FC2ブログ




新譜情報を得るべくネット上をウロウロしてたら、久々にMSGの新作が出るみたいですね。しかも過去に在籍したボーカリストを全員呼んでるという、正にバンドの集大成みたいな感覚で。昔はこういうスタイルだと絶対にエゴの問題とかで殴り合いとか普通にありそうだけど、そこはもう皆さん大人なんで(というか老人の域だけど)そういう問題も殆ど無いんでしょう。どちらかというとシェンカー自身が一番問題ある人なんで、そのテの問題はボーカル同士で支え合ってるとしか思えないし(苦笑)。
まあ、今の時代にどれだけのモノが出来るかは全く分からないけど、そんなシェンカーさんを久しぶりに聴こうと思って、今日はライブ盤「ROCK WILL NEVER DIE」をチョイス。発表は1984年。

今でこそ曲数の増えたリマスター盤がリリースされているけど、私が持ってるのは写真でも出てる様に5枚組廉価盤の9曲入りのヤツ。ただリマスターはされているけど、元々そんなに良い音じゃなかったから余りピンと来ないですね。如何にも当時の音質だし。
人によってはこのライブ盤よりも、それ以前に出た「ONE NIGHT AT BUDOKAN」(邦題:飛翔伝説)の方が良いという人も多いと思う。何せコージー・パウエルが叩いてるし、結構修正されて(特にゲイリー・バーデンのボーカルが/笑)聴き易くなってるのもポイントだし。
しかし、ライブの臨場感が伝わってくるのはこのアルバムの方が上かと。単にシェンカー本人は全く知らなかったらしく、勝手に製作されたモノなので本人は気に入ってない作品らしいし。そんな経緯なので丁寧な手直し感はなく、ゲイリー・バーデンのハラハラドキドキたっぷりのボーカルが楽しめる(笑)。

ゲイリー・バーデンって人はホントに面白い存在だったなと改めて思った。ルックスが良い訳でもなく(ステージ衣装...ってモンじゃないけど)ダサいスタイルでフロントに立って、それでいて本業の方も結構綱渡り的なモノというのはどーなんだろうか?決して下手ではないと思うんですよ(って懐疑的だけど/爆)。ただ、こうして手直し無しのライブ聴いてると...例えば「ATTACK OF THE MAD AXEMAN」の中間のファルセットなんか色んな意味で悲しくなってくるし(笑)悲しさ通り越して自然と笑みがこぼれてしまうというか。”味のある”という表現が一番ぴったりな表現かと...まあ、味にも甘いとか苦いとか色々ありますからね(爆)。ある意味、主役のシェンカーを喰ってるのも凄い存在感かと。
で、最後の「DOCTOR DOCTOR」で蠍団のクラウス・マイネに全部持っていかれるというのは余りに残酷的な流れで(笑)かなり悪意のある編集なんじゃないかと...

で、主役の(笑)シェンカーのプレイは申し分なし。相変わらずのプレイは流石の一言。ただ、ドラムのテッド・マッケンナのプレイが結構危なっかしく、ドタバタしてる印象が強いのが残念。スタジオワークで本領を発揮する人らしいし、ロリー・ギャラガーやGフォースではそんなに酷いプレイはしてなかったのに意外だったな。まあ、コージーの後釜って事でプレッシャーがあったのかな?
しかし、そうした印象でも意外とこのライブ盤は好きで、修正されて綺麗にまとまってるモノもその瞬間を捉えたモノとすればラフな感覚があっても良いんじゃないかと。ミストーン連発とかだとさすがに聴き辛いけど、別にそういう訳でもないし。

単品リマスター盤に追加された楽曲は中には「ROCK YOU TO THE GROUND」や「CRY FOR THE NATIONS」も入ってるらしいので、新たにCD買っても良いかな。ゲイリー・バーデンの勇姿を見る為に映像の方でも良いかも(笑)。


