今年のラウドパークで、いよいよ初来日を果たすハウス・オブ・ローズ。ちょっと前に購入した割りには余り聴いてないという(苦笑)新作「INDESTRUCTIBLE」を今回はチョイス。
このバンドは再結成されてリリースされたアルバム「WORLD UPSIDE DOWN」からのファンなんだけど、ここ数年はちょっと頭打ちの感じで、余りピンと来る作品に出会えていない。前作「PRECIOUS METAL」もそんなに頻繁に聴いてないし、前々作「BIG MONEY」も同じ様な感じだし。
良い言い方をすると”ベテランの安定感”、悪い言い方をすると”マンネリ気味”といった感じなんだけど、そろそろガツンと来るモノを期待したいなあ...と思ってたのだけど、正直言うと今回もマンネリ感から抜け出せない感じに思えた。それで”余り聴いてない”という結果に。

このレビューを書くに当たって3~4回立て続けに聴いてみたのだけど、印象はやっぱり変わらなかった。
別に何が悪いとかではなく、曲を聴いてジェイムズ・クリスチャンの声が聴こえると「あ、ハウス・オブ・ローズ」という個性は相変わらずなんだけど、それ以上にならないのが問題なのかも。
勿論アルバムとしてのクオリティは高いし、前作から比較的早いペースでリリースされた本作を「よくぞ、この短期間で作り上げた」という評価もあるんだけど、肝心の楽曲が何か物足りないんだよなあ。

別に今更「WORLD UPSIDE DOWN」や「COME TO MY KINGDOM」みたいな作品を期待してる訳ではないんだけど、せめてキラーチューンが2~3曲入ってると印象がガラリと変わる気がするんだけど。
それと、ジェイムズ・クリスチャンが癌治療という事もあって、リリースを早めに意識し過ぎた感もある様な...確かに気持ちも分かるけど、それなら納得行くまでじっくり楽曲を練って欲しかったというのが本音。

とはいえ、このテの正統派HRは最近余りお目に掛かれないので、彼等には是非とも頑張ってほしいんですよ。某巨大掲示板の書き込みなんか見てると、ロートル扱いして目の仇にしてるアンチがいるみたいだけど、それでもこういう音楽性が好きなバンドには是非とも生き残ってほしいと願う。だからこそ、敢えてハードルを高く設定したい訳なんですよねえ。

ジャケがダサかろうが(苦笑)、ロートル扱いされようが、こういう音楽が好きな者にとってはまだまだこのバンドには期待してるので、次回こそガツンと来るモノを頼みますよ、ホントに。それで、このバンドに対する世間の評価も変えてほしいなあ。


「GO TO HELL」

スポンサーサイト




前回のロリー・ギャラガーのDVDをずっと観てたお陰で、暫くブルーズベースのHRばっかり聴いてたんですが、そろそろ違うスタイルのモノを聴こうかな...と色々チェックしてたトコ、半年くらい前からその存在を知ってたのだけど、なかなか購入する機会がなくて後回しになってたエンジェルス・オア・キングスを思い出し、買おうと思ったら輸入盤なのにアマゾンで何と¥2610!国内盤とほぼ変わらない金額に驚き...円安も随分と極まった感がありますなあ。
しかも”一時的に在庫切れ、入荷時期は未定”と表記されてるじゃないですか。これって、もしかしたら入荷するかどうかも分からない微妙なサインなんで、そうなる前に入手せねば!という事で、¥200くらい安いマケプレを利用して、昨日ようやく届きました。
タイトルは「KINGS OF NOWHERE」。発表は昨年の2014年。

そもそもこのバンドを何で知ったのか?というと、メロディアスハード系をYOU TUBEで色々チェックしてた時、お薦め欄にこのバンドの「ANY OTHER GIRL」という曲が出てきて、何気に聴いてみたらコレが見事に私のツボにハマってしまい、他にも数曲出てたので全部聴いてみたらどの曲も素晴らしく良かったので、コレは買わないと...となった訳(笑)。

ちょっとバンドについて調べてみたら、やはりメロハーを聴く人達にも注目されてるみたいで、既に何件かレビュー書いてる人がいてちょっと驚いた(笑)。それを要約すると、イギリスのバンドで結成は1988年と大分古く、1991年にはアルバムリリースもなく解散してるとの事。それがどういった経緯で再結成したのか分からないけど、昨年のメロハーバンドの祭典でもあるFIREFESTに出演後このアルバムがリリースされたという、約27年越しのデビューアルバム(!)という話らしい。

そういう経緯を持ったバンドというとワーク・オブ・アートを思い出すけど、長い期間アルバム出せなかったこともあって楽曲のストックもそこそこあったのだろうから、そりゃ良い曲選りすぐりでアルバム作れる訳だよな...と納得。これで良い曲が2~3曲しかなかったら目も当てられないというか(爆)。

タイプ的にはキーボードの使い方が北欧のバンドっぽい感じで、私的にはエイリアンの1stやスペインのNEXXみたいな楽曲を思い出させた。ボーカルは、このテのバンドとしては結構ザラついた声質で、歌唱が暑苦しい感じなので好き嫌いが分かれそうだけど、コレはコレでアリだと思う。ハウス・オブ・ローズのジェイムズ・クリスチャンをちょっとハスキーにした様な感じ...といったトコかな?

