マルコム・ヤングが逝去...帰宅前に来た友人からのメールで知って驚いたけど、数年前に認知症を患ってバンドを離脱した時点でマルコムの復帰は絶望的だったし、ブライアン・ジョンソンは耳の不調、フィル・ラッドは殺人依頼の容疑でバンドをクビ、クリフ・ウィリアムスは「ROCK OR BUST」のツアー終了時に脱退と、急にバンド自体が崩壊に向かっていったのは偶然とはいえ出来過ぎの話。先月には兄のジョージ・ヤングが亡くなったばかりで、続いてマルコムも逝去...アンガスの心境は堪ったモンじゃないだろうなあ。

帰りの車内で早速AC/DC聴いて追悼。で、帰宅してから夕飯食って今このアルバムを引っ張り出してまた聴いてる。1978年発表のバンド初のライブアルバムとなった「IF YOU WANT BLOOD YOU'VE GOT IT」。邦題が「ギター殺人事件 AC/DC流血ライブ」。ジャケそのまんまですね。

メジャーデビューしてから4枚目のアルバム「POWERAGE」リリース後のツアーの模様を収めたライブ盤って事だけど、今のバンドなら大抵そのアルバムのツアーならそのアルバムの楽曲がメインで後は代表作のみで構成されるのが大筋だけど、このアルバムでは「POWERAGE」からの楽曲は「RIFF RAFF」と「ROCK 'N' ROLL DAMNATION」の2曲のみ。
まあ、全部で10曲のみだから少ないと言っちゃそれまでだけど、他の楽曲は初期のバンドの楽曲の中でも外せないモノばかりというのがAC/DCの凄さを物語ってる。しかも「DIRTY DEEDS DONE DIRT CHEAP」や「IT'S A LONG WAY TO THE TOP(IF YOU WANNA ROCK 'N' ROLL)」、「T.N.T」や「LIVE WIRE」、「SIN CITY」などバンドの代表曲ですら入ってない楽曲もあるのだからマジで恐るべし...って感じ。私自身は「POWERAGE」大好きなので「DOWN PAYMENT BLUES」や「WHAT'S NEXT TO THE MOON」などのライブverも聴いてみたかったけど。

当時のバンドの勢いをそのままパッケージにしたアルバムと言えば簡単だけど、バンドとしても天下を取る前の上昇気流に乗ってた時期のライブだからテンションの高さがハンパない。ボン・スコットの喉もすこぶる調子良さそうだし、勿論演奏陣のパフォーマンスもスタジオアルバムと比べると荒々しさが増して凄くカッコイイ。「AC/DCはライブバンド」という定説はこのアルバムでも十分証明してくれる。
このアルバムでのお気に入りは冒頭の「RIFF RAFF」。後年のライブでは余りプレイされない曲なので、こうしてライブで聴くと改めてカッコイイ曲だと思う。余談だけど、TVでマーティー・フリードマンがAC/DCの曲弾く時は「BACK IN BLACK」でも「HIGHWAY TO HELL」でもなくこの曲を弾くのは何故?
あと「BAD BOY BOOGIE」や「PROBLEM CHILD」も他のライブ音源と比べて演奏がタイトなんで、このライブverはかなり好きだな。

しかし、マルコムも亡くなってしまった今、アンガスがどういった決断をするのか分からないけど、もう既にバンドとしては一時代を築いた訳だし、ここでバンドが終焉を迎えても致し方ないと思う。むしろよくぞここまで活動してくれたと思うし、本当に「LET THERE BE ROCK」を体現したバンドじゃないかと。バンドの未来がどうであれ、私は今まで通りAC/DCをずっと聴いていく。それは絶対に変わらない事だ!


「RIFF RAFF」


「BAD BOY BOOGIE」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BEHIND CLOSED DOORS / THUNDER (1995)

RETRIBUTION / JEFF SCOTT SOTO (2017)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

知らんかったです(゚ω゚)

マルコムは亡くなりましたか!
時代ですね。寂しいけど事実。AC/DC聴きながらジョギングしてきます

2017年11月19日 10:39

comment avater

地味JAM尊

只今ロシア製Best盤で冥福祈ってる最中なんだけど

アクセルが変な色気出さないことを切に願います・・・

2017年11月21日 02:04

comment avater

K.A.E.

ずっとAC/DCばっか聴いてましたが、改めてシンプルながらも分かりやすくノリの良い楽曲を作る事に掛けては素晴らしい才能の持ち主だったと思います。アンガスのプレイの方に目が行きがちですけど、実は屋台骨を支えてるのはマルコムのリズムギターやリズム隊だったんですよね。アンガスも事ある毎に「兄貴の方が俺よりも上手い」と発言してましたし。

しかし、認知症を長年患うよりも却って良かったんじゃないですかね?自分で自分の事が分からないというのも酷な話ですし。何より家族の人達の心境を思うと複雑ですね。
でもこれからAC/DC聴く時には、そういう事を考えるよりもバンドが残してくれたモノを楽しむ事が重要なんじゃないかと思いますね。少なくともジジイになっても聴き続けるつもりですしね!

2017年11月22日 05:17

comment avater

某音楽馬鹿

マルコムさんも亡くなりましたね~。
私は当日ツイッターでやたらとマルコムさんの写真が出てきてたのを見て気付きました。
結構大きな役割をしてたのは理解してますが、私的には印象が薄いです(というかアンガスさんが目立ち過ぎてる)。
スコピーで言えばルドルフ・シェンカーさん的な位置にいるみたいな?。

2017年11月30日 21:30

comment avater

フライヤーズポンタ

そういえば、アンガスってマルコムのことをしきりに持ち上げてましたよね。
リズムを刻むならマルコムには敵わないとか、基本的なことを言ってたんですかね?でも、実は基本が一番音楽の肝なんでしょうけどね。
AC/DCが遺したものはマルコムに限らず、今までのVoも含め、関わったすべてのメンバーが重要な役割を果たしていましたよね。やっぱ、偉大なバンドですわ。

2017年12月01日 09:39

comment avater

K.A.E.

やっぱ、どーしても”AC/DC=アンガス”で認識されているから、他のメンバーが霞むのは仕方ないでしょうね。私も最初はアンガスがいればバンドが成り立つと思ってましたし。
だけど、マルコムに関してはバンドの頭脳だった訳ですから、ツアーはともかくさすがに制作活動は厳しいモノになるんじゃないですかね。今までのバンドにもバンドの顔や主導権を握ってた人がバンドを抜けたりしても何とか活動を続けてた人達もいましたけど、やはり変化は免れないという感じでしたし。
ポンタさんの言葉通り、バンドメンバーが貢献したからこそバンドの価値が高まったんだろうし、AC/DCというバンドが成り立ったんだと思います。

2017年12月02日 17:04

コメントの投稿