「CAPTAIN NEMO」


「I'M GONNA MAKE YOU MINE」
スポンサーサイト






今日から3連休なので、今日は久々にブックオフ巡りを敢行し、3ヵ所回って以前から買おうと思ってたのになかなか手が出なかったジーノの1stリマスター盤を¥950で捕獲。
最初の初CD化のモノを所持してるけど、このリマスター盤でかなり音質が変わり「買い替えても損はしない」という評価をよく見かけたけど、実際に聴いてみてやはり全然違う印象。ジーノ本人が監修しただけあって流石の出来ですな。久々に聴いてやっぱ良いアルバムだと再確認。

そのジーノ関連で、フェア・ウォーニングの3rdアルバム「GO!」を今回はチョイス。発表は1997年。ほほう、もうこんなに年月が経ちましたか。

1stアルバムが発売された時、BURRN!誌で絶賛されてたのを読んで聴いてみたらキャッチーでメロディアスなハードロックという、如何にも自分好みの音だったんで、その後もミニアルバムやらこぞって買って、このアルバムも当然の如くリリース初日に購入した。初回盤の3Dジャケットは「する意味あるの?」とは思ったけど(苦笑)。

そのBURRN!にてクロスレビューで4人中3人が90点台を付けていたので期待値もかなり上回ったのだけど、一聴した時は「正直そこまでのモノじゃないな」と感じた。1stアルバムが大好きだったお陰もあるし、2ndアルバムも良いんだけど1stには叶わないと思ったので、このアルバムも路線は変わってなくてもインパクトを残せるモノは?と言えば「ANGLES OF HEAVEN」と「SAVE ME」くらいしか思わなかったのだ。
しかし、何度か聴いていくウチに他の曲も段々と馴染んでいく感じでやっぱ良いアルバムだなと認識した。メロディの質が変わったのか曲作りが変わったのかよく分からないけど、1stアルバムみたいに一聴して分かり易いメロディというよりも流暢に流れる様なメロディになった印象を受けた。こういう部分が如何にも欧州のバンドらしく感じる気がする。
久々に聴いて、当時から地味だと言われてたアルバム後半の曲が意外と新鮮に聴こえたな。やっぱトミー・ハートは上手い!

このアルバムのリリース後の来日公演にも行きましたよ。半券を見ると1997年6月16日:クラブチッタとなってますね。結構真ん中の中央付近で観た記憶がある(Aブロック300番台)。結構観客も入ってて当時の人気振りを感じさせるモノだったけど、ライブの方は余り良くなかった...というか、余りにも優等生過ぎるライブで面白味に欠けたのはよく覚えていて、当時一緒に行ったメンツに「もうコレ1回で十分かな?」と言った事も覚えている。1stアルバム時のライブビデオを観て良いライブだなとは思ってたけど、実際にライブ観たら印象が違うというのはどういう事?ってずっと思ったんだよなあ、未だに謎だけど(苦笑)。

個人的にはこの3rdアルバムまでで、4thアルバムも当然買ったけどジャケの酷さも相俟ってか(笑)余り良いアルバムだとは思えなくて数ヵ月後に売ってしまったくらい。その後解散したのも何となく分かる気がしたし。再結成後も余りピンと来ないという印象だし、未だに活動してるのはファンにとっては嬉しいだろうけど、もうこういうアルバムは作れないんだろうなあ...残念な事だけど。


「ANGELS OF HEAVEN」


「SAVE ME」




半年くらい前に購入してたのに、なかなか書けなかったメタリカの現時点での最新作「HARDWIRED...TO SELF-DESTRUCT」を今回はチョイス。発表は2016年。大体1年前くらいですな。ディスクユニオンの中古サイトにて新品3枚組が約¥3000で売られていたのでとりあえず捕獲しました。

ちょっと話が逸れるけど、最近はある程度のキャリアを持ってるミュージシャンがこぞって過去作のデラックス・エディション版を発売する傾向にあって、メタリカも30周年記念と銘打って過去3作を新たにマテリアルを加えて再発してるけど、これがどーしてかなかなか手が伸びない。「MASTER OF PUPPETS」なんてもう数え切れないくらい聴いてるのに、その時期のライブやデモ集が入ってるにも関わらず購入しようとする気が起きないのだ。ボックスの方なんて¥30000超えとか熱狂的なファン以外有り得ないでしょ。

