FC2ブログ




約5年振りですか~。結構待たされた気分でしたけどねえ...今か今かと待ち望んでやっと新作がリリースされたワーク・オブ・アートの4thアルバム「EXHIBITS」が届いたので早速取り上げてみます。

この5年間にメンバーは色んなトコに顔出していたので、本家の方はどうした?とずっと気になっていて、しかも前作「FRAMEWORK」のインナースリーヴにこれがラスト作みたいなニュアンスで書かれたからそのまま解散なんてないよな?とモヤモヤした感覚がずっとあった。メンバーが参加したライオンヴィルやW.E.T.もこのバンドに期待している以上のモノではないから、早く新作作ってくれよ...と思い続けての5年だった(まあライオンヴィルの3rdアルバムは結構気に入ってるけど)。

ちょっと前に「新作はもうそろそろ」というネットの書き込みを見て、ちょこちょこYOU TUBEで詳細探ってたらいきなり「BE THE BELIEVER」のMVがアップされてたので、何か随分あっさりと発表したな...と思いつつチェックしたのだけど、従来の路線は変わらず一安心。ただ、彼等にしてはちょっと印象が薄い感じかな?と思ったけど。

そしてアルバム全曲聴いた感想は、特に冒険をした訳でもなくいつものWOAのスタイル。結局、前作がラスト作という意味は1stアルバムから3rdアルバムまでは三部作の構想だったみたいで、その三部作の最後という意味だったらしくそんなややこしい話はいい加減にしてほしい(苦笑)。なので、この4thアルバムで新たに新機軸を打ち出すのかな?と思いきや、そんな感じは全く感じない。強いて言えば今までの北欧独特の透明感が薄まって、幾分演奏が力強くなった印象があるくらいかな。

ただ、楽曲に関してはこれまで引っ掛かる部分が多かったのに対し、このアルバムでは全体的に淡泊な雰囲気であっという間に聴き終えてしまう感じ。勿論彼等の楽曲を聴いてる感覚はあるのだけど、何か今一つ物足りない印象が拭えないのだ。まあ、彼等に対する期待が大きいからこういう感想になっちゃうのかもしれないけど。ライブで聴くとまた印象が違うのかな?
お気に入りは「MISGUIDED LOVE」「BE THE BELIEVER」「COME HOME」「IF I COULD FLY」「LETME DREAM」(←この曲は何処かフォリナーの「WAITING FOR A GIRL LIKE YOU」みたいな印象を受けた)あたりが好きかな。

でもまあ、とりあえずは活動再開してくれた事に感謝。バンド外の活動も結構だけど、今度は5年も開かない様にコンスタントに活動してほしいモンだ。活動が単発的だと厳しいだろうけど、来日公演なんかも実現するとバンドの状況も少しは変わってくるんじゃないだろうか?一度はライブが観てみたいんだよねえ。


「BE THE BELIEVER」


「IF I COULD FLY」
スポンサーサイト






ちょっと前に中古で買った1stアルバムの出来が素晴らしく良かったので、これは直ぐにでも新作をチェックせにゃイカンですなあ...と思い購入した(笑)デンジャー・デンジャーのメンバーによるザ・ディファイアンツの2ndアルバム「ZOKUSHO」(邦題:続章)を今回はチョイス。

前作のジャケも西部劇をイメージした様なダサいジャケで勿体ないなあ...と思いつつも、今回は何故か日本の飲み屋街をスーツで闊歩するアニメ調のメンバー3人という、これまた意味が分からないジャケ。奇をてらったのかどうか知らないけど、こういうのは向こうの人達にはどんな風に映るんだろうか?

しかし中身は相変わらずの高水準なメロディアスハード系。前作が気に入った方達は間違いなく期待度が高いアルバムだったに違いないかと。
実際に聴いてみると、一度聴いただけで気に入る様なキラーチューンは少ないけど、それは前作のインパクトが強かったお陰もある訳で、今回もアルバム全体での水準は高い位置でキープされていると思った。でも、私的には「HOLLYWOOD IN HEADLIGHTS」「HOLD ON TONIGHT」「U X'O MY HEART」「STAY」は一発で気に入りましたけどね。ちょっとニッケルバックっぽい雰囲気の「ALLNIGHTER」も良いし、ルーズな楽しい雰囲気でアルバムを締める「DRINK UP!」も気に入った。ただ、ボーナストラックの「FOREVER」は地味な曲なんでコレは正直蛇足だったかな?

