FC2ブログ




今回のお題である打首獄門同好会のライブの一般発売が今日だったので、前以って休日取ってチケット押さえようと意気込んでいたのだけど、あっと言う間にチケット完売。近県やクラブチッタ辺りを狙ってたんだけど、今回のライブはゲストを含めた対バン形式で、場所によってゲストも違うみたいでクラブチッタに至っては氣志團だったのでこりゃ無理かな?と思ってたら案の定瞬殺。凄まじい人気ですなあ。
後でツイッター覗いたら「転売ヤーからは絶対にチケット買わない様に」のお達しが出ていたのはさすがのフォロー。でもバンド側も大変かも知れないけど、満員御礼で公演数を増やすなりの対処してくれるとリスナーとしては尚嬉しいんだけどねえ。ま、いつかライブ観られる日が来れば良いかな...と気長に待ちますよ。

ってな訳で、彼等の初のベスト盤となる「10獄」を今回はチョイス。リリースは2014年。

以前も書いたとおり、彼等の存在は何気に観たYOU TUBEのお薦めで気に入った曲が入ったアルバムを購入したついでにこのベスト盤も購入したんだけど、購入して以来ずっと通勤時の車内では彼等のCDをリピート状態。それくらい気に入ってしまったんだけど、このベスト盤は活動10周年を記念して作られたモノらしく、それまでの彼等の代表曲を網羅してるので手っ取り早く知るにはちょうど良いアルバムかと。

とにかくテンションの高さがハンパないアルバムで、CD帯にも掲げられている”生活密着型ラウドロック”という言葉には偽りがない内容。今までHM/HRを聴いてきたこの耳にも十分納得出来る演奏に加えて、歌詞の内容は薄~い感覚のギャップが堪らなく中毒性を引き起こして「何でこんな歌詞歌ってるんだ?」と思ったりして(苦笑)その部分こそがこのバンド最大の魅力だったりするのがホントに最高ですわ。

このアルバムの為に作られた3曲「DON-GARA」「失われし平和な春の日よ」「ヒゲは走る」も相変わらずテンション高いし、代表曲であるラーメン二郎を歌った「私を二郎に連れてって」、うまい棒を歌った「デリシャスティック」など目の付け所が面白い楽曲が多く、聴いてて全く飽きさせないのも曲の作り方が上手い証拠だと思う。こういうバンドがインディーズで活動してるのがよく理解出来ないけど、今の時代はメジャー/インディーとかの区別って余り意味が無い事なんだろうか?まあインディーの方が色々と制限無く活動出来そうだけど。

私のお気に入りは前述の「DON-GARA」「失われし平和な春の日よ」(←花粉症の事を歌ってる)「私を二郎に連れてって」「デリシャスティック」に加えて、リフがめっちゃカッコイイ「まごパワー」、「フローネル」(←このタイトルは歌詞を読めば一目瞭然)、MVに嘉門達夫を引っ張り出した「カモン諭吉」、JRのアナウンスがそのまま出てきた時はちょっとビックリした(笑)「今日も貴方と南武線」辺りが好き。

来月には15周年を記念したベスト盤「獄至十五」をリリースし(勿論予約しましたよ!)このベスト盤に収録されてない代表曲がそちらに収録されるので、このバンドに興味を持った方はこの辺りからチェックすると良いかも。
でも、改めてまさか中年になってこういうバンドに興味持って思いっ切りハマるとは全く思わなかったな(笑)。何かと他の話題(農林水産省とか還暦とか中国だけで1000万回再生とか)で注目されがちだけど、実際のトコは音楽が良くなきゃここまで上手くやれないでしょ。末永い活動をしてくれる事をマジで願ってますよ。


「私を二郎に連れてって」


「DON-GARA」
スポンサーサイト






久々にディスクユニオンの中古サイトをチェックしてたら、以前から探してた我らがゲイバーことゲイリー・ジョン・バーデンの2ndソロアルバム「THE AGONY AND XTASY」を見付けたので問答無用でポチる。送料込みで¥1600くらいでした。なので、今回はこのアルバムをチョイスです。発表は2006年。

