FC2ブログ




先日の殿下の「SIGN 'O' THE TIMES」と同年にリリースされた、殿下と同じく不世出のミュージシャンであるマイケル・ジャクソンの「BAD」を久々に聴いてみた。
ちょっと脱線するけど、1987年ってホントに魅力のあるアルバムが発売されてたんだなあ...と改めて驚いた。殿下やマイコーもそうだけど、白蛇のアレとかLEPPSのアレもそうだし、U2の最大ヒット作やホイットニー・ヒューストンの2ndもそう。そりゃチャートが面白い訳だわ...と懐かしむと同時に今の惨状はホントどーにかならんのかね?と。

「THRILLER」のお陰で洋楽チャートに関心を持った私は、勿論この新作にも大いに期待してましたよ。まず最初に聴いたのは「I JUST CAN'T STOP LOVING YOU」で、あれよあれよ...と言う間にチャートの1位を獲得し、さすがの貫禄を誇ってたのを思い出す。だけど、アルバム前の先行シングルで注目浴びた楽曲がいきなりバラードで、しかもデュエット曲というのは全くもって想定外だったな。まあ勿論良い曲なのは間違いなかったけど。

そして、あの「BAD」のPVですよ。初めて観たのはベストヒットUSAで、小林克也さんが日本初ノーカット放送とか謳っていた気がする。PVでは不良グループに絡まれてマイコーが「ワルとはどんなモンか教えてやるぜ!」とお得意のダンスで圧倒するという、如何にもマイコーらしいポジティヴなメッセージだけど、元々は私服警官に強盗と間違えられて射殺された黒人青年の実話を元に作られたという話。殿下も晩年に人種差別が原因で殺された黒人の為の楽曲を発表していたけど、こういう著名なミュージシャンが声を上げても一向に無くならない問題は本当に根が深いと思い知らされる。
因みに、当初は何と殿下とのデュエットを予定してあったらしく、実際に2人で会ったけど殿下が「この曲は僕が参加しなくても売れるよ」と語った為にデュエット話はお流れになったという。実際に実現してたら凄い事だけど、個性のぶつかり合いでかなり濃いモノになってたんだろうなあ...とは思う。

当然の事ながらこの曲も全米No.1になり、その後「THE WAY YOU MAKE ME FEEL」「MAN IN THE MIRROR」「DIRTY DIANA」まで同アルバムからシングルカット5曲連続全米No.1という新記録を打ち出した事から当時のマイコーの人気を裏付ける話かと。
因みに「MAN IN THE MIRROR」の作曲者は、マイコーシーダ・ギャレット(地味JAM尊サン、ご指摘有難うございます!)とグレン・バラード。そう、プラネット3に参加してたあの人ですね。それと前作の「BEAT IT」でエディ・ヴァン・ヘイレンを起用した事で旬のギタリストを使うイメージがあるけど、この時期は「DIRTY DIANA」のPVでスティーヴ・スティーヴンスを起用。当時ビリー・アイドルの「MONY MONY」がヒットしていた関係からだと思うけど、意外とハマってたのが面白かったな。

元々このアルバムはクインシー・ジョーンズに「マイコー、アルバムの全曲は君が書くべきだ」と提案されたので、マイコーは60曲を用意しその半分をレコーディングしたので、クインシーに「今度のアルバムは3枚組にしたいんだけど、ポーッ!」と逆提案したら「マイコー、それは無理だ。長過ぎるよ。」と却下され、マイコーとクインシーとの間で衝突が度々あったとの事でこのコンビは今作が最後となった。
確かに全11曲(「LEAVE ME ALONE」は当時CDのみ収録だったけど、私的にはこの曲が無いと何故か締まらない印象があるなあ)で完成度はグッと高くなったと思う。アルバム3枚分だとどうしても散漫になりがちだし、どーしてもリリースしたければ毎年1枚ずつリリースした方がファンには分かりやすいと思うし、楽しみも増えるだろうし。コレはクインシーの判断で正解だったと思う。