あと意外だったのは、ゲストプレイヤーにデンジャー・デンジャーのスティーヴ・ウェストが参加している事。そもそもこのバンドってなかなか活動再開しないデンジャー・デンジャーの原因であるスティーヴ・ウェストが重い腰を上げないので、他のメンバーが痺れを切らしてこのバンドをスタートさせたハズなのに、そのスティーヴが参加って何なのか?と。それならとっととDDの方を再始動させれば良いのにと思うけど。

来月DDの方が来日公演あるけど、私的にはこのバンドで来てくれた方が非常に嬉しいんだけどねえ(笑)。このテの音が好きな人には何処か引っ掛かる部分がある非常に優れたアルバムだと思う。前作同様、暫くヘビロ確定の作品ですな。早くも次作に期待が高まるなあ。


「U X'O MY HEART」


「FALLIN' FOR YOU」




昨年デビューアルバム出したばかりなのに、早くも2ndアルバムが完成してリリースされたザ・マグパイ・サルートの「HIGH WATER Ⅱ」を今回はチョイス。前回同様、渋い色合いのグループショットがイカしてますねえ。

まさかこんなに早くリリースされるとは思ってなかったんで正直面食らったけど、嬉しい反面、ここに来てまさかのブラック・クロウズの再結成が決まってしまい、来年に鴉団のデビューアルバムの30周年記念ツアーが行われるみたいなので暫くこのバンドは休止状態なのはホントに勿体ない気が。
あの兄貴は歌唱力は素晴らしいし申し分ないんだけど、如何せん性格がドの付くほどのクズなんで(苦笑)リッチやメンバーに無理難題を吹っかけて大喧嘩のあげく鴉団を解散した時はこれでバンドは本当に終わりだなと思ったけど、ここにきて兄貴が弟に謝罪して丸く収まったというのが事のいきさつだったらしい。...ホント、何が起きてもおかしくないですなあ。ずっと活動を共にしてたドラマーは今回メンバーに含まれてないみたいで、兄貴と弟以外は違うメンバーで構成されるとの事。印象がかなり変わるんじゃないかと。

そんなマグパイ2作目。前作はかなり気に入ってリピート率も結構多かったのでリリース前の期待は凄く高かったけど、実際に聴いてみたら前作よりも渋く落ち着いた演奏が強く残った。当然ながら鴉団が演っても全然おかしくないスタイルは不変で、ボーカルのジョン・ホッグも更にクリスの歌い方に似てきた様にも思える。
前作にあった分かりやすいスタイルの楽曲は鳴りを潜めたのは、リッチ自身も語った「よりレフトフィールドに...」というのが顕著に表れた結果なのかな?と思った。より楽曲に注目してほしいといった様な印象すら受けるし。
とはいえ、アルバム聴いてるとやっぱサザンロック以外の何物でもない訳で、このバンドに求めるモノは全て詰め込まれているのでファンなら安心して手が出せるクオリティになっている。

しかし、鴉団でデビューして以来30年経って未だにクオリティの高いアルバムをリリースしているのは実に素晴らしい。鴉団のデビューアルバムの時は「こういう音楽を演るには恐ろしく若すぎる」なんて言われてたのが、今じゃすっかり板に付いてるくらいだし。ホント、恐れ入りますなあ。
個人的には、鴉団も良いけどこっちのマグパイの方が好みなんで活動停止は残念でしかないんだけど、このまま休止しないで鴉団のツアーが一段落したらまた是非とも再開してほしいモノだ。


「GIMME SOMETHING」


「IN HERE」




最近、AORの事をヨットロックという言葉で呼んでいるみたいだけど、このヨットロックって言葉はいつ頃から出てきたのだろうか?私自身は今年に入ってから初めて聞いた言葉だけど、それ以前から使われてたとか??
正直AORという言葉の方が馴染み深いんでヨットロックという言葉自体ダサいイメージがあるし、そもそも何を指して”ヨット”なんだろうか?AORじゃイメージが付いちゃっているから別称で呼んで新たなジャンルとして扱おうとしているのか...う~ん、どうもしっくり来ないんだよなあ。