以前、某音サンのHPでの鬼名盤の欄にこのアルバムが評価されてて、そんなに良いならCD欲しいなあ~と思っていても既に廃盤状態。長い間ちょこちょこ中古サイトでチェックしてもなかなか引っ掛からないので半ば諦めていたのだけど、ようやく手に入れる事が出来ましたよ。

さて、MSG以外では初となるゲイバーのソロ作。1stアルバムの方は、それまでの彼自身のキャリアを総括したMSGでのアコースティックによるセルフリメイク作なので、本当の意味での初ソロ作となるのは本作との事。
私にとってのゲイバーは、MSGでのイメージが全てなのでそれほど期待はしていなかった。歌唱力が不安定だしルックスもイマイチという、ボーカリストにしては致命的な要素が二つもあるのでMSGではシェンカーが主役だと思ってたし、今でもその印象は変わらない。

しかし、このアルバムではどうだ。ちゃんとまともに歌ってるではないか!?別にバカにしてる訳ではないんだけど(苦笑)今までのスタジオ盤でも微妙な歌声がこのアルバムでは堂々と歌ってるし、楽曲の良さも相成って前半だけでも十分聴き応えのある力作に仕上がってる。凄えーよ、ゲイバー!!
このアルバムの立役者は、ギターとプロデュースを担当している元カサノヴァのマイケル・ヴォスによる部分が大きいと思う。カサノヴァでも良い楽曲を手掛けていたし、このアルバムでも十分その才能は発揮されている。何よりマイケル・シェンカーでも無理だったゲイバーの良い部分を最大限に引き出す事に成功してるだけでも凄い事ではないか。
MSGよりもギターの比率は少ないけど、HRスタイルというよりはメロディアスハード系に寄った音作りなので、ゲイバーの歌が中心に来るのは当然で、これなら彼のファンの方々も大満足な内容なのではなかろうか。

私的にはアップテンポの華やかなメロハー路線の楽曲も好みだけど、後半2曲入ってるバラード「CHANGE OF WIND」「NEED OF SOME LOVE」が圧倒的に素晴らしい。特に「NEED OF SOME LOVE」の激シブなブルーズナンバーは、ホントにゲイバーが歌ってるの?と疑ってしまうほど渋過ぎる名曲ですね。

いやあ、コレはマジで素晴らしいアルバムですよ。当時このアルバムを紹介してくれた某音サンにも感謝ですが、相当前から探してたCD(10年以上前?)をようやくCD手に入れて聴けて感無量ですわ。正直、今の今までゲイバー舐めてましたよ、マジで恐れ入れました...他のアルバムも聴いてみたくなりましたね。


「ARISE」


「NEED OF SOME LOVE」




前回のジョージ・リンチ同様、テクニカルギタリストの筆頭に挙げられるポール・ギルバート。最近新作出したばかりで久しく聴いてなかったんでYOU TUBEでチェックしてみたら、何と最近はフュージョン系のスタイルに移行してるではないか!?ミスター・ビッグの方はパット・トーピーが亡くなってしまったお陰で、バンドをまとめる人物がいない為に再解散は必至だろうからこうしてソロの道に進むしかないんだろうなあ。
そんなポールの1stソロアルバム「KING OF CLUBS」を今回はチョイス。発表は1997年。

この時期のミスター・ビッグは、メンバー間が最悪の時期で前年にベスト盤リリースした後で少し冷却期間を置いてソロ活動に専念していた時期なので、自分の思うがままに作ったアルバムがバンドとは違う明るくキャッチーでポップなスタイルになったのかと。まあミスター・ビッグの3rdアルバム辺りからその片鱗は見えてきたけど、4thアルバムが全体的に暗めのスタイルになってしまったのでその反動もあったんじゃないかと思う。

だから最初にこのアルバムを聴いた時は随分とキャッチーな音になったモンだと驚いたけど、元々チープ・トリックやヴァン・ヘイレンが大好きなポールにはこういうスタイルの方が合っていると思うし、少なくともミスター・ビッグの4thアルバムよりは良い出来だと感じたなあ。

