久々にCD引っ張り出して聴いたらテンション上がりまくりで「やっぱ良いなあ~」と思わず唸ってしまう(笑)VOW WOW渾身の3枚目のアルバム「VOW WOW Ⅲ」を今回はチョイス。発表は1986年。

1986年といったらポリスがベスト盤リリースして解散か!?と騒がれていた頃で、私自身はちょうど洋楽チャートを本格的に聴き始めた時期だったので、このアルバムがリリースされた時にはこのバンドの事は存在すら知らなかったし、まだHR/HM系のミュージシャンもボン・ジョヴィくらいしか知らなかった時期だった。それが今頃になって未だに聴いてるのも何だか不思議な感覚なんだけど(苦笑)。

以前も書いたけど、いわゆるジャパメタと呼ばれてたバンドへの私が感じてた最初の認識は”海外バンドの二番煎じ”的なモノだったのだけど、改めてCD買って聴いたらジャパメタという言葉自体、殆ど蔑視的なモノじゃないか?と思う様になった。日本のHR/HMバンドだって個性的で良いバンドが多いと思うまでに結構な時間が掛かってしまったけど、それは単にイメージだけで捉えてた部分が大きかったと思うし、音楽自体を斜に構えて聴いてた部分も大きかったと思う。出身地が何処であろうと音楽が良いモノは良いのにね。

このバンドに関しては、このアルバムで前作とは比べ物にならないくらい進化を遂げたと感じたし、そのまま海外でも十分通用するモノを作り上げたんじゃないかと。そんなアルバムだからこそ従来のファンの人気も高いし、バンドの全盛期といってもおかしくない内容だと思う。知らない人が聴いたら絶対に洋楽だと思うし、時代が時代ならそれこそ売れに売れた作品だったんじゃないかと。
何といっても楽曲の充実感が凄い。「GO INSANE」から「PAINS OF LOVE」まで全10曲、テンションが高く、捨て曲無しであっと言う間に聴かせる構成はホントに見事としか言い様がない。
お気に入りはほぼ全曲だし、中でも「GO INSANE」「SHOT IN THE DARK」「RUNNING WILD」「SHOCK WAVES」「NIGHTLESS CITY」「STAY CLOSE TONIGHT」「YOU GOT IT MADE」は自分で編集した車内で聴くCD-Rにも入ってるくらい大好きな曲だ。

当時の活動状況とかリアルタイムで追ってないので全く知らないのだけど、何処かで読んだ話では一度は完全に録り終わってたのに、プロデューサーのトニー・プラットがテープを消去してしまい、慌てて録り直して大急ぎで何とか完成させたという事で、そんな事情があったお陰か山本恭司さんは今でもこのアルバムの出来に不満があるという話らしい。確かにコーラスの整合感とか雑な部分も感じられるけど、私はラフな音でも十分にカッコイイと感じてしまうのでコレはコレで好きなんですけどね。まあ何と言っても楽曲の良さが全てなので、作り手側としては思うトコが沢山あるんでしょう。

次作の「V」と同様、双璧を成すアルバムとして甲乙付けられないアルバムなので、気分によって(というか聴きたい曲によって)聴く感じかな。もしコレが「V」と2枚組だったらとんでもない評価になってたんじゃないかと思うけど、ホントに素晴らしい歴史的名盤として語られるHRアルバムだと思う。


「SHOT IN THE DARK」


「SHOCK WAVES」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE SKY'S GONE OUT / BAUHAUS (1982)

WORLD WIDE LIVE / SCORPIONS (1985)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

二枚組ベストを買いましたが

売ってしまいました。
私には皆様から絶大な評価を人見元基さんの歌い方(声の出し方)が苦手でした。ちなみな二井原実さんの歌い方もダメです。
曲がいいとか悪いとかではなく、歌い方でした。問題は(笑)

2017年09月15日 05:52

comment avater

地味JAM尊

Ⅲも好きなんですけど、後年発売のⅤに一票かな?
当時のBillboardが(個人的には好きじゃない)ブラコン、ワールド・ミュージックなどに占拠され始めて外タレ聴きたくなくなったタイミングで、ブリヂストンのCMで「Don't Leave Me」がかかるようになって・・・一聴惚れしました。
Ⅲは自分史では後追いなんですよね。いまでは「B」時代も含めてほとんど持っていますが。

2017年09月15日 14:06

comment avater

K.A.E.

へえ、ちょっと意外ですね。どちらとも世界進出したバンドのボーカルですけど、日本人でもこういうスタイルでやれる人達が居たのか!と驚いたモンですけどね。まあ二井原さんの方はブラッキー・ローレスっぽい雰囲気を感じて最初は苦手でしたけど(笑)今は全然大丈夫ですけどね。
私もリマスターされた2枚組を最初に買ってハマったクチですが、後追いでも未だにガンガン車内で掛けて通勤してます(笑)。リアルタイムで追いたかったな...

2017年09月19日 04:30

comment avater

K.A.E.

あのブリジストンのCMはよく覚えてますよ。「ベストヒットUSA」で散々観ましたからねえ(笑)。あのCMでF1人気にも少し貢献出来たんじゃないでしょうか?途中から「TELL ME」に変わったのも覚えてます。

地味JAM尊サンは「V」ですか!私もホント甲乙付けられないんですよ、この2枚に関しては(笑)。「DON'T TELL ME LIES」の冒頭も非常にカッコイイですし、「THE GIRL IN RED」や「CRY NO MORE」も絶品ですしね。ホントに彼等の全盛期だと思います。

でも、あの当時のビルボードは確かにブラコンがチャートを席巻する前触れみたいな雰囲気はありましたね。HM/HR全盛期を経験して言うのも何ですが、ブラコンがこんなに長い期間売れ続けて音楽シーンが飽和状態になるとは全く思わなかったですよ。

2017年09月19日 04:42

comment avater

某音楽馬鹿

私も「V」以降の作品からでした~、どちらかというとラウドネス派なんで(笑)、今ではどちらも大好きですけどお金の都合で・・・という事でこれ買ったのは写真のリマスター再発の時が最初でした。
欧州的なハードロック(メタルではない)としては凄いバンドだったんだなぁ~って聴いてて思いました。
私もタイヤのCDはリアルタイムで観てました、暑苦しいVoなのに当時はお茶の間に流れてたんですよね~。

2017年09月24日 17:35

comment avater

K.A.E.

ラウドネスは数枚カセットで聴いててそれっきり...ってな具合なんで、最近の●●周年記念盤も出てる事だしそろそろ手を出したいですね(つーか、チートリBOXのお陰で何時になるか分かりませんけど/苦笑)。

でも彼等はヨーロッパを主戦場にしてたのは逆に良かったと思いますけどね。どうもアメリカと結び付かないイメージなんですよね。やっぱマーケットとしては魅力的なんだろうけど、音楽性がアメリカ人には理解出来ない様な気がするんですよ。白蛇がブレイクした直後だったらチャンスはあったかも知れませんけど、アレはちょっと異質な感じもしますし。

また当時「夜のヒットスタジオ」に出演してHRを知らない人達(布施明さんとかバブルガムブラザースとか)に絶賛されてたみたいだし、チューブやB’Zの稲葉さんはバンドに影響されてたみたいで、ホントに凄いバンドだったんだなと改めて思いますね。

2017年09月27日 04:08

コメントの投稿