そんなAOR系で最近何か無いかな?と探りを入れたら、久々のオーレ・ブールドの新作が発売されたばかりではないか。前作買う前に新作来ちゃった...と思いつつ、前作は後回しにして今作を購入。

この人はタワレコの視聴コーナーで初めて知って以来、1stを2nd購入して結構お気に入りでちょこちょこ聴いてたんだけど、久しぶりにこの新作聴いたら相変わらずブレの無いスタイルで、しかも完成度が増してるのには驚いた。CD帯にも書かれている通り最高傑作と呼んでも良いレベルかも。最近はこういうAORの王道的なアルバムを聴いてなかったからかも知れないけど、それにしてもこの時代にこういう音楽がまだ存在している事に驚かされる。だってどう考えたってターゲットは今の若者より70~80年代に当時スティーリー・ダンとかクリストファー・クロスを好んで聴いてた人達に向けて作られているとしか思えない感じだし。まあ、こういう音楽が大好きだから文句なんか出ないんですけどね。

1stや2ndみたいにファンク色が強い印象はなく、その分ブラスが印象に残る様な音作りになっており、そこに北欧(この人はノルウェー出身)ならではの透明感溢れる洗練された雰囲気が非常に心地良い。以前苦言を呈した2ndアルバムに収録された「FOOTLOOSE」の類似品みたいな楽曲なんか存在しないし、新しくも何処か懐かしい気分にさせてくれるのは正に私好みですわ。捨て曲などは見当たらず、日本盤ボートラの「DRIVING」のライブverがまたライブとは思えないくらいの素晴らしい完成度でお得感増してるし。個人的にはアップテンポのナンバーよりも「TALK TO MY LAWYER」「CAN'T PRETEND」みたいなしっとりと聴かせるナンバーの方が今の季節にピッタリでハマりましたね。

もっと注目を浴びてもいいミュージシャンだと思うけど、知名度はそれほどないのかな?過去に来日公演もあったみたいでかなり盛況だったと聞くので知る人ぞ知る存在なんだろうけど、その枠に収まってるのは非常に勿体ないよなあ。CMにでも使われればブレイクのチャンスもありそうだけど。

そんなお方が、もう片方ではエクストルというバンドでデスメタル演ってる(一度脱退したらしいけど、再結成されてギタリストとして加入したとの事)のも意外な経歴(芸歴?)だけど、さすがにデスメタルの影響は全く感じないのでご安心を(笑)。これからの季節ドライブにピッタリの音なので、暫く車のお供になりそうな予感ですな...こりゃ3rdアルバムも早く手に入れねば!


「ALWAYS LOVE YOU」


「CAN'T PRETEND」



PCを新調したお陰でCD買うのも躊躇してたんだけど、ここに来て欲しいモノが増えてきたので注文と予約で5枚ほど頼んでその中の1枚、プリティ・メイズの通算16作目になる新作「UNDRESS YOUR MADNESS」が一足先に届いたんで早速聴いてみた。

前作「KINGMAKER」から3年、前々作「MOTHERLAND」も3年という事からこのくらいの周期でアルバムリリースしてくれるのは個人的にはちょうど良いと思ってる。アルバムの間隔が短くてもその最新作に馴染む前に「もう新作?」という感じになってしまうのも考えモノなんで「もうそろそろ新作かな?」と思ってリリースされるのが一番理想的かと。ジョン・サイクスみたいに今年リリースするぜ!って言ってからもう何年経ってんだよ...ってのは一番やっちゃイカン事だし。

さて、今回の新作もプロデューサーは相性の良いヤコブ・ハンセンが担当しているので期待は全く裏切らない、ここ数作と同様のクオリティを持ったHRアルバムとなっているのでファンの方達には安心して手を出せる内容となっている。開店休業状態があったにせよ、35年も活動してきて未だに魅力ある作品を作り続けるバンドにはホント凄い事だよなあ~と感心してしまうけど、今の時代ロックバンドの需要が余りない状況で、こういった素晴らしいアルバムが聴けるのは稀な事なんじゃないかと思う。タイプは全然違うけどAC/DCと同じく「自分達にはこれしか出来ない」というアイデンティティすら感じる。