「CHAMPAGNE」や「VINYL」の様な、歌を聴かせる為の楽曲ありきのプレイスタイルなので、レーサーXの様なスタイルを期待してる人には期待外れもいいトコなんだろうけど、でもただのポップ路線という訳ではなく、ちゃんとポールのテクニカルなギタープレイが堪能出来る「THE JAM」みたいな楽曲もあるのが、本人も自分に何が求められているちゃんと分かってるんだろうなあ。
私的にはただのギター弾きまくりのアルバムよりもこういう楽曲で勝負する様なアルバムが好きなので、このアルバムは見事期待に応えてくれたと思ったくらいだ。
意外だったのは、この後ソロのベスト盤をリリースした時にはこのアルバムからの楽曲は「GIRLS WHO CAN READ YOUR MIND」のデモ音源のみという事。本人自身何か思うトコがあるんだろうけど、良い曲多いのに何か勿体無いなという感じかも。

この後、暫くの間はこのキャッチーでポップな路線のアルバムが続くので、ずっとこういうスタイルでやっていくんだろうなあ...と思ってたら、まさかのミスター・ビッグ再結成に参加して驚いたモノだけど、現在もコンスタントにソロ活動を続けている姿を見るとホントにプレイするのが大好きな人なんだろうなあ...最近のソロ作も後でチェックしてみるかな?


「CHAMPAGNE」


「VINYL」




夏っぽいモノを探して聴いてるウチに久々にHM/HR系に戻ってきた感じで、ちょっと前に購入してたんだけどなかなかまともに聴く機会がなかったんで改めて聴いてみた、今回のお題であるリンチ・モブの(間違ってなかったら)通産6作目にあたる「SUN RED SUN」を取り上げてみようかと。発表は2014年。

リンチ・モブは、正直言ってまさかこんなに長い期間活動するとは思わなかったな。ドッケン解散後、ドン・ドッケンとは全く違うタイプのシンガーを起用して音楽性もHMというよりは少しブルージーなHR路線にシフトして、このスタイルだったら長年やっていけるのかな?と思ったら、3枚目だか4枚目辺りでラップを取り入れた楽曲演ってて「これはちょっと違うんじゃない?」と彼等を追うのは止めてしまったので、そのうちバンドも解散しちゃうんだろうな...と思ってたら、まさか現在まで続けられるとは全く予想外だった。
シンガーもオニー・ローガンやロバート・メイソンといったちゃんと歌える上手いボーカリストがいるのに、何か上手く作用してないイメージもあって、私の中ではいつの間にか忘れた存在にまでなってしまったし。

だけど私の洋楽聴く友人達、しかも自分でバンド持ってるギタリストの方達には絶大な人気を誇るジョージ・リンチは、やはり80年代のドッケンを知ってる人には忘れられないギタリストだと思う。LAメタルの中でも音もテクニックも他のギタリストとは一味違う独特の感覚を持ってる人だけど、自分の書いた曲なのに何故かライブでは原曲無視して違うフレーズを弾く事でも有名で(苦笑)最近のアルバムではどんな事やってるんだ?と思い、このアルバムをチョイスした。
それともう一つ、このアルバムタイトルでピンと来た人はかなり通だと思うけど、このタイトル「SUN RED SUN」は元バッドランズのボーカリストだったレイ・ギランがバッドランズを抜けた後に作った自身のバンド名でもあって、バッドランズの3rdアルバム「DUSK」にも同名の楽曲が収録されているのでレイにとっては思い入れがあるんでしょう。
そのタイトルを持ってきたという事は、ジョージもレイ・ギランに対して特別な思い入れがあったのかな?