勿論、私自身も音楽の好みが高校生の頃と比べると変わってきているけど、それでもお気に入りのアルバムは何枚でも購入するクセして(苦笑)なかなか手が伸びないというのも変な話ではあるけど...まあ、過去作にマテリアルを加えるくらいなら値段安くしてくれないと手が伸びにくいというのが本音。だって1つ買うのにCD2枚分買えるなら、興味あるミュージシャンのCD2枚買った方が素直に楽しめるし。なので、彼等のデラエディ盤はCD1枚分くらいの金額に落ちたら考えるという事で(笑)。まあ輸入盤でも別に良いんだけど。

ってな訳で、前作から8年振りのアルバムという事だけど、リリース当時は買うつもりはなかった...というか、どれ買えば良いのかよく分からなかった(笑)。余計なモノとかいらないから2枚組でも良いか...と思ってたら3枚組が値下がりしてたんで買ったけど、久々のカヴァー曲収録してるしライブの方も初期の楽曲中心だったんで素直に楽しめたのは良かった。

全曲聴いて思ったのは、前作と比べて随分コンパクトになったなという印象がまず一つ。前作は曲によっては冗長なモノもあったし、全曲聴いてると後半聴き疲れしてくるという感じだったので、今回のコンパクトにまとめたのは聴きやすくて良かったかな。
今のメタリカにスラッシュメタルを期待してる訳じゃないからこういう方向性でまとめてくるのは異論ないけど、ミドルテンポの曲にもうちょっと捻りがあった方が面白かったとは思う。メロディが耳に残らないのは「LOAD」~「RELOAD」からずっとあるけど、立て続けにミドル中心だと「どれがどの曲?」という感じになるのは致命傷かと。

それでも「HARDWIRED」や「SPIT OUT THE BONE」は往年のスラッシュスタイルで相変わらずカッコイイし、グラミー賞時のレディ・ガガとのコラボで話題になった「MOTH INTO FLAME」も凄く良い。モーターヘッドのレミー逝去へ対する「MURDER ONE」も敢えてモーターヘッドみたいなスタイルじゃない楽曲にしたのも感心した。
個人的には中盤のミドル中心の楽曲を削って1枚で良かったんじゃないか?と思う。そうなりゃ評価は随分違ったんじゃないかと。

オマケの「RONNIE RISING MEDLEY」は上手い具合にまとめてあって結構好きだ。ただ、欲を言えばレインボー中心でまとめるよりもディオ時代も絡めた方が良かったんじゃないか?と(更に欲を言えばブラック・サバス期も/笑)。
アイアン・メイデンの「REMEMBER TOMORROW」やディープ・パープルの「BLINDMAN」も面白いんだけど、どーせやるなら違う選曲が聴きたかったなというのが本音かな。そーいえば、彼等は何故かジューダス・プリーストのカヴァーは演らないのは何故?
ライブに関しては初期の楽曲中心だけど、やっぱ今の年代で初期の曲演奏するとどーしても荒々しさが消えてしまうのは致し方ないかな...とちょっと複雑な心境かも。悪くは無いんだけど物足りないという感じで。

これでまた暫くは新作作るのは先の話になりそうだけど、バンドがこれだけ長い期間活動するとは思ってなかったなあ。スラッシュスタイルで続けてるならもっと早く解散してただろうし、そもそもバンドがこの歳になるまで「BATTERY」や「CREEPING DEATH」をプレイ出来るとは80年代には思わなかったし。
そう考えると、バンド内の問題や外部からの批判も受けながらも上手い事活動を続けて来られたのは改めて凄い事だよなあ。いつか活動停止の時も来るのだから、素直に今の彼等を楽しむのも良いんじゃないか?とこのアルバムを聴きながら改めて感じたな。


