FC2ブログ




ここ最近やっと涼しくなってきたので、聴いてる音楽の方も少し冷たさを感じるモノを...という事で、久々にバウハウスを引っ張り出してきた。でも、今日の日中は台風過ぎ去ったお陰でめっちゃ暑かったけど(苦笑)。
そもそもゴシックを聴く時って、寒さを感じる晩秋から冬にかけてが一番ベストに感じるので夏に聴く事って意外と少ないんですよ。パラダイス・ロストも新作出たのに、季節とイメージが合わないお陰か余りピンと来ないし(というか、最近の彼等はボーカルがグロウル復活しちゃってデス風味が加算されちゃったから買う気にならないんだけど)。今の私的にはこういうニューウェイヴっぽい方が好みなのかも。
今日は、そんな彼等の3枚目のアルバム「THE SKY'S GONE OUT」をチョイス。発表は1982年。

この時期が彼等にとって人気が絶頂期だったらしいけど、バンドにとってはこの辺りからギクシャクしてきたらしいですね。しかもピーター・マーフィーはマクセルのCMにも出ていたというから驚き。YOU TUBEで探ったらあっさり出てきました(笑)。こんなモノ初めて観ましたね。



コアなファンは初期のアルバムこそがゴシック的でバンドの本質なんだろうけど、実は私はこの3rd~4thの方が好きなんだよなあ。後追いで聴いたからこういう意見なのかも知れないけど、色んなスタイルに挑戦してるのが面白いというかゴシック云々という事を抜きにしても面白い音楽演ってる感じがして、またバンドの枯れ具合も幾分感じられるトコも良いかと。何となく終わりが近付いてる雰囲気が感じられるんですよね。

ブライアン・イーノのカヴァー「THIRD UNCLE」を冒頭に持って来て意外な幕開けだけど、コレが妙にハマっていてカッコイイ。原曲を聴いた事なかったのでYOU TUBEで聴いてみたら原曲自体もガチャガチャしてて面白い曲なんだけど、それをソリッドに仕上げて切れ味抜群なスタイルのバウハウスverはもっとカッコイイ。コレはナイスなカヴァーじゃなかろうか。
「IN THE NIGHT」はニューウェイヴ全開なスタイルでそれまでの突き放した様な楽曲よりもかなり聴き易くなってるのが特徴だし、「SWING THE HEARTECHE」は何処かインダストリアルな雰囲気すら感じさせる(勿論、まだこの時代にはインダストリアルは登場してなかったけど)。
後半の組曲っぽい「THE THREE SHADOWS」Part 1~3なんかは陰鬱な雰囲気からメランコリックなメロディに乗せて朗読みたいなモノになり、最後は妙にカラッとしたイメージで終わるという、何か不思議な感覚。ラストの「EXQUISITE CORPSE」に至っては様々なスタイルの音を組み合わせて最後はレゲエタッチで終わるという更に意味不明な展開に(苦笑)。ゴシックはどうした?と言いたくなるのも分かる気がする。

ゴシックという枠から外れて新たなスタイルを模索した結果なのだろうけど、当時のファンの人達は相当戸惑ったんじゃないかと?闇の世界で怒りに満ち溢れていた音像から、いきなりレゲエスタイルの曲にイビキまで入ってるモノ聴かされた日にゃどう反応していいか分からないだろうし。
でも、こういう全く訳分からないスタイルが正直面白いと思ってる私自身はもっとおかしい??バンドに思い入れがないからこそ、そう感じるのかも知れないけど結構好きなんですよねえ、このアルバムは。


「THIRD UNCLE」


「IN THE NIGHT」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

I FEEL FOR YOU / CHAKA KHAN (1984)

VOW WOW Ⅲ / VOW WOW (1986)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

このアルバムが好きなら「ゴス沼」の入り口に立ってるようなものなんで(笑)他のもいろいろ聴いて沼に沈みましょう。
この作品は人気のSILENT HEDGESが入ってるんでバウハウスのファンにも好きな人が沢山居ます、THE THREE SHADOWS3部作は聴くのに忍耐が要りますけどね。

バウハウスも元はパンクなんでクラッシュの作品みたいなレゲエの要素も確かに相性は良いと思います、これより2008年のGo Away Whiteの方が聴きやすいと思うんでこちらもお勧めしておきます。

マクセルのCMにピーターさん出てましたか、今よりフサフサですね。

2017年09月24日 18:26

comment avater

K.A.E.

まあ別に「ゴス沼」に沈むつもりはないですけどね(爆)。
でも以前も書きましたけど、最初の印象(ベスト盤)が悪くともこうしてアルバム単位で聴いてると意外と面白さが分かるのも意外でしたね。ゴスといってもスタイルは意外と幅広いので。逆にイメージに踊らされてたのかも?

そーいや、数年前にベースのデヴィッドJがソロで来日公演やったらしいですけど、その時の呼び屋の対応が酷くてかなりご立腹だったとネットに書かれてましたけど、逆に今でも元メンバーがソロで来日公演やれるくらいの人気がある事に驚きましたね。やっぱ根強いファンがいるんですかね?

2017年09月27日 04:14

コメントの投稿