私は昔から女性ボーカルには違和感は感じないので、「女性ボーカルが苦手」って話を聞くと意外な事だと思ってしまう。何がダメなのか全く分からないし、むしろ女性特有の表現力やセンスなどもあると思うし、むしろ好んで聴く事も多いくらいだ。
だから、このブログでも数ある女性ボーカルのアルバムをチョイスしてきたけど、その中でもチャカ・カーンはホントにトップクラスの実力だと思ってる。あのマドンナも「神様はずるい、彼女にあんな歌声を与えて」的な羨ましがる発言をしてるくらい、彼女の歌唱力はハンパないと思う。
そんな彼女の曲が聴きたくなったので、今日は1984年発表の5thアルバム「I FEEL FOR YOU」をチョイス。久しぶりに聴いて随分と懐かしい気分になりましたよ。

お察しの通り、私はこの年辺りから洋楽にのめり込む様になってきたので、全米3位となったタイトル曲は当時チャートをチェックして洋楽の知識を広げていたので当然無視する事なんて出来ず、「チャカチャカチャカチャカカーン~」という冒頭のラップで「何だコレは?」と驚いたモンでした。ラップが主流になる前の話だし、あのラップと打ち込み系の音が相成って、それでチャカの圧倒的な歌唱力とくれば単純にコレは凄いっ!と。すぐさまシングル盤を買いに走りましたよ。
因みに、この曲のオリジナルがプリンスで、ハーモニカをプレイしてるのがスティービー・ワンダーと知ったのはそれから結構後の話だったけど。冒頭のラップはグランドマスター・メリー・メルという人で、当時は全く知らなかったけど普通に良い声で今のラッパーよりも洗練されててカッコイイっすね。

当時はシングル盤ばかり買っててアルバムは物凄く気に入ったモノだけしか買うだけの余裕しかなかったので、毎月何枚もCD買ってる今よりも同じ音楽を何度も何度も繰り返し聴いてたから思い入れも違うのだけど、勿論この曲も私の中では当時の音楽を聴きたいと思う時には必ず入ってくるクラシックの1曲だ。

なので、アルバム丸々聴いたのはそれから数年後の市立図書館でCD借りたのが最初だった。シングルの「I FEEL FOR YOU」同様、全体的に打ち込み系の音をバックにチャカのボーカルが乗るスタイルで、従来のR&Bスタイルとは違い如何にも80年代のアルバムという空気が全体を支配している。今聴くと当時の映画のサントラに収められていても違和感が感じない作りとなっているので、あの当時を知る人には懐かしさも込み上げてくるモノかと。なので、従来の古典的なR&Bスタイルが苦手な人には意外と受け入れられる音かも知れないっすね。

また参加しているミュージシャンも前述の殿下やスティービー・ワンダーの他にも、「THROUGH THE FIRE」ではデヴィッド・フォスターを起用してAOR的な世界を演出し、そのギターではTOTOのスティーヴ・ルカサーが参加してたり、バックコーラスでは「MANIAC」でヒットを飛ばしたマイケル・センベロの名前もある。
「THROUGH THE FIRE」も、よくCMやAOR系のオムニバスアルバムで収録されているのを見掛けるくらい良い曲なんだけど、如何にもデヴィッド・フォスターだなと感じるトコが強すぎて、今ではそんなには聴かなくなっちゃったなあ。そーいや、カニエ・ウェストの名を知らしめた曲でのサンプリングにこの曲が使われてたかな?

新作の噂は全くなく、ちょこちょこ日本へ歌いに来てる印象が強いけど、そろそろビルボードやフェスだけじゃなくてちゃんとしたホール会場で演ってくださいよ。ビルボードだとチケット代が高くて手が出ません。一度は観たいミュージシャンの一人なんだけどなあ...


「I FEEL FOR YOU」


「THROUGH THE FIRE」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FACES / EARTH, WIND & FIRE (1980)

THE SKY'S GONE OUT / BAUHAUS (1982)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

チャカ・カーン!

そう言えばアルバムは持ってませんけど、よく聴きましたね!
私にとっての二大カーンの1人です。もう1人は奇声をあげてモンゴリアンチョップをする人です(笑)

2017年09月27日 15:29

comment avater

地味JAM尊

出だしカッコよくね⤴?・・・中坊時代の感想

蟹江ver.は「Through The Wire」でしたっけ。
「Feel For You」とシンディ・ローパーの「When You Were Mine」がどちらも殿下の作品と知って『才能あるんだな、見た目は〇〇なのに』と思った昭和の中坊です。
ま~~~とにかく圧倒的歌唱力の持ち主ですよね。空耳アワーでチャカされるレベルじゃないっすよね。

2017年09月28日 01:58

comment avater

K.A.E.

まあ、もう一人のカーンさんは本名じゃないですし(苦笑)何の因果関係もないですから。

しかし、良い時期にチャカ・カーンを知れて良かったですよ。もうちょい後だったら存在すら知らなかっただろうなあ。

2017年10月02日 04:17

comment avater

K.A.E.

カニエ・ウェストには何の興味もないんですが(笑)よく他の曲をサンプリングで使ってますよね。アレでミュージシャン面してるのもどーかと思いますけど。

チャカ・カーンは後にプリンスをプロデュースに迎えて殿下のNPGレーベルからアルバムリリースしてますから、ホントに仲が良かったんでしょうね。でも、このアルバムなかなか売ってないんで手に入れてないんですよ。ネットでは簡単に見付かるんでそのウチ手に入れたいと思ってるんですが...

でも、最近は全くアルバム作らなくなっちゃったのがホントに残念です。「FUNK THIS」は良い出来だったのになあ。

2017年10月02日 04:26

comment avater

某音楽馬鹿

この人は深夜の洋楽PV番組では見かけてたものの、何故か縁が無くて作品は1枚も持ってません。
改めて聴くと80年代の雰囲気が炸裂してますね(特に髪型!)、良い感じです。
80年代の音は大好きですが、ソウルミュージックに関しては何故か70年代物が好きなんで(一つ前のEW&Fも同じ理由で詳しくないです)この辺はこれから探索していきたいですね。

2017年10月15日 21:49

comment avater

K.A.E.

色んな意味で80年代の象徴的なスタイルですよね。ラップも今みたいな感じではないし、ダンスビートも強調されているとはいえ、今の様なスタイルではないですしね。

こういうR&B系やポップ系、ロック系からHM/HR系まで様々な音楽が同じ土俵で活動していた80年代は洋楽初心者にはホントに刺激的でした。今は売れた音楽スタイルだけの模倣が散乱するオリジナリティが無い曲が多いですから、だったらオリジナルを聴くよ...って事でアースやチャカを聴いてるんですよね。
勿論、今のミュージシャンだって良い音楽作ってる人達はいるんでしょうけど、それが耳に届かないのが極めて残念ですよね。

2017年10月19日 02:00

コメントの投稿