FC2ブログ




今回はレニー・ウルフ率いるキングダム・カムの3rdアルバム「HANDS OF TIME」をチョイス。発表は1991年。先日の廉価盤¥1080で購入したモノですな。ジャケットが全く彼等らしくない雰囲気だけど、こういうハードロックっぽくないイメージは逆に結構好きだな。

彼等の1stアルバムも以前ここに書いたけど、そのCDは輸入盤の中古で¥580くらいで買ったモノで、安値で売る理由も分かるくらい中身がボロボロでキズもビシバシ入ってるCランク品と言ってもいいくらいのモノだったので、今回の廉価盤再発に併せて彼等のCD3枚買ったのだ。2ndアルバムも持ってたハズなんだけど、いつの間にか無くなってたんで知らないウチにCD売りに出してしまったか、友人に貸したまま忘れてしまったのかのどちらかだろうな。
でも、この3rdアルバムは全く聴いた事がなかった。当時のBURRN!のアルバムレビューでも見た記憶があるからリリースされたのは覚えてるんだけど、その頃には特に興味も無くなってたので追う事もなかったという。

デビューアルバムでキングダム・カムといえばZEPクローンという図式が完全に出来上がってしまったので、続く2ndアルバムで敢えてスタイルを変えたら注目されなくなったという実に分かりやすい活動(苦笑)のお陰でバンドは崩壊し、このアルバムでは遂にレニー・ウルフ一人となってキングダム・カムというユニット名になったとの事らしいけど、何故そんなにバンド名に拘ったのだろうか?確かに1stアルバムは注目されたけど、レニー自身の声質がロバート・プラントにクリソツで音楽性もツェッペリンを意識したモノだったら誰だって驚くと思うし、現にプラント本人から類似性を指摘されて、ゲイリー・ムーアからは「敬意が感じられない」とコケにされた楽曲まで作られたりと、どちらかというとネガティヴなイメージしか残らなかったバンド名を使い続けるのはこの名前に思い入れがあるからなんだろうなあ。まあ、レコード会社からは「アルバム売る為には手段を選ぶな!」とでも言われたんだろうけど(苦笑)。

そんな訳で、このアルバムではドラム以外は全てレニーがプレイしているみたいで、ゲストで一時期ポイズンに加入してたブルース・サラセノが3曲でプレイしている。
自分自身で全てをこなす事で功を成したのかどうか分からないけど、良い意味で吹っ切れた作風となっているのがこのアルバムの特徴かと。ツェッペリンっぽさは余り感じないし...と言っても、そもそも私は1stアルバム自体数曲除いてはツェッペリンっぽいとは思わないし、レニーの声質がプラントに近いから”=ツェッペリン”という評価をいただいたんじゃないかと。つくづく可哀相だよなあ...

至ってメロディアスなハードロックのスタイルで、ミドルテンポの楽曲が多いのでメリハリが余り感じられないのかもしれないけど、その分じっくりと聴かせる様な印象を受けた。ただ、楽曲の練りが足りないのか結構地味に聴こえるモノもあるので、そこが惜しい点かな。「I'VE BEEN TRYING」や「SHOULD I」なんかはやっぱツェッペリンの影がチラつくけど、何でこの曲のPVなんか作っちゃうかなあ?また叩かれそうな感じの曲だし(苦笑)。

バンド崩壊後の意味不明な新作...という事で案の定、このアルバムは全く見向きもされなかった様でセールスも全く奮わなかったけど、このアルバムは結構気に入りましたねえ。地味でありながらもジワジワとメロディが響いてくる感覚のHR...と書くと何かイマイチっぽいけど(苦笑)せめてバンド名に拘らないで活動していればまた違った印象も受けたのではなかろうか?


「SHOULD I」


「STAY」
スポンサーサイト






前回の裏名盤を5枚頼んだと同時にFMの新作も届いたので、今回は彼等の新作「ATOMIC GENERATION」をチョイス。相変わらずジャケットは何が何だか分かりません(苦笑)。

前作「HEROES AND VILLAINS」から約3年のインターバルだったけど、その間に例の30周年記念の1stアルバムのセルフリメイク盤があったのでそれほど待たされた感は無かったなあ。ま、このバンドは結構な割合で聴いてるんで久しぶりに聴いたという感覚自体ないけど。

私が毎日チェックしている音楽サイトにてこのアルバムのリリース前に数曲聴いていたのだけど、いつもと変わらないブリティッシュロックだったのでまずは一安心といったトコで、それはアルバム全曲聴いた後でも変わる事はなかった。彼等のファンならば期待を全く裏切らない出来だと断言出来る内容かと。

