先日のチャカ・カーンのアルバム聴いてた時に、当時よく聴いてたモノを色々と聴きたくなったので久々にホール&オーツの「BIG BAM BOOM」をチョイスした。リリースは1984年。

実は後から知った事だけど、このアルバムって彼等にとっては通産16作目にあたる作品で(ライブ・ベスト盤入れて)それでも当時の人気は凄まじいモノがあった。リリースすればシングル・アルバムの両チャートには必ず名前がある感じだったし、音楽性も初期の素朴なモノから時代の流れを上手く取り入れて変化させていく事に長けていたお陰で長年続けてこられたのだろうと。残念ながらこの作品を機に彼等のピークは徐々に落ちていってしまったけど。

ヴィヴィッドなジャケットにも表れてる通り、彼等が持つキャッチーなポップ感覚に彼等にしては珍しいダンスビートを上手く融合させたお陰で、当時はまだ洋楽をそれほど知らなかった私でも洋楽の入口には十分魅力的だった。
躍動感溢れる短いインスト「DANCE ON YOUR KNEES」から間髪入れず1stシングルの「OUT OF TOUCH」へスムーズに移行するのが凄くカッコイイ。また「OUT OF TOUCH」も如何にも彼等ならではの楽曲で、当然の如く全米No.1を獲得している。続く「METHOD OF MODERN LOVE」も2ndシングルで全米5位、シンプルなバラードの3rdシングル「SOME THINGS ARE BETTER LEFT UNSAID」(邦題:言わずにおいで)は全米18位、ジョン・オーツがボーカルを取る4thシングル「POSSESSION OBSSESSION」は全米30位とシングルチャートでも猛威を振るい、アルバムも全米5位まで上がりダブルプラチナムを獲得してる事から、彼等の全盛期の集大成的な意味合いも感じられる。

楽曲に強みがある人達なので、それが時代の音と融合すればそれなりに売れるのは間違いないのだけど、今思うとかなり時代に寄り添った音楽性だったと感じた。ただ、彼等が上手かったのはやり過ぎていないという事。クイーンの「HOT SPACE」みたいにそれまでのイメージを崩してまでのめり込む訳でもないし、元々彼等は古いR&B系にも理解があったのでこういうダンサブルなスタイルにも十分適応出来たのかと。

余りに売れ過ぎたお陰か、次作「OOH YEAH!」に続くまで彼等にしては珍しく4年のブランク(途中ライブ盤やダリル・ホールのソロ作が入った影響で)が入り、また「OOH YEAH!」もこのアルバムとスタイルが近い事も影響してか、その間の音楽シーンの変化に付いていけなくなった結果、活動自体にも影響を示す事になってしまったのはホントに残念だった。「OOH YEAH!」も良い作品なだけに。

未だに現役ながらも活動はかなり消極的になってるのが気になるけど、これだけ長い間活動してると2人の距離感もこの位の方が上手くいくのかも。ダリルはネット配信の「DARYL'S HOUSE」で相変わらずプレイしてるし、ジョンの方もソロを細々とやってる感じだけど、彼等が次に作品を出す日は来るのだろうか?気長に待ちたいとは思ってるけど...


「OUT OF TOUCH」


「POSSESSION OBSSESSION」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

MARBLES / MARILLION (2004)

SOUND ON SOUND / BILL NELSON'S RED NOISE (1979)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

DANCE ON YOUR KNEESから繋がらないOUT OF TOUCHが気に入らないのは

INXSのNEED YOU TONIGHTがMEDIATEに繋がらずに終わる悲しさに通じるものがあります。・・・ってPVの影響って凄いっすよね。チートリの冷たくしないでもAlbum ver.だと寂しくなるし、LEPSのROCKETやSUGAR ON MEも出だしがゴチャついてる方がいいんですよね~。
とK.A.E.さんの影響で12inch音源集めにハマってしまい、普通に聴けなくなっている今日この頃です。

H&Oは(遡りですが)モダンヴォイス辺りのバランスがナイスだったと思います。(自分の初H&OはSAY IT ISN'T SOが入ってるベスト盤でしたね~)

2017年10月20日 01:35

comment avater

K.A.E.

おおっ、さすがに分かってますね~!私も全くもって同感です。特に「NEED YOU TONIGHT」はアレで切っちゃダメでしょ。以前MTVで観てた時に切りやがって凄くがっかりした記憶があります。「MEDIATE」でメンバーの一人の紙芝居がモタモタして怪しい部分があるのが楽しいのに(爆)。

それに私のH&Oを最初買ったアルバムは「ROCK N' SOUL PART ONE」です(笑)。聴いたのはこのアルバムが先でしたけど。あのベストのジャケもセンスあって良いですよね。暫く部屋に飾ってました。「MODERN VOICE」からこのアルバムまではどれ聴いても外さないのがH&Oの凄さだと思ってます。

しかし12インチの音源集めですか!拘るとホントにキリがなくなりそうですよね(笑)。輸入盤でも企画盤で数枚出てますけど、定番ばかりで意外と欲しいモノがないのが困りモノです...って欲しいモノがあるのもお金が掛かって困るんですが(爆)。

2017年10月22日 06:36

comment avater

某音楽馬鹿

ホール&オーツのこれが出た時はまだ洋楽聴いてなくてリアルタイムでは聴いてない上に、このアルバムを初めて買ったのが2011年の紙ジャケ化の時なんでマニアックな思い入れは無いですが結構好きな作品です。

いかにも80年代~っていうのが良いですね。

INXSのアレは最初に聴いたのが切ってないフルVerを流した洋楽番組だったんで(どの番組か覚えてないですが)その後のブツ切りは私も違和感あります、PVちゃんと存在するのに(単語を書いた紙をパラパラ落としていくやつですよね)時間の都合なんでしょうけどそれでも6分無いくらいなのに・・・。
https://www.youtube.com/watch?v=vT1FEgLi8mg

2017年10月29日 23:42

comment avater

K.A.E.

ホール&オーツってたまにふと聴きたくなるんですが、大体この辺りは当時散々聴いたんでどーしてもスルーしがちなんですけど、聴くとやっぱ良いんですよね(笑)。ホントに70年後期から80年半ばまでは神懸かってましたよね。

この年代の音楽はポップでキャッチーな音楽の全盛期だったから、12インチverとか聴いてもそれが耳に馴染んで拘りも多いんですよね。ブツ切りverは物足りない!とか(笑)12インチverの方が良いとか。「OUT OF TOUCH」も個人的には12インチverの方が好きだったりします。逆にベスト盤に入ってる「POSSESSION OBSSESSION」は前奏にサックスが入ってるverなんで、アルバムver聴きまくった耳には違和感ありまくりですね。この曲大好きなんで拘りあるんですよ(笑)。

INXSは、また「KICK」のデラエディ盤出すんですね。良いアルバムだけどさすがにやり過ぎかと。「NEED YOU TONIGHT」は、やっぱ「MEDIATE」入ってないと...って人は多いですよね。逆に「MEDIATE」だけ聴く人っているのかなあ?(笑)

2017年11月05日 16:08

コメントの投稿