FC2ブログ




さすがにこの映画は社会現象になってしまったのでスルーする訳にはいかないでしょう...という事で、久々に音楽関係の映画を取り上げます。昨年公開されて最近まで劇場公開され続けてロングランになった、クイーンのフレディ・マーキュリーにスポットを当てた作品「ボヘミアン・ラプソディ」を今回はチョイス。

この映画は製作前から色々と話題があった作品で、製作決定したにも関わらずフレディ役の俳優は誰にするのかで揉めて、音楽プロデューサーのブライアン・メイとロジャー・テイラーがサシャ・バロン・コーエンで決定したという話が、映画の方向性での食い違いでサシャ・バロン・コーエンは降板、加えて監督も降板するというカタチになった時はもう製作出来ないんじゃないか?と思った。
そもそもサシャ・バロン・コーエンのチョイスには私的に全く納得してなかった。「ボラット」を観て下品な人だなと思ってたし、そういうタイプの人がフレディ・マーキュリーを演じられるのか?と疑問だったので、降板と知った時は正直ホッとしたくらいだ。

監督も交代し、話が二転三転してなかなか製作が進んでないみたいだから気長に待っていよう...と思い、やっと公開が決まったのにそれほどの待ち侘びた感が無かったのは半ば諦めの方が強かったからなのかもしれない(苦笑)。主演のラミ・マレックのフレディ姿を見た時も、似てる似てないは別としても何かフレディにしては線が細いなあ~という感じで、余りピンと来なかったし。

こういった伝記映画は本人に似てる事を一つのポイントとして観る人もいるけど、正直いって私は余り気にしてない。本人とは別人な訳だし、もっと似てる人を...と思ってもそうそう見つけられる訳でもないし、仮にそっくりさんが出ても演技が大根なら目も当てられないので、雰囲気さえ似てれば基本OKで捉えてる。

だけど実際に映画を観て驚いたのは、雰囲気は勿論の事その仕草や動き方まで本人かと思わせるほどの演技。これは相当努力したんじゃないかと思った。実際にラミ・マレックはクイーンの事をそれほど知らなかったみたいで、まずはムーヴメントコーチと呼ばれるスタッフと一緒にフレディがどんな動きや喋り方をするのか構築した...とブルーレイの特典映像で語っている。
また他のキャストのチョイスが絶妙で、ロジャー・テイラーはともかく、ブライアン・メイとジョン・ディーコンはマジで似てた。特にブライアン・メイ役の方は本人に「自分かと思った」と言わしめるくらいだし、ステージで小走りする細かい動きまで似てるのが笑った。後は悪名高いポール・プレンターもそっくりだし、ジム・ハットンも激似。ボブ・ゲルドフなんかマジで本人か思った(笑)。

内容に関しては賛否両論で、特に実際の史実とのズレが問題視されていて、ブライアン・メイ自身がこの映画はドキュメンタリーではないし、2時間の映画で史実を組み立てるのは難しいので幾つかの出来事を圧縮したりずらした事を許可した...という事なのでコレはコレで良いと思う。確かにクイーンの歴史は長いし、映画で描かれなかった事も山ほどあると思うけど、基本的な部分はちゃんと描かれているので気にはならなかった。でも、クイーンを最初に認めた国と言われる日本の話はちゃんと入れて欲しかったなあ。ライブシーンは実際に撮影されたみたいだし。

後は同性愛の要素が足りないとか、単にバンドのストーリーをなぞっただけとか言われてるみたいだけど、個人的には上手くまとまっていた思うけどなあ。某巨大掲示板などでよくアンチが騒いでるけど、じゃあそのアンチが何をもってこの映画を批判してるのか?という理由を全く書いてないでただクソ映画とか言ってるのはマジでアタマ悪いんじゃないか?と。単にかまってほしいだけじゃねーのか??ちゃんと何処がダメなのか指摘してくれるとまだ話は分かるんだけど。

