季節的に今が一番過ごしやすい時期だと思ってるけど、外に出るともう暑さがそこまでやってきている感じで、車でちょっと買い物へ...と車内が暑くてマジで堪らない。ロートルにはキツい時期がやってきて引き篭りに拍車が掛かりそうだ(苦笑)。

ここ1週間はずっとヘヴィな音楽ばかり聴いていたのだけど、今日の晴天を見てたら、何だか久々にフーターズが聴きたくなったんで彼等のデビューアルバム「NERVOUS NIGHT」(邦題:眠れぬ夜)を引っ張り出してきた。発表は1985年。日曜の緩やかな午後にはぴったりの選曲だと思う。

初めて彼等を知った時はよく覚えている。当時は洋楽雑誌をこぞってチェックし、自分の好みに合う音楽を探しまくってたのだけど、洋楽雑誌も当時は結構な数があったので自分が読みやすいと思った雑誌を定期的に買おうと思って選んだのが、FM fanとポップギアだった。
FM fanはラジオのエアチェック用に、そしてポップギアは読みやすく洋楽初心者にも分かりやすかったのが選んだ理由だったのだけど、そこにデビュー当時のフーターズの記事が載ってたのだ。
当時、彼等の地元であるフィラデルフィアでは破竹の勢いだったブルース・スプリングスティーンのチケットよりも彼等のチケットの入手が難しいと書かれてたのを読んで「そんな彼等はどんな音楽演ってるんだ?」という素朴な疑問から興味が湧いて、このCDを手に取った訳だけど、聴いてみて「ああ、これは確かに売れるよなあ」と、洋楽初心者の私にも直ぐに思った。

とにかくメロディが良い。冒頭の「AND WE DANCED」(邦題:朝までダンス/←今思うと何か可笑しい)のマンドリンとメロディカ(日本でいうピアニカ)が奏でるメロディをいきなり切り裂いて始まる前奏は何度聴いてもテンションが上がる。全体的に若々しく、そしてレゲエやスカなどのリズムを多用して何処か懐かしさを感じさせる雰囲気は、昔のアメリカの青春映画のBGMにでも掛かりそうで、当時は結構憧れたモノだったなあ。
お気に入りは、殆ど全曲といっても過言ではないけど(苦笑)強いてあげるなら「DAY BY DAY」「WHERE DO THE CHIRDREN GO」「SOUTH FERRY ROAD」辺りかな。
また彼等は、このアルバムの前にインディーレーベルから「AMORE」というアルバムを発表しているのだけど、結構前に一度だけCD化された事があったみたいで、それに気が付かなかったお陰でCD入手は出来なかったけど、YOU TUBEに全曲上がってたので聴いてみると少しニューウェイヴっぽい雰囲気で、デビューアルバムにも数曲収録された曲は少し荒削りな印象を受けた。2ndアルバムに収録された「FIGHTIN' ON THE SAME SIDE」は完全にアレンジ違いで凄く珍しいけど。

この当時のツアーの様子を収めたライブビデオも持っており(残念ながらビデオデッキが無いんで観られないけど)シンディ・ローパーの「TIME AFTER TIME」のカヴァー(というかセルフカヴァーみたいなモノだけど)を含む選曲は、全体的にアットホームな雰囲気を感じさせるモノで、一度は生でライブが観たかったなと思わせる。

ここ数年は人気の高いドイツをメインに動いてるみたいだけど、こういう音楽はたまに聴きたくなる事があるんでちょこちょこ活動が伝わってくると嬉しいんだけどなあ。久々にこのアルバム聴いて若かった頃を少し振り返ってノスタルジックに浸り、自分も歳を取ったなあ...と思ったけど(笑)。


「AND WE DANCE」


「DAY BY DAY」


「AMORE」(全曲)
スポンサーサイト




ちょっと前から話題になってたAC/DCの臨時ボーカル交代劇。事の発端はブライアン・ジョンソンが耳の不調を訴えたトコ、聴覚を完全に失う危険性があるとかでドクターストップが掛かってしまい、当然の事ながらボーカル不在のままツアーを続けられないのでツアーを延期して新ボーカルを探してたという事なんだけど、まさかのアクセル・ローズが参加してツアー続行となったのは驚いた。しかも、本人がバンドに直接コンタクトを取ったと言う話にも驚いた。アクセル、丸くなったなあ~(色んな意味で)。
一つ確実なのはブライアンは脱退ではなく療養というカタチという事で、治ればまた復帰するという話。ただ、耳の治療は結構長引くという話なので、その辺のトコがどーなるのかが気掛かりな具合で...

で、ちょっと混乱があったのはバンド側の声明で如何にもブライアンを切り捨てる様なニュアンスのコメントだったお陰でバンド側にも少し非難が集まってたと。その結果、アクセルに決まってチケットの払い戻しにも応じるという事で、ベルギーのファン約7000人が払い戻ししてもらったらしい。
まあ、ブライアンの心境を考えればツアーは延期じゃなくて中止にして欲しいのも分かるけど、そうなるとバンドに違約金が発生して費用が掛かるのでバンド側は続けたかったという事なんだろうな。ただ、これだけ個性の強いボーカルが不在だと、幾らアクセルがボーカルだからといって違うモノ見せられるファンとしては、払い戻しも止むを得ない事なのかと。しかし7000人近くがキャンセルとなるとバンドも焦ったみたいで、ツアー前日にコメントやリハーサルをYOU TUBEに上げてアピールしてるのはちょっとAC/DCらしからぬ雰囲気で、何か妙な気分。
まあ、何はともあれ昨日からツアー再開してるみたいなので、早くブライアンの復帰を期待したいトコです。

