FC2ブログ




暫くはCD控えなきゃ...と言ってる間にコロナパニックの影響でCD流通が少し滞ってる感じなので、私的にはお金使わなくて良いのだけど、さすがに普段の生活は少し不便になってきた感じかな。TVで煽ったお陰でスーパーが混雑って、震災の時の教訓を忘れているとしか思えない。店側は”在庫はあるから心配しないで”と言ってるにも関わず、だ。心に余裕がないのか、それとも買い占めて自分さえ良ければ良いという考えなのか分からないけど、ちょっとみっともないよなあ。

そんな事を思いながら、このアルバムを聴いてたら何故か今の現状にハマってるではないか!?と感心させたピンク・フロイドの通算8作目のオリジナルアルバム「ANIMALS」を今回はチョイス。発表は1977年。

ピンク・フロイドの音世界には常に難解のイメージが付きまとってるけど、歌詞に関して意外とストレートにぶつける人達の割りには珍しく、タイトル通り様々なスタイルの人間を動物に喩えて歌詞に盛り込んで伝えたい意味を当てはめるという面白い手法を取っているのがポイント。因みに犬=野心を持ったエリートビジネスマン、豚=下衆な資本家や支配層、羊=労働階級者という図式になっているのだけど、それぞれに独立した楽曲があって計5曲という構成になっている。

それぞれの主張が各曲で語られているのだけど、風刺が効いてるのがこのバンドの面白いトコでそのイメージ通り聴いてみると楽しみも倍増する様な趣きでさすがの一言。前作が内省的で美しい音だったのに対し、今作は結構ハードな音作りなのも対照的かと。前2作が代表作に挙げられているのでどうしても影の薄い作品になりがちだけど、いやいやとんでもない作品ですよコレは。
「DOG」「PIG」「SHEEP」どの楽曲も構成が素晴らしく、私的には「SHEEP」が一番好きかな。

私自身、ピンク・フロイドはそれほどハマってる訳ではなく気に入った作品をじっくり聴くのが好きなんだけど、このアルバムは全体的にかなり好きなタイプで今までレビューしてきた「狂気」「炎」とこのアルバムだけで十分じゃないかとすら思った。他のアルバムはYOUTUBEでフルで聴いても余りピンと来ないんですよね。まあ以前umeサンにお薦めされた「対」はいずれ買おうと思いますが...

しかし、今の現代社会においてもこのアルバムがハマってしまう世の中って、昔から何一つ変わってないという事なんだろうか?さすが着眼点が鋭いバンドですなあ。


「ANIMALS」全曲
スポンサーサイト





で、前回同様レベッカです。
前回のCDと一緒にこのブルーレイも購入したので今回はこの映像作品「LIVE TOUR 2017 at 日本武道館 」をチョイス。発表はこのライブの同年2017年。

このライブは再結成されて28年振りのツアーでの最終公演となった日本武道館でのライブの模様を収めたモノ。
先日YOUTUBEで3時間近く観てた時に、この時の「ヴァージニティー」の映像を観て購入を決めたんだけど、再結成直後のレベッカをこのライブの数年前に何気にTVで観た時のnokkoの歌声が随分変わっちゃってて「やっぱ時の流れには逆らえないか...」と半ば諦めてた部分があったんだけど、この「ヴァージニティー」での歌声ではかなり本調子に戻してきていて素直に凄い!と驚いてしまった。全盛期の映像ばっか観てたから、この人がブランクが長かったとはいえ中途半端なパフォーマンスで終わるとも思ってなかったし、実際にこのライブ映像全編観て私の予想を超えた素晴らしいライブだと感じた。

勿論、年齢による衰えもあるから踊りながら歌うのはキビしいし歌い方も全盛期とは違う歌い方になってるとは思うけど、それでも50代半ばでこの動きと歌声はさすがプロだなと唸ってしまったし、また今でも十分魅力的でカッコイイ人だなとも感じた。それはバンドのメンバーにも言える事で、サポートミュージシャンを加えた編成でもあの当時の音世界を十分作り上げてるのが素晴らしい。