「HARDWIRED」


「MURDER ONE」




既に廃盤だったので、以前から中古屋で探しまくってたFMの6thアルバム「PARAPHERNALIA」をようやくゲット出来たので、今回はこのアルバムをチョイス。発表は1996年。これでこのバンドのアルバムは編集盤の「CLOSER TO HEAVEN」を除けばコンプ出来ました。

彼等のアルバムはいつもジャケが変なモノばかりなのだけど(笑)このアルバムも余り彼等の音楽性に似つかわしくないのはお約束?良い曲作ってるんだから、もうちょっとこういうトコに気を使ってくれると売れると思うんだけどねえ。

このアルバム、前作「DEAD MAN'S SHOES」からそれほど間隔が空かずにリリースされたとの事だけど、5thアルバムのライナーノーツに書かれてた通り、前作リリース前からバンドは休養するというアナウンスがあった事もあって、アルバムのマテリアルはあるのにリリースしないのは??って事なんでしょうか。5thアルバムと同時期に作られたという、いわば5thの片割れアルバムといったトコ。後に彼等は「ROCKVILLE」でも同じ様なスタイルでリリースしてるけど、アルバム製作の時にはかなりの楽曲を作るんだろうか?
リリース時は日本のみのリリースだったみたいだけど、後に4thアルバムとライブ盤のカップリングとして3枚組「LONG TIME NO SEE」というカタチでリリースされたとの事。

なので、音楽性は前作のブルーズロック路線を引き摺ったモノではあるけど、5thアルバムほど乾いた印象はないのが特徴かな。冒頭の「CAUGHT IN THE INNOCENCE」なんて、初期のアルバムに入っててもおかしくないハードポップ路線で意外だったし。
相変わらずスティーヴ・オーヴァーランドの歌唱力は抜群なんだけど、楽曲に関しては印象に残るモノはそれほどない。まあ、過去作やこの後のアルバムの方にフックのある曲が多いから”彼らにしては”というレベルのモノではあるけど。それでも前述の「CAUGHT IN THE INNOCENCE」や哀愁を感じさせるバラード「I'LL BE THERE」、「THAT'S THE WAY」や「HEAVY HEART」の様なリラックスしながら安心して聴ける楽曲がお気に入り。

実はこのアルバムは2枚組で、もう1枚は1989年時のライブを5曲収録(「TOUGH IT OUT」「EVERYTIME I THINK OF YOU」「BAD LUCK」「HEART OF THE MATTER」「BURNING MY HEART DOWN」)。音質は余り良くないけど、バンドの演奏はかなりタイトで、やはりスティーヴ・オーヴァーランドのアルバム聴いてる様な全くブレない歌いっぷりはホントに見事だ。

しかし、当時はコレがバンドのラスト作になる予定だったけど(休業と言いつつも結局何年休んでたんだ?って話だし)ラスト作にしては余りにも地味だし、結果的に「METROPOLIS」で復活して現在までコンスタントに活動を続けてくれているのはホントに良かったと思う。こういうバンドが少ない今、私が彼等に期待するモノは大きいので、末永く活動してほしいと願う。


「CAUGHT IN THE INNOCENCE」


「HEAVY HEART」




ちょっと前に購入した、マグナムの新作「THE VALLEY OF TEARS」を今回はチョイス。
このバンドは以前ここでも紹介した5枚組ベストの「THE GATHERING」と彼等の代表作である「ON A STORYTELLER'S NIGHT」を持ってるだけで、他のアルバムはまともに聴いてない。長いキャリアでアルバム数が多いのと、音楽性が微妙に違う時期があるのでちょっと迷ってしまったりするのだけど、それじゃあベスト盤を聴いて気に入った曲の入ってるアルバムを探せば良いか...と思うと、既に廃盤になってたりするので中々手を出しづらいのだ。

しかし、今回CDを購入した理由は単純にジャケットがいつもの彼等らのイメージとは違う、結構私好みのデザインだったのでそれじゃあ買ってみようか...となった訳(でも、いつものロドニー・マシューズのジャケも好きですよ)。しかもこのアルバムが今年発売だった事も知ったのつい最近の事だし。

