雑談版ブログの方にも書いたけど、去る28日にモータヘッドのレミー・キルミスターが亡くなった。
数年前から糖尿病を患って以来、体調不良が多くなりライブで数曲演奏してステージを降りたりしてたので、いつかはこういう日が来るんだろうな...と思ってたけど、いざその時が来るとやはり残念でならない。死因は糖尿病ではなく、亡くなる2日前に発見された進行性の癌だったとの事。
でもまあ、本人は晩年のインタビューでも腹を括ってたみたいで「良い人生だったよ」と語ってたりして、先が長くないと悟ってた様にも思えたな。しかし、若い頃から散々やりたい事やってきた人だから、むしろ70歳まで生きた事の方が凄いのかも。
私はモーターヘッドのダイハードなファンじゃないけど、レミーに関しては「極悪レミー」を観て以来、凄く魅力的な人物に思えて好きになった。音楽性に関しても、自身の人生に関しても全くブレない男というイメージが強いけど、そう思わせるレミーは最後の最後まで本当にカッコ良かったな。
モーターヘッドに関しては、以前レビューした2枚以外(「極悪レミー」は除く)CDでは持ってないので、そのウチ新たにCD購入してその時に改めてレビューするって事で。

という訳で、今日のレビューはもう一人の今年この世を去ってしまった人:スコット・ウェイランドに焦点を当てたいと思う。
この人の悲報はある程度予測出来たというか、数年前どころか何十年も前からドラッグ中毒で逮捕されたり、バンドを解雇されたりしてるので、残念という気持ちよりも「いよいよ遂に...」という感覚に近かった。
なので、特に思い入れも無い人だからそれほど気持ちを揺さぶれる事は無かったけど、このバンドで出てきた時は正直驚かされたのは覚えている。2004年発表のヴェルヴェット・リヴォルバーの「CONTRABAND」を今回はチョイス。

ガンズ&ローゼズから脱退したスラッシュとダフ・マッケイガンが作ったバンドに、同時期に同じくバンドから解雇されたストーン・テンプル・パイロッツのスコットが加入するとは全く思ってもいなかった。
普通に考えるなら、同じ様なバックグラウンドを持ったバンドのメンバーなどを入れて新バンド結成と...いう方が分かりやすくて、リスナーにもイメージが伝わると思うけど、スラッシュ達にはそういう考えよりも、違うバックグラウンドを持った人物を入れてケミストリーを見る...という方法を取ったのは驚きだったし、しかもグランジ/オルタナ系のバンドからというのも意外だった。
私は絶対スキッド・ロウのセバスチャン・バックだと思ってたんで、期待を裏切られた感じでもあった(苦笑)。まあ、実際にそういう話もあったらしいけど。

で、そのスコットがこのテのHRに見事ハマってるというのも意外で驚きだった。何かSTP時代のダラダラ歌うイメージがあったので、こういうメリハリのしっかり付いた音楽には余り向かないのでは?と思ってたけど、初めて「SET ME FREE」を聴いた時はマジで驚いたし、アクセル・ローズとは違う妙な色気みたいなモノまで感じられて「これは掘り出し物では?」とすら思った程だ。

アルバム全体聴いてみると、やはりGNRっぽい雰囲気があり音楽性はオルタナ系よりもHRスタイルなんだな...という事で非常に納得。スラッシュも自身のスネイクピットが不発に終わった事もあり、しっかりとした基盤のあるバンドを作りたかったんだろうなあ...と思わせる気合の入り様が感じられて、これが当たらない訳がないと思ったらアルバムは初登場1位を獲得し、「SLITHER」でグラミー賞も受賞する大ヒット。
ただし、2枚目のアルバム製作辺りからスコットのドラッグ関連のお陰で雲行きが怪しくなって、マット・ソーラムとのブログでの批判合戦を始め一緒にやって行けないという事で、スコットはまたクビに。実際、2枚目はPV観た時に「前作と全然違うじゃん!」と思って、CDすら購入しなかったなあ。こういうのって、やっぱその時の環境にも現れるモノなんだなあ~とつくづく思い知らされた。

後にスコットはSTPに戻って、アルバム1枚発表してまたまた再度クビに。こうなったら、やはりスコット自身に問題があるのは明確で、本人が自身の環境を変えなかったお陰で、結果的に死に至ったんじゃないかと。