選曲も正にベスト・オブの内容で私が聴きたい楽曲がほぼ網羅されているけど、欲を言えば「ラブ・パッション」や「NERVOUS BUT GLAMOROUS」が入ってたらもっと良かったけど、全19曲もプレイしてるんだから文句言えませんね。再結成後の新曲「恋に落ちたら」も如何にもレベッカらしい楽曲なので、この中に混ざっていても違和感がないのも良い(因みにこのMVも秀逸)。

MCでメンバーが観客に「ありがとう」連発してたけど、むしろこのライブ観てありがとうを言いたいのは観客の方だったんじゃないかと思う。ボウイみたいに解散ライブをやって終止符を打ったという訳じゃなくて、いきなり活動停止でその後に解散という流れだったからファンとしてはケジメどころか悶々とした終わり方に納得してなかったんだと思うし、こうして長い年月が掛かって再結成ライブが観られて、しかもその内容が素晴らしければ最高のプレゼントとしか思えないでしょ。
私はそこまでのファンじゃなかったけど、こうして偶然手に取ってそれに感動してしまうのも心の何処かで引っ掛かってたんだと思うし、こういうライブなら是非会場に行きたかったと素直に思ったくらいだ。

バンドはこの再結成を継続していくのかどうか分からないけど、”次”があるなら是非追いかけたいな。少なくとも今の現役ミュージシャンと対等に張り合える本物の伝説バンドって凄くカッコイイ存在じゃない!?


「ヴァージニティー」


「RASPBERRY DREAM」




前回書いた”ワンクリックの誘惑”再び(苦笑)。
久々どころか何十年振りに聴いたんだ?と思うくらい、相当大昔に聴いたレベッカが何故かYOUTUBEのお薦め欄に出てきて(どういう経緯で出たのか分からないけど、前回のキリンジ関係から派生したのかな??)しかもそのお薦めが85年のライブでの「フレンズ」だったので見入ってしまい、しかも当時のnokkoを観てたら自然と泣けてきて、そのまま3時間近く映像漁って観てましたよ。そもそも普通にレベッカ聴いてた中坊時代の頃には良い曲だな...程度だったのが、35年近く経って聴き直してまさか泣くとは当時は全く思いもしませんでしたねえ。

そんな私の感情を思いっきり揺さぶってくれた(笑)お陰で、彼等のCDを探したらこんなモノが出てたので早速注文。「LIVE '85 ~MAYBE TOMORROW TOUR~」を今回はチョイス。リリースは2013年。ついでにブルーレイとDVDも同時注文してしまったので(コレはまた後の機会にチョイスします)暫く銀盤関係はお預け状態っすね。まあ、来月リリース予定だったFMとプリティ・メイズの新作がコロナパニックのお陰で一か月延期と発表されたので来月は買うモノが無くなったから、先に前倒しって事で自分を納得させますよ(強引に)。

何故ライブ盤なのか?というと、ライブの方が迫力があるし出来の良し悪しも感じられて聴いてて面白いんですよね。スタジオ盤は当時ウチの姉ちゃんが家でガンガン聴いてたのでずっと耳に残ってるし、聴きたくなったらまたCD買えば良いだけの事なんで、聴き慣れないライブ盤の方をチョイスしたと。
しかもこの時期ってちょうど「REBECCA Ⅳ ~Maybe Tomorrow~」の頃で、バンドの人気に火が点いた勢いのある時期のライブとなれば全盛期ですよね。DVDになったツアー最終日が素晴らしいのは当然として、この音源はツアー初日に録音されたモノ。この後も好きな楽曲が多いからそれらの楽曲が当然ながら入ってないのは残念だけど、このアルバムの選曲も勿論悪くない。アンコールで「フレンズ」をもう一度プレイしてるのも何か珍しいし。

YOUTUBEでこの時のツアー最終日ライブ映像観てても思ったけど、当時のnokkoのパフォーマンスは物凄いハイテンションであれだけ踊って歌ってるんだからマジで神掛かった凄さを見せつけてくれる。コメント欄にも書かれてたけど、今の時代にこれだけのパフォーマンスを披露出来る女性ミュージシャンがどれだけいるんだろう?と思うと、正に唯一無二の存在。勿論ライブなんで歌が粗い部分も目立つけど、それ以上に感情込めて魂削ってる様な歌い方を観てると自然と泣けてくるんだろうなあ。こんなに魅力的で凄い人だったのかと改めて驚きましたよ。演奏の方も堅実にプレイしてあくまでも歌を中心に持ってきている姿勢は如何にもバンドらしい。