なので、ここ数年リリースのペースが安定してるのでこのアルバムも純粋な新作かと思いきや、何とバラード集。バンドの中期から後期のアルバムから選りすぐられた10曲で、リマスターしたモノやライブver、セルフリメイクやリミックスを収録したモノなのでなるべく過去作とは被らない様な構成になっている。

彼等の楽曲はシンプルなモノというより芝居掛かったスケールの大きい楽曲が多いので、このバラード集も聴いてて随分と大らかな気持ちになるのだけど、冒頭の3曲(「DREAM ABOUT YOU」「BACK IN YOUR ARMS AGAIN」「THE VALLEY OF TEARS」)がピアノで始まる似た様なスタイルなので、少し食傷気味になるのは痛い。ボブ・カトレイの歌の上手さで聴かせるのはさすがだけど、アルバムの構成上もうちょっとメリハリが欲しかったなというのが正直な気持ち。

私的には「BROKEN WHEEL」「PUTTINGS THINGS IN PLACE」「LONELY NIGHT」がお気に入りだけど、バラード大好きな私でも数えるしかないというのはちょっとキビしいかも。それだけ似たり寄ったりの楽曲が多いという印象を受けたのかも知れない。
そもそもバラードでも明るくポジティヴな雰囲気なモノから暗くてネガティヴなモノまで様々なスタイルがあるけど、彼等のバラードはポジティヴな雰囲気の楽曲が多いのでどーしても「またか」という印象を与えてしまうのはホントに惜しい。まあ、逆を言えば彼等が作るバラードが大好きな人にとっては大絶賛なんでしょうけど。

まあ企画盤としては良い企画だし、決して出来の悪いアルバムではないのだけど、やっぱ彼等はアルバム全体で勝負するミュージシャンだと思うので従来のHRスタイルの方がバンドに合ってるな...と再認識させるアルバムかと思う。


「BROKEN WHEEL」


「DREAM ABOUT YOU」




ブラック・カントリー・コミュニオンの新作をまだ買ってない理由はこのバンドのお陰です。偶然知ってしまい、まだ若いバンドなのにやってる事が古臭いハードロックスタイルという事で気になってた、イギリス出身のイングロリアスの今年発表された2ndアルバム「INGLORIOUS Ⅱ」を今回はチョイス。

イングロリアス(不名誉)というバンド名にちょっとピンと来たのが切っ掛けだったんだけど、最初はイギリス出身でこのバンド名だとワイルドハーツの「INGLORIOUS」という曲名を思い出してしまったので、このバンドもワイハみたいなスタイルなのかな?と興味をそそられて、とりあえずYOU TUBEで数曲聴いてみたら、まだブルーズスタイルのHRをやってた頃のホワイトスネイクみたいで驚いた。このテのスタイルはそれこそオールドスクールのハードロックをやってた中年のおじさんの十八番かと思ってたけど、それがまだ若いバンドがやってる事に意味があると。
白蛇の他にも、ディープ・パープルやレッド・ツェッペリン、バッド・カンパニーなどを想起させる部分があって、クラシックなハードロックが好きな人達には堪らないんじゃないかと。本人達もアルバムには収録されてないけど「BURN」や「FOOL FOR YOUR LOVING」などカヴァーしてたりしてホントに好きなんだなと思わせる。

ボーカルのネイサン・ジェイムズは結構がなってるタイプに聴こえるけど高音域を出す時くらいで、中音域の声はそれこそ若かりし頃のデヴィッド・カヴァーデルに近いモノを感じた。でも彼のヒーローはグレン・ヒューズらしく(笑)そのグレンのライブに飛び入りして御大と一緒に「BURN」をプレイしてたりする。
またこの人は結構色んな曲を歌ってるのをYOU TUBEに上げてて、サウンドガーデンの「BLACK HOLE SUN」やガンズ・アンド・ローゼズの「SWEET CHILD O MINE」、ジャズシンガーの人と一緒にスタンダード歌ってたり、挙句の果てにはカラオケでハートの「ALONE」歌ってる動画まで上げている(笑)。
バックの演奏陣も、特出すべきトコはないけど堅実なプレイで非常にカッコイイ。プロデュースはバンド自身で、ミキシングにはケヴィン・シャーリーを起用してるのも面白い(BCCも彼のプロデュース)。