お気に入りは「THE WAY YOU MAKE ME FEEL」「LIBERIAN GIRL」「MAN IN THE MIRROR」「SMOOTH CRIMINAL」「LEAVE ME ALONE」。この時期に作られた映画「ムーンウォーカー」でもPV形式で作られていたけど「SPEED DEMON」も良い。あと子供が「BAD」のPVを完コピしたベイビーバッドも面白かったな。

ホントに細かい部分までよく出来たアルバムだし、内容自体も前作を超えるモノといっても過言ではないけど、セールス面では前作超えはならず。コレはまあ仕方ないでしょ、前作は異常としかいえない世間の流れがあったし、そんなにモンスターヒット作を何枚も作れるほど簡単でもない訳だし。
それでもスーパースターの作るアルバムはさすがに格が違う...と久々に聴いて改めて感じたなあ。人々が求めるマイコー像が見事に表現された傑作ではないだろうか。


「SMOOTH CRIMINAL」


「LIBERIAN GIRL」
スポンサーサイト






さて、予告通り今回のお題は地味JAM尊サンからのリクエストで(笑)プリンスの「SIGN 'O' THE TIMES」をチョイス。発表は1987年。殿下が最もクリエイティヴな時期だったともいえる作品なんで、このアルバムを殿下の最高傑作と捉える方達が多いですね。かくいう私もこのアルバムが彼のマスターピースだと思うし、事ある毎によく聴くアルバムでもあるし。何でこんなに書くの遅かったのか不思議でしょうがない...って、単に早く書けよ!って事なんだけど(苦笑)。

「1999」から火が点いて、「PURPLE RAIN」で大爆発、その後新作アルバムを1年毎に立て続けに発表し、その極みというのがこのアルバムではなかろうか?因みにこのアルバムは9作目、殿下はこの時27歳。27CLUBの一員にならなくてホントに良かったと思うけど(って、そんなイメージは彼には微塵も感じないけど)このアルバムの製作には色んな要因が重なって作られた経緯があったお陰で最高傑作に成り得たのではなかろうか?

まず前作まで続いたザ・レヴォリューションの解散。前作「PARADE」のツアー後にメンバーのウェンディ&リサがバンドからの脱退を申し出た為に殿下自身がバンドを解散させたという話で(奇しくもラストステージが日本だった)本来ならこれまで以上にウェンディ&リサを主軸に置いて新作が作られるハズだったのにその主要2人が抜けるなら意味がないと判断したんでしょう。
それと、殿下自身の別名義で作る予定だったカミールの存在。元々はボーカルのピッチを上げて男性とも女性とも判断しかねる歌声にハマってた殿下がカミール名義でアルバム作るというコンセプトを、ザ・レヴォリューションとの新曲を合わせて3枚組の「CRYSTAL BALL」というタイトルでリリースする予定だった(以前書いたブートはコレに近いモノらしい)。しかし、殿下はこれらをお蔵入りにして新たに曲を作って作り上げたのがこのアルバムという流れ。

結果的にはこれらのプロセスが全てプラスに作用したと思ってるけど、レヴォリューションの解散は正直残念だったかな。音楽的に貢献度が高いウェンディ&リサがバンド抜ける原因が何だか分からないけど(「KISS」のPVで殿下にキスされて嫌な顔してたから?...ってそれは違うか/苦笑)単に音楽性の違いだったんでしょう。
このアルバムで一番驚いたのはリズムパターンの豊富さ!コレに尽きるかな。「SIGN 'O' THE TIMES」なんて最初PV観た時は文字だけのPVだけでも面食らった上に、あのシンプルなリズムに無駄を削ぎ落とした音で最高にクールだったし。前作の「KISS」でも最低限の音に絞っても殿下の音だ!と分かるスタイルに驚かされたけど、更に突き詰めたモノを提示した殿下はさすが!と唸ったくらいだ。

続く「PLAY IN THE SUNSHINE」「HOUSEQUAKE」「THE BALLAD OF DOROTHY PARKER」と立て続けに違うスタイルの楽曲を持って来て、しかもどれもが飽きさせない作りの楽曲群には最初の1枚目を聴いた時点で2枚目の期待度がハンパなかった。それは当然ながら裏切られる事もなく、全部聴き終わった時には満足感で一杯だった記憶がある。なので、最高傑作という評価になった。
また、この頃から殿下は神の存在を強く意識し出した感じで、同時にそれまでのエロティックな面は引っ込んだので殿下初心者にはアクが強くなく、初めて聴くアルバムには良いと思う(まあ次作「LOVESEXY」でその反動があったけど/笑)。ジャケットも至って普通だしね(笑)。