ただ音質に関してはちょっと微妙な感じで、古い音源でリリース予定もなかったんだろうから音のバランスがよくない。公式リリースならもっと丁寧に仕上げてほしかったけどこの辺が限界なのかな?まあ、貴重な音源なんで十分楽しめるには間違いないんだけど。位置付けとしてはボウイの「“GIGS" JUST A HERO TOUR 1986 NAKED」みたいなモノなのかも。
この中でのお気に入りは「ヴァージニティー」「フレンズ」「76th Star」「Hot Spice」「プライベイト・ヒロイン」「ラブ・イズ・Cash」「フリーウェイ・シンフォニー」「ラブ・パッション」ですな(かなりベタな感じだけど/苦笑)。

しかしホントに忘れてた頃にこうして聴いてやっぱ良い曲多かったなあ~と思いましたねえ。当時の色々な思い出も相成って、やっぱこの当時の音楽はずっと心に残ってるんだなあと。今の音楽を否定するつもりはないけど、ギラギラした熱い感覚が今に殆ど感じられないのは時代の流れによる経緯もあるんだろうなとちょっと寂しく思ってしまったりして。便利になった世の中の代償は結構大きかったのかも。


「ヴァージニティー」


「フレンズ」



久々に邦楽です。
このブログを見てくださってる方達にはご存じの通り、私は基本的に洋楽ばっか聴いてるんですが、自分の感性で”これは!”というモノがあったら邦楽でもハマってしまうので、正直言ってYOUTUBEに出てくる「あなたへのお薦め」欄はマジでヤバい(苦笑)。昨年ハマった打首獄門同好会もこのテに引っ掛かってしまったお陰でハマってしまい、CD何枚も買う羽目になり散財してしまったという事実があったのに。

で、今回チョイスしたキリンジも全くそのパターンで、別に全く気に掛けていなかったのにいきなり「エイリアンズ」という曲がお薦め欄に出てきて、そーいや名前は聞いた事あるけど曲は聴いた事ないぞ...という好奇心からクリックしたらめちゃくちゃ良い曲じゃんか!と、正に”ワンクリックの誘惑”にあっさり敗北(笑)。
で、色々調べてたらいつもお世話になってるジョーシンでこのCDが24%割引きになってたので、2枚組全31曲という事もありジャケットの良さも相成って入門編として購入してみた。そんな訳で、今回は2014年に発表されたキリンジの3枚目にあたるベスト盤「フリー・ソウル・キリンジ」をチョイス。

結成は1996年とキャリアはかなり長く兄弟2人でグループを結成、このベスト盤が出るまでにオリジナルアルバムは10枚作られていて、ちょうどこの時期に弟の方がグループを脱退したとの事。今も兄の方がグループを存続しているけど、バンド形式としては今年でピリオドを打つらしく、その後はプロジェクト形式になるらしい。
で、このアルバムはオリジナルアルバムからの選曲の他に、ソロ作やセルフカヴァー集、シングルのみリリースされた楽曲も収録されているので、実質それまで総括的な内容になっているのがポイントかと。
しかも、タイトルにフリー・ソウルとある様に、よくフリー・ソウル系のオムニバスCDを制作しているPヴァインレーベルでもお馴染みの橋本徹さんが選曲・監修されているので、ミュージシャン側の選曲とはまた一味違うノリなのが良い。

私は先述の「エイリアンズ」をYOUTUBEで聴いて、他の曲も数曲聴いただけでこのCDを買ったのでどんな楽曲をプレイする人達かイマイチよく分かってなかった訳だけど、全曲聴いて思ったのはよくここまでスティーリー・ダンみたいなAOR的な音世界を作り上げてるなあという事。インパクト重視な派手さはないんだけど、メロディの良さと歌詞の乗せ方が絶妙で、聴いてて心地良い雰囲気が素晴らしい。兄弟揃って作詞・作曲を手掛けているけど違和感は殆ど感じないのもアルバム全体の流れとしては良い感じ。

