー [Blu-ray]メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー [Blu-ray]
(2014/04/02)
ジェームズ・ヘットフィールド、ラーズ・ウルリッヒ 他

商品詳細を見る


当初、全く買うつもりがなかったんだけど、今月はそれほど欲しいモノも無かったんで結局買ってしまったメタリカの映画「THROUGH THE NEVER」。勿論ブルーレイで購入し、ついでにCDもアマゾンで輸入盤が¥1350で売ってたんで一緒に購入。今は¥1900くらいで売ってるからかなりお得だったけど、こうして「欲しいモノがないから買う」という行為はちょっとヤバいよなあ(苦笑)。買い控える心の余裕も欲しいものだ。

この映画、公開されてた時期がちょうど昨年のサンダーのクラブチッタ来日公演の時と被ってて、しかも川崎アイマックスで上映されてたからついでに観たのだけど、コレが予想以上に良かった。最近のメタリカには何の期待もなかったんで、逆にそれが良かったのかも知れないけど。
当初、この映画についてラーズ・ウルリッヒは「ピンク・フロイドの”THE WALL”みたいなモノになる」と公言してたけど、実際に観てみると全然そんな事はなく(笑)バンドのローディである主人公が、あるメタリカのライブ会場で「バンドが大切にしているモノを取ってきて欲しい」という命令を受けて会場を出て、メタリカのライブとその間に起こる出来事がリンクする様なカタチになっている。

こういうカタチの映画になるとは思ってなかったけど、とにかくライブシーンの迫力が圧巻。最近のライブの中では抜群に良いのでは?ジェイムズ・ヘッドフィールドはこの撮影の為に身体を絞ってきたって話だし、そのお陰かちょっとカリスマ掛かってる印象すら受けた。ラーズは何だか里芋みたいな感じになっちゃったけど(爆)。

ライブ会場が360度開放のオープンステージになっており、撮影クルーはこのスタイルに相当頭を悩ませたって話だけど、実際にこのライブ形式で観ると迫力が違うんだろうなあ...という思った。昔デフ・レパードがラウンド形式の360度開放ステージをやってたけど、今回のメタリカは長方形に長いカタチになっている。

そして、曲のイメージに併せて色んな余興が挟んであるのも面白い。例えば「RIDE THE LIGHTNING」では電気椅子から稲妻が飛び出したり、「ONE」のオープニングでパイロがステージに何度も直撃したり、「MASTER OF PUPPETS」では幾つもの墓地の十字架が突如ステージに現れたり、「...AND JUSTICE FOR ALL」ではあのレディ・ジャスティスが構築と破壊を繰り返す。コレをIMAXで観ると立体的に飛び出してくる仕様になっているので、大画面で観ると迫力が違うのだ。この為だけにこの映画撮ったんじゃないか?と思わせる。
私的なハイライトは「THE MEMORY REMAINS」「MASTER OF PUPPETS」「HIT THE LIGHTS」あたりですかね。

ストーリーの方は特出する事のモノではないけど、よく分からない事ばかりだし、あくまで雰囲気作りの一環でしか思えなかったのが残念かな。まあ、メインはやっぱ演奏シーンって事なんでしょう。
画質がめっちゃ綺麗で、それは家でブルーレイで観ても変わらない。観客の一人ひとりがはっきり映ってるくらいで、現代の映像技術って物凄いんだなと実感した。

エンドクレジットの最中、誰もいないステージ上でメンバー達が演奏するのが「ORION」。クリフ・バートンが残した楽曲を、今のメンバー達が演奏するシーンには静かな感動すら覚えた。メタリカから遠ざかってた人達にこそ、是非見てほしい映画だと思う。


「MATER OF PUPPETS」
スポンサーサイト

ラウダー・ザン・エヴァー【初回限定盤CD+DVD(日本語字幕付】ラウダー・ザン・エヴァー【初回限定盤CD+DVD(日本語字幕付】
(2014/03/12)
プリティ・メイズ

商品詳細を見る


さて、ちょっと遅くなりましたが期待してたプリティ・メイズの新作「LOUDER THAN EVER」を今回チョイス。
ちょうどアリス・イン・チェインズのライブ時期と重なってしまい、集中して聴くのが遅れてしまったんで、今更ながらのレビューです。

ここ最近の数作「PANDEMONIUM」「MOTHERLAND」の出来がホントに素晴らしく、また11年振りの日本公演が実現した事もあってバンドを取り巻く環境がかなり上がって来たお陰なのか、今回の新作はちょっと変則的なスタイルとなった。
バンド活動にちょっと陰りが見えてきた1994年発表の「SCREAM」から2006年発表の「WAKE UP TO THE REAL WORLD」から楽曲を8曲選んで再録し、プラス新曲が4曲という内容。

