FC2ブログ




ウチにあるロックTシャツが結構貯まって来たんでちょっと整理してたら、このアルバムジャケのTシャツが出てきて凄く懐かしくなりついでにCDも取り出して聴いてみた。スティーヴ・ヴァイの「ALIEN LOVE SECRETS」を今回はチョイス。発表は1995年。因みにTシャツは「FIRE GARDEN」ツアーの時に会場で買ったモノなのだけど、何故かXLサイズでかなりブカブカ(苦笑)。

ヴァイは勿論デイヴ・リー・ロス・バンド時代から大好きなギタリストで、デイヴのライブでは観てないけど先述の「FIRE GARDEN」ツアーとヴァイ名義で来たライブの2回観ている。ヴァイの時はデヴィン・タウンゼントが強烈過ぎてインパクトはデヴィンに全部持っていかれた感じだったので、その後のソロ公演の時にじっくりプレイを堪能する事が出来たのだけど、当然このアルバムからも数曲プレイしてくれて満足だったな。

初めて自分がリーダーとなって作ったバンドがアルバム1枚で終わってしまったのはホントに残念だったけど、あのメンツ(デヴィン、TM・スティーヴンス、テリー・ボジオ)をまとめる事自体が相当大変だったと思うし、むしろアルバム出しただけでも良かったと思うべきなんだろうな。だからソロ活動に戻っても何ら違和感がなかったのもこの人ならではかも。

このアルバムは日本盤は8曲入りで一応ミニアルバム的な内容なんだけど、曲数が少ないながらも相変わらず個性的なプレイが炸裂する楽曲が目白押しで満足感はかなり高い。私は初回盤だったのでギターピックのオマケ付きで何かマンガが描かれた薄い冊子も貰った記憶があるけど、多分何処かにあるとは思う。

1曲目の「BAD HORSIE」(邦題:悪魔のギタリスト:ジャック・バトラー)に、何故この様な邦題タイトルが付いているのかというと、ヴァイが若かりし頃に出演した映画「クロスロード」にて、主演のラルフ・マッチオとギター対決をするギタリストの名前がジャック・バトラーという事で、この曲はその劇中で披露されたプレイを元に作られた曲なのだ。この映画は一度観ているけど、ヴァイが怪し過ぎて個人的にはギターを持った変態にしか見えなかった記憶が...(苦笑)ヘヴィなリフをズルズル引き摺る様なプレイは、当時のグランジ系を意識したモノなのだろうか?

お気に入りはヴァイ時代の雰囲気が感じられる開放的なイメージの「DIE TO LIVE」と、凄まじいテクニックが存分に味わえる「KILL THE GUY WITH THE BALL / THE GOD EATERS」(邦題:殺戮の舞踏会)、しっとりとした雰囲気の感傷的なバラード「TENDER SURRENDER」。どれもライブ観に行った時にプレイしてくれた曲なので思い入れも強かったりする。

日本盤ボーナストラックの「SAN-SAN-NANA-BYOUSHI」はタイトル通り、三・三・七拍子のフレーズを基調とした楽曲でこんな曲作れるのはヴァイくらいだろうと思わせる。また「YA-YO GAKK」(邦題:愛しのばぶ・ばぶ・ファイヤー/←何なのこのタイトル?)では、ヴァイの息子の声をサンプリングして作った曲で、これも如何にもヴァイらしさが全開した作風となっている。
「JUICE」ではヴァイのギター師匠:ジョー・サトリアーニっぽい雰囲気の軽快なブギー曲、「THE BOY FROM SEATTLE」では彼にしては珍しいフュージョンっぽスタイルで、各曲それぞれバラバラな曲調なんだけどアルバム全曲聴き終わると「ヴァイの作品を聴いた」という感想に落ち着くという、何とも不思議なアルバムかと。それだけ個性が強いんだろうなあ。

またこのアルバムを全曲プレイしたビデオ作品もリリースされており(「SAN-SAN-NANA-BYOUSHI」は入ってない)冒頭からジャケにもある様にヴァイが全身に銀粉を塗してプレイする様は正にエイリアンっぽくてカッコイイ!