全12曲入り、YOU TUBEで聴いた数曲は勿論の事、残りの聴けなかった曲もメロハー好きには堪らない感じで、昨日届いて既に5周もリピートしてる事で私がこのアルバムが気に入った事が分かって貰えると思う。
国内盤リリースの話は聞こえてこないけど、ちょっと勿体無いよなあ...こういうバンドが他のHR/HM系バンドよりも売りにくいのは重々理解してるけど、メロハー好きで綺麗なメロディを求めてる人達にこのバンドの存在が埋もれた状態では、ホントに勿体無いと思ってしまう。
偶然とはいえ、このバンドを知る事が出来たのはホントにラッキーだったな。早くも次作の期待が高まるバンドだ!


「ANY OTHER GIRL」


「A HARDER PLACE」




今回は5連休だった今年のお盆休み。
墓参りは勿論出かけたけど、今年は体力がバテバテで全然回復しないので、残りはウチでゆっくりのんびり過ごしましたよ。
もう若くないから...というのは仕方ない事だけど、それ以上にこの夏の暑さは異常だし、少しでも体力回復して明日からの仕事に差し支えない様にしないと、またバテてしまうしね。
でも、昨夜は友人のtaroサン&めそ子サン夫婦と共に5時間思う存分語ってきたんで、久々に楽しかったなあ。やっぱ、音楽だけではなく色んな話題を共有出来る友人がいるのはホントに有難い事です。

さて、暫くこのブログを更新出来なかった理由というのは、このDVDを観てたからなんですねえ。アイルランドのギタリスト、孤高のロッカー:ロリー・ギャラガーの「LIVE IN GERMANY FROM ROCKPALAST」を今回はチョイス。発売は2008年。

このDVDが発売された時はネットのリリース欄で知ったのだけど、その時に話題になったのがロリーが晩年まで愛用していたボロボロのストラトキャスターのフィギュアが付いて、500セットオンリーの限定版で発売されたのだけど、当時はお金無くて買えなくて、まあどーせ単品でDVDリリースされるんだろうから、ちまちま集めれば良いか...と思ってたのだけど、先月中古サイトで¥6800の破格値で売られてたのを見て、またもやお金の無い時期だったんだけど(苦笑)これ逃したらもうこの金額では出ないだろうなあ...という事で、無理して何とかゲットしましたよ。
DVDが70~90年代別になって3枚組、しかもフィギュア付いての値段なんで、中古とはいえやっぱお買い得でしたよ。

さて、ロリーのライブはYOU TUBEでちょこちょこ観てたのだけど、こうして一つの作品として観るのは初めてで、やっぱ一貫して思ったのは、この人はホントにライブパフォーマンスこそが全てなんだなあ~と改めて思った次第。
勿論、オリジナルのスタジオ盤は数枚持ってるけど、このライブ観てるとスタジオ盤はあくまでもライブをする為のマテリアルみたいなモノで、真髄はライブにこそあるんじゃないかと。

彼の名前を広めた70年代のライブは、若さ故なのか勢いが荒々しくて破壊力満点のパフォーマンスを感じさせて、稀代のギタリストの名を欲しいままにしたのもよく分かる内容で、80年代のライブはブルーズからハードロック寄りのアプローチを感じさせて、3枚の中でも楽曲的には一番取っ付き易い感じ。そして晩年の90年代は、プレイに余裕が出来て貫禄のあるパフォーマンスを感じさせる。
正直90年代はオリジナルアルバムも地味だったし、ライブも落ち着きすぎていたらどーなんだろう...と思ってたのだけど、実はこの90年代のライブが一番好きだったりする(苦笑)。最後にジャック・ブルースが登場してロリーとジャムセッションをするシーンは、もはや両者がこの世にいない事を考えると実に貴重なシーンだと思う。

しかし、ホントにロリーの人柄がストレートに表れているライブパフォーマンスだと思う。ステージに登場する時は笑顔で走ってきて、プレイ中もずっと楽しそうに続けて、最後に観客にお礼を述べてステージから降りる...パフォーマーとしては当たり前の事なんだけど、ロリーには全く嫌味が感じられない。人格的にも素晴らしいという話は当事者達の証言でも分かるけど、それがダイレクトにステージに反映されているのは実に心地良い。

47歳という若さで亡くなってしまった彼だけど、決して流行には媚を売らず自分の好きな事をやり続けていられて、ミュージシャンとしてはホントに理想的な人生を送れたのではなかろうか。未だに彼を崇めるミュージシャンが後を絶たないのも凄く分かる話だなと。このライブDVDを観る事が出来て、本当に幸せな気分を味わえた事を感謝したい。


「TATOO'D LADY」


「GARBAGE MAN」


「BORN UNDER A BAD SIGN」(with JACK BRUCE)