個人的にはライブエイドで終わる構成で良かったと思う。実際にライブエイドでの評価は当時の批評で10点満点中10点取ってるし。ボブ・ゲルドフが「地球規模のジュークボックス」って表現してたけど、正にそんな感じで他のミュージシャンの評価を全て上回るパフォーマンスだったのは間違いないと思う。コレはリアルタイムでライブエイド観てた時も思った事だし。

更に驚いたのが、この映画が公開されてからの反響。ロングラン上映になったのは従来からのファンは勿論の事、クイーンを知らない世代がこの映画を観て素直に評価して、何度も映画館に足を運ぶ事になったのが原因らしい。確かに今の時代はこういった大物ミュージシャンが殆ど存在してないので、世界的な知名度を誇るバンドがこういう映画を通して再評価を得られるというのは音楽好きには素直に嬉しい。この映画を受けて他のミュージシャンも伝記映画を作るんじゃないかな。デヴィッド・ボウイやプリンスなんかは普通に作りそうだし、ストーンズはバンドが終わってから作りそうだし。

個人的に好きなシーンは、バンドが初期の頃にレコーディングにお金を掛けられないからといってスタジオでドラムの上に小銭置いて音を変えたり、アンプ吊るして左右に振ったり色んな事を試してプレイしているシーンや曲作りの流れ。実際にあんな感じだったんだろうし、「BOHEMIAN RHAPSODY」でのロジャーのコーラスなんてホントにあんな感じだったんでしょうね(笑)。

この映画の余りの反響の大きさに、この後のフレディの出来事も映画化するか議論されているらしいけど、個人的にはそれは止めてほしいと思う。辛い部分がかなりクローズアップされるだろうし、この映画で綺麗にまとまったのを台無しにする可能性もあるので意味合いが変わってくると思うし。それなら、実際のクイーンのドキュメンタリーを観てもらった方が伝わりやすいんじゃないかな?

最後のエンドロールの部分で「THE SHOW MUST GO ON」が流れるけど、個人的にはこの曲よりも「GOD SAVE THE QUEEN」で締めてもらった方がしっくりくる様な気がしたけど、実際に映画を観た方達はどう思うだろうか?


「予告編」
スポンサーサイト






最近はめっきりミュージックビデオというモノを観なくなった。
今の音楽シーンが配信主体に変わってしまったお陰でプロモーションする為のビデオという概念が無くなりつつあるのも原因だし、何よりそのビデオ製作の資金をレコード会社が出せなくなってしまったのも原因かと。極め付けがMTV自体の衰退という事もあると思う。80年代に隆盛を極めたミュージックビデオが、現在じゃイメージ映像みたいなモノに歌詞を載せているだけの様な単調なモノになってしまったのは、当時夜中に放送される洋楽番組を毎週食い入る様に観てた私にとっては、本当に残念だし寂しい。

MVを収めた映像集を頻繁に買ってた私も、最近はそういったクリップ集が発売されないので買う予定もないし、今後欲しいモノが販売される予定もないのが残念なんだけど、今回チョイスしたスザンヌ・ヴェガの「RETROSPECTIVE」には2枚組ベストにMVが入ったDVDが付いてたので、スザンヌのファンとしては素直に欲しいと思ってリリースと同時に購入した。

当時のユニバーサル(レコード会社)はこういった形式のモノを複数リリースしていて、同時期に出たモトリー・クルーの「LOUD AS F@*K」も購入したんだけど、こっちは後にMV集のDVDが出たので売ってしまった。PVも観たいと思わせるミュージシャンは結構多いので、こういうモノは好きなミュージシャンだと買ってしまう傾向なんだけど、普通にCD買ってDVDも...となるとお金もキツいよなあ...。因みにこれは当時¥5000だったかな?直輸入盤に日本語解説+対訳が付いての値段だから、まあ妥当な線かと。因みにアマゾンでは中古で¥20000の値が付いてるけど、そこまで品薄だったのかな?