余りにも個性的過ぎて、私の周りの人達には余り人気の無いギタリストでもあるんだけど、こういうクセのある独自性を持ったギタリストが今の時代にはどれだけいるのか?という事を考えると、正に不世出な存在である事には間違いないかと。最近はめっきり露出も減ってしまったけど、また久々に新作アルバムが聴きたいなあ。


「KILL THE GUY WITH THE BALL / THE GOD EATERS」


「TENDER SURRENDER」
スポンサーサイト






YOU TUBEで配信されているダリル・ホールの「LIVE FROM DARYL'S HOUSE」。以前からその存在は知っていたのだけど、この番組はダリル・ホールが気の合うミュージシャン達をスタジオに呼んでホール&オーツやゲストの楽曲、色んなミュージシャンの楽曲を演奏するのだけど、その番組に何とブッチ・ウォーカーが出演していて、ブッチの「MIX TAPE」やホール&オーツの「SAY IT ISN'T SO」などをプレイしていたので思わず見入ってしまった。
ダリル・ホールとブッチが親交あったのは意外だったけど、ブッチの楽曲は何処となく80sソングを想起させるモノが多いのでダリルの事をリスペクトしていてもおかしくはないかと。それにしても「MIX TAPE」はホントに良い曲だよなあ...

という訳で、久々にブッチの作品が聴きたいと思い、今回はこのアルバムをチョイスした。ブッチが以前組んでたバンド:マーヴェラス3のメジャーデビューアルバム「HEY! ALBUM」。リリースは1999年。
実はこのアルバム以前に、マイナーレーベルからマーヴェラス3名義で「MATH & OTHER PROBLEMS」というアルバムを1枚リリースしているのだけど、こちらはさすがにCDは廃盤でストリーミングでは聴けるみたいだ。中古CDなら手に入りやすいとは思うけど、ちょこっと聴いた感じだと普通のロックバンドっぽい雰囲気かな。

そもそも何故このバンドを知ったのかは思い出せないけど、多分シングルになった「FREAK OF THE WEEK」を聴いてCDを買ったのは間違いない。CD帯には「晴れた日に聴きたいロック!」と書かれており、1曲目の「YOU'RE SO YESTERDAY」の冒頭を聴いただけでこの帯の言ってる事は正しい、と素直に納得(笑)。
音楽性はポップバンドとロックバンドの中間を狙った感じだけど、そういう意味ではチープ・トリックに近い音なんじゃないかと。実際に3人のメンバー達は(バンド名にある通り3ピースバンド)全員チープ・トリックが大好きみたいだし。あと、何処かしかニューウェーヴっぽい雰囲気も若干感じられる。
私的には、前半の1~7曲目まではどの曲でもシングルカット出来るんじゃないか?と思わせるほどのキャッチーなメロディが楽しめるけど、後半は比較的地味な印象でちょっとクールダウンしてるのが惜しい感じ。それでもデビューアルバムとしては十分な出来かと。

こういうポップでキャッチーなメロディが聴けるアルバムって、普通に日本で人気が出てもおかしくないと思うけど、何故かこのアルバムは不発に終わった。音楽メディアやレコード会社が全然プッシュしなかったからかも知れないけど、普通に良い曲満載なんでこの音が気軽に聴ける環境さえ整っていればそれこそバカ売れしたんじゃないか?と思うとホント残念でならない。今聴いても良いアルバムだと思うし、ブッチのソロ作よりもこの音の方が好きな人は結構多いと思うんだけどなあ。

彼等はこの後、以前ここでも紹介した2ndアルバム「READYSEXGO」をリリースして解散してしまい、ブッチはソロ活動に入って同時にプロデュース業も務める様になった。アヴリル・ラヴィーンのプロデュースが有名だけど、他にも様々なスタイルのミュージシャン達を手掛けて、日本では織田裕二さんがカヴァーしたワム!の「LAST CHRISTMAS」で共演したのが有名。マキシ・プリースト同様、何で一緒に組んだのかは未だに謎だけど(やっぱ大人の事情ってヤツですかね?/苦笑)。


「FREAK OF THE WEEK」


「YOU'RE SO YESTERDAY」




最近、何故かスザンヌ・ヴェガのアルバムを聴いている。理由は特にないんだけど、暫く聴いてないな...とCD数枚引っ張り出して聴いてたら、このアルバムの存在を思い出してコレも聴いてみたと。
スザンヌ・ヴェガの2ndアルバム「SOLITUDE STANDING」(邦題:孤独/ひとり)の冒頭を飾る「TOM'S DINER」を、色んなミュージシャンがカヴァーしてアルバム1枚分となって発表された異色作ともいえる「TOM'S ALBUM」を今回はチョイス。発表は1991年。

「TOM'S DINER」は、日本だとインスタントコーヒーのCMのBGMに使われた事で有名になったけど、私自身はそれ以前にスザンヌのアルバムを持っていたのでこの曲がコーヒーのCMで使われた事に対して「何てセンスのある選曲なんだ」と大いに感激したモノだった。
そもそも「SOLITUDE STANDING」は、この曲で始まって直ぐにその世界観に飲まれてしまうくらいのインパクトの強い曲だと私は思ってるんだけど、当時は私がどんなに「良いからアルバム聴いてみてよ」とお薦めしても、薦めた人達の反応は「暗い」「地味」「怖い」(?)といった感じで「どーしてこの雰囲気が分からないかなあ?」といつも残念に思っていた。まあ、人の感想なんてそれぞれだから別に理解しなくても良いんだけど、余りにシンプル過ぎる反応なんでちょっとなあ...