私のお気に入りはほぼ全曲なんだけど(苦笑)「SIGN 'O' THE TIMES」「PLAY IN THE SUNSHINE」「HOUSEQUAKE」「THE BALLAD OF DOROTHY PARKER」「STARFISH AND COFFEE」「U GOT THE LOOK」「IF I WAS YOUR GIRLFRIEND」「I COULD NEVER TAKE THE PLACE OF YOUR MAN」「THE CROSS」「IT'S GONNA BE A BEAUTIFUL NIGHT」が特に良いかな。

久しぶりに全曲聴いてみて、当時初めて聴いた事を思い出したりしてノスタルジックに浸ったのと同時に、如何に殿下が時代の先を走っていたのかを再確認した。「HOUSEQUAKE」や「THE BALLAD OF DOROTHY PARKER」なんて彼以外にこんな曲誰が作れる?唯一無二の存在とは正に彼の為に使う言葉だし、そんな彼が作り上げたこの作品をリアルタイムで経験出来た事を素直に感謝したい。


「SIGN 'O' THE TIMES」


「I COULD NEVER TAKE THE PLACE OF YOUR MAN」




このブログで2回目の同レビューです。最初は殿下の「PURPLE RAIN」のデラエディ盤でしたが、今回はハワード・ジョーンズの1stアルバムである「HUMAN'S LIB」(邦題:かくれんぼ)をチョイス。以前のレビューに追記として入れても良かったんですが、このデラエディ盤も結構ボリューム一杯な作品なんで別にする事にしました。発表は昨年2018年。

実はこのデラエディ盤、前に一度リリースされているみたいで、その時は全く情報を知らなかったのでスルーしてしまったんですが、今回は結構色んなトコで紹介されていたので直ぐに予約入れて無事ゲット出来ましたよ。ちょっと前のイット・バイツのBOXセットの時もそうですが、最近はレコード会社を介さずにリリースされる事が多いので情報を知るのも結構一苦労で、ましてインディレーベルなんかだとひっそりと発表されている事もあるから常にアンテナは張っておかなきゃイカンですな。レーベルはワーナーではなく、以前グレン・ヒューズのBOXセットをリリースしたCHERRY RED RECORDSだったんでちょっと不安があったんだけど(笑)ちゃんとした音源で一安心。

因みに、このデラエディ盤はタワレコの輸入盤で購入したんですが、写真でも分かる様に左上側にちょっとした破れが...シュリンク包装だから結構脆い梱包なんでコレは輸入盤買う時のリスクとして割り切らなければならないんだけど、やっぱちょっと残念。国内盤は相変わらず高い値段なんで(¥2000も違う!)スルーです。

さて、内容に関してはアルバム本編は私が初めて買った洋楽アルバムなので、思い入れが深いから今の時代に聴いても相変わらず素晴らしい出来...なんだけど、このリマスター盤では決定的に違う箇所が一つだけある。それは2曲目の「WHAT IS LOVE?」がシングルverではなくロングverが収録されている事。これは最初聴いた時には結構な違和感で、アルバムを当時聴きまくった私にとってはシンプルに終わるシングルverの方に馴染みがあるのでこれは変えないでほしかったなあ~というのが本音。このリマスター盤で初めて聴く人には良いのかも知れないけど、ボーナスディスクの方にも収録されているのでお得感もないし。

ディスク1の後半とディスク2には未発表曲やインスト、バージョン違いやライブ音源など盛り沢山。以前レビューした「THE 12"ALBUM」からも収録されており(「LIKE TO GET TO KNOW YOU WELL」(邦題:君を知りたくて)のみ未収録)当時のハワードの音源をほぼ網羅してるのではなかろうか?インストの「BOUNCE RIGHT BACK」や「LAW OF THE JUNGLE」は当時何処かで聴いた様な気がする(12インチかシングルB面だったかな?)。特出すべきは、ライブverの「HUNT THE SELF」と「EQUALITY」のラフミックスver。両方共好きな曲なんで、こうして別音源で聴けるのは嬉しい。