さて、このアルバムは全7曲に先に発表されてた4曲入りのミニアルバム「SOUND MOUNTAIN SESSIONS」を追加収録したモノで、全体的にブルージーなHRスタイルという路線は変わらず。バッド・カンパニーの「BURNIN' SKY」のカヴァーも入ってて、思ったよりもハマってる感じ。80年代の様な早弾きで圧倒する様なプレイは鳴りを潜めて、楽曲を活かす為のプレイに徹しているのがまず好感が持てる。冒頭の「BELIEVERS OF THE DAY」はキャッチーで素晴らしい出来だけど、その後が徐々に地味になっていくのがちょっと勿体無い。「SUN RED SUN」のしっとりした雰囲気はドッケン時代には余り感じられなかったモノで、かなり気に入ったけど。妖しくグルーヴィーな雰囲気の「EROTIKA」「SUCKER」辺りも良い。

何か久々に聴いたら結構カッコイイじゃん!というのが私の意見でした。もう手元にない1stや2ndもまた改めて聴いてみたくなったかも。でも、あのラップのヤツだけはいいかな?(笑)
最近はキングスXのメンバーと組んだKXMや、ドン・ドッケン抜きのドッケン+ロバート・メイソンのエンド・マシーンとか他のプロジェクトで色々忙しいけど、あの当時のギタリストでここまで活動的な人も珍しいかも。改めて再評価しても良いギタリストだな。


「BELIEVERS OF THE DAY」


「EROTIKA」




夏っぽさを感じさせるアルバムを...という事で、物凄く久しぶりにポイズンの2ndアルバム「OPEN UP AND SAY...AHH!」(邦題:初めての...AHH!←ふざけた邦題だよなあ.../笑)を引っ張り出してきた。アルバム単位で聴くのは一体何年前の話だろうか?発表は1988年。

このアルバム買ったのはまだ10代で、当時のHM/HRブームに影響されて色んなタイプのバンドを聴き漁ってた頃。一方でメタリカ聴いて、もう一方ではポイズンも聴いてた。更に当時のヒットチャートも熱心に追ってたし、70年代の有名どころも図書館などでチェックして本当に洋楽を聴くのを楽しんでた時期でもあったなあ。

ロックのカテゴリーの中でも一つのジャンルに絞るというよりは色んなスタイルを聴くのが好きだったので、私の中ではスラッシュメタルもHMもLAメタルも全て同列に聴いてたから、当時ポイズンみたいなグラマラスで軟派なスタイルがガチガチで硬派なスラッシュ勢に相当嫌われてたというのが余り理解出来なかった。酷いのはポイズンのTシャツをズタズタにして着てるコアな人達もいたって話じゃないですか。

という訳で、当時はポイズンの1stアルバムジャケTシャツをカットTにして着てバイトしてた私は、傍から見ると異質な人だったんだと思うけど(で、スラッシャーからは目の仇ってか?/笑)よく田舎町でそんな恰好してたモンだと思うよ、マジで(今も大して変わらんか...)。勿論、この2ndアルバムもCD屋で予約して買ったんだけど、通常盤ではなくロゴが入ったTシャツ付きの限定盤だった。コードが38DP-5024って入ってるから¥3800くらいかな?そのTシャツはロゴだけだったので暫くの間着てたな(余談だけど、ガンズ&ローゼズの「GNR LIES」もTシャツ付きの限定盤買って、そのTシャツは弟にあげちゃったんだよなあ。持っていればプレミア付いたかな?)。

1stアルバムの大ヒットのお陰で勢いがあるウチに作られたこのアルバムだけど、当然ながら前作よりもスケールが大きくなり、当時から下手クソだと言われてた演奏面も若干アップ、また楽曲面でもただのパーティーソングからの脱却もありと色んな意味でバンドの成長を感じさせるアルバムとなった。

まずシングルカットされた「NOTHIN' BUT A GOOD TIME」のMVの出来が如何にもポイズンの世界観とマッチして、MTVなどで何度観たか分からないくらいヘビロテされてたのを覚えている。C.C.デヴィルのギターがコロコロ変わるのも面白かったし、曲もポップで覚えやすいから直ぐに大好きになったな。
2ndシングルの「FALLEN ANGEL」のMVも、ショービジネスに憧れる女の子が都会に出てきて奮闘するも最後はちゃっかりブレット・マイケルズがお持ち帰りというオチも付いて如何にも彼等ならではの楽曲だし、そして一躍有名にした必殺のバラード「EVERY ROSE HAS ITS THORN」が全米No.1ヒットという快挙を成す。この楽曲はホント何回聴いたか分からないくらい大好きだったな。MVもそれまでの派手でケバケバしいイメージから、ツアーの過酷さを見せる今までにない展開だったのも新鮮だったし。

