ウチのCDラックを整理してる時にふと気付く時がある。それは”同じCDが何枚もある”という事実だ(苦笑)。

例えば、私が愛して止まないイット・バイツの「ONCE AROUND THE WORLD」はVirgin初回盤、2006年東芝EMIからの紙ジャケリマスター盤、2014年ユニバーサルからの紙ジャケリマスター盤の3枚所持しているのだけど、大好きなアルバムという事でもあるけどこれにはちゃんと理由があって、初回盤は彼等を知る切っ掛けになった中古盤で購入したモノ、2006年の東芝EMI盤は初のリマスター盤&初紙ジャケという事で捕獲し、2014年のユニバーサル盤はリリース当時のシングルのB面曲や12インチ盤(懐かしい!)のロングバージョンが収録されているので貴重な音源という事もあって当然捕獲...という事である。

同じCDを何枚も買うという行為は傍から見るとかなりコアなレベルに達してると思うのだけど、実際には未発表曲だけを収めたCDで売ってほしいのがリスナーとしては一番有り難い。大体、同じCD持ってるからと言って日によってリマスター盤とオリジナル盤を聴き変えてるリスナーなんているのか?と思うし(笑)。だとしたら相当のマニアなんじゃないかと。

今回チョイスしたグレイト・ホワイトの「RECOVERY:LIVE」もマニア泣かせのアルバムで、当時発売されたアメリカ盤・イギリス盤・日本盤と3種類のバージョンが存在するモノだ。私も白鮫は大好きなバンドだったので、このアルバムの存在を知った時は探しまくった記憶がある。残念ながらイギリス盤は見付からなかったけど...
まず、CD屋に注文して簡単に手に入った日本盤の売りは何と言ってもレッド・ツェッペリンのカヴァー「SINCE I'VE BEEN LOVING YOU」の音源。当時からジャック・ラッセルの「ZEPを歌わせたら凄い」という話はBURRN!で紹介されていたので、この音源聴いた時にはホントに凄えー!と心底震えたのを覚えている。
あと、アメリカ盤にも収録されているジミ・ヘンドリックスのカヴァー「RED HOUSE」も日本盤には収録されているのだけど、ここでのボーカルがギターのマーク・ケンドール。マークの渋い声がこの曲を引き立てていて、めちゃくちゃカッコイイ仕上がりとなっている。
後は、当時中古盤屋で高値が付いてたデビューアルバムから3曲収録されているけど、これはまだ彼等がLAメタルの範疇に括られてた頃のスタイルなので、後のブルーズ路線が好きな人達には記録くらいなモノでしかないと思う。

で、何処で購入したのか覚えてないけど(都内の輸入盤屋だったと思う)後にアメリカ盤を入手出来たのだけど、こっちの内容はかなり豪華。何せバンド結成時に製作した自主制作盤「OUT OF THE NIGHT」(プロデュースはマイケル・ワグナーとドン・ドッケン)の5曲が丸々収録、デビューアルバムからも5曲収録、そして12インチシングルのB面に収録されてたカヴァー曲のライブ音源5曲と盛り沢山の内容。
「OUT OF THE NIGHT」も当時かなりの高値で売られていたのだけど、このCDに収録されたのは嬉しかったなあ。この頃はまだまだLAメタルスタイルだったけど、曲の中盤にちょっとした哀愁のあるメロディを入れるのがこの頃から確立されていて、当時のLAメタル勢とは一線を画すバンドだったとよく分かる。
ライブ曲に関してもZEPの「IMMIGRANT SONG」(移民の歌)「ROCK N ROLL」、前述のジミヘンの「RED HOUSE」、ハンブル・パイの「I DON'T NEED NO DOCTOR」、ロックのスタンダード曲「MONEY (THAT'S WHAT I WANT)」という選曲で、ZEPや前述の「RED HOUSE」は勿論、荒々しい「I DON'T NEED NO DOCTOR」のカッコ良さと言ったら...オリジナルがショボく感じるくらいだ。

という訳で、後の白鮫のスタイルに移行する以前のまだハードロック然としたスタイルがたっぷりと楽しめる好盤となっている。因みに、入手出来なかったイギリス盤には「ONCE BITTEN」の楽曲のライブバージョン数曲が収められたモノとなっているらしい。さすがに今から手に入れるのは難しいだろうなあ...
そーいや、ライブ盤と言えば「TWICE SHY」の輸入盤にマーキーライブ盤が追加収録された2枚組バージョンが存在するのだけど、アレをディスクユニオンで見かけた時には捕獲すれば良かったと今でも後悔してる。持ち合わせが無かったとはいえ、アレはホントに惜しかったなあ。
あと、当時のライブ盤に私の大好きな「LADY RED LIGHT」のライブバージョンが何故存在しないのだろうか?来日公演に行った時には演ってくれてたのに、音源で残ってないのはホントに勿体無いと思うんだけど...