ミュージシャンとしては良いモノ持ってただけに、才能を活かしきれなかったという感じで”勿体無い”というのが私の気持ち。このアルバムの出来が良かっただけに、何でこのテンションをキープ出来なかったのか?それだけがホントに残念なんだよなあ。


「SLITHER」


「DIRTY LITTLE THING」
スポンサーサイト




きょうはくりすますいぶですねー(棒読み)。

クリスマスだからと言ってはしゃぐのは子供と若い者だけで、さすがにもうときめく事もなくなった私は(笑)ここ数年、友人がケンタ勤めをしてる関係でスモークチキンを購入してるので、そのスモークチキンを夕飯にむしゃむしゃ食べて終わりという、実にシンプルなモノ。
まあ、本来のクリスマスの意味を考えると、プレゼントがどうのとか恋人や家族と一緒にどうのと言うのは全く関係ない訳で、キリスト教を信仰してる方々にしか意味のない日なんだよねえ。
しかし、そんな事はお構いなくサンタのコスプレを着たピザ屋とか、必ずこの時期何処かで山下達郎やワム!が流れてる事を考えると、正直風物詩になってしまってるのが現状かと。関係無いけど、オーストラリアのラジオDJがワム!の例の曲を24回連続掛けてリスナーから苦情が来たとニュースになってたけど、止めた理由が4歳の自分の娘に注意されたから...という何ともアレな話で(笑)。よく24回も掛ける精神が凄いわ。1フレース聴いただけでうんざりなのに(苦笑)。

さて、そんなクリスマスに以前から欲しかったCDがやっと家に届いた。エイミー・マンのクリスマスソング集「ONE MORE DRIFTER IN THE SNOW」を今回はチョイス。発表は2006年。

エイミー大好きな私が、このアルバムになかなか手が出なかったのは単にクリスマスソング集という理由からだったのだけど、そもそも何でこの人がこういう作品をリリースしたかったのだろうか?という事を考えて、自分の曲では結構自虐的な歌詞が多い人だから、これはもしかして普通のポピュラーなクリスマスソングではないのだろうか?...と思いYOU TUBEでチェックしたら、なるほどこれは普通のクリスマスソングじゃないわ~と、それから気になってて(笑)ずっと狙ってたのだけど、中古でも殆ど見付からず輸入盤もなかなか安くならず...という感じだったのだけど、先日何気にディスクユニオンの中古サイトをチェックしてたら、未開封盤で¥1100くらいで売られてたので捕獲成功。
ホントはこの初回リリースの2年後に、ジャケット変えてジョニ・ミッチェルのカヴァー「RIVER」を含めた再リリース盤も存在するのだけど、これも輸入盤は未だに値段高めの設定なので(円高の影響だろうな)とりあえずそっちは諦める事に。

さて内容の方は、エイミー自身ロックが登場する以前のスタンダードなクリスマスソングのアルバムを作りたいという意向が見事に反映されており、よく普通の人達が想像する様な明るく軽快でポップなクリスマスソングのイメージとは真逆で、落ち着いた雰囲気の中ゆったりのんびりと聴く様なスタイルとなっている。

私がエイミーの曲が好きな理由は、こういう落ち着いた雰囲気で歌詞は結構辛辣な事を歌ってるのに、聴いてると何故か癒される気分になるのが凄く堪らないのだ。それはこのアルバムでも十分発揮されていて、クリスマスだから...とか関係なく、何気に普段の日常で聴いてても違和感が無さそう。まあ、歌詞ではクリスマスと言ってるから、歌詞が気になる人にはお薦め出来ないけど(笑)。
殆どが古いスタンダードの楽曲の中、ラストの「CALLING ON MARY」だけがオリジナル曲なんだけど、違和感なく作品を締めてるのはさすが。

トータルランニングも30分くらいなので、あっと言う間に聴き終わってしまうので何度もリピートしてしまう(笑)。日々の疲れを癒してくれる、優しく潤いを与えてくれる作品なので、クリスマスが終わっても暫く聴いてるかも?(笑)