そして更に盛り沢山なのがDVD。極初期のハワードのライブやデモをプレイする映像は必見。初期はデビュー時のトウモロコシヘアではなく、青色っぽいモヒカンっぽい長髪の刈り上げただけでメガネ掛けたハワードの姿が拝めるのだけど、当時2人だけでライブを演っていたパントマイムのジェドのパフォーマンスもキレッキレな動きで(エガちゃんみたい)何か妙な雰囲気(笑)。当時でもかなり異質なライブだったのではなかろうか?
またここにはディスク2枚に収録されていない「RISK」「DREAMS OF A BETTER PLACE」「LOVE?」(←これは「WHAT IS LOVE?」の原型デモ)とか、TV出演時の演奏、ライブ、PV(こっちには「LIKE TO GET TO KNOW YOU WELL」も収録)と全部で19曲収録。このDVDだけでも十分元が取れる内容となっている。

今の若い人達がこういう音楽を聴いてどんな意見があるのか全く分からないけど、当時洋楽チャートにハマってた人には必ず耳を惹く音楽性だと思う。ノスタルジックという言葉で片付けるのは簡単だけど、日本においては小室哲哉は間違いなく彼の影響を受けてたと思うし、彼のお陰でシンセサイザーに興味を示した人達も多かったんじゃないか?という事を考えると、彼の功績はかなり大きかったと思うんだけどなあ。


「WHAT IS LOVE?」


「PEARL IN THE SHELL」




先日のウィリアムス/フリーステットを購入した時に、タワレコの新品セールで¥1000安かったんで試しに聴いてみようかな?って事で手に入れた、アレックス・バイロッツ・ヴードゥー・サークルの5thアルバム「RAISED ON ROCK」を今回はチョイス。発表は昨年2018年。

私はこの人達の事は一切知らないんだけど、昨年リリースされたばかりのCDが何でもう安売りされてんの?と不思議に思い、とりあえずYOU TUBEで「HIGHER LOVE」のPV観たら結構ブルージーなHRスタイルのバンドだったので、これは...と思い購入となった訳。そしたら、プライマル・フィアのギタリストであるアレックス・バイロッツのサイドプロジェクトだったと知って驚いた。最近HM系を聴いてないから何かオールドスクールタイプのHMはないか?と探ってたら、私的にプライマル・フィアが引っ掛かったので中古CDで安くないか?と探ってた最中だったのだ(苦笑)。

偶然とはいえ、先にサイドプロジェクトの方を手に入れるとは思わなかったけど(笑)とりあえず聴いてみたら「1987」期のホワイトスネイクばりのブルージーなHRスタイルなので気に入りましたね。ボーカルも全然知らない人だけどオールドスクールな熱唱系で上手いし(ただルックスが...)ギタリストの実力も十分。サイドプロジェクトが勿体無い作りになっているかと。
ただ、苦言を残すとすれば余りにも白蛇スタイルに寄せ過ぎ...というか、パ○リに近い!?冒頭の「RUNNING AWAY FROM LOVE」はサビこそ違えど白蛇の「BAD BOYS」に似てるし、「WALK ON THE LINE」はこれまた白蛇の「CRYING IN THE RAIN」に近い雰囲気。「WHERE IS THE WORLD WE LOVE」に至っては「IS THIS LOVE」似と、ここまで類似が多いと「そんなにジョン・サイクス大好きなんかい!?」とツッコミ入れたくなるほどの溺愛振りだ。

ちょっと前に取り上げたイングロリアスみたいにその音楽性を継承するモノであるなら全然OKだけど、指摘が出る程の類似性があるモノは評価が微妙になりがちで、バンドの演奏が上手いだけに何とも歯痒い印象が残ってしまうんだよねえ。こういう部分がサイドプロジェクトにならざるえないモノなのだろうか?7曲目の「ULTIMATE SIN」から後半に至ってはそれほど気にならなくなってきたけど(とはいえ、まだまだツッコミどころがあるけど/苦笑)好きな音楽性なだけにホントに勿体ない!というのが正直な気持ちだ。

まあせっかく買ったモノなのだし、パ○リ云々気にしなければ大丈夫なんで何度も聴いてるけど、次作でも似た様な真似したらさすがにちょっとやり過ぎなんじゃないかと。このスタイルをベースにし、更に昇華して凄みのある作品になるならそれこそ期待が高まるトコなんだけど、さてどーなる事やら...