ともかく「SOLITUDE STANDING」を聴いた時は17~18歳の頃だけど、このアルバムがホントに大好きだったお陰でこういった企画盤も手にした訳だけど、当時はこうも「TOM'S DINER」ばかり聴かされるのはちょっと...と思ったのも確かだ。幾ら各曲アレンジを変えているとはいえ、原曲が余りにもアカペラのみのシンプルなスタイルだからバージョン違いばかりを延々聴いてる感覚なんだよなあ。
スザンヌ自身はこのアルバムについて「自分の子供達が世界中に飛び立って友達連れて帰って来た感覚」と語ってたけど、正にそんな感じ。男性ボーカルのverなんかは妙な違和感があると思うし、レゲエverみたいなモノは思いっ切り振り切った感じでオリジナルとは全く別モノだし、女性ボーカルでもメロディが微妙にズレてたりヒップホップ調になってしまったりして、結局はスザンヌのオリジナルが一番良いという結果に落ち着くけど(笑)でもまあ、参加ミュージシャンがそれぞれの世界観でこの曲をリスペクトしている感じが十分伝わってくる。

まあ面白いっちゃ面白いアルバムだと思うけど、この「TOM'S DINER」という曲がよっぽど好きな人じゃないと楽しめないという聴く相手を選ぶ代物かと。1曲だけ、後の3rdアルバム「DAYS OF OPEN HAND」(邦題:夢紡ぎ)に収録される「RUSTED PIPE」がフューチャリングDNAというカタチで収録されている。また、アルバムデザインや解説などはスザンヌ本人が担当しているのもポイント高し。


「TOM'S DINER」:MICHIGAN & SMILEY


「TOM'S DINER」:PETER BEHRENS




今日は偶然にも日・月と連休になったので、以前からお誘いを受けていた友人のtaroサンのバンドのライブを鑑賞。バンド単体でのライブではないから他のバンドも少し観る事が出来たのだけど、こういう複数のバンドでジャンルが違うモノを一度に観られるのはいつ観てもホントに面白いと思う。今は夜勤生活なんで午前中から出掛ける事はまずないから全部観られる訳じゃないのが残念だけど、アマチュアだろうが何だろうが音楽をプレイしているのを目の前で聴くというのはホントにテンションが上がる。こういうモノがもっと色んなトコで気楽に観られると良いんだけどねえ。

そんな事を思いながら、このバンドもマイナーだけど質の高い音楽をプレイしてるなあ~と手に取ったのはザ・レイン・オブ・カインドの1stアルバム「RHYTHM, CHORD & MELODY」。発表は2008年。

元々このバンドの存在を知ったのは以前タワレコ新宿店の視聴コーナーにこのバンドの最初の音源だった「EP」が入っており、そこには”ジャズとエモの融合”という触れ込みが書いてあったので興味を持って聴いてみたら、コレが見事に私のツボ直撃の音だったので即購入したのが切っ掛け。後で調べてみたら、この視聴コーナーのお陰でかなりセールスが伸びてマイナーバンドでありながらも5000枚以上売り上げたらしい。それだけリスナーの興味を引いたという証拠なんでしょう。

それで翌年に待望の1stアルバムが完成したので速攻で購入したのだけど、残念ながら「EP」ほどの衝撃はなかった。質が高いのは聴いて直ぐに分かるのだけど、作風がちょっと変わったのかインパクトが足りないというか流して聴いてしまう感じになってしまってちょっと期待外しだったかなと当時は思った。

それから10年経って改めて久々に聴いてみたら、その流して聴く感覚が堪らなく良い雰囲気で、やっと自分の中でこのアルバムを消化出来た感じがした。当時は「EP」の流れを期待していただけの事で、それを抜きにして真っ白な状態で聴くべきだったのかも知れないな。まあ、同じバンドだから”真っ白な状態”なんて普通は出来やしないんだけど(苦笑)。
エモというジャンルは当時と比べて殆ど聞かなくなってしまったけど、そもそもエモがどうこうというよりは若いバンドがセンスの良い洒落た音楽を演っているという認識で十分な気がするし、エモっぽいのが聴きたかったらこのバンドの前身バンドであるディス・デイ&エイジを聴けば良いだけの話だし。
ピアノを基調としたジャズのスタイルを用いてるポストロックという感じで、メロディは前身バンドから変わらず美しい。ボーカルの声質もファルセットを多用したりしてアクセントの付け方が絶妙に上手く、英国のバンド:キーンに近い雰囲気と言えばお分かりだろうか。