久々に全曲聴いて、さすがに捨て曲もあると思うけどよく出来たアルバムには間違いないかと。トム・ワーマンの手腕のお陰もあるんだろうけど、聴いてて楽しいと感じられるアルバムはいつの時代に聴いても良いモンだと改めて思った次第。後のグランジ/オルタナブームが世界を席巻する前にこんなアルバムが大ヒットしてたなんて今思うととても信じられない部分もあるけど、こういう音楽を「中身が無い」と一蹴する様な人とは余りお近づきになりたくないな(苦笑)。


「NOTHIN' BUT A GOOD TIME」


「EVERY ROSE HAS ITS THORN」




今頃になって暑さが感じられる季節になってきたのにそれほど夏っぽさが全く感じられないので、せめて聴いてる音楽くらいは夏を感じたいな...と、思って手を伸ばしたのはヴァン・ヘイレン。以前購入した6枚組廉価盤の中から、結構評判の良い4thアルバム「FAIR WARNING」(邦題:戒厳令)を今回はチョイス。発表は1981年。

私が洋楽を聴き始めた頃にちょうど「JUMP」が大ヒット中で、シングルEPを買って毎日聴いていたのだけど、その当時の友人にヴァン・ヘイレンのアルバムで良いモノって何かある?と聞いたら、1stアルバムとこの4thアルバムを薦められた。1stアルバムはエディ・ヴァン・ヘイレンの真骨頂と呼ぶ声も高かったし、何よりデビュー作であんなギタープレイ聴かされたらそりゃ衝撃的な訳でお薦めするのも理解出来るけど、何で4thアルバムを薦めたのかはよく判らなかった。ジャケットも何だか彼等らしくない変な感じだし、特に大ヒットしたシングルもある訳じゃないし。

最初に聴いたのは市内の図書館で借りてきたレコードだったと思うけど、最初聴いた時は地味だなあ...という印象しかなかった。そりゃそうでしょ、「JUMP」みたいなポップなキーボードサウンドでもないし、何よりデイヴ・リー・ロスの歌い方が一本調子で起伏が感じられないのが地味な印象に拍車を掛けてたんだと思う。

でも、数年後にCDで改めてよく聴き直してみると彼等以外何者でもないアルバムな訳で、要はヴァン・ヘイレンの本質を知らなかっただけかと。逆に「1984」が彼等にしては異質なアルバムだったという事を後で知った訳なんですよね。また、ボーカルがデイヴからサミー・ヘイガーに変わってバンドのスケール感が更に増した事もあって、デイヴ時代のアルバムはそれほど聴く頻度も少なくなってしまった。
今になってデイヴ期の良さも判るしサミー期の凄さも判るけど、後は音楽性の好みでどちらが良いかは判断すれば良いだけの事かと。因みに私はサミー期がリアルタイムど真ん中だったのでサミー期に思い入れがあるけど、勿論デイヴ期も良いモノはあると評価してますよ。

オープニングの「MEAN STREET」の冒頭でエディがまた新しい奏法のスラッピング奏法を披露しているけど、本当に革命的というかリアルタイムでアルバム聴いた人は驚いたんじゃないだろうか?当時はMTVなんか存在してないし、耳で聴くしか判断出来ないから音だけ聴いて「どんなプレイしてるんだ?」となる訳で。
ハイライトはやっぱバンドらしさが炸裂している「MEAN STREET」「UNCHAINED」「SINNER'S SWING!」だと思うけど、個人的には地味だけど何かクセになる「PUSH COMES TO SHOVE」が意外に好きだ。バンドらしさは余り感じないけど、デイヴのソロ作にポツンと入っててもおかしくない雰囲気を感じるのは私だけだろうか?因みに「UNCHAINED」はグレイト・ホワイトもカヴァーしてましたね。

