FC2ブログ




ブラック・カントリー・コミュニオンの新作をまだ買ってない理由はこのバンドのお陰です。偶然知ってしまい、まだ若いバンドなのにやってる事が古臭いハードロックスタイルという事で気になってた、イギリス出身のイングロリアスの今年発表された2ndアルバム「INGLORIOUS Ⅱ」を今回はチョイス。

イングロリアス(不名誉)というバンド名にちょっとピンと来たのが切っ掛けだったんだけど、最初はイギリス出身でこのバンド名だとワイルドハーツの「INGLORIOUS」という曲名を思い出してしまったので、このバンドもワイハみたいなスタイルなのかな?と興味をそそられて、とりあえずYOU TUBEで数曲聴いてみたら、まだブルーズスタイルのHRをやってた頃のホワイトスネイクみたいで驚いた。このテのスタイルはそれこそオールドスクールのハードロックをやってた中年のおじさんの十八番かと思ってたけど、それがまだ若いバンドがやってる事に意味があると。
白蛇の他にも、ディープ・パープルやレッド・ツェッペリン、バッド・カンパニーなどを想起させる部分があって、クラシックなハードロックが好きな人達には堪らないんじゃないかと。本人達もアルバムには収録されてないけど「BURN」や「FOOL FOR YOUR LOVING」などカヴァーしてたりしてホントに好きなんだなと思わせる。

ボーカルのネイサン・ジェイムズは結構がなってるタイプに聴こえるけど高音域を出す時くらいで、中音域の声はそれこそ若かりし頃のデヴィッド・カヴァーデルに近いモノを感じた。でも彼のヒーローはグレン・ヒューズらしく(笑)そのグレンのライブに飛び入りして御大と一緒に「BURN」をプレイしてたりする。
またこの人は結構色んな曲を歌ってるのをYOU TUBEに上げてて、サウンドガーデンの「BLACK HOLE SUN」やガンズ・アンド・ローゼズの「SWEET CHILD O MINE」、ジャズシンガーの人と一緒にスタンダード歌ってたり、挙句の果てにはカラオケでハートの「ALONE」歌ってる動画まで上げている(笑)。
バックの演奏陣も、特出すべきトコはないけど堅実なプレイで非常にカッコイイ。プロデュースはバンド自身で、ミキシングにはケヴィン・シャーリーを起用してるのも面白い(BCCも彼のプロデュース)。

国内盤はDVD付きで、ドニントンに出演した時のライブ映像に「I DON'T NEED YOUR LOVING」と「TAKING THE BLAME」のPVとレコーディングのオフショットが収録されていて腹一杯のボリューム。

いやあ、久々に良いバンド見付けてしまいましたなあ。地味だけどこういう古き良きハードロックを聴くとホントにホッとするというか、こういうバンドがいる限りまだまだCD買うのを止められなくなってしまう訳で(笑)。こりゃ、近いウチに1stアルバムの方も手に入れなきゃイカンですなあ。


「I DON'T NEED YOUR LOVING」


「HELL OR HIGH WATER]


「FOOL FOR YOUR LOVING」
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE VALLEY OF TEARS / MAGNUM (2017)

TOTO Ⅳ / TOTO (1982)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

このバンド買っちゃいましたか~。
メロハーの巣窟、フロンティアーズ・レーベルとしては渋い部類に入るバンドですよね。
1作目が出た頃(っていってもついこの間)レーベルのYouTubeオフィシャルで聴いて凄く気になってたバンドですがまだ購入はしてません(Spotifyで聴けたんでつい後回しに・・)。

そういえばまだ2作目は聴いてなくて、そのうち聴こうと思いますが、1作目の印象としてはホワイトスネイクにグレン・ヒューズさんが加入してデヴィッドさんに似せて歌ってるみたいな印象でした(若いバンドなのに・・・)。

それはともかく、凄く良いバンドだと思います、ハマるとCD買いそうになるんでほどほどにしてますけど。

2017年12月24日 16:09

comment avater

K.A.E.

そーなんですよね、フロンティアーズ・レコーズからだとはCD買ってから気付きました(笑)。メロハーの要素は余りないのに(苦笑)。
某音サンのご指摘通り、白蛇にグレンが加入してカヴァデールっぽい歌い方というのは的を得てます。カヴァデールに比べて高音高いし、シャウトがグレンのそれに近いですしね。

結局、このレビュー後に1st買っちゃいました(笑)。そのウチ1stもレビューしますけど、ホントに良いバンドだと思います。インターバルが1年くらいで新作出してるというのも昔のバンドみたいで良いですね。来年にはまた新作聴けるんだろうか?期待大ですよ!

2017年12月26日 02:29

コメントの投稿