そんな訳で、今回は久々にAC/DCばっか聴いてたのでコレをチョイス。1983年発表の通産8作目のオリジナルアルバム「FLICK OF THE SWITCH」(邦題:征服者)。
このアルバム、バンドの出世作となった「BACK IN THE BLACK」からその勢いを買って全米No.1に輝いた「FOR THOSE ABOUT TO ROCK」に次ぐアルバムとなった訳だけど、前2作が名盤として語られる事が多いのに対して、比較的地味な扱いになってるのが厳しい。
まあ理由は幾らでもあるんだろうけど、この時期のバンドを取り巻く環境がよくなかったお陰で、その影響をモロに被ってしまったという感覚が強い気がする。このアルバム製作中にドラムのフィル・ラッドが重度のアル中になって解雇されたのを切っ掛けに、バンド初のセルフプロデュースという客観的に見てくれるプロデューサーが不在というのも原因なのかも。
また楽曲に関しても、前2作で見られるほどキャッチーさもメリハリさもないので地味な印象を受けるのも正直キツい。

でも内容は決して悪くないし、むしろこのバンドの本質が剥き出しになった感じだからベーシックなロックが好きな人達には堪らないかと。前2作の成功のお陰で貫禄が付いて王道なスタイルを提示したものの、MTVや80sポップなどの派手な時代にはそぐわなかったという認識で良いと思う。単に読み違いって事なんじゃないかと。問題はむしろ次作にあったと思う。

お気に入りは「SWITCH OF THE FLICK」「NERVOUS SHAKEDOWN」「LANDSLIDE」「GUNS FOR HIRE」「BEDLAM IN BELGIUM」。特に当時の邦題の中でも群を抜いて強烈なインパクトを誇った「BEDLAM IN BELGIUM」(当時の邦題は”ベルギー精神病院”/笑)や「GUNS FOR HIRE」は今でも大好きだ。

そーいや、今アクセルがいるんだから彼に合う楽曲を選ぶとすると、このアルバムの冒頭を飾る「RISING POWER」なんてアクセルの若い時の声にそっくりで良いと思うんだけどなあ。昨日のセトリを見てみると、このアルバムから1曲もプレイされてないのは非常に残念だけど...


「FLICK OF THE SWITCH」


「BEDLAM IN BELGIUM」


「GUNS FOR HIRE」




連休後半に入り、特に何処に出掛ける訳でもないので(しかし勿体無いから1日くらいはドライブに当てようとは思ってるけど)ウチで朝から掃除に勤しんでると(苦笑)。今はちょっと休憩。
で、ipodで聴きながら掃除してるんだけど、最近はずっとプリンスばかり聴いてたんでそろそろ違うモノを...と思ってた矢先のタイミングで、待望のウィゲリウスの2ndアルバム「TABULA RASA」が届きました。前作から実に4年、随分待たされましたねえ~。

前作でデビュー作の「REINVENTIONS」は、たまたまチェックした「ANGELINE」のPVを観て非常に好みの音だったんで、即アルバムを手に入れてそれからずっとヘビロだった愛聴盤だったから、この新作に期待がかなり高まってた。輸入盤で一足先にリリースされてたけど、日本盤出るまで待ってたんで購入が遅れてしまったと。

当初の予定では2年前にリリース予定だったのが、何でここまで遅れたのか理由が分からないけど、i-tunesでは先に「PLEASE PLEASE PLEASE」と「LONG WAY FROM HOME」が配信されてたので新作発表も近いんだろうなあと待ってたらこんなに長く待たされるとは...今回からフロンティアレコードからAOR HEAVENにレーベルが変わってるから、この辺がリリース遅れた理由なのかな?ともあれ、無事にリリースされて一安心。

で、肝心の中身は、一聴した時はかなりメロウになったなあと感じた。楽曲は勿論良いのだけど、前作にあったエッジが足りないというか、メリハリが効いてないというか何かサラッと聴き終えちゃったなと。
しかし、何度も聴いてるウチに細かいトコまで音が行き届いてるというか、自然に気持ちよく聴こえる音作りが結構クセになってきた。タイプが違うけど、デフ・レパードが「PYROMANIA」から「HYSTERIA」に移行した時の感覚によく似ている。
楽曲も前作で顕著だった80’s路線は基本的に変わらず、よりメロディに力を入れて曲構成も練ってきた感じで、明らかに成長の過程での変化がよく分かる。「9 OUT OF 10」や「THESE TEARS I CRY」なんか聴いてると、相変わらず上手いなあと思うし。

メンバーチェンジがあったらしいけど、アルバム聴いてる分には全く影響がないのはやっぱウィゲリウス兄弟の存在がかなり強いんだろうなあ。ソングライターとしても定評のあるボーカル(弟)に、今回プロデューサーとしてクレジットされてるドラマー(兄)という2人がいればバンドが成り立つという訳なんだろう。ルックスも、前作みたいなチャラい感じの風貌から大分ワイルドになった印象で、4年間でこれだけ印象が変わるバンドも珍しいかと。

しかし、こんなに素晴らしいアルバム作ったのにライブの話を一向に聞かないのは何故なんだろうか?YOU TUBEで地元のクラブでのライブ映像がアップされてたけど、クアトロよりも狭いクラブでパフォーマンスも中途半端なバンドがホント勿体無い。ルックスも良いんだから、せめてクラブあたりで来日すれば新規開拓も出来るんじゃないかと思うんだけど...


「PLEASE PLEASE PLEASE」



「SET ME FREE」



「9 OUT OF 10」