お気に入りは「エイリアンズ」「LOVE IS ON LINE」「まぶしがりや」「愛のCODA」「スウィートソウル」「雨は毛布のように」「燃え殻」(この曲は弟の方の”馬の骨”というプロジェクトからの楽曲)あたりが良いけど、もっと聴き込むと更に増えそうな感じ。アルバム全体でドライヴのお供にピッタリな雰囲気なので、今からドライヴが楽しみになりそうかと。

...と、こうしてお金が減っていく訳ですね(笑)。ったく、ホントYOUTUBEには恐れ入れますわ。今のトコ、このアルバムを聴きまくって更にハマりそうなら過去作を辿っていくと思うけど、その前にこれは相当聴き込む事になるだろうなあ。今更だけどそれくらい気に入ったし、決して今の新しい音楽だけを聴いて悦に入るよりは、まだ聴いた事ない音楽を耳にして掘り下げていく事も自分の感性を満たしてくれる事を教えてくれる。ホント、良いグループですなあ。


「エイリアンズ」


「雨は毛布のように」



前回「風邪を引いたみたい」と書いたら、翌日にはもう熱が上がってダメでした。仕事も2日間休んで何とか出たは良いけどまだ本調子ではなくそのまま引き摺ってる感じで、まだ喉が若干痛む程度になったのはホントに助かった。今のコロナパニックと混同されて肩身の狭い思いをしなかったし、幸い咳やくしゃみが殆ど無かったのも良かったし。でも、老化には勝てんな...

そんな訳で、音楽聴く事くらいしか出来なかったので様々なスタイルの音楽を片っ端から聴いてて、ここ何年か聴いてなかったCDを引っ張り出してはその良さを再確認してる日々なんですが、このアルバムも久しぶりに引っ張り出して来ました。イエス通算7作目、ちょっとした問題作でもある「RELAYER」を今回はチョイス。発表は1974年。

このアルバム、イエスの中でも最も難解な作品として位置付けされているけど私的には意外と好きな作品だったりする。前作でキーボードのリック・ウェイクマンが脱退し、代わりに入ったのが後にムーディー・ブルースに加入するパトリック・モラーツの功績なのかどうか分からないけど、それまでのイエスの音楽性からは繋がらない様なスタイルになっている。後追いで聴いてるし、情報もそれなりに知っていたのでさほど驚きはなかったけど、これをリアルタイムで聴いた人達は相当驚いたんじゃないかと思う。

ちゃんと基盤になる楽曲があって、そこに色々付け足して独自の路線を作り上げたイメージのあるそれまでの楽曲に対して、このアルバムで聴ける音はインプロヴィゼーションみたいなスタイルで、それでいてちゃんと楽曲が成り立っているという事から難解なイメージが付いてしまったのではなかろうか?
でもそのお陰で演奏自体が鬼気迫る様な感じで、各々メンバー達の演奏技術が物凄い事になっているからコレが悪くなる訳ない!と言わんばかりのカッコ良さ。「SOUND CHASER」なんか今のメンバー達でも絶対に演奏出来ないんじゃないかな?

オリジナル盤では3曲のみ(「THE GATES OF DELIRIUM」(邦題:錯乱の扉)「SOUND CHASER」「TO BE OVER」)という構成で1曲が長いのだけど、聴き込んでいるとそれほど長さを感じさせないのも特徴かと。「THE GATES OF DELIRIUM」の中盤で「SOON」が入るパートは、それまでガチャガチャしてた音世界の中から突然ひとときの静寂感をもたらす構成なので、ここにセンスの良さを感じてしまうんだよなあ。
リマスター盤にはシングルエディットだの3曲収録されているけど、コレはあくまでもおまけ程度の内容。まあ前述の「SOON」が抜粋されているのが良いくらいで、「SOUND CHASER」のシングルエディット聴くならやっぱオリジナルの方を聴いた方が良いんじゃないかと。

またこのジャケットが幻想的で結構好きだったりする。Tシャツ見付けた時は思わず買っちゃったくらい好きなんだけど、次作ではそれまでのジャケを担当していたロジャー・ディーンからヒプノシスに変わったのは正直残念だったな。まあヒプノシスでも好きなジャケットはあるんだけど、結構当たり外れが多くて好みにそぐわないのもあるんで微妙だったりするんだけど...