ただ、FMのファンって初期ハードポップ路線の楽曲が好きな人達とブルージーな路線の中期、そして現在のメロディアスハード系な路線と大雑把に分けて好みが若干変わると思う。何せ途中活動していなかったとはいえ、30年のキャリアを誇るバンドが同じスタイルを続ける事は難しいと思うし、バンド側も音楽的に試行錯誤したいと思うだろうし。
私的にはどの時期もそれぞれの味があるのでどれも気に入ってるのだけど、一番の好みは今のメロハー路線なので今回のアルバムも期待に応えてくれたと思うけど、前作との違いはアルバムの構成に若干メリハリが付いた印象を受けた。

前作の「DIGGING UP THE DIRT」に近いノリの「BLACK MAGIC」でスタートとするも、続く「TOO MUCH OF A GOOD THING」で哀愁を帯びたメロウなスタイルや、爽やかで何処か懐かしさを感じるメロディの「KILLED BY LOVE」「GOLDEN DAYS」なんかは1stアルバムに収録されていてもおかしくない様な楽曲だし、ホーンセクションが入って渋い雰囲気を持つ「PLAYING TRICKS ON ME」、冒頭のハモンドがディープ・パープルみたいで王道なHRスタイルの「STRONGER」、スティーヴ・オーバーランドの素晴らしい歌声を存分に堪能させてアルバムを締める「LOVE IS THE LAW」など聴き所が多い。今回はボーナストラックが蛇足に感じるほど構成が良いと思う。

今作はスティーヴ・オーバーランドもかなり自信を持ってお薦めしているみたいだし、これを機に来日公演が実現すると良いなあ。過去に来日公演があったのかどーかすら分からないけど、国内盤も出てる事だし需要はあると思うんだけど一度はライブを観たいんだよねえ。


「MAKE THE BEST OF WHAT YOU GOT」


「PLAYING TRICKS ON ME」




HM/HR系の入手困難な裏名盤が¥1080で再発された。これは当時HM/HR系をガンガン聴いてた人には堪らない企画かと。当時私は20歳前後だったんで、CDを買うにも一ヶ月に新品で精々2~3枚ってトコだったので、当然ながら買い逃したモノも数多い。また当時は洋楽番組も盛んな時代だったので、TVでPV観たら気になってCD屋直行なんて事も多々あったし、雑誌でチェックして気になったら買いに行く事もよくあった。また、過去を掘り下げて有名ミュージシャンで聴いていないモノがあったら、これまた気になって買うという正に蟻地獄的なモノだった。多分、私がこの時期に洋楽にハマってなかったら今頃相当お金を貯めこんでたに違いない(苦笑)。

そんな嬉しい企画なのでこれを機に5枚購入したのだけど、その中の1枚であるヴィクセンの2ndアルバム「REV IT UP」を今回はチョイス。発表は1990年。

ヴィクセンと言えば、音楽シーンに出てきた時はちょっとした驚きだった。メンバー全員女性で構成されていて演奏もしっかり出来る、見た目も抜群のバンドとして注目を浴びたのもよく分かる話だったし。確か最初はMTVで「EDGE OF BROKEN HEART」のPVを観たのが最初だったと思うけど、キャッチーな楽曲でかなり気に入って1stアルバムも即購入した記憶がある。
そして「ベストヒットUSA」にもゲストで来て、女性バンドという事でかなり苦労したという話をしてたのもよく覚えている。この時紹介されたのが「CRYIN'」で、これまた良い曲シングルカットしたなあ~と思ったくらい。
日本公演もあったみたいだけど、その時はライブにまで足を運ぼうとは思わなかった。単にお金が無かっただけの話だけど、アルバム自体ちょっと散漫な印象があって、良い曲と普通の曲が混在してる感じで余りのめり込めなかった事も理由の一つだった。

そんな彼女達は2年後に2ndアルバムを無事発表したのは良いけど、この頃にはもうHM/HR系のミュージシャンは飽和状態を迎えていて思ったより派手なインパクトが感じられなくなっていた。大物ミュージシャンはともかく、中堅や新人あたりは完全に出遅れた雰囲気すら感じさせ、新作が出てもファン以外はなかなか注目は浴びづらかったと思う。

このアルバムはリリース当時は聴いておらず、後にレンタル屋で借りて聴いたけど余り印象がなかった。「HOW MUCH LOVE」のPVも余りオンエアされなかった記憶があるし、バンドを取り巻く環境がちょっと悪いのかな?と思ってたら翌年にはあっと言う間に解散というニュースがBURRN!に載って驚いた。

そんな感じだったので、改めて今回を機にCD購入した訳だけど、結論から言うと1stアルバムよりも方向性が定まって全体的に曲の流れが良くなったと思う。1stアルバムは外部ライターを使ってたお陰で(あのリチャード・マークスが「EDGE OF BROKEN HEART」にクレジットされていてPVにもちょこっと出てた)楽曲にムラを感じたので、このアプローチは正解だったと思う。残念なのは、当時の音楽シーンではもうHM/HR系は飽きられていたという事くらいか。