「CALLING ON MARY」


「WHATEVER HAPPENED TO CHRISTMAS」




しかし、12月に入ってから毎週何かしら予定が入ってる状況...って、私にとってはかなり珍しいんだけど、余りに忙しいんで身体が結構お疲れモード。まあ、楽しい事続きだからそれほど苦にはならないのが救いかな。
今日も午前中まで色々予定入ってて、午後は少し仮眠取って何とか動ける感じだけど、まあこれで一通りの予定は終わったんで、後は年末までゆっくり出来るかな。まあ、仕事の忙しさは相変わらずだけど(苦笑)。
なので、このブログも放置状態だけどCDは相変わらず聴いてるので、時間のある限り頑張って更新したいなと。

で、今日のチョイスは、AORの名盤として名高いジノ・ヴァネリの通産6枚目にして最高傑作と呼ばれる「BROTHER TO BROTHER」を紹介。リリースは1978年だから相当前の作品ですな。

何故、今AORなのか?というと、某音サンのサイトにてAORの作品を紹介されててそれに感化されました(笑)。そーいや、久しくこのテの音楽を聴いてないな...と思い、色々と調べてるウチにこのアルバムに辿り着いて、そーいやこの人は以前購入したAORのオムニバス盤に1曲収録されてたよなあ~と思い出し、聴き返したトコかなり良かったので、じゃあアルバムでも聴いてみるか...と。

でも、2011年に紙ジャケ化されてるモノはアマゾンにて既に若干高騰しており、後に廉価盤が出てるのだけどアマゾンには在庫なし。しかも、いつもお世話になってるジョーシンにも在庫はなく、ちょっと困ったなあ...と思ってる時に東京行く機会があったので、その時にアキバのヨドバシの上にあるタワーレコードで探してたらあっさり紙ジャケ売ってるでやんの(笑)。

しかし、その時はお金の持ち合わせに余裕がなく、仕方ないから何処かで廉価盤買えば良いか...と諦めて、翌日会社にいるプログレおじさん(笑)に一連の話をしたら、実はこの人AORもいけるクチであった事が判明し(何でも、フィリピンバーにてボビー・コールドウェルの「COME TO ME」を歌って周りの女の子に喜ばれたらしい/爆)「ああ、このアルバムは名盤だから買った方が良いよ」と。しかも「絶対紙ジャケだな」という酷な話まで突きつけて(苦笑)。

...う~ん、それじゃあアキバのタワーレコードに電話して在庫確保してもらうかな?と思ってたトコ、検索掛けたらユニバーサルのオフィシャルサイトにてまだ在庫が残ってたので、今度は迷わず捕獲。残り1枚だったらしい。

で、早速聴いてみたトコ、これがプログレおじさんの言うとおりなかなかの力作で、当時のAORシーンの中でもかなり上位に来る内容なのでは?と。当時はTOTOが音楽シーンに現れた頃だったと思うけど、AORスタイルでありながらも何処かハードな印象を与える演奏で、しかも甘いだけじゃなく曲展開にも結構凝ったアレンジが施されており、プログレやフュージョン、ポップなどを感じさせるクロスオーバーの先駆け的な作品なのかも。都会的でお洒落なスタイルが売れた理由なんだろうなあ。
また、リリースされた時代の割りには音が凄く綺麗なのも特色すべき点かと。

勿論、リアルタイムで知ってた訳じゃないのでどんな経緯を持った人なのか分からないけど、インナースリーヴによるとカナダ生まれのイタリア系の家系の人物で、ジャケットを見る限りワイルドなブライアン・メイみたいな雰囲気。それで、歌唱力も抜群でプロデュースも自身で行うから、才能有り余るミュージシャンなんでしょう。

シングルになった「I JUST WANNA STOP」は、全米第4位の大ヒットのお陰で一躍スターに上り詰めたらしいけど、後にスタイルを変えたお陰でこのアルバムが代表作になってしまったとのこと。この後の「NIGHTWALKER」も評価が高い作品らしいけど、このアルバムからレコード会社が変わってるので紙ジャケ化にはなっていないのが残念。ちょっと聴いてみたいなあ。

でも久々にAORらしい音楽を聴いた気がする。こういう音楽はホントに今少なすぎるよなあ。まあ、このテのスタイルはもう出尽くした感はあるから過去の作品に手を出す訳だけど、意外とこの人のフォロワーが出てこなかったのが意外に思えるかも。