「FRAGILE」や「CLOSE TO THE EDGE」みたいな代表作では決してないけど、このバンドが好きな人達には(音楽性のスタイルは違えど)必ず引っ掛かるという不思議な感覚を持った作品かと。イエスのアルバムで最初に聴くアルバムではないけど、バンドを掘り下げて全部のアルバム聴いたらこのアルバムは無視出来ないんじゃないかな?と思う。


「THE GATES OF DELIRIUM」


「SOUND CHASER」




世界規模のコロナウィルス騒動で、ライブハウスから集団感染なんて話聞くと音楽好きの身としては正直残念というか悲しい気分になってくる。今まで決まってた来日公演やイベントなんかは当然中止もしくは延期の形となる訳だけど、X JAPANのYOSHIKIさんがコメントした「命を大切に」という言葉が本当に一番大切な事で、まずはこの騒動が収束されない限りはライブやっても実際に楽しめないと思う。一日でも早く事態が収束される事を願いますね。そんな私は今鼻水が止まらなくて風邪引いたみたいですが...

で、今日のお題は久々にチープ・トリックを引っ張り出してきた。しかも人気に陰りが出たと言われる5thアルバム「ALL SHOOK UP」をチョイス。発表は1980年。

「AT BUDOKAN」で本国でもようやく認められてきて、前作「DREAM POLICE」までは順調に活動してきたのに、ここに来てプロデューサーのトム・ワーマンを降して代わりにビートルズとの仕事で有名なジョージ・マーティンを迎えた事が転機になったのかどうか分からないけど、このアルバムの出来映えはセールスとは関係なくかなり高いと思うんだけどなあ。大のビートルズ好きなメンバー達が彼等と仕事の経験があるプロデューサーと組む事はある意味必然だったと思うし、ちょうどこの時期ってリック・ニールセンとバン・E・カルロスがジョン・レノンとセッションやってた事も相成って、テンション上がりまくりの頃だから悪いモノが出来る訳ないハズなのにセールスを上げられなかったのはマジで悪い冗談としか思えない。

音のバランスもさすが経験豊富なプロデューサーのお陰でストレスを感じないし、もっとビートルズっぽいポップ寄りの音になると思いきや適度にヘヴィに感じられるので普通にロックアルバムとして聴けるのもまた良い。メロディの質も他のアルバムにも引けを取らないし如何にもチープ・トリックらしいアルバムなんだけど、強いていうなら「SURRENDER」や「DREAM POLICE」みたいな底抜けなポップフィーリングではないという事とオーヴァープロデュース気味な部分が敬遠された理由なのかな?と。

お気に入りはエフェクトの掛かったボーカルが印象的な「HIGH PRIEST OF RHYTHMIC NOISE」、少々古臭さも感じられるホンキートンクなピアノが活かしてる「I LOVE YOU HONEY BUT I HATE YOUR FRIENDS」、彼等にしては地味なバラードだけどギターソロが良い「WORLDS GREATEST LOVER」。
ボーナストラックに関しては、デモ音源はそれほどピンと来なかったけど「EVERYTHING WORKS IF YOU LET IT」(邦題:グッド・タイムズ・バッド・タイムズ)は小気味良いテンポで進む彼等ならではの佳曲で良曲かと。

このアルバムを最後にトム・ピーターソンが脱退しセールスが悪いお陰で地味な作品扱いになっているけど、次作でポップフィーリングを呼び戻した「ONE ON ONE」よりも良いアルバムだと思うけどなあ。幾分ハードでロックな部分を感じらえる方が彼等には合っていると思っているのでこの路線を数枚聴いてみたかっただけに勿体ないと思うのは私だけなんだろうか?このアルバムが好きな人って結構多いと思うんだけどなあ...


「HIGH PRIEST OF RHYTHMIC NOISE」


「EVERYTHING WORKS IF YOU LET IT」