ベスト盤という事で、2004年までにリリースされたオリジナルアルバム6枚に、最初のベスト盤に収録された楽曲やサントラ提供曲が40曲収録。代表曲は殆ど網羅されているし、彼女のファンならまず納得出来る選曲で収められているのが嬉しい。私的には最初のベスト盤は購入してなかったので「ROSEMARY」や「LEFT OF CENTER」が入ってるのは価値があったし、オリジナルアルバムで慣れ親しんだ曲順でもこうしてベスト選曲でバラバラに聴いても世界観がそんなに変わらないので、意外と新鮮に聴けるのも楽しかったりする。欲を言えば「PILGRIMAGE」が入っていれば完璧だったなあ。この曲大好きなモンで(笑)。

そして目玉のDVDは全12曲。「LUKA」は当時洋楽番組で散々観てたし、そのお陰でスザンヌを知る切っ掛けになったので今でも十分思い入れがあるのだけど、意外と他のMVは知らなかったりするのでかなり興味深かった。「99.9°F」の頃なんて音だけでもかなりハジけてたのに、MVも(スザンヌにしては)結構派手な作りだったのも意外だったな。でも、やっぱアコギを持ってるだけ十分サマになる人なんで、そういったシンプルなスタイルの方が彼女には以合ってるかと。「IN LIVERPOLL」なんかはイメージぴったりの作りだし、「WHEN HEROES GO DOWN」みたいに演奏シーンだけでもクールかと。

しかし、久しぶりに聴いたけど彼女の歌声はやっぱ染みるんですよ。前回のマドンナとは全く正反対の音だけど(苦笑)エイミー・マンと同様にリラックスしたい時に聴くには手元に置いておきたいんですよね。そーいや、エイミーもこういうMV集出してほしいんだけど...今更無理かな?


「CRACKING」


「GYPSY」




廉価盤BOXセットを買っているのに、何故か余り手が伸びないマドンナ(苦笑)。別に嫌いという訳でもなく、むしろ初期の方はかなりの頻度で聴いてたハズなのに、今の時代は殆ど聴く機会がない。特にここ最近のアルバムに関しては何の曲が入ってるのか分からないという始末で、単に彼女への興味が薄れているだけなんじゃないかと思う。
そんな事を思いながら、今回は彼女の3枚目のアルバム「TRUE BLUE」をチョイス。発表は1986年。

前作の大ヒットで時代の窮児と化し、音楽界のみならずスキャンダラスな言動などで様々な影響を与え続けて一時代を築いた彼女だけど、音楽的には意外にまともなポップシンガーだったと思う。勿論楽曲が良くなくちゃ売れない訳だけど、そういった意味では彼女はちゃんと実力を持っていたという訳だ。勿論、話題性やルックス重視で聴いてた人達もいたんだろうけど、私は何故か彼女のルックスには余りピンと来なかったんだよなあ、どういう訳か(勿論、美人だとは思ってたけど)。

そんな彼女が満を持して発表した、真価を問われる3作目は何と若年層の妊娠をテーマにした「PAPA DON'T PREACH」で幕を開ける。こういう意外性は面白いし、楽曲はダンサブルなチューンというのも如何にも彼女らしい。PVも内容に沿ったモノで単なるポップアイコンとは違う別の顔を見せてきた事で意気込みが感じられた。続く「OPEN YOUR HEART」は、これこそマドンナらしいエロいスタイルで(笑)PVも覗き部屋のダンサーという実に分かりやすい内容。ただ、この曲に関しては余り良い曲だとは思わなかったな、如何にもありがちなスタイルな音だったので。