しかし、本当に新作の話が一向に聞こえて来ないですなあ。ちょっと前にマイケル・アンソニーへオリジナルメンバーでのツアーに参加する気があるか?と彼等のマネージメントから連絡があった事が暴露されていたけど、マイケル本人は乗り気でスケジュールも空けてたのにそれっきり連絡がなかったというから、結局はエディとアレックスの気まぐれだったんでしょう。勿論、オリジナルメンバー再結成は話題にはなるだろうけど結局はツアーだけで終わっちゃいそうな感じだし、むしろ現メンバーでアルバム作った方が良い結果になりそうだけど、ここまで話が見えてこないとここまま地味に引退しちゃいそうな気が...勿体無い話だよなあ。


「MEAN STREET」


「UNCHAINED」




半年くらい前に、たまたまタワレコのセールで”訳あり商品”として輸入盤が¥1000で売られていたので、買うつもりはなかったけどこの金額なら...と捕獲した(但し、ポチった翌週には更に半額に下がってた/苦笑)グランドブレイカーのデビューアルバムを今回はチョイス。発表は昨年。
しかし、何が”訳あり”なのかよく判らないくらい普通のCDだった。例えばCDケースが割れてるとかジャケットが破けてるとかで値下げなら判るけどそういった外傷は全く無く、強いていえばシュリンクがちょっと破けているくらい。しかも、発売されて2~3ヶ月後くらいだったからこのタイミングでこの値下げ?と驚いたなあ。

実はこのプロジェクト、メンツを見るとFMのボーカリスト:スティーヴ・オーヴァーランドとワーク・オブ・アートのギタリスト:ロバート・サールという実に私好みなんだけど、視聴の段階で余りピンと来なかったんで購入するつもりがなかったんですよ。勿論、FMもWOAも大好きなバンドなんでこの2人が組むとどんな感じになるのか?と期待した割りには余りにも普通過ぎるという結果に...
余りにも優等生過ぎる、メロディアスハード系のお手本をなぞった様な作風で、勿論クオリティは高いけどそこにプラスアルファ的な要素が殆ど感じられないと思うのは、それだけこの人達のハードルが高いからなんですよねえ。私的にはFMを感じさせる雰囲気はちょこちょこあるけどWOAの要素はそれほど感じなかったかな?

そんな感じだったので、改めてCD買って全曲聴いても印象は変わらず...。リズム隊は知らない人達でプロデューサーは最近のメロハー関連でよく名前を目にするアレッサンドロ・デル・ヴェッキオ...と来れば、そう毎度お馴染みのフロンティアーズ・レコードのプロジェクト関連の一つで、とりあえずレーベルの社長に言われたんでアルバム作ってみました的な雰囲気が漂ってる様な気が。ジャケットのダサさ加減も一役買ってるし。

別にこういうプロジェクトを批判してるのではなく、過去にもW.E.T.とかトーキョー・モーター・フィストみたいに気に入ってる作品もあるんで楽曲の良さが一番のポイントになるんだけど、私的には残念ながらFMやWOAの作品の方が良いという結論になってしまったんですよ。勿論それぞれのバンドよりもこのアルバムが好きという人もいると思うけど、基本的にはスティーヴ・オーヴァーランドの歌なら何でも聴きたいとか、ロバート・サールが参加したアルバムは網羅したいというファン向けの作品じゃないかと。

結構辛口な内容になってしまいましたが、お気に入りは「WILL IT MAKE YOU LOVE ME」「SOMETHING WORTH FIGHTING FOR」「THE FIRST TIME」が良い感じ。またアルバムを作るのかどうかはそれぞれのバンド活動次第だろうけど、次回はおっ!?と言わせる様なアルバムを作ってくれたら嬉しいんだけど、さて如何に?


「WILL IT MAKE YOU LOVE ME」


「SOMETHING WORTH FIGHTING FOR」