さすがに今現在のミュージシャンと比べると粗も見えるしツメも甘い部分も感じられるけど、素直に良いアルバムだと思う。今の時代に聴くと時代遅れだとからかわれそうだけど、こういう音楽が好きなんだからしょうがないな(笑)。別に流行り廃りで音楽聴いてる訳じゃないんで、そんな的外れな意見なんて私にはどーでもいいんだけど。

後にバンドはVH1の再結成TVドキュメントで復活するけど、後にギターのジャンが癌で亡くなってしまい、今は後任のギタリスト入れて他の3人はそのまま活動してるらしい。もうアルバムは作らないのかな?


「HOW MUCH LOVE」


「LOVE IS A KILLER」


おまけ:VH1での再結成ドキュメント




今回は元プリンス(本来ならジ・アーティスト・フォーマリー・ノウン・アズ・プリンス:”かつてプリンスと呼ばれたアーティスト”と呼ぶ)としての初の名義となった「THE GOLD EXPERIENCE」をチョイス。発表は1995年。
このCD、暫く探していたのだけど、先日ようやくブックオフで¥1980の値段で捕獲した。ブックオフにしては高い売値ではあるんだけど、もう既にアルバム自体が廃盤なモノで見付けた時が買い時だと決めてたのだ。国内盤の帯付きで綺麗な状態だったんで買えてホントに良かった。リアルタイムの時は店頭で売り切れてて、そのまま買いそびれてしまっているウチに廃盤になってしまったという経緯があったモンで...

しかし当時は何て事してるんだ?と本気で思った。幾らレコード会社と折り合いが悪くたって、何もそこまでする事もないだろうと傍から見るとそう感じるけど、殿下自身はそういうレベルの話じゃなかったんだろうな。製作活動が活発で、1年毎に新作をリリースしたかった殿下の思惑と、数年間隔を空かしてリリースしたかったレコード会社の思惑が見事に決裂したお陰で、前作で殿下の名を捨て、このアルバムからこの名義になったという。でも、この時点ではまだ配給はワーナーからで、裏ジャケにはちゃんとロゴまでしっかり入っている。もしかしたら、この辺の関係でこのアルバムが廃盤になっている理由なのかも。

それはともかく、前作「COME」ではジャケットに堂々と「1958-1993」と記されて、しかもモノクロの写真が使われているのに対して、このアルバムでは黄金の輝きの中にうっすらと写る元殿下の顔を写ってるという、完全に新しい門出を自ら祝ってる様な雰囲気が漂っている。
音の方も、前作とは打って変わってバラエティに富んだ明るい楽曲が増えた感じで、ゴージャスになった雰囲気を感じられる(だからこその、このタイトルなんだろうか)。「ENDORPHINMACHINE」は、K-1を観てた日本人にはお馴染みのあの曲です。この曲から元殿下を知った人も多いんじゃないだろうか?
「THE MOST BEAUTIFUL GIRL IN THE WORLD」は、後に元殿下の伴侶となるマイテに捧げた美しいバラード。結果的に2人は袂を分かつ事になるけど、そうした事実を抜きにしても凄く良い曲だと思う。
アルバムの中間にNPGオペレーターという曲案内みたいなモノが入って、様々なスタイルの楽曲が披露されるカタチになっているので、本人は明言いてないけどコンセプトアルバムみたいな感じなのかな?

ともあれ、名前を変えようがやっぱりこの人の才能はホントに群を抜いてるとしか言い様がない作品だと思う。こういう素晴らしいアルバムですら廃盤というのは納得いかないし、しかも本人がいない現在、彼を知らない世代にもっと彼を知って欲しいとアピールするには彼が残したアルバムが一番分かりやすいと思うので、オリジナルアルバムくらいはちゃんと買える環境は整えてほしいと思うんだけどなあ。


「GOLD」


「THE MOST BEAUTIFUL GIRL IN THE WORLD」




久しぶりに80s系を聴きまくってる中、このアルバムもホントに長い間聴いてなかったなあ..という事で、今回はフーターズ通産4枚目のオリジナルアルバム「OUT OF BODY」をチョイス。発表は1993年。

以前もちょこっと書いたと思うけど、このアルバムは私にとっては好みの音じゃなかった。曲自体はいつもの彼等なんだけど、何かが足りない感じでイマイチ好きになれなかったのだ。その何かが何なのか久々に聴き直してみてもよく分からないのだけど、全体的に流れる雰囲気がそれまでの過去作とは違う印象を受けたんだろうなあ。