国内盤はDVD付きで、ドニントンに出演した時のライブ映像に「I DON'T NEED YOUR LOVING」と「TAKING THE BLAME」のPVとレコーディングのオフショットが収録されていて腹一杯のボリューム。

いやあ、久々に良いバンド見付けてしまいましたなあ。地味だけどこういう古き良きハードロックを聴くとホントにホッとするというか、こういうバンドがいる限りまだまだCD買うのを止められなくなってしまう訳で(笑)。こりゃ、近いウチに1stアルバムの方も手に入れなきゃイカンですなあ。


「I DON'T NEED YOUR LOVING」


「HELL OR HIGH WATER]


「FOOL FOR YOUR LOVING」




前回のフィル・コリンズを聴いていたら、何故か久々にTOTOが聴きたくなった。理由は全く分からないんだけど(苦笑)アルバム持ってる割には聴くアルバムは大体同じというパターンなんで、今回は余り聴かない「TOTO Ⅳ」(邦題:TOTO Ⅳ ~聖なる剣)をチョイス。発表は1982年。

アルバムを余り聴かない...というよりは、曲単位でしか聴かないという意味なんだけど、そもそも何でこのアルバムがグラミー賞のアルバム・オブ・ジ・イヤーなど6部門も獲る事が出来たのか今でも不思議な事なんだけど。いや、普通に良いアルバムだと思うし売れるのもよく分かる話なんだけど、それまでのバンド自体にそれほどの評価はなかったと思うし、何よりバンド自身が一番驚いたという事らしいから、正に”寝耳に水”状態だったんだろうな。

ともかく、バンドの代表作と言ってもおかしくない作品である事には間違いないんだけど、私がよく聴くのは「「ROSANNA」「I WON'T HOLD YOU BACK」「IT'S A FEELING」「WAITING FOR YOUR LOVE」がお気に入り。これだけのチョイスだけでアルバムにおける楽曲のバリエーションに幅があるがよく分かると思う。「IT'S A FEELING」なんて地味過ぎるんだけど、ちょっとアダルトな雰囲気が小洒落てて好きなんですよねえ。「WAITING FOR YOUR LOVE」もR&BスタイルのグルーヴがカッコイイのでTOTOの中でも大好きな曲の一つなんだけど、シングルカットされても売れなかったんだよなあ...

大ヒットした「AFRICA」は、私的にはそれほどピンと来ないというのが感想。売れ過ぎてCD買うまで散々聴いたというのが理由かも。なので、私が車内で聴いてるオリジナル編集のべストCD-Rにはこの曲は入ってない。ただ、この曲が「グランド・セフト・オート・バイスシティ」でカーラジオから流れてきた時はテンション上がるけど(笑)。

バンドは元々セッションミュージシャンが集まって出来たバンドなので、個々のメンバーの演奏力は勿論の事ソングライターとしての資質も十分だからアフリカを題材とした楽曲なんて書けるのだろうな(普通のバンドならこうした曲は書かないだろうし、書けないと思う)。だから、楽曲のスタイルの幅も広くなるのは当然だと思う。前3作ではコンセプトが明確だったのかそれほど幅の広さは感じなかったけど、このアルバムでは大分広がった結果バラエティに富んだ作品になったのかと。

この成功のお陰でマイケル・ジャクソンに目を付けられてあの「THRILLER」にメンバーが参加する事となり、「HUMAN NATURE」に関してはスティーヴ・ポーカロが作詞・作曲している。前述の「IT'S A FEELING」も彼が書いた曲なので、やっぱ私の琴線に響くモノがあるんだろうな(笑)。


「WAITING FOR YOUR LOVE」


「I WON'T HOLD YOU BACK」