「LAST TIME」


「RED HOUSE」
スポンサーサイト




前回のガービッジの他に新作で欲しいモノが特に見当たらないし(いやホント、これ以上CD増やすのはちょっとマズイよなあ...と常々思ってるんで実に良い傾向かと/笑)なるべく出費も控えておこう...という事で、最近は旧譜を中心に聴いているのだけど、どーせなら余り手を出さないモノを...と言う訳で久々のFMです。通産5枚目のオリジナルアルバム「DEAD MAN'S SHOES」をチョイス。1995年発表。

FMは中古CDで4th、新品で1st&2ndのカップリングCDを手に入れて以来、徐々に揃えていったクチなので聴いてないCDもあるのだけど、このアルバムも現在廃盤という事もあって中古CDで探して半年くらい前にディスクユニオンのネットサイトでようやく手に入れた。¥1000弱くらいだったかな?

この当時の彼等は前作でようやく日本でもブレイク出来て次作も期待された時期だったのだけど、何故かこの作品以降は余り恵まれなかったのか解散の道を辿る事になってしまった。それは、このアルバムの出来が前作と比べて幾分スタイルが変わってしまった事も少なからず影響してしまったからではなかろうか?
3rdアルバムから徐々にブルージーなスタイルに移行してきて、前作でブレイクしたお陰で更にブルージーな路線を推し進めたスタイルなんだけど、基本的な部分であるキャッチーなメロディはそれほど変わってないと思う。だから聴き込めばいつものFMなんだけど、楽曲の持つ印象でブルージー=渋い・地味的な感覚を持たれてしまい、更にプロデュースがHR的な部分を削っている事もあって、この辺りがアルバムにとってマイナス的な部分なのかと。

だけど、前作のブルージーな路線やアコースティックライブ盤でノリを期待していた人達にとっては素晴らしいアルバムだと思う。何せスティーヴ・オーヴァーランドが相変わらずの歌唱力で聴かせてるし、彼等自身1st~2ndのメロディアスハード路線はレコード会社からの要望だったと後に認めてる事もあって、彼等の本質からすると順当な路線変更でもあったハズ。
私自身も1stアルバムは大好きだったけど、この時期のスタイルも勿論悪くないし前作も好きな作品でもある。だけど、このアルバムになかなか手を出さないのはHRっぽい雰囲気が余り感じられないからだと思う。
でも久しぶりに聴いたけど、良い曲はホントに多いんだよなあ。「AIN'T NO CURE FOR LOVE」「MONA」「SISTER」「YOU'RE THE ONE」「MISERY」が好きだし、ポップな「TATOO NEEDLE」も渋い「DEADMAN'S SHOES」も悪くない。

ジャケットは地味で(前作のサイよりはよっぽど良いけど)いつもながらにこういうトコで損をしてなあ...と思うのがこのバンドだけど(苦笑)売れているアルバムだけが良いアルバムではない、という典型的な見本の様な作品だと思う。


「AIN'T NO CURE FOR LOVE」


「YOU'RE THE ONE」




いつもだったら発売日前日にウチに届くハズなのに、今回は何故か発売日に届いたガービッジの新作「STRANGE LITTLE BIRDS」。届いたCDを見てみるとジャケ下の小さいステッカーに金曜日発売商品とか書いてある。要はフラゲはダメですよって事なのか?ただでさえCDが売れない時代にこんな事する意味があるのだろうか??ちょっと意味分からないなあ...

ともかく、「2014年にリリースする」とか言ってたのにこれだけ延びたのは何の理由か知らないけど、前作から今作の間にはサマーソニックに出演したり、他のミュージシャンとのコラボ曲をアナログとダウンロードのみでリリースしたり、デビュー作である「G」のリマスター盤をリリースしたりとそれなりの活動はしてたにも関わらず、やはり4年間は長かったと思う。
前作が7年振りの新作だった訳だし、メンバーもかなりの高齢に差し掛かってる事もあって(デューク・エリクソンに至っては、今年65歳だそうだ!)再始動後はもっと活動に本腰を入れるかと思いきや、この期間の長さ...まあ、良いモノを作る為に時間掛けてるのかも知れないけど、この分だとあと数作でバンド終わっちゃいそうで嫌だな。

さて、期待してた新作の中身はというと、シャーリー・マンソン自身がリリース前のインタビューで語ってた「これまでの作品よりも今回は控えめ」「デビューアルバムに近い雰囲気を持つ」という言葉がやけに引っ掛かってたのだけど、聴いてみて何となく理解出来たと思う。
ただ、デビューアルバムに近い雰囲気というのは、音楽性というよりも精神性の事なんじゃないかな?レコード会社とか周囲からの何の縛りもない、バンドだけでアルバムの全てを作り上げるという自由度がこのアルバムの持つ意味なんだろうし。
音楽性からするとデビューアルバムと似てる雰囲気は全体的に暗いという事以外は余り感じないし、「VOW」や「ONLY HAPPY WHEN IT RAIN」「STUPID GIRL」「MILK」みたいなキャッチーな雰囲気を持った楽曲は、先行リリースされた「EMPTY」や「MAGNETIZED」「WE NEVER TELL」くらいしかないのが大きな違いだと思う。
あとやけに内省的な雰囲気を持つ楽曲が増えたなあと。これがシャーリーの言う「今回のアルバムは控えめ」という事なんだろうけど、「EMPTY」の後に「EVEN THOUGH OUR LOVE IS DOOMED」が発表されたけど、聴いてみたら余りの地味さに驚かされたし。この曲のお陰で今回のアルバムはいつもと違う?と感じさせられたけど、予感が的中しちゃったな。