こうして10年寝かせて聴いた今、やっと理解出来たというのも何だか感慨深いな(笑)。今更ながらこのバンドにハマりそうで、彼等はこの後2枚のアルバムを発表していたのは知ってたけど、今どうしてるのだろうか?と思って調べたら、バンドはまだ存続してたみたいで今年ストリーミングで新曲発表したみたいだから、そのうち4枚目のアルバムも発表されるのかな?

まあ、それよりも2ndと3rdアルバムをチェックするのが先だ...と思い、タワレコのサイト覗いたら何と新品がセールで2ndアルバムが¥216、3rdアルバムが¥583で売ってるじゃないか!?
しかもクリスマスEPまで発表してたみたいで、このEPも¥108で売ってるし!!3枚合わせても¥907なら...と即ポチりましたよ。まあ、コレだけじゃ送料無料にならないんでもう1枚セール品買ったけど(コレもお買い得だった)、先日書いたCDセーブの話は何処へやら...そりゃ万年金欠にもなりますわな(呆)...ここまで来るともはや救い様ないですな、こりゃ。


「TILL WE MAKE OUR ASCENT」


「GREAT BLUE SEA」




ノートPC+マリリオンのチケット2日分+スティーヴン・ウィルソンのチケット買ってしまったお陰で節約生活に...という話の前に注文してたCDが今頃になって届きました(呆)。アマゾンのマケプレで予定では5/3に到着だったのに、4日遅れて到着。まあGWがあったからかも知れないけど、その辺も考慮して明記してほしいんだよねえ...何か気が抜けた感じだけど。
久々にジャケ買いしたいな...と思い、このアルバムをチョイスしてみました。スーパーソニック・ブルーズ・マシーンというバンドのデビュー作「WEST OF FLUSHING, SOUTH OF FRISCO」。発表は2年前の2016年。

素性も何も知らないで、たまたまYOU TUBEでの”あなたへのお薦め”欄にこのバンドが出てきて、バンド名からするとブルーズ系のバンドかな?と、とりあえず聴いてみたら確かにブルーズ系のサザンロックバンドなので、コレはひょっとして好みなのでは?とポチってみたと。ついでだから2ndアルバムも同時に購入。

CD届く間にネットで検索してバンドを調べてみたら、テキサス州ダラスにて活動しているギタリストのランス・ロペスがベース/ボーカルのファブリツィオ・グロッシーとドラムのケニー・アロノフと組んだ3ピースバンドとの事。正直言って知ってるミュージシャンはドラムのケニー・アロノフだけ。ジョン・メレンキャンプと暫く活動してたのが知っていた理由なんだけど、この人ってホントに色んなミュージシャンとプレイしていてボブ・ディランやブルース・スプリングスティーン、ジョン・ボン・ジョヴィやミック・ジャガーなど大物ばかり。世界でもトップクラスのドラマーかと。
他の2人は全く知らないけど、ファブリツィオ・グロッシーって方もこれまたミュージシャンから信頼を置かれてるプロデューサー/ミキサーらしく、スティーヴ・ヴァイやニナ・ハーゲン、レズリー・ウェストやデイヴ・ナヴァロと仕事してたとの事。つまりスタジオミュージシャンが気心の知れた仲間と一緒に作ったバンドのアルバムという事なのだろう。

音楽性は先述の通りブルーズベースのサザンロックバンドで、最近のレイナード・スキナードに近い感じかな。ただ、熟練したミュージシャン揃いなので渋さが滲み出ていてこのテの音が好きな方には堪らない音かと。ボーカルの声質はザック・ワイルドっぽい雰囲気。
またこのアルバムには多くのミュージシャンが参加しており、ZZトップのビリー・ギボンズ、ウォーレン・へインズ、ロベン・フォード、ウォルター・トラウト、クリス・デュアルテ、エリック・ゲイルといったブルーズ系ギタリストばかり。
私は殆どブルーズ系ギタリストには詳しくないけど、それぞれ参加した楽曲聴いてウォルター・トラウトのプレイが好みだったかな。ちょっとゲイリー・ムーアっぽい雰囲気を兼ね備えてる感じが良い。
楽曲は殆どオリジナルで、参加ミュージシャンとも共作しているのがポイント。1曲だけホワイトスネイクもカヴァーした「AIN'T NO LOVE IN THE HEART OF THE CITY」が収録されている。白蛇verと比べると渋さが増して正にいぶし銀的なスタイルかと。