このアルバムのリリース前にボーカルのロニー・アトキンスが肺癌を患っているという情報が入って驚いたけど、そんな事はアルバムを聴く限り全く感じさせない堂々とした歌いっぷりは相変わらず素晴らしい。、前作同様このバンドに求めるモノ全てが詰め込まれたアルバムなので長い付き合いになりそうですな。お気に入りは「SERPENTINE」「UNDRESS YOUR MADNESS」「RUNAWAY WORLD」「SHADOWLANDS」あたりかな。

来年2月まではロニーの治療の為にバンド活動は白紙の状態らしいけど、まずは万全の体調に戻してから無理のない活動をしてほしいかと。前作の来日公演は3rdアルバム完全再現だったのでスルーしてしまったのだけど(「KINGMAKER」が素晴らしかったんで、普通の新作ツアーで良かったのに...)もし今回も来日公演が実現したら是非ライブに足を運びたいと思うくらい、今回のアルバムは素晴らしい出来で大満足でした。


「SERPENTINE」


「WILL YOU STILL KISS ME (IF I SEE YOU IN HEAVEN)」




いやあ、しかし参りました。増税プラスwin7のサポート終了との事で、PCも8年くらい使ってボロボロだったからこれを機に新しいPCに買い替えて、先日設定したのはいいけど何でウィンドウズってこんなに面倒な設定になっちゃったんだ?と首を傾げる事しきり。まずメール設定でつまづいてプロバイダーに連絡して何とか繋がった後に、今度はライセンス認証しろだの催促されるはでいつになったらまともに使えるんだよ?と。会社の人に聞いたらライセンスはちゃんとやっておいた方が良いとの事なんでそのうち入れるけど、余計な事が多すぎてすでにウンザリですわ。

そんな感じで時間ばかり過ぎてなかなか更新出来なかったんですが、今回のお題は今年一番ハマったバンド:打首獄門同好会のバンド結成15周年記念ベスト「獄至十五」をチョイス。タワレコで予約したら、予約特典でメンバー全員による全曲解説動画のパスワードと「あの日あの時あの映像」のパスワードが入ってて、耳に目に楽しめる粋な内容となっている。
元々YOU TUBEにて自身の動画サイト持っててそこでメンバーの素顔が観られるんだけど、こうした楽曲がどんな感じで作られたのかとかMVの時のエピソードとか中々興味深い話が聞けて面白い。

内容は、以前チョイスした最初のベスト盤「10獄」からの5年間の間に作られた楽曲を中心に収められていて、全18曲のうち新曲は3曲収録(うち1曲は慌てて作られたらしいけど/笑)。先に先行で発表された「なつのうた」ではいきなりボサノヴァ調の雰囲気から始まる楽曲で「布団の中から出たくない」のアンサーソングみたいな相変わらずのノリで一安心(笑)。

まあ、私自身がハマる切っ掛けになった「日本の米は世界一」や「猫の惑星」が収録されているだけでも買いなんだけど、他にも後からYOU TUBEで散々聴く羽目となった「島国DNA」「きのこたけのこ戦争」「はたらきたくない」「歯痛くて」などがこれでもか収録されているので、ダブる楽曲があっても購入するつもりでいたし、何よりジャケットがカッコイイじゃないですか。このデザインでTシャツ作ってほしいなあ。

しかし、たった5年でこれだけハマる楽曲を作った大澤会長はマジで凄い!イロモノなバンドと思いきや演奏の実力は相当なモノだし、歌詞の内容とのギャップでリスナーを魅了するサマはマジで最高ですわ。
本人も予約特典の動画で語っていたけど、これから先が正念場じゃないかと。メディアへの知名度も露出も最近増えてきて、ホントにこれからどんな内容のモノを作ってくれるのか今から楽しみなんだけど、まずはその5年間の軌跡(笑)をこのアルバムで堪能したいと思う。実際、仕事前に聴いてテンション上げてるくらいなんでこれからもお世話になる作品は間違いないですね。今回のお薦めは4曲入れておきます(どの曲も好きなんでチョイス出来ない/笑)。これからこのバンドを聴いてみようと思ってる人達にも十分お薦めな作品ですよ。


「島国DNA」


「きのこたけのこ戦争」


「はたらきたくない」


「歯痛くて」