今作は、これまでのファンも考えさせられるちょっとした問題作だと思う。ファンであってもバンドが提示したモノを無理に好きになる理由も無い訳で、私は今のトコ数回聴いて、こういうスタイルも嫌いじゃないけど全体的に内省的過ぎるかな...という評価になった。ただ、これから聴き続けて更にこのアルバムが好きになるかは、現時点では分からないのが本音かな。
また今回の歌詞読んでると、何だかバンドの終焉も近付いてる様な雰囲気を感じさせるんだけど、この予感は外れてほしい。バンドにはまだまだやれる事があるだろうし、まだまだ新曲を聴かせてほしいと願ってるからだ。
しかし、シャーリーのピンク髪は非常にカッコイイ!この前新作をリリースしたシンディ・ローパーもピンク髪だったけど、結構な年齢でもこういう派手な色が似合っちゃう人達も正直凄いと思う。


「EMPTY」




最近余り新しい音楽を聴く機会がめっきり減ったと思う。
洋楽番組が少なくなった事も原因だし(ケーブルTVでMTVやってても全然耳が惹かない)、新しいモノが出てくる気配が全くないし、好みのHM/HR系も正に飽和状態といった感じだ(ジーン・シモンズが嘆くのも分かる気がする)。
となると、過去に遡って当時聴かなかったジャンルやミュージシャンなどを探して聴いて好みを探す方がてっとり早い...という事で、偶然見つけたこのカーヴというユニットのCDを買ってみた。この作品はデビューアルバムで、タイトルは「DOPPELGANGER」。1992年発表。

このアルバムがリリースされた時は勿論洋楽にどっぷり浸かってて、この時期だと当然の如くHM/HR系も平行して聴いてて、同時にニルヴァーナやアリス・イン・チェインズなどのグランジ系にもハマってた頃だ。そんな時期に時代を先取りしたミュージシャンが存在してたなんて全く知らなかった。
ユーリズミックスと仕事をしてた(ベーシスト?)ディーン・ガルシアが、デイヴ・スチュワートと共通の友人だったトニ・ハリディと出会ってこのカーヴを結成したとの事らしいけど、音のイメージとしてはインダストリアル+シューゲイザー。当時からインダストリアルのシーンはミニストリーやナイン・インチ・ネイルズらが存在してたし、シューゲイザーのシーンもマイブラの「LOVELESS」は前年にリリースされていたけど、この音の組み合わせは正直無かったと思う。
まあこのユニットの範疇だとシューゲイザーの方に分類されてるみたいだけど、実際はシューゲイザーとのジャンルも違うんじゃないかと?浮遊感はあっても、バックの音がかなり硬質なんでシューゲイザーとして聴くとちょっと違和感があると思うけどなあ。

それはともかく、この作品の完成度はデビューアルバムにしては十分高い出来。今聴いても全然古臭さを感じさせない。
このユニットを知ったのは、ガービッジのシャーリー・マンソンが影響を受けたミュージシャンの中に彼等の名前があったからで、書き込みでもガービッジのサウンドに近いモノがあると書かれてたんで、それならどんなモンか...とYOU TUBEで「HORROR HEAD」のPVをチェックしたら一発でやられました(笑)。
確かにガービッジみたいな作り込みも感じられるし、ボーカルが女性ってトコで共通してるし(シャーリーがこのテのモノの先駆者だと思ってたんで、ちょっと意外だった)共通点は多い。個人的にはスージー&ザ・バンジーズ辺りにも通ずるモノも感じられたな。要は妖しさ満点のボーカルスタイルという。
妖しさといえばこのジャケット、バラバラになった人形をバラバラに置いて赤いフィルターを掛けて撮ったモノなんだけど、音の混沌さと相俟って見事に表現されてると思う。ちょっと不気味だけど(苦笑)。

このCDは中古で手に入れたのだけど、アマゾンでは中古でも¥4000以上の値が付いてたので最初買うの躊躇したのだけど、ディスクユニオンの中古サイトで¥926で捕獲出来たのは良かった。この他に2枚組ベスト盤も購入したのだけど、こっちはアマゾンで¥18000以上の値が...(ユニオンでは¥2468)。確かに再発もされてないみたいだし貴重なのは分かるんだけど、余りに吊り上げ過ぎじゃないかね?
こういう時の為の廉価盤5枚組セットじゃないかと思うんだけど、配給がVIRGINなんで版権が難しいのかな?この音、ハマる人には十分ハマる危険なモノだと思うんだけど...ちょっとコンプしたくなってきたな(笑)。

「HORROR HEAD」


「FAIT ACOMPLI」