キャリアも豊富なミュージシャンが好みの音楽を自由に作ってる雰囲気が感じられるアルバムで、実に伸び伸びとしたプレイがホントに心地良く素晴らしい。最近のこのテのミュージシャンの活動は殆ど伝わって来ないから、こういうバンドが知らないうちに世に出てきているのは何か勿体無いなと。プロモーションさえしっかりしてればかなり注目を浴びられるハズなのに、そういう事すらしないのも何かこのテのバンドらしい(苦笑)。久々のジャケ買い、当たり引いちゃって嬉しいな!


「RUNNING WHISKEY」


「REMEDY」




先日、いきなりソロでの初来日公演が発表されたスティーヴン・ウィルソン。
正直言って、この人のソロ来日公演が観られる日が来ようとは夢にも思わなかったなあ。何故なら、あの伝説のウドーフェスにポーキュパイン・トゥリーで出演して色んな意味で失望したと言われてたのに、めげずに今度は初のソロ公演ですよ。実際にこの人が日本でどれだけ売れてるのか分からないけど、私が大好きな3rdアルバム「THE RAVEN THAT REFUSED TO SING」(邦題:レイヴンは歌わない)辺りから少しメディアの露出が増えてきた感じで、それと比例する様に作品毎に良作を発表している印象を受けると同時に、本国イギリスではあのロイヤル・アルバート・ホールを3日間ソールドアウトにするくらいの勢いを持つ様になった。

それと比べるのもおこがましいけど、日本はまだまだマイナーな存在で名前だけ聞いてピンと来る人は相当マニアックな方達かと。「ポーキュパイン・トゥリーの~」と付けると分かる人は多そうだけど、それでもマイナーだからそんな人が日本でソロ公演なんか演って大丈夫だろうか?と余計な心配をしてしまう。
私はこの人のライブは観たいと思ってたので、直ぐに友人のtaroサン&めそ子サンを誘ってライブに行く事にしましたよ。早く11月来ないかな~?...ってまだまだ先の話だし、その前には後日発表されたマリリオンの再来日公演もあるので今年の秋はマジでワクテカが止まらない!

今回はそんな彼の最新作である「TO THE BONE」をチョイス。発表は昨年でしたね。

ベーシックとなる基本的な路線は変わらないのだけど、アルバム毎に色んな試みをしているので発表する度に色んな印象を与えてくれるミュージシャンなんだけど、今回は彼が思うところのポップミュージックを全面に押し出した作りとなった。
ポップといっても、ベタなポップではなくあくまでも彼ならではのポップミュージックな部分というのがポイント。リリース前のインタビューでは彼が若かりし頃に聴いてたピーター・ガブリエルやケイト・ブッシュ、ティアーズ・フォー・フィアーズやXTCなどの作品を挙げてそれらの作品を最近聴いて影響されたという話を読んだけど、このアルバムを聴いてると言ってる意味が分かると思う。
なので、過去の作品群と比べると取っ付き易さはこのアルバムが一番すんなり耳に入ってくる感じかと。

彼はよく「現代のプログレミュージシャンの一人」的な存在で扱われているけど(私も前作のレビューで似た様なニュアンスで書いたけど)、確かにプログレ界隈のミュージシャンをバンドメンバーに使うし、彼の音楽自体もプログレのフィーリングに近いモノがあるので間違ってはいないと思う。だけど、彼自身も言及している様に「プログレが好きなファン自体が全然プログレじゃない」という感じで、一つのジャンルに拘ったお陰で盲目的になる事に危惧を感じて自身の音楽にボーダーレスを目指してるスタンスは、どちらかというプログレのミュージシャンというよりはデヴィッド・ボウイやプリンスに近いモノなんでしょう。今回のこのアルバムを聴いて、ちょっとその辺を誤解してたと思ったな。

このアルバムが彼のコアなファンにはどの様に捉われるのか興味があるけど、私にとっては全く期待を裏切らない素晴らしいアルバムだと感じた。これでライブが非常に楽しみになったと同時に彼の音楽に興味を持つ人が少しでも増えてくれると良いなあ。流行り廃りとは全く関係ない、自身の音楽を様々な角度から追求するその姿は本物のミュージシャンとして次の作品が楽しみになってくるんだよね。


「TO THE BONE」


「PARIAH」