私がこのアルバムでのハイライトだと思うのは、シングルカットされた「LIVE TO TELL」。当時付き合ってたショーン・ペンが出演してた映画のサントラ提供曲だったけど普通に良い曲で、この曲が無かったらアルバムが引き締まらなかったと思うし後の彼女には興味が持てなかったと思うくらいだ。彼女の楽曲で一番好きな曲ですね。
あと意外だったのが、これまたシングルカットされた「LA ISLA BONITA」。ラテンフレーバーたっぷりの楽曲で、こういう楽曲を持ってくる事自体驚かされたし、シングルカットしてヒットするとも思わなかった。まあ、当時の彼女の勢いからすればどんなモノでウケる要素はあったけど、懐の深さを思い知らされた感じだったな。

という訳で、このアルバムを最高傑作に挙げる人が多いのも分かる完成度が高いアルバムかと。今思うと、このアルバムがあったからこそ後のキャリアに弾みがついたと思うし、派手な言動とスキャンダラスな話題だけではない実力を持ったポップアイコンというモノを確立出来たんじゃないかと。
そんな彼女も既に結構な年齢に差し掛かって、この先どんなスタイルを提示するのか全く分からないけど、個人的にはダンサブルな楽曲よりももうちょっと落ち着いたスタイルの楽曲で勝負してほしいと思うけど、果たして...


「PAPA DON'T PREACH」


「LIVE TO TELL」




ネットの音楽ニュースサイトを見てたら何とコリー・ハートが20年振りの新作を発表して、更に同じ時代に活動してたポール・ヤングとジョイントコンサートを開催するらしい。コレが80年代後半の出来事だったらかなり豪華なショーになっただろうに...と思うけど、当時日本の音楽雑誌などでこの2人と共に何かと比較されたこの人はちょっと特別というか成功した分だけ格が違うんだろうなあ...と、思い出して聴いたブライアン・アダムスの「18 TIL I DIE」を今回はチョイス。発表は1996年。ジャケットがカッコイイっすね!

正直言うと、個人的にはブライアンはこのアルバムまでしか聴きませんでした。いや決してこのアルバムの出来が悪かったから...という意味じゃなくて、何か色んな意味で落ち着いちゃったなあという印象しかなかったんですよ。前作にあったスケールの大きいロックではなく、今回は等身大というかオーバープロデュースにならないけど音が豊かに感じられる雰囲気があって、少し哀愁を帯びた作風に良い意味でキャリアを重ねて来たなあ~と思うんですよ。曲作りも相変わらず上手いし、音作りに関してもやっぱロバート・ジョン・ランジは良い仕事してるなと感心したし。

あとブライアンの声が前作の影響か(笑)デフ・レパードのジョー・エリオットに似てるなあと思う部分が結構あって、もしジョーがソロ作作ったならこんな感じになるのか?とか初めて聴いた時にはかなり思った。まあ、ジョーはLEPPSの他にはカヴァーバンドやったりしてるから実際ソロには興味ないんだろうし、ブライアンとは違う音楽的なルーツは別にあるから必ずしも一致する訳じゃないけど、知らない人が聴いたら錯覚しそうな感じかも。

シングルになった「THE ONLY THING THAT LOOKS GOOD ON ME IS YOU」や「18 TIL I DIE」みたいな軽快なロックソングも勿論健在なんだけど、映画「ジャック」で使われた「STAR」や「I'LL ALWAYS BE RIGHT THERE」、「YOU'RE STILL BEAUTIFUL TO ME」の様なミドルテンポのレイドバックした雰囲気の楽曲に魅力が感じられるのは私も歳取ったからなんだろうか?(苦笑)彼にしては珍しいファンキーなナンバー「(I WANNA BE) YOUR UNDERWEAR」もカッコイイんだけど、歌詞が歌詞だけに歌う人が違うと変態っぽいイメージが(爆)。

久しぶりに聴いたら結構バラエティに富んでるなあと感じたけど、当時37歳のブライアンがこの先どんなスタイルを続けたいのか...とちょっと方向性を模索した結果、シンプルなロックという結論に達したモノがこのアルバムではなかろうか?若さと勢いだけでは作れない、キャリアのノウハウを活かした技アリ的な作品だと思う。