このアルバムは前作から約4年の歳月掛かってリリースされている事で、それまでの経歴を変える為にプロデューサーを替えて、バンドに初の女性メンバーを入れて、作曲の方も外部ライターが絡む事になったのが雰囲気を違う一因なのかも。
私的には、アメリカの田舎の飲み屋なんかで掛かってる様なケイジャン風な音が強調されているのが一番変わった部分だと思う。勿論、過去にもバンドの代名詞でもあるフーターやアコーディオン、リコーダーなど多彩な楽器を使ってきて、しかもそれが良いアクセントになってたのに、それらを逆に強調してしまうとロックバンドらしくない雰囲気になってしまう気がするのだ。

前作では落ち着き過ぎて地味なイメージだったのが、今作ではアップテンポの楽曲が増えたお陰でかなり力強い印象を受けたけど、セールスがイマイチ伸びなかったのは残念。リリースされた時期が悪かったのか、それともバンドが忘れ去られていたのかよく分からないけど、彼等に変化があったのと同様にリスナーの方にもこのバンドに求めるモノに変化があったのかも知れない。

私のお気に入りは、久々の共演となったシンディ・ローパーとの「BOYS WILL BE BOYS」、シンプルで繊細なメロディの「PRIVATE EMOTION」、切ない哀愁が感じられる「SHADOW OF JESUS」辺りかな。

このアルバムがリリースされた翌年にはこのアルバムから加入したミンディ・ジョスティンが脱退し、その後またバンドは長い活動停止期間が続いてしまう訳だけど、やはりタイミングが悪かったとしか言い様がないなあ。このテの音楽はカントリーにも通ずるから根強いファンも多そうだし地道に活動していてもおかしくないと思うけど、結局バンドは暫くの間姿を消して、復活作の「TIME STAND STILL」がリリースされた時は本国ではなくドイツのみでしか発売されなかったというのも意外な話だったし。

久々にこのアルバム聴いて以前ほどの違和感は感じなかったけど、このアルバムがもしセールスも好調だったらバンドもずっと活動してたのかな?と思うと、色んな意味で複雑な心境ではあるなあ...


「BOYS WILL BE BOYS」


「PRIVATE EMOTION」




久しぶりにINXSの「KICK」を聴いてたら、久々にこのアルバムも聴きたくなったんで今回はコレをチョイス。1986年に発表されたペット・ショップ・ボーイズのデビューアルバム「PLEASE」(邦題:ウェスト・エンド・ガールズ)。

先日ネットで音楽ニュースのサイトを見てたら、ペット・ショップ・ボーイズの旧譜の再発プロジェクト(FURTHER LISTENINGという名が冠せられてる)が始まってたらしく、10年くらい前に輸入盤のみでリマスター&ボーナストラック付きの2枚組で販売された時に2ndアルバム「ACTUALLY」は慌てて購入したのだけど、その時は1stアルバムの方を買いそびれてしまったので、今回は買おうと思いきや、既にYOU TUBEで全曲上がってたので早速聴いてみたのだけど、思いのほかボートラ集が余り面白い内容ではなかったので、コレは買わんでいいかな?という結論に。

デビュー当時はリアルタイムで知ってたので思い入れも結構あるのだけど、とにかく「WEST END GIRLS」のインパクトが強烈だった。既にこのテの路線ではゲイリー・ニューマンやクラフトワーク、ハワード・ジョーンズやトーマス・ドルビーが先にシーンに登場していたけど、”エレポップ”と言われる起源はココから来てるのでは?と思わせるほどのインパクトがあったと今聴いても思う。また英国出身らしい何処か影のある様なメロディも曲のイメージにマッチしてたので、このテのメロディが好きな私はアルバムがリリースされた直後にレンタル屋へ行って即アルバム借りた記憶がある。

前述の「WEST END GIRLS」は勿論の事、シングルになった「OPPORTUNITIES」や「LOVE COMES QUICKLY」(邦題:恋はすばやく)、「SUBURBIA」も一発で気に入り「コレは凄い人達が出てきたモンだ」と驚かされたけど、シングル以外の曲も好みだったので、暫くこればかり聴いてた時期もあったくらいだ。
やっぱこのテの音はセンスを問われるモノだと当時から思ってたけど、ポップな感覚と洗練された楽曲のお陰で売れるのも当然だと思った。後にダフト・パンクを聴いた時にも同じ様な事を感じたけど、このアルバムが凄いのは、既に80年代で完成されていたという事実かと。

続く2ndアルバムの方が私的には最高傑作なんだけど、その後は路線を幾分変えてしまったお陰で余り興味が持てなくなってしまったのは残念。だけど彼等が未だに活動してるのは素直に評価したい。最近のモノは殆ど聴いてないので、何か手に取ってみるかな?


「WEST END GIRLS」


「LOVE COMES QUICKLY」