「I JUST WANNA STOP」


「APPALOOSA」


「THE RIVER MUST FLOW」




今週の月曜日に行ってきましたよ、サンダー来日公演。
チケット番号が9番という事もあって、勿論最前列に!いつも一緒に行くメンツだと、周りがルーク・モーリーのファンなんでルーク側が多いんだけど、今回は一人で参戦なので、ど真ん中のダニー・ボウズとクリス・チャイルズの間という美味しい位置(笑)。
今回の六本木EXシアターという会場は初めてで、サンダーと言えばクラブチッタというバンドの雰囲気とはかなり異なった環境だったけど、ライブは相変わらずの素晴らしさ。何より新作「WONDER DAYS」から7曲披露してくれたので、いつものマンネリ気味のセットリストとは打って変わって新鮮でしたね。それと、新作からの曲が普通にファンにも馴染んでた感じで、ライブに良い相乗効果を生んでました。
お陰様でライブ後、今週はずっとサンダーしか聴いてないし(笑)今日は朝から彼等のアルバムをずっと流しっぱなし。間違いなく、今現存するミュージシャンの中で、私が最高のバンドだと信じて疑わない存在になりましたよ。勿論、これからもライブにはずっと通いたいなあ。

さて、そんな彼等の2011年に発表された「ROUGH & READY」を今回はチョイス。
このアルバム、彼等が再解散をしていた間にいきなり発表された4枚組のライブアルバムで、タイトルにある様にオーバーダブもミキシングもされていない状態でリリースされている、正にラフなアルバム。
収録された時期は、彼等の7枚目のアルバム「THE MAGNIFICENT SEVENTH」発表後の2005年3月10日、ロンドンのシェフィールド・エンパイア・ブッシュ公演と、同じく2005年7月3日川崎クラブチッタ公演の2公演のライブ。

この時期のライブ音源は、オフィシャルサイトのみで売られているモノ以外リリースされてなかったと思うので直ぐにポチりたかったのだけど、4枚組で¥7000近くしてたので「高いなあ~」となかなか購入に踏み切れなかったと。
しかし、たまたまディスクユニオンの中古サイト覗いてる時に、何と未開封状態で¥2700くらいで売られてたので迷わず購入出来たのはラッキーだった。届いた商品の値札には何故かHMVのシールが付いており、HMVでは¥6700で売られていたらしい(笑)。

ラフ状態のライブなのでお世辞にも音が綺麗という訳ではないけど、それでも「THE MAGNIFICENT SEVENTH」のライブ音源がCDで聴けるのは貴重かと。この1年後のクラブチッタ公演が収録されてDVDになった「THUNDER GO MAD IN JAPAN」のセットリストに近いモノがあって、今となっては余り演奏されなくなった「AMY'S ON THE RUN」「I'M DREAMING AGAIN」「MONKEE SEE MONKEY DO」「THE GOD OF LOVE」などはやはり新鮮。意外なトコでは、ザ・フーの「PINBALL WIZARD」のカヴァーが秀逸でカッコイイ。

2公演に違いがあるかと言われても、バンドのパフォーマンスには特に変わりはなく(「A BETTER MAN」で、ハリーが最後にボーカルとってウケ狙ってるくらい/笑)演奏はいつものバンドのそれなので安心して聴けるモノですね。

しかしサンダーも、これだけ長い間活動してアルバムもかなりの数をリリースしてるんだから、そろそろ●●周年記念でアルバム全曲再現ライブとかやれば良いのに...と常々思う。それだけ彼らには素晴らしい曲が数多く存在してるんだし、ファンも期待してるトコはあるんじゃないかな?
でもダニーがインタビューで「●●周年記念といっても、活動してない期間もあった訳だから、●●周年と言われても余りピンと来ない」と言ってる事から、こういう事には意外と無頓着なのかも。以前クラブチッタで行なった、ライブでのリクエストもたまにはやってくれると嬉しいんだけどねえ。
まあ、それ以前にあれだけ素晴らしい新作リリースしちゃったから、過去に依存する理由もないんだろうなあ。ホント、凄いバンドだ。


「LOSER」


「YOU CAN'T KEEP A GOOD MAN DOWN」