「THE ONLY THING THAT LOOKS GOOD ON ME IS YOU」


「STAR」




以前、地味JAM尊サンからの謎情報(笑)で「彼は今MP3の会社社長」という話らしいけど、復帰はともかくもこのアルバムは再発してくれと願う人達は多いのではないでしょうか?欲を言えばマイアミ・バイスのサントラに収録された「WHEN THE RAIN COMES DOWN」やアメリカン・アンセムのサントラに入ってた「TAKE IT EASY」をボートラで入れて!

という訳で、数年前に偶然にも近所のブックオフの¥500コーナーで発掘してしまった(笑)元デュラン・デュランのギタリストだったアンディ・テイラーの1stソロアルバム「THUNDER」を今回はチョイス。発表は1987年。記憶ではもうちょい後だった気がするけど...パワー・ステーション後だったからこの頃だったか。因みに輸入盤のジャケットはクソダサいので、この辺がセールスに影響したんじゃないかと思ってるんだけど...(苦笑)

80sチャートを毎週チェックしてたので、当然の事ながらデュラン・デュランの人気は凄まじいモノがあったけど、そんな絶頂期にまずはドラマーのロジャー・テイラーが牧場主になるとか何とかで(当時の雑誌で読んだ記憶があるので定かではないけど)脱退し、その後にアンディ・テイラーも脱退という事でデュラン・デュランは徐々にその人気に陰りが見えてきた感じになってしまった。パワー・ステーションとアーケイディアというサイドプロジェクトを経てこれから再開...って時だったので、この辺が脱退を意識させる切っ掛けになったとは思うのだけど、牧場主になるというロジャー・テイラーはともかく、アンディ・テイラーは明らかにギターの比率が少ないデュラン・デュランでは思った様なスタイルでプレイが出来ないと感じたんだろうなあ。パワー・ステーションのアルバム聴くといつもそう思う。

だから、デュラン・デュランを抜けた時は特に驚かなかったけど、ソロ作でまさかあのスティーヴ・ジョーンズと組むとは思わなかった。デュラン・デュランとセックス・ピストルズってどう考えても相成れないイメージがあったし、共通してるのはイギリス出身ってだけだし(笑)。どういう経緯で組んだのかよく分からないけど、これが意外とマッチしていて実に良いロックアルバムとなった。
ただ若いだけで突っ走ってるロックではなく、何処か哀愁や渋みを感じさせるのはスティーヴ・ジョーンズの影響かと。彼はこの後「MARCY」というソロアルバムで実に渋いロックを披露して更に驚かされたのだけど(最近再発されたみたいなのでちょっと興味がある)このアルバムでも「LIFE GOES ON」や「NIGHT TRAIN」、「BROKEN WINDOW」でその片鱗を見せている。

でも、やっぱ「I MIGHT LIE」のインパクトが強いなあ。この曲聴いた時は正直やってくれたな!と思ったくらいだし、その後のキャリアも楽しみだったのだけど、続く2ndアルバムでまさかのカヴァー曲集。オリジナルで数作出してそれからカヴァー集リリースなら分かるけど、2枚目でそれはないでしょ?この時点でもう曲が書けなかったのかな?と言われてもしょうがないかと。
後にオリジナルメンバーでデュラン・デュランが再結成された時に復帰したけど、ツアー途中で脱退してそのままミュージシャンも廃業しちゃったみたいだから自身の限界も感じちゃったんだろうなあ。しかし、昨年のサンダーのライブにゲスト出演したみたいで(YOU TUBEに上がってる)まだ細々と活動してるのかな?

でも今の時代に聴いても良いアルバムだと思いますよ。祈・リマスター再発!


「I MIGHT LIE」


「DON'T LET ME DIE YOUNG」