以前もちょこっと書いたけど、ちょうどこの「SCREAM」あたりから彼等から離れてしまったので(で、ちょうどライブ盤「IT COMES ALIVE - MAID IN SWITZERLAND」で戻ってきた/笑)個人的にはどの曲も新鮮に聴こえるのが良いのか悪いのか...バンドとしてもそんなに派手に活動していた時期ではないから、楽曲も幾分地味な印象しか残ってないのだけど、こうして再録したモノを聴いてみると、当時の音よりも厚みが増して現代風になってるのは良いとしても、肝心のメロディはちょっと弱いのが浮き彫りになった感じがした。
まあ派手にアレンジを変えてる訳でもないし、これらの楽曲を当時から聴いてる人達にとっては思い入れもあるんだろうから、コレは純粋に再録という意識で聴くべきモノだと思う。

そして新曲4曲の方は、近年の彼等の音そのものなので勢いからして違う。「NUCLEAR BOOMELANG」や「DERANGED」なんか、普通にライブで聴いてみたい楽曲だし。現在のバンドの状況がかなり充実してるのか、それが上手く楽曲にも反映されたカタチとなったと思う。早くも新作が楽しみだ。

そして、オマケのDVDの方は前作「MOTHERLAND」のツアーの模様をドキュメント形式で収録されてるのだけど、彼等にしては意外とマジメな作りなので(笑)まあまあの出来。まあ、ツアーの最中にどんな事してるのか?とかが垣間見える程度なので、ファンオンリーの映像って事で。ロニーが日本の居酒屋(?)でアバ歌ってたりとか、ケータリングのサンドウィッチにイタズラしたりとかそんな程度。
あと「LITTLE DROPS OF HEAVEN」と「MOTHER OF ALL LIES」のPVが収録されているけど、「NUCLEAR BOOMELANG」のPVも作ってあるんだから、これも入れて欲しかったな。

まあ、次回作への繋ぎの作品という位置付けで良いと思うけど、多分次のツアーでこのアルバムから数曲セットリストに加えられる可能性もあるだろうから、その辺を考えてみるのも面白いかと。
しかし、近年はかなり精力的に活動してるので、まだまだ楽しませてくれそうで何より。3年連続の日本ツアーは果たして実現するんだろうか?


「NUCLEAR BOOMELANG」PV



「WITH THESE EYES」

Precious MetalPrecious Metal
(2014/02/20)
House of Lords

商品詳細を見る


さて、前回に引き続いてメロディアスハード系のバンドを...っていうか、ここ最近はメロハー系バンドの新作が続いており、英国のFMやどーやら再結成したらしい北欧のエイリアンのアルバムが近いウチに聴けそうだ。前回のストリート・トークと一緒に以前レビューしたFMの1stと2ndのボートラ入りのリマスター盤を買ったり、私の中でもちょっとしたメロハー系ブームにもなっていたりする(笑)。
で、このバンドも結構なキャリアとなってしまったハウス・オブ・ローズも「PRECIOUS METAL」というタイトルで新作が出ました。ジャケがゴシック系のバンドみたいでちと怖いけど(苦笑)中身はいつもの彼等の音なんでご心配なく。

今回はたまたまポイント7倍というメルマガが来てたTHUTAYAオンラインで購入したのだけど、3月27日に注文したのにも関わらず、届いたのが4月3日。しかも増税後ってトコに作為的なモンを感じるのは如何なモノか。まあ、お取り寄せ3日~7日って書いてあったから文句言えないんだけど、金額きっちりにする為ポイント2円分払ったのに、増税分が加算されて結局1円単位でお支払いとなってるし。
しかも、店頭受け取りにしたのは良いけど、何だかレジの方で不具合があったらしく10分くらい延々待たされてるし。やっぱ、ここは余り使えないなあ。

話を戻して、約3年ぶりの新作...その間にVoのジェイムズ・クリスチャンがこれまた久しぶりにソロ作を昨年リリースしてるのだけど、何でもその時には自身が癌と闘ってるという報道があって驚いた。それで、今回のバンドの新作...勿論、このバンドは好きなんで新作出ると非常に嬉しいのだけど、無理だけはして欲しくないなあ。まあ、アルバム聴く限りではそんな事は微塵も感じさせないのだけど。

前作「BIG MONEY」は、作風が全体的に地味だったんでインパクトに欠ける印象だったのだけど、その辺を意識したのかどーか知らないけど、今回はいきなり80s的なメロディアスなハードロック系を想起させる作風で、やはりこのバンドにはこういう音楽性が一番良く似合うと思う。
ただ、全体的に雰囲気が良いだけに、今回もキラーチューンが無かったのは残念。「EPIC」「LIVE EVERY DAY」「PERMISSION TO DIE」「SWIMING WITH THE SHARKS」「ACTION」辺りは結構気に入ってるけど、キラーチューンかと言われるとそれもまた違う。一聴してガツンとインパクトのある曲があれば評価が更に上がると思うと、その辺が非常に惜しい感じがした。因みに国内盤には「PRECIOUS METAL」のアコースティックverが収録されているのだけど、個人的にはオリジナルよりも良いと思う。

しかし、ジェイムズ・クリスチャンはホントに歌が上手い。このアルバムでの彼の声は染み渡る感覚があるんだよなあ。まだ彼の悲報は絶対に聞きたくないんで、無理せず完治する為に是非とも頑張ってほしいと心から願う。


「BATTLE」