「HIGHER LOVE」


「RUNNING AWAY FROM LOVE」




ちょっと体調崩してしまって更新遅れてます。
ただでさえ休日は予定詰まって忙しいのに、そこにきて3日前から鼻がグズグズするんで病院行ったら鼻炎の薬くれたのは良いけど、今度は喉がおかしくなって昨日また別の病院でちゃんと診てもらったんですが、こういうのって無駄だよなあ...と。時間も無駄だし、お金も無駄。ちゃんと治す為にも病院で診てもらうのが一番なんで市販薬に頼らなくて正解なんだけど、今の時期はインフルエンザやノロウィルスもありえるから病院が確実なのは分かるんだけど...無駄な時間と出費は正直イタいぞ。

と、ちょっとキツい数日間を過ごしてたんで少しでも気分の明るくなる音を聴こう...と先日購入したこのアルバムを今回はチョイス。2011年発表のウィリアムス/フリーステットによる「WILLIAMS/FRIESTEDT」。

このプロジェクトは、元TOTOのジョセフ・ウィリアムスとスウェーデン出身のギタリスト:ピーター・フリーステットからなるモノで、このアルバム以前にピーターのソロアルバムにジョセフが参加して、そこからこのプロジェクトに発展していったとの事。
このアルバムは当時某音サンのブログに紹介されていて結構前から気になってたのだけど、まあいつものアレのお陰で(笑)購入が延び延びになってたんですよ。中古屋でも余り値下げされないし、先日のクリフ・マグネスみたいな音楽が聴きたい今購入するのがベストじゃないか!?と思い、結局新品を購入したと。

まず届いたジャケを見て驚いたのが、ジャケが微妙に違う事。確か某音サンのトコで見た時は後ろのバックが夕日のシルエットだった気がするんだけど、届いたモノはビル群の夜景。国内盤にあたって変更されたそうだけど、ちょいと紛らわしい。因みに輸入盤ジャケの写真はインナースリーヴに使われている。

私は以前も書いた通り、TOTOのアルバムで「THE SEVENTH ONE」がお気に入りなんで当然ジョセフの歌声も大好きなんだけど、そこに来て彼の透明感を更に活かせる北欧出身のギタリストとのコラボならまず間違いないでしょ。「STAY WITH ME」は間違いなく名曲だと思う。この曲、何かに似てるなあ...と思ってクレジット見たら何とワーク・オブ・アートのラーズ・サフサンドがバッキングボーカルで参加しているし、「SWEAR YOUR LOVE」には同じくWOAのロバート・サールが楽曲提供している(この曲でもラーズはバッキングボーカルを担当)。そりゃ大当たりな訳だわ。

国内盤リリースにあたってボートラが7曲収録されており、「WATER COLORS」が本編の方に特別収録。「ONE MORE NIGHT」と「LETTER TO GOD」のアンプラグドverが入り、「STAY WITH ME」「SWEAR YOUR LOVE」「SOMETIMES YOU WIN」「LETTER TO GOD」のインストverが収録されている。
どのミュージシャンの楽曲でもインストverは個人的には余り好きじゃないんだけど、こうして聴いてみるとジョセフのボーカルの歌い方とかがはっきり分かってやっぱジョセフは上手いなあ~と改めて感心してしまう。インストverに合わせて自分で歌うと特によく分かるかと。

最初に一聴した時は後半弱いかな?とも思ったけど、じっくり聴くとじわじわと来る楽曲が多くてやっぱ良いアルバムだと確信。この後、この2人は元シカゴのビル・チャンプリンとCWFと結成して更にAOR色を深めている感じだけど、それは後の楽しみに取っておいて、まずはこのアルバムをじっくり堪能しようかと。買って良かった!!


「STAY WITH